観光 カテゴリのアーカイブ

ハワイの国王 カメハメハ1世(Kamehameha I)について

568px-Kamehameha_I_head_to_waist_5111.jpg

ハワイの国王 カメハメハ1世(Kamehameha I)について

関連記事

5月8日 忌日 / 1819年 カメハメハ1世(カメハメハ大王) (ハワイ国王(初代),ハワイ全島を統一) Kamehameha I (5月8日 今日は何の日~毎日が記念日~

カメハメハ1世(Kamehameha I、1758年 – 1819年、生年は諸説あり)はハワイ諸島を初めて統一して1810年にハワイ王国を建国し、初代国王となった人物である。カメハメハ大王の名でも親しまれる。「カ・メハメハ」はハワイ語で「孤独な人」、「静かな人」の意。なお、ハワイ語は文字を持たない言語であった関係で、古い文献などではハメハメハ (Hamehameha) と表記される例も見られる。(カメハメハ1世 – Wikipedia

Kamehameha I (Hawaiian pronunciation: [kəmehəˈmɛhə]; c. 1736? – May 8 or 14, 1819 ), also known as Kamehameha the Great (full Hawaiian name: Kalani Paiʻea Wohi o Kaleikini Kealiʻikui Kamehameha o ʻIolani i Kaiwikapu kauʻi Ka Liholiho Kūnuiākea), was the founder and first ruler of the Kingdom of Hawaii. A statue of him was given to the National Statuary Hall Collection in Washington, D.C. by the state of Hawaii as one of two statues it is entitled to give. (Kamehameha I – Wikipedia

関連サイト

King Kamehameha I – ハワイ州観光局

関連エントリ

アロハ! King Kamehameha Day 2010 in Hawaii – 美幌音楽人 加藤雅夫

カメハメハ1世 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Kamehameha I の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

マナー(Manners)について

マナー(Manners)について

関連記事

マナー(英語: manners)とは、行儀・作法のことを指す。

概要 / マナーの様式は多くの場合、煩雑で堅苦しく感じられるが、その形は社会の中で人間が気持ち良く生活していくための知恵である。マナーは国や民族、文化、時代、宗教のさまざまな習慣によって形式が異なる。また、個人間でも価値観や捉え方による差異がある。ある国では美徳とされていることが、他の国では不快に思われることもある。日本では食事の際に飯椀を持ち上げて食べることが一般的であるが、諸外国では逆に皿を食卓に置いたまま箸や匙、フォークを用いるのが一般的であり、食器を持って食べると「乞食のようで卑しい」と批判される、など。「他者を気遣う」という気持ちを所作として形式化し、わかりやすくしたものが形式としてのマナーである。

テーブルマナー / 食事の際のマナーを「テーブルマナー」と呼ぶ。食事が洋食か和食であるかによってマナーは異なる。中華料理や諸外国料理にも該当するテーブルマナーがあるが、日本国内で食事をする場合に限ればさほど問題にならない。ただし、海外にて食事をする際は、「郷に入っては郷に従え」との諺どおり、現地のマナーに従うことが望ましい。

パブリックマナー(公共のマナー)公共施設等の公共の場所でのマナーを「パブリックマナー」と呼ぶ。エレベーターが利用階まで来るのを待っている間、ドアの正面で待つのではなく、横に立って降りる立場の邪魔をしないようにする。レディーファースト : 欧米諸国、特にイギリスやフランスから伝わったマナー。女性をエスコートする際、さまざまな場面で尊重したり、危険から守るなどして扱うこと。携帯電話は、図書館や映画館などの公共の場所においては電源を切るかマナーモードにしておく。

マナーの問題点

マナーのマニュアル化 / マナーとは「他者を気遣う」という気持ちの現れであり、相手を不快にさせないように個人個人が考えを巡らして行動すべきものである。しかし、「他者を気遣う」ということよりマナーをマニュアル化し、マニュアルに沿って行動しているかどうかでマナーの善し悪しを判断してしまう場合がある。例えばビジネス・マナー等でそういった傾向が見られ、その結果、命令や規範がなければ行動できない、マニュアルに載っていること以外の対応力に欠け、「考える」ことをしないといった弊害が見られる。

マナーのルール化 / あいさつをマナーでなくルールとして強要・押しつける組織も存在する。マナーはあくまでも個人が自発的に守るものであり、それゆえ罰則はないが、ルールは違反するとペナルティーが課せられる。つまり「マナーの心」は置き去りにされ、マナーを守らないのがマナー(ルール)違反ということになる。(マナー – Wikipedia

Manners set expectations for social behavior according to contemporary conventional norms within a society, social class, or group. (Manners – Wikiquote

Hello_kitty_character_portrait.png

800px-.svg.jpg

関連サイト

北海道バリアフリーマップ トップページ

北海道バリアフリーマップ バリアフリー情報リンク

北海道のバリアフリー情報

関連エントリ

マナー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Manners の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道のエゾシカ衝突事故マップについて

Traffic_light.gif

450px-Doubutunityuui-hyousiki.JPG

北海道のエゾシカ衝突事故マップについて

関連記事

エゾシカ衝突に注意を ドライブ中の事故多発! / 道開発局が衝突事故マップの活用呼びかけ 危険ポイントを網羅 管内の道の駅などで配布中 / GWを迎え、北海道開発局は道東エゾシカ衝突事故マップの活用を呼びかけている。マップはオホーツク、釧路、十勝、根室、上川の5地域の国道における事故多発路線を示したもので管内の道の駅などで配布している。マップは日本語、英語、中国語の3種類。国道で事故死したエゾシカ回収データを元に作成。全道の年間事故件数は2千件前後で推移、5地域の東部だけでほぼ半数を占める多発エリア。管内の多発路線は39号が北見市留辺蘂町滝湯~富士見、333号が遠軽町野上・瀬戸瀬付近、242号が遠軽町豊原・清里、243号の美幌峠付近など。事故形態は朝夕での車両直前への飛び出しがほとんど。事故防止として「秋の夜明け・日没に注意」「シカの後ろにシカあり」「夜間の道路上に光を見たらブレーキを」など。マップの配布場所は管内の道の駅のほか、女満別空港、オホーツク紋別空港、レンターカー会社窓口など。(澄)(2018年430日の記事 経済の伝書鳩

エゾシカ(蝦夷鹿、学名:Cervus nippon yesoensis)は、北海道に生息するシカの一種。シカ科シカ属に分類されるニホンジカの亜種である。分布 / 北海道全域に分布する。日高地方・十勝地方・釧路地方・根室地方・オホーツク地方など雪の少ない道東・道北の一部に限定的に生息していたが、1990年代以降は空知地方・留萌地方・石狩地方など西部地域への分布拡大が進んでいる。(エゾシカ – Wikipedia

関連サイト

エゾシカ衝突事故マップ |釧路開発建設部 – 国土交通省 北海道開発局

エゾ鹿衝突事故マップ |北海道開発局のホームページ

関連エントリ

Canis_lupus_lupus_qtl1.jpg


エゾシカ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道網走郡 美幌町のホームページ「くらすわ美幌」について

bi_bo.jpg

北海道網走郡 美幌町のホームページ「くらすわ美幌」について

関連記事

くらすわ美幌 / こんにちは!ここはまちの職員がまちのことを独自の口調で書き連ねているページです。移住してきた美幌町初心者が体験したこと、何気ない日常、まちの良いところなどを読み物形式で掲載しています。ゆる~く楽しんでいただけたら幸いです。(くらすわ美幌 | 美幌町のホームページ

美幌町(びほろちょう Bihoroーcho)は、北海道オホーツク総合振興局管内にある町。概要 / 町名にはアイヌ語と「ピポロ」〔石・多い〕あるいは「ペホロ」〔水・多い〕の二説があり、特定しがたいとされる。 陸上自衛隊の駐屯地があり、自然が豊かで降雪や災害が少なく、空港が近いことから道外からの移住者が多いのが特徴。地理 / 地形は網走川、およびその水系の河岸段丘および氾濫原に広がり、網走市と北見市のほぼ中間に位置する。人口の約9割が半径3キロの市街地に集中するコンパクトシティである。隣接する女満別空港から市街地までの移動時間は自動車で10分程度、石北本線や国道4路線、道道6路線が交わる道東交通の要衝の位置に当たる。日照率が高く、降雨量が少ないが、水道の水源地は、藻琴山から湧き出る女満別川上流であり、良好な水質を保っている。経済 / 陸上自衛隊美幌駐屯地や日本甜菜製糖をはじめとする多くの食品工場があることから、関係者や家族(主に町外出身者)が多く暮らしており、経済活動にも少なからず影響を持っているとされる。さらに、自然が豊かで、降雪量が北海道の気候としては少ない部類に入り、自然災害が少なく、温和な環境である。そして、商業施設や交通、医療機関等の都市機能が充実しているため、町外はもとより、北海道での生活を求めた道外出身の移住者が多く在住している。(美幌町 – Wikipedia

Bihoro (美幌町 Bihoro-chō) is a town located in Okhotsk Subprefecture, Hokkaido, Japan. The name is derived from the Ainu word piporo, meaning “place of much water”. Largely agricultural, the town is best known for the Bihoro Pass, which has views over Lake Kussharo in the Akan National Park. One of its attractions is Bihoro Aviation Park, which contains a number of aircraft previously used by the Japan Self-Defense Forces. As of September 2016, the town has an estimated population of 20,920, and a population density of 48 persons per km². The total area is 438.36 km². (Bihoro, Hokkaido – Wikipedia

関連サイト

北海道美幌町移住体験ブログ

美幌町移住・定住ポータルサイト | 美幌町のホームページ

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町のホームページ

美幌町 – ホーム | Facebook

関連エントリ

美幌町への移住と定住の関連サイト – 美幌音楽人 加藤雅夫

くらすわ美幌 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Kurasuwa Bihoro の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町の広報びほろ(2018年 5月号)配信されました

300px-Gardenia_jasminoides_cultivar_magnifica_1.jpg

img_index01.jpg

北海道美幌町の広報びほろ(2018年 5月号)配信されました

関連記事

広報びほろ 平成30年度 5月号 / 観光まちづくり協議会 / 人事異動一覧 / 医療費助成拡大 / 税金 / 徴収・収納業務委託 / がん検診、ヘルスリーダー養成講座 / 健康マイレージ、歯っぴい健診など / 民生児童委員、介護従事者補助など / タクシー等助成、気象情報サイトなど / 道住入居募集、峠まつり、峠カメラ / まちの話題 / 今月のお知らせ / 健康 / 子育て / マナセン・トレセン・図書館・博物館 / 交通安全、消費生活相談など / 新庁舎建設 / カレンダー (広報びほろ | 美幌町

関連サイト

広報びほろ 2018年5月号|マイ広報紙

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町

美幌町 – ホーム | Facebook

関連エントリ

広報びほろ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年(平成30年)4月のアーカイブ

2018年(平成30年)4月のアーカイブ
美幌音楽人 加藤雅夫 〜北海道美幌町でギターとともに〜

関連記事

アーカイブ / この項目では、図書館学用語について説明しています。 コンピュータ用語については「アーカイブ (コンピュータ)」をご覧ください。 ウェブ情報のアーカイブについては「ウェブアーカイブ」をご覧ください。 映画用語については「フィルム・アーカイヴ」をご覧ください。 arXivについては「arXiv」をご覧ください。アーカイブ (archive) とは、重要記録を保存・活用し、未来に伝達することをいう。日本では一般的に書庫や保存記録と訳されることが多いが、元来は公記録保管所、または公文書の保存所、履歴などを意味し、記録を保存しておく場所である。(アーカイブ – Wikipedia

関連エントリ

アーカイブ – 美幌音楽人 加藤雅夫

2018 年 04 月のアーカイブ – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

美幌町樹液研究会の美幌産メープルシロップについて

375px-Baked_cheesecake_with_raspberries_and_blueberries.jpg

美幌町樹液研究会の美幌産メープルシロップについて

関連記事

美幌産メープルシロップ瓶詰め ふるさと納税返礼品などで人気高まる / 情報ナウ / 美幌町樹液研究会(4人)が25日、町内で採取したカエデ樹液を煮詰めたメープルシロップの瓶詰め作業を行った。シロップは研究会メンバーが所有する豊岡、高野地区の山林で採取したカエデ樹液が原材料。イタヤカエデのシロップを「オホーツク」、カラコギカエデのシロップを「びほろ」の銘柄で生産している。昨年、町のふるさと納税返礼品に採用されたほか、美幌産の優れた商品に与えられる「びほろブランド」に認証されたことで認知度が上昇している。25日はメンバーらがグリーンビレッジ美幌で、2銘柄計約1400本を瓶詰め。代表(80)は「本場カナダのシロップにも負けない味と自負している。いずれは世界に発信したい」と話している。シロップは27日、美幌観光物産協会の物産館ぽっぽ屋で発売。ともに120ミリリットル入りで1600円。(浩)(2018年4月28日の記事 経済の伝書鳩

メープルシロップ (maple syrup) は、サトウカエデなどの樹液を濃縮した甘味料。独特の風味があり、ホットケーキやワッフルにかけたり、菓子の原料として用いられる。常温で固体状になるまで濃縮されたものはメープルシュガー (maple sugar) と呼ばれる。メープルシロップを加熱濃縮後、急冷しつつ撹拌しクリーム(バター)状にしたものはメープルバター (maple butter) と言う。(メープルシロップ – Wikipedia

関連サイト

美幌観光物産協会 公式ホームページ|物産館ぽっぽ屋

美幌町樹液研究会: ぽっぽ屋日記

スズランとカエデ – 北海道美幌町移住体験ブログ

関連エントリ


美幌町特産品は、メープルシロップです。(美幌樹液研究会) – 美幌音楽人

美幌町樹液研究会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

メープルシロップ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ヒグマに注意!ヒグマ出没情報に注意!(春のヒグマ注意特別期間)

Ours_brun_parcanimalierpyrenees_1.jpg

ヒグマに注意!ヒグマ出没情報に注意!(春のヒグマ注意特別期間)

関連記事

ヒグマにご注意を! ヒグマ出没情報にご注意ください! / 春のヒグマ特別注意期間について / 北海道では、ヒグマによる人身事故を防止するため、例年、特に人とヒグマが山野で遭遇する機会が高まる春と秋において「ヒグマ注意特別期間」を定めています。本町でも毎年ヒグマの姿やフン・足跡が各地で頻繁に目撃されております。下記の期間内に入山される場合は十分注意してください。春のヒグマ特別注意期間:平成30年4月1日~5月31日まで / 山野に入る際は、以下の内容を参考に十分注意してください。注意する点 / 事前にヒグマの出没状況を確認する / 一人で野山に入らない / 鈴を持ち歩くなど音を出しながら行動する / 薄暗いときに行動はしない / フンや足跡を見つけたら引き返す / 食べ物やごみは必ず持ち帰る / ヒグマの姿・痕跡を発見した場合は? ヒグマの姿を発見した場合、もしくはヒグマのものと思われるフン・足跡を発見した場合はすぐに経済部耕地林務グループへご連絡お願いいたします。みなさまのご協力をよろしくお願いいたします。(ヒグマにご注意を! | 美幌町

関連サイト

注意情報 | 美幌町ホームページ

美幌署事件・事故NEWS – 美幌警察署ホームページ

ヒグマの出没状況 北海道警察北見方面本部ホームページ

市町村のヒグマ関連情報ホームページ | 北海道

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町ホームページ

美幌町 – ホーム | Facebook

関連エントリ

ヒグマ注意特別期間 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道東部 津別町のチミケップ湖について

800px-Abashiri_Subprefecture.png

北海道東部 津別町のチミケップ湖について

関連記事

津別町のチミケップ湖が解氷 釣り人が湖畔でロッド振る / 津別町のチミケップ湖が解氷した。先週の暖気によって湖面を覆っていた氷が一気に解け、釣り人が湖畔でロッドを振っている。山あいの湖にやっと春が訪れた。湖面には北へ帰るオオハクチョウやカモなどの渡り鳥たちが羽を休めている。この時期はワカサギの産卵時期で、小河川に群れをなしてそ上する姿が見られる。これから水温がさらに上昇すると、浮遊する昆虫を狙いトラウト達が水面を揺らすライズという現象も見られ、多くの釣り人を誘う。(澄)(http://denshobato.com/BD/N/page.php?id=107974″>2018年4月27日の記事 経済の伝書鳩)

チミケップ湖は、北海道東部、オホーツク管内網走郡津別町字沼沢にある湖である。名称の由来 / アイヌ語の「チミケプ(cimi-ke-p)」に由来すると考えられる。これは「分ける・削る・もの」という意味であり、上流の峡谷の姿、すなわち「山水が崖を破って流下する所」を現したものと考えられている。地理 / 約一万年前に地殻変動による崖崩れで谷がせき止められてできたと考えられている堰止湖。湖水は弱アルカリ性で、ヒメマスやウグイ、マリモ等が生息している。湖周辺は自然歩道が整備されており、湖北東岸には町営キャンプ場、東岸には湖周辺唯一の宿泊施設であるチミケップホテルがある。南岸の端から200 m下流のチミケップ川には7段の岩床の上を流れ落ちる「鹿鳴(ろくめい)の滝」がある。(チミケップ湖 – Wikipedia

チミケップ湖(5557 Chimikeppuko)は小惑星帯にある小惑星。北海道の円舘金と渡辺和郎が発見した。北海道東部、津別町にある湖、チミケップ湖に因んで名付けられた。(チミケップ湖 (小惑星) – Wikipedia

関連サイト

チミケップ湖 – 津別町

チミケップ湖キャンプ場 – 北海道キャンプ場見聞録

チミケップホテルのホームページ

関連エントリ


チミケップ湖 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 日本野鳥の会オホーツク支部の早朝探鳥会について

800px-Abashiri_Subprefecture.png

2018年 日本野鳥の会オホーツク支部の早朝探鳥会について

関連記事

バードウォッチングのすすめ 日本野鳥の会オホーツク支部 今年も早朝探鳥会スタート / ライフスタイルに合わせ参加 事前申込不要、途中からも早退も自由 / バードウォッチング初心者に早朝探鳥会のすすめ。日本野鳥の会オホーツク支部の早朝探鳥会が始まった。4月21日の野付牛公園から7月1日のチミケップ湖まで北見市では今年、土曜日の早朝に12回、そのほか網走市と大空町で各2回、津別町で1回開かれる。誰でも無料で参加できる。北見市内での早朝探鳥会は期間中の土曜日午前5時から1時間~1時間半程度、毎週会場を替えて開催。「事前の申し込み不要で途中からの参加や早退も自由。ライフスタイルに合わせて参加してください」と同支部。葉が生い茂る前は、小さな鳥も見えやすく、周囲が静かな朝の時間帯は特にさえずりが聴こえやすい。行動も活発で、早朝はバードウォッチングに最適だ。ベテランの会員が望遠鏡を用意しているので、手ぶらで参加できる。双眼鏡や図鑑があれば持参するとよい。おもに日曜日に開催する昼間の定例探鳥会とはひと味違った、楽しみ方が見つかるかも。今年最初の早朝探鳥会には15人が参加。同支部顧問の男性の案内でヒガラ、キジバトをはじめ池で盛んに鳴く水鳥のマガモやカルガモなど15種の野鳥を観察した。まずは無理のない範囲で1回参加してみては。三文の徳があるかも。(寒)
手ぶらでOK 早朝探鳥会日程 / 三文の徳あるかも / 開催日程と集合場所は次の通り。
<北見>(各土曜日)【4月】28日=常盤公園 【5月】5日=緑ヶ丘森林公園 12日=南丘森林公園 19日=中ノ島公園 26日=緑ヶ丘森林公園 【6月】2日=野付牛公園 9日=南丘森林公園 16日=協栄ダム 23日=富里湖森林公園 30日=緑ヶ丘森林公園 ※常盤公園=緑園通の南端の無加川沿い ※緑ヶ丘森林公園=昭和通から三角点へと向かい道なりに進んだ峠 ※南丘森林公園=新生町、北央町から常呂川の蘭栄橋を渡って右折 ※中ノ島公園=西1号線南端を左折し常呂川沿いを道なりに進む ※野付牛公園=北網圏北見文化センター・東トレセン前駐車場集合 ※協栄ダム=道道北見端野美幌線の北見市端野町川向から1.5キロ奥に入る ※富里湖森林公園=富里ダム湖の管理棟先のキャンプ場駐車場
<網走・大空>【5月】6日(日)午前5時半=網走湖女満別湖畔 14日(月)午前6時=網走市大曲オホーツクサイクリングロード 21日(月)午前5時=網走市大曲オホーツクサイクリングロード 28日(月)午前6時=網走湖女満別湖畔 ※女満別湖畔=大空町JR女満別駅横駐車場 ※オホーツクサイクリングロード=網走市大曲オホーツクサイクリングロード駐車場集合
<津別>【7月】1日(日)午前5時=チミケップ湖 ※津別町チミケップ湖キャンプ場駐車場集合
野鳥写真は昨年5月の早朝探鳥会で会員の男性撮影 / 今年最初の早朝探鳥会(野付牛公園) / 早朝探鳥会では初めて現れたという旅鳥マミチャジナイ / 背と腹のレンガ色が特徴のヤマガラ / 黄色の眉斑をはじめ美しい色彩のキビタキ。夏に渡ってきて、盛んにさえずる。(2018年4月25日の記事 経済の伝書鳩

定例探鳥会を開催 日本野鳥の会オホーツク支部 / 野鳥の鳴き声やしぐさ楽しむ 次回は29日に / 今年度1回目となる日本野鳥の会オホーツク支部主催の定例探鳥会が22日、北見市公園町の野付牛公園で開かれた。北見や網走から26人が参加し、野鳥の鳴き声や愛くるしいしぐさを楽しんだ。参加者は双眼鏡や単眼鏡をのぞき、ゴジュウカラが木々をちょこちょこと渡り歩く姿やカワラヒワの小群、池に集まるカルガモなどを観察。この日は野鳥17種類を確認した。案内役を務めた同支部の男性は「5月初旬にはオオルリやキビタキなどの夏鳥も姿を見せますよ」などと話していた。定例探鳥会は来年3月までに北見や網走などで全20回開催。次回は29日(日)午前8時から、今回と同じ野付牛公園で開かれる。参加希望者は北網圏北見文化センター駐車場に集合を。参加無料。荒天時は中止となる。(理)(2018年4月26日の記事 経済の伝書鳩

関連サイト

日本野鳥の会オホーツク支部ホームページ

日本野鳥の会オホーツク支部ブログ

日本野鳥の会 : 北海道ブロック

公益財団法人 日本野鳥の会 – ホーム | Facebook

関連エントリ


日本野鳥の会オホーツク支部 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る