台湾 カテゴリのアーカイブ

1972年9月29日、「日中国交正常化(日中共同声明)」(中日聯合聲明)

jp100.gif

cn100.gif

日中国交正常化

日中国交正常化は、日本と中国共産党率いる中華人民共和国とが国交を結ぶこととなった出来事である。1972年9月29日、中華人民共和国の北京で行われた「日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明」(日中共同声明)の調印式において、田中角栄、周恩来両首相が署名したことにより成立した。なお、日中共同声明に基づき、日本はそれまで国交のあった中華民国に断交を通告した。
ja.wikipedia.org/wiki/日中国交正常化

1972年9月29日、「日中国交正常化(日中共同声明)」(中日聯合聲明) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

孔子の誕生日

Confucius_movie.jpg

Confucius_film_post.jpg


仁と礼に基づく理想社会の実現。(規範と人間愛)

孔子(Confucius)
儒教、論語

論語』(ろんご、拼音: Lúnyǔ )とは、孔子と彼の高弟の言行を孔子の死後、弟子達が記録した書物である。『孟子』『大学』『中庸』と併せて儒教における「四書」の1つに数えられる。 別名、「倫語(りんご)」、「輪語」、「円珠経」とも言う。

儒教(じゅきょう、英語:Confucianism)は、孔子を始祖とする思考・信仰の体系である。紀元前の中国に興り、東アジア各国で2000年以上にわたって強い影響力を持つ。その学問的側面から儒学、思想的側面からは名教・礼教ともいう。大成者の孔子から、孔教・孔子教とも呼ぶ。中国では、哲学・思想としては儒家思想という。

東京都文京区にある現代中国映画上映会(現中映)から 2013年9月上映会のニュースレターが送られてきました。映画ファンにご案内します。

孔子の教え
9月28日(土)上映

孔子の誕生日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

台北華山「2013 Sakelism 日本酒主義」(北海道)

450px-KCityParkHorse.JPG

450px-Sake_before_the_kagami_biraki.jpg

447px-Taiko_drum.jpg

Sake.jpg

799px-Tokkuri_sake_and_takowasa.JPG

台北華山「2013 Sakelism 日本酒主義」(北海道)

地酒「馬喰一代」(北見市)

台北華山「2013 Sakelism 日本酒主義」(北海道) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日本観光庁からのメールマガジンです。2013年8月29日の配信

000142554.jpg

世界観光機関(World Tourism Organization、UNWTO)は、スペインのマドリードに本部を置く、観光に関する国際機関。(wiki/世界観光機関

日本の観光庁(JTA)メールマガジン第606号(2013年8月29日配信)が送られてきました。日本全国及び世界各地の皆様にお知らせいたします。

日本観光庁からのメールマガジンです。2013年8月29日の配信 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

伝書鳩の連載、語り継ぐ戦争 (完)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

防波堤(ぼうはてい)は、外洋から打ち寄せる波を防ぐために海中に設置された構造物である。その目的は、波浪から港湾の内部を安静に保つことや、津波や高潮の被害から陸域を守ること、あるいは海岸の侵食を防ぐことなどである。(wiki/防波堤

防波堤とは憲法のことです。
国を守り、人を守る憲法をいまこそ大切にしたい。

女性は平成17年の北見叢書に「防波堤」というテーマで原稿を書いた。

伝書鳩の連載、語り継ぐ戦争 (完) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「あいおいさろん&あいおい衆楽祭」(北海道津別町、相生)

800px-Kitami-aioi_sataion.jpg

800px-Sta_kitamiAioi.JPG

800px-Michinoeki_Aioi.jpg

800px-Kitami-aioi_sataion_2.jpg

北見相生駅
北見相生駅(きたみあいおいえき、Kitami Aioi)は、北海道網走郡津別町相生にあった日本国有鉄道(国鉄)相生線の駅(廃駅)で、同線の終着駅である。電報略号はキア。相生線の廃線に伴い1985年(昭和60年)4月1日に廃駅となった。 駅跡: 旧駅構内はかつては交通公園として整備されていたが、現在は「道の駅あいおい」が開設され、その施設に含まれている。現役当時に忠実に復元された駅舎があり、ビデオホーンなどの備品の保存展示や、プラットホーム、レール、駅名標、車庫、構内除雪車キ703を始めとした鉄道車両などが保存されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/北見相生駅

道の駅あいおい
道の駅あいおい(みちのえき あいおい、Michinoeki Aioi)は、北海道網走郡津別町にある道の駅である。旧相生線北見相生駅駅跡に設置され、当時の駅舎、ホーム、鉄道車両が保存されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/道の駅あいおい

「あいおいさろん&あいおい衆楽祭」(北海道津別町、相生) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

伝書鳩の連載、語り継ぐ戦争(4)(5)(6)

338px-Tanto_Kunimitsu_2.jpg

WhiteBandits012.jpg

満蒙開拓移民
満蒙開拓移民(まんもうかいたくいみん)は、満州事変以降太平洋戦争までの期間に日本政府の国策によって推進された、中国大陸の旧満州、内蒙古、華北に入植した日本人移民の総称である。満蒙開拓団(まんもうかいたくだん)とも言われる。 満州開拓移民の募集には、『王道楽土』や『五族協和』などをスローガンに喧伝したキャンペーンが大々的に行われ、多くの人々が募集に応じた。 戦局の悪化による兵力動員で1942年以降は成人男性の入植が困難となり、15歳から18歳ほどの少年で組織された「満蒙開拓青少年義勇軍」が主軸となった。 青少年義勇軍を含む満州開拓移民の総数は27万人とも、32万人ともされる。ソ連の参戦でほとんどが国境地帯に取り残され、日本に帰国できたのは11万人あまりだった。各地の開拓移民団は引き揚げの途中で多くの死者、行方不明者、収容所での感染症による病死者を出し、無事に帰国できた開拓団はなかった。 また、国境を越えてきたソ連兵に捕らえられシベリアへ送られた男子入植者は、シベリア抑留者となり帰国は更に困難を極めた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/満蒙開拓移民

伝書鳩の連載、語り継ぐ戦争(4)(5)(6) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Chinese artist, Ai Weiwei exhibition

800px-Bowl_of_Pearls_by_Ai_Weiwei_2.jpg

_by_Ai_Weiwei_Tate_Modern_Turbine_Hall.jpg

艾未未(Ai Weiwei)
艾未未 (がい みみ。中国語の発音:アイ・ウェイウェイ)は中華人民共和国の現代美術家・キュレーター・建築家・文化評論家・社会評論家。中国の現代美術がまだ始まったばかりの1980年代から美術家として活躍し、中国の美術および美術評論を先導して世界各地で活動してきた。一方で、社会運動にも力を入れている。 艾未未は展覧会を企画するほか、自らも美術家としてオーストラリア、ベルギー、フランス、ドイツ、イタリア、日本、韓国、アメリカ合衆国など世界各地で個展を開き、また大型国際展に参加している。 艾未未は、北京オリンピックの主会場である北京国家体育場(鳥の巣)の建設にあたり、芸術顧問として設計者のスイス人建築家ユニットヘルツォーク&ド・ムーロンと共同制作を行った。

トロント(カナダ)の e-nikka編集長・色本信夫さんから、e-nikkaメールニュース配信 2013年(平成25年)8月1日(木曜日)号が送られてきました。日本の皆様にご案内いたします。

Chinese artist, Ai Weiwei exhibition の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「嘉南藥理科技大學(臺灣)」と「東京農業大学(網走)」

0f92cd7ed61b7c8a0eed5fa894476f23.jpg

425px-Political_divisions_of_the_Republic_of_ChinaTaiwan.svg.png

Notoromisaki_cape_Abashiri_Hokkaido_Japan.jpg

東京農業大学(Tokyo University of Agriculture)は、東京都世田谷区桜丘1-1-1に本部を置く日本の私立大学である。1925年に設置された。大学の略称は東京農大、農大、東農大、TUA。 1989年(平成元年)、北海道網走市にオホーツクキャンパス設置。大学生物産業学部生物生産学科、大学生物産業学部食品化学科および大学生物産業学部産業経営学科設置。国際交流センター開設。

嘉南薬理科技大学(嘉南藥理科技大學、Chia Nan University of Pharmacy & Science)は、台湾台南市に位置する私立大学である。

「嘉南藥理科技大學(臺灣)」と「東京農業大学(網走)」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

外務省からのメールマガジン「わかる!国際情勢、第65号」

480px-Jupiter_Launch.jpg

Fumio_Kishida_Minister.jpg

外務省(Ministry of Foreign Affairs, MOFA)は、日本の行政機関のひとつ。 平和で安全な国際社会の維持に寄与するとともに、主体的かつ積極的な取組を通じて、良好な国際環境の整備を図ること、並びに調和ある対外関係を維持し発展させつつ、国際社会における日本国及び日本国民の利益の増進を図ることを任務とする。

外務省(MOFA)のメールマガジン「わかる!国際情勢」第65号(2013年6月28日発行)が送られてきました。日本及び世界各地の皆様へお知らせいたします。

外務省からのメールマガジン「わかる!国際情勢、第65号」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る