台湾 カテゴリのアーカイブ

8月15日 日本の漫画家 さくらももこ (ちびまる子ちゃん)

Odoru_Pompokolin

8月15日 日本の漫画家 さくらももこ (ちびまる子ちゃん)

1997年 (平成9年) 夏、台湾台中市の中山国民小学 (台中縣中山國小 國樂團) が、日本訪問。北海道札幌市の札幌天神山国際ハウスで市民と交流。七飯町民会館、七飯町小学校で交流音楽会。東京ディズニーランド、台北駐日文化大使館を訪問。美幌町で友好交流。美幌小学校で、さくらももこ・ちび丸こちゃん「おどるポンポコリン」の曲をとても上手に演奏してくれました。とても楽しいできごとでした。いつまでも忘れません。

関連記事

さくら ももこ(1965年5月8日 – 2018年8月15日)は、日本の漫画家、作詞家、脚本家。また、自身の少女時代をモデルとした代表作『ちびまる子ちゃん』の主人公の名前でもある。経歴 / 2007年 – 7月1日、『ちびまる子ちゃん』が中日新聞、東京新聞、北陸中日新聞、日刊県民福井、北海道新聞、西日本新聞、河北新報、中国新聞、徳島新聞、神戸新聞朝刊にて連載開始。8月1日からは新潟日報でも連載が開始される(2011年12月31日連載終了)。2018年 – 8月15日20時29分、乳がんのため死去。53歳没。通夜・告別式は遺族の意向により親族・近親者のみで執り行ったため、式事一切が終わるまで訃報は控えられ、27日に報告する形となった。 (さくらももこ – Wikipedia)

櫻桃子(日語:さくら ももこ,1965年5月8日-2018年8月15日),日本女漫畫家、作家,出生於靜岡縣清水市(現為靜岡縣靜岡市清水區),家中經營蔬果店。1984年正式出道後,1986年以筆名“櫻桃子”行,以童年時期的經歷為藍本開始繪畫漫畫《櫻桃小丸子》,主角的名字也是櫻桃子、主角的生日也是櫻桃子的生日。櫻桃子生動、詼諧的寫作手法,令《櫻桃小丸子》在日本及日本以外的亞洲地區都受到歡迎。生平 / 2018年8月15日晚上8時29分,櫻桃子因乳癌離世,終年53歲。守靈與告別式遵照遺族意願,僅開放親友參加。告別式完成後,同年8月27日,訃聞由「櫻製作」團隊在櫻桃子官方網誌發布。 (櫻桃子- 维基百科,自由的百科全书)

関連サイト

さくらももこさんが死去、漫画家「ちびまる子ちゃん」 : 日本経済新聞

漫画家 さくらももこさん死去 「ちびまる子ちゃん」の作者 | NHKニュース

関連エントリ

さくらももこ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ちびまる子ちゃん の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

おどるポンポコリン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

櫻桃子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

櫻桃小丸子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

大家來跳舞 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Momoko Sakura の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Chibi Maruko-chan の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Odoru Pompokolin の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

中華民国・中華人民共和国の小説家・劇作家 老舎

_1_~1.JPG

中華民国・中華人民共和国の小説家・劇作家 老舎

関連記事

8月24日 忌日 / 1966年 老舎 (中華人民共和国:小説家,劇作家) <67歳> 太平湖で遺体が発見される (8月24日 今日は何の日~毎日が記念日~)

8月24日 忌日 / 1966年 – 老舎、小説家 (8月24日 – Wikipedia)

老舎(ろうしゃ)は中華民国、中華人民共和国の小説家、劇作家。本名は舒慶春、字は舎予。老舎とはペンネームで、苗字の「舒」の字の偏をとったものとされる。北京出身。満州族(正紅旗)。北京の町と人々をこよなく愛し、「北京之花」「人民芸術家」「語言大師」と称された。文化大革命で犠牲となった代表的な著名人でもある。代表作に小説『駱駝祥子』『四世同堂』『正紅旗下』(遺作)、戯曲『龍鬚溝』『茶館』 (老舎 – Wikipedia)

関連エントリ

駱駝祥子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

茶館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

老舎 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

7月8日は 中国茶の日 (日本)

Japanese_Teapot.jpg

7月8日は 中国茶の日 (日本)

関連記事

記念日 7月8日 / 中国茶の日 NPO法人日本中国茶協会が製定。中国語の七(チー)と日本語の八(や)で「ちゃ」の語呂合せ。 (7月8日 今日は何の日~毎日が記念日~)

7月8日 記念日 / 中国茶の日(日本)NPO法人日本中国茶協会が制定。中国語の七(チー)と日本語の八(や)で「ちゃ」と読む語呂合せ。 (7月8日 – Wikipedia

中国茶(ちゅうごくちゃ)は中華人民共和国及び台湾などで作られるお茶の総称。台湾独自のブランドである凍頂烏龍茶や、台湾特有の製法で作られる東方美人など台湾で作られるお茶を中国大陸の茶と区別し台湾茶の呼称を用いる場合もあるが、この項目では中国および台湾で製造され、かつ好まれて飲まれるものを「中国茶」として記述する。現在、中国茶として飲まれるものを詳細に分類すると数千種にも及ぶとされるが、製法によって大きく6種類(青茶・黒茶・緑茶・紅茶・白茶・黄茶)に分けられる。これらを六大茶類と呼ぶ。中国や台湾、古くから西洋へのお茶の商いで知られる香港はいうに及ばず、世界各地にその愛好者を持っている。歴史 / 中国茶 / 中国では「茶」は「茶 ちゃ chá」とも「茗 めい míng」とも呼ばれる。中国の伝説では、神農の時代からお茶が飲まれてきたと言われている。漢の時代に書かれた詩にお茶を表す文字が見られ、それが最古の文献と言われている。当時は、嗜好品というよりも薬としての役割が強かった。隋代には、お茶を火にかけ煮出す方法や、抹茶、煎茶など、さまざまな楽しみ方がされ、同時に茶器の原型といわれるものが多数考案された。宋代に入って、お茶の新しい製法が次々に考案され、茶の種類が大幅に増えた。この時代、闘茶などの遊びも考案された。お茶が主要な輸出品となった。清代、茶器が現在使われている茶器とほぼ同じ物になった。その他の中国茶 / ジャスミン茶の茶葉。淹れたときに花のように開く工芸茶タイプのもの。これら六大茶類に花弁の香りを緑茶に移した花茶(はなちゃ)をあわせて七大茶とする分類がポピュラーである。なお、この他に茶外茶と呼ばれる分類がある。多くの茶葉などをブレンドし、好みで氷砂糖を加える八宝茶や、木の根などを使用して茶葉を使わない漢方茶の類などもこの茶外茶に分類される。中国茶器 (中国茶具) / 中国茶を淹れるためには数多くの茶器が必要だと考えられていることが多いが、これは茶芸と呼ばれる一種茶道的なセレモニーとして用いられるものである。一般の中国人は日本人が日本茶を飲むのと同じく、気軽にお茶を楽しんでいる。代表的な中国茶器は以下のものが挙げられる。なお、これらの茶器ではなく、普通のマグカップや日本茶用の急須でも問題なく淹れることはできる。が、やはり専用のもので淹れたほうが淹れやすい。蓋碗 – 「ガイワン、がいわん」。蓋のついた茶碗。茶葉を入れて湯を注し、蓋を茶漉し代わりにしてそのまま飲むこともできる。一般的な普段使いの茶器。茶杯 – 「チャーペイ、ちゃはい」。蓋の無い茶碗。蓋碗や日本の茶碗より小ぶりである。茶芸の席や高価なお茶を楽しむさいには、蓋碗ではなく茶杯を用いる。茶壷 – 「チャフー、ちゃこ」。いわゆる急須。中国では香りを珍重するため、日本茶を淹れるよりも小ぶりなものが使用される。元は書画に用いる水差しだったという説がある。茶葉が開ききったときに茶壷に茶葉がいっぱいになるように量を調整するのがコツ。ガラス製のものも存在する。陶器や磁器の茶壷は、どのような茶葉にでも使用できる。紫砂で作られたものは、黒茶・青茶に使用するのが好ましく、また同じ茶葉を使い続けるのがいいとされる。聞香杯 – 「ウェンシャンペイ、もんこうはい」。縦に長細い器。茶の香りを聞くために用いる青茶専用の茶器。使い方は茶壷から聞香杯に茶を注ぎ、その茶は茶杯に移し入れ聞香杯は空にする。茶杯の茶を飲む前に空にした聞香杯に鼻を近づけ、聞香杯から立ち上る茶の香りを楽しむ。茶海 – 「チャーハイ、ちゃかい」。小型のピッチャーのようなもの。青茶などの場合、茶壷で抽出した茶水を均一に分けるために、一度茶海に入れてから茶杯(小さな湯飲み)に分けるために使用する。茶盤 – 「チャーパン、ちゃばん」。湯をかけ茶杯や茶壷を温めるさい使用する台。湯が下に流れるようすのこになっている。茶盤は陶器製と木製がある。傷み難く高度な装飾技術が必要な竹製品が高級とされる。すのこの無い茶船は焼き物で出来た大きな器で、茶盤と同じ茶器を温める用途で使用する。ポット – 中国茶の紅茶も、一般の紅茶と同様に抽出するためポットを用いることもある。耐熱ガラス – 比較的低温で淹れる緑茶にはガラスコップがよく使われる。茶葉が開いたり、ジャンピングするさまを見て目を楽しませるという用途もある。コップの外側に、竹などで編んだカバーを付けて、手で持っても熱くないようにすることもある。 (中国茶 – Wikipedia)

関連サイト

7月8日は「中国茶の日」 日本中国茶協会公式サイト

中国茶について 日本中国茶協会公式サイト

関連エントリ

中国茶の日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

中国茶 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

茶器 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

中国茶具 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

七月七日 七夕 (Tanabata)

Haniwa2.jpg

七月七日 七夕 (Tanabata)

関連記事

7月7日 記念日 / 七夕,七夕の節句 / 旧暦の7月15日の夜に戻って来る祖先の霊に着せる衣服を機織して棚に置いておく習慣があり、棚に機で織った衣服を備えることから「棚機」という言葉が生まれた。その後仏教が伝来すると、7月15日は仏教上の行事「盂蘭盆(盆)」となり、棚機は盆の準備をする日ということになって7月7日に繰り上げられた。これに中国から伝わった織女・牽牛の伝説が結び附けられ、天の川を隔てた織姫(織女星、こと座のベガ)と彦星(牽牛星、わし座のアルタイル)が年に一度の再会を許される日とされた。 (7月7日 今日は何の日~毎日が記念日~)

七夕(たなばた)は、中国、日本、韓国、台湾、ベトナムなどにおける節供、節日の一つ。五節句の一つにも数えられる。旧暦では7月7日の夜のことで、日本ではお盆(旧暦7月15日前後)との関連がある年中行事であったが、明治改暦以降、お盆が新暦月遅れの8月15日前後を主に行われるようになったため関連性が薄れた。日本の七夕祭りは、新暦7月7日や月遅れの8月7日、あるいはそれらの前後の時期に開催されている。歴史 / 日本 / 日本の「たなばた」は、元来、中国での行事であった七夕が奈良時代に伝わり、元からあった日本の棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれた。「たなばた」の語源は『古事記』でアメノワカヒコが死にアヂスキタカヒコネが来た折に詠まれた歌にある「淤登多那婆多」(弟棚機)又は『日本書紀』葦原中国平定の1書第1にある「乙登多奈婆多」また、お盆の精霊棚とその幡から棚幡という。また、『萬葉集』卷10春雜歌2080(「織女之 今夜相奈婆 如常 明日乎阻而 年者将長」)たなばたの今夜あひなばつねのごと明日をへだてて年は長けむ など七夕に纏わる歌が存在する。そのほか、牽牛織女の二星がそれぞれ耕作および蚕織をつかさどるため、それらにちなんだ種物(たなつもの)・機物(はたつもの)という語が「たなばた」の由来とする江戸期の文献もある。日本では、雑令によって7月7日が節日と定められ、相撲御覧(相撲節会)、七夕の詩賦、乞巧奠などが奈良時代以来行われていた。またその後、平城天皇が7月7日に亡くなると、826年(天長3年)相撲御覧が別の日に移され、行事は分化して星合と乞巧奠が盛んになった。 (七夕 – Wikipedia)

Tanabata (Japanese: たなばた or 七夕, meaning “Evening of the seventh”), also known as the Star Festival, is a Japanese festival originating from the Chinese Qixi Festival. It celebrates the meeting of the deities Orihime and Hikoboshi (represented by the stars Vega and Altair respectively). According to legend, the Milky Way separates these lovers, and they are allowed to meet only once a year on the seventh day of the seventh lunar month of the lunisolar calendar. The date of Tanabata varies by region of the country, but the first festivities begin on 7 July of the Gregorian calendar. The celebration is held at various days between July and August. (Tanabata – Wikipedia)

関連エントリ

七夕 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Tanabataの検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北京の想い出(城南舊事・城南旧事)について

75px-Chinafilmsvg.png

2fdda3cc7cd98d10b7558677213fb80e7aec54e737d1b8cf.jpg

北京の想い出(城南舊事・城南旧事)について

林海音の残した言葉に「有人得意、看背影就可以知道。有人失意,聴脚歩音就可以知道(得意げな人は後姿を見れば分かり、失意にある人は足音を聴けば分かる)」がある。

関連記事

『城南旧事(じょうなんきゅうじ、城南舊事)』は台湾の女性作家・林海音(リン・ハイイン)が、子供時代から青年期までを過ごした北京の思い出を元に綴った自伝的小説。林海音の代表作であり、台湾の文学史において懐郷文学と称される作品群の作詞的な作品でもある。初版発表は1960年。序章となる『冬の太陽・幼年時代・駱駝隊』(原題:冬陽・童年・駱駝隊)から始まり、『恵安館』・『みんなで海を見に行こう』(我們看海去)・『妾の蘭さん』(蘭姨娘)・『ロバのころげ回り』(驢打滾児)・『お父さんの花が散った』(爸爸的花児落了)という6編の短編でストーリーが構成されている。映画 / 1982年、中国で呉貽弓監督により映画化された。邦題は『北京の想い出』(My Memories of Old Beijing)。ビデオ未発売。天真爛漫な主人公の少女・林英子(リン・インズ)を演じた沈潔が多くの人々の心を奪い、1980年代の中国映画を代表する作品の一つとなった。劇中では日本で親しまれている唱歌の『旅愁』が使われている。(城南旧事 – Wikipedia

沈 潔(シェン・ジエ Shen Jie, 1972年-)は、中国の上海出身の女優。1982年、10歳のとき、台湾系作家・林海音の自伝小説を呉胎弓監督が映画化した『北京の想い出』に主人公の英子役で出演した。沈潔は天真爛漫の少女を演じて沢山の人々の心を奪った。1992年3月に高校を卒業して来日し、2年後に東洋大学法学部に入学。NHKのラジオ、テレビの中国語講座に出演した。(沈潔 – Wikipedia

関連エントリ

北京の想い出 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

城南舊事 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

城南旧事 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

My Memories of Old Beijing の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

六四天安門事件(1989年6月4日)について

75px-Chinafilmsvg.png

2fdda3cc7cd98d10b7558677213fb80e7aec54e737d1b8cf.jpg

六四天安門事件(1989年6月4日)について

関連記事

6月4日 歴史 / 1989年 天安門事件。民主化要求運動で数百万人の市民が集結していた北京の天安門広場に軍が戦車・装甲車で出動し武力鎮圧。死者数百人。(6月4日 今日は何の日~毎日が記念日~

1989年 – 天安門事件。民主化要求運動で数百万人の市民が集結していた北京の天安門広場に軍が戦車・装甲車で出動し武力鎮圧。中国政府は当事件を意味する語をネット検索対象としているため、6月4日が検索不能語になった事例や、6月4日を意味する「5月35日」(5月31日+4日)などの隠語を生んだ。(6月4日 – Wikipedia

六四天安門事件(ろくよんてんあんもんじけん、六四天安門事件、六四天安门事件、八九民運、八九學運、June 4 Tiananmen Incident)は、1989年6月4日(日曜日)に、同年4月の胡耀邦元党総書記の死をきっかけとして、中国・北京市にある天安門広場に民主化を求めて集結していた学生を中心とした一般市民のデモ隊に対し、中国人民解放軍が武力で鎮圧、多数の死傷者を出した事件である。通常、「天安門事件」と呼称されるが、本稿では他の天安門事件と区別するためにこの表記を用いる。解説 / 略した通称は六四、また中華人民共和国内の検索エンジンにて、「六四天安門事件」というキーワードを検索すると接続不可能になることから、「5月35日(5月31日+4日)」、「VIIV(ローマ数字の6と4を並べたもの)」や、「82(8の2乗を表す数学記法で、答えが64=6月4日)」などを、隠語として使うことがある。(六四天安門事件 – Wikipedia

中国民主化運動(ちゅうごくみんしゅかうんどう、中国語:中国民主运动(簡体字):中國民主運動(繁体字)、拼音: Zhōngguó Mínzhúyùndòng)とは、中華人民共和国における中国共産党の一党独裁支配に対抗する為、中国の民主化を目的として、緩やかに組織化された政治運動である。民主化運動は1978年に起きた北京の春で萌芽し、運動は1989年に最高潮に達した。しかし中国政府は6月4日、民主化運動を武力で弾圧し(天安門事件)、1990年代になると、民主化運動は中国国内外で急速に衰退した。他方、海外に拡散した運動家らによって民主化運動が続けられた。2011年に運動家の劉暁波がノーベル平和賞を受賞したことをきっかけに、再び民主化運動が再燃した。(中国民主化運動 – Wikipedia

関連エントリ

中国民主化運動 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

六四天安門事件 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

孫文の妻 宋慶齢(中華人民共和国名誉主席)について

439px-Soong_Ching_Ling_1920_shanghai.jpg

Sun-Soong_wedding_photo_2.jpg

孫文の妻 宋慶齢(中華人民共和国名誉主席)について

関連記事

宋 慶齢(そう けいれい、1893年1月27日 – 1981年5月29日)は中華民国、中華人民共和国の政治家。孫文の妻。中華人民共和国副主席を務め、死の直前に「中華人民共和国名誉主席」の称号を授けられた。姉の宋靄齢、妹で蒋介石夫人の宋美齢と共に総称される「宋氏(家)三姉妹」の一人である。また、弟に中華民国の政治家・実業家の宋子文がいる。誕生 / 客家の宋耀如(宋嘉樹、チャーリー宋)と倪桂珍の次女として上海市で生まれた。上海中西女塾高中を卒業後、1907年、14歳でアメリカに留学、ジョージア州のウェスレイアン大学に留学し文学学士号を取得、1913年に帰国している。1914年からは父親が支援していた孫文の英文秘書を務めていた。孫文とは1915年10月25日に東京で結婚している。結婚に際しては孫文が宋慶齡より26歳年長である点や、前妻の盧慕貞との間に子女をもうけていたことより反対されたが、宋美齢の賛成を受け自宅のあった上海から日本に向かい、孫文の離婚が成立した後に結婚したとされる。(宋慶齢 – Wikipedia

関連エントリ

近代中国に君臨した女たち「宋慶齢」(NHK BSプレミアム) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

宋慶齢 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

医食同源・薬食同源(薬膳)について

Haende-30.jpg

医食同源・薬食同源(薬膳)について

関連記事

医食同源(いしょくどうげん)とは、日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し、治療しようとする考え方。「医食同源」という言葉自体は中国の薬食同源思想から着想を得て、近年、日本で造語された。この言葉「医食同源」は発想の元になった中国へ逆輸入されている。初出は1972年、NHKの料理番組『きょうの料理』の特集「40歳からの食事」において、臨床医・新居裕久が発表したもの(NHK「きょうの料理」同年9月号)。これは健康長寿と食事についてのもので、中国に古くからある薬食同源思想を紹介するとき、薬では化学薬品と誤解されるので、薬を医に代え医食同源を造語し、拡大解釈したものであると新居裕久は述懐している。また、同年の1972年12月に『医食同源 中国三千年の健康秘法』(藤井建著)が出版されているが、これは前出の「医食同源」の語彙を転用したものである。その他の使用例では、朝日新聞の記事見出データベースの初出は1991年3月13日であった。また『広辞苑』では第三版には無く、1991年の第四版から収載されていた。以上のことから考えると、この「医食同源」という言葉は1990年前後にはすでに一般で使われており、その思想も健康ブームなどにより、広く受け入れられてきたものと考えられる。(医食同源 – Wikipedia

薬膳(やくぜん)とは中医学理論に基づいて食材、中薬と組合せた料理であり、栄養、効果、色、香り、味、形など全てが揃った食養生の方法である。「薬膳料理」と称されることもあるが、「膳」自体に「料理」の意味が含まれている(重言)。概要 / 生薬の原料や材料として用いられる海松子、金針菜、枸杞、紅花、山査子、銀、大棗、蜂花粉、百合、竜眼肉等を用いた料理のみならず自然界にあるもの全てを食物と考え、日本語の造語である医食同源の元に、個々人ごとに異なる体質や臓器に適した食物をどのように摂ることが効果的かを、予防医学の見地に立つ中国医学による帰経(きけい)効果がある料理。起源 / 食・薬・医の数千年の歴史から見ると、食からの「食薬同源」「食医同源」の思想から始め、中医薬学の発生、発展を促進し、今に至る一貫した伝承をしてきた。『黄帝内経』「素問」臓気法時論篇第二十二において“五穀為養、五果為助、五畜為益、五菜為充、気味合而服之、以補益精気”という言葉がよく引用されている。これらは、食の医療作用を明確に解説している。概念 / 医食同源における五行の考えを取り入れ、食薬を「熱、温、涼、寒」に分け、摂取した際に体内が「熱、温」、「涼、寒」に分類する。どちらも属さないものを「平」という。これらは体質、疾病の寒熱性質と相対して定義され、四気(五気)という。医学的見地においてこれら五行の体感は自律神経によるもので、例えば冷え性は血管の収縮や弛緩を調整する働きの不調から起こるため、これらを改善する成分を含む食品を摂ることが薬膳の考えかたになる。(薬膳 – Wikipedia


関連エントリ

医食同源 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

薬食同源 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

薬膳 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

華流(ファーリュー)について

800px-Gardenia_jasminoides1.jpg

華流(ファーリュー)について

関連記事

華流(ホアリュウ、ファーリュー)は、香港、台湾、中国などをはじめとする中国語文化圏(中華圏)発の大衆娯楽文化の圏外での流行を指すための言葉。華流の拼音表記は“huáliú”であり、“ホアリョウ”が中国語の発音に最も近いが、台湾アイドルグループF4の日本デビュー時(2005年)の広告等に“ファーリュー”と表記されたことから、その名残りで“ファーリュー”と表記されることが多い。日本語では「華」は一般に中華民国(台湾)を指すことが多いので、この言葉を台湾文化の日本輸入についてのみ用いるケースもあるが、一般的には大中華圏の文化に対して普遍的に用いられている。概要 / 「華流」に含まれるのは、中国、香港、台湾、更にシンガポールやマレーシアなども含んだアジアの中国語文化圏全体である。範囲が広いだけに、その内容は非常に多彩と言える。台湾に限定して「台流」、香港に限定して「港流」と言う場合もあるが、例えば台湾の俳優が中国製作のドラマに出演したり、その逆があるなど、台湾と中国のように、政治的、外交的には対立関係にあるものの、芸能分野においては中国語文化圏の各国間での交流が非常に頻繁であり、区別するのが難しい。そのため、大きな括りとしての「華流」が主に使われている。(但し日本に輸入される中華圏のカルチャーは台湾・香港のものが多く、中国や東南アジアの華人圏のものは非常に少ない。)「華流」は台湾、香港、中国大陸など、それぞれの国や地域ごとに特色を持ち、さらに恋愛ドラマ、武侠ドラマ、歴史ドラマ、ファミリードラマなど、ジャンルは多岐にわたっている。そして、ドラマ以外の映画や音楽なども支持を受けているのが特徴である。華流はそれぞれの特定の政府の後押しを受けてはおらず、各種メディアで取り上げられる度合いも小さなものに留まっている。日本における華流 / 日本では、従来から香港や台湾など、中国語文化圏の芸能には一定の人気があり、李小龍(ブルース・リー)や成龍(ジャッキー・チェン)などのカンフー映画やアクション映画、ジュディ・オング、欧陽菲菲、アグネス・チャン、テレサ・テンらの女性歌手たち、霊幻道士や幽幻道士(テンテン役:劉致妤)などのキョンシー作品が流行したこともあった。(華流 – Wikipedia

関連サイト

華流(ファーリュー) | 台湾文化交流会

華流 チャイナ日和 (又名:華流的一天)

関連エントリ

ファーリュー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

華流 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

双喜紋 双喜纹 Double Happiness について

330px-Organic_mountain_grown_tea_leaf_2.jpg

双喜紋 双喜纹 Double Happiness について

関連記事

双喜紋(そうきもん、双喜、拼音: shuāngxǐ , シュアンシー)とは、中華圏で用いられるデザインのひとつで、「喜」を横に二つ並べた「囍」の字を意匠化したもの。下部が簡略化された字体が用いられたり、左右が連結されたりすることが多い。縁起物として結婚式や春節などで用いられる。日本においては、中華料理店の壁や器の装飾デザインとして広く知られる。英語では、「Double Happiness」と訳されている。(双喜紋 – Wikipedia

双喜纹是中国传统纹饰之一。是文字纹的一种。中国民间将“喜”字加以图案化,施用于瓷器、布帛、家具、木雕等器物之上,作为装饰。寄寓了双喜临门,喜上加喜之意。常见的文字纹除双喜纹外还有万字纹、寿字纹、福字纹等。中文名 双喜纹。类型 中国传统纹饰。用于 瓷器、布帛、家具、木雕等器物。寓意 双喜临门,喜上加喜。简介 / 双喜纹是中国传统纹饰之一。是文字纹的一种。中国民间将“喜”字加以图案化,施用于瓷器、布帛、家具、木雕等器物之上,作为装饰。寄寓了双喜临门,喜上加喜之意。常见的文字纹除双喜纹外还有万字纹、寿字纹、福字纹等。(双喜纹_百度百科

Double Happiness (simplified Chinese: 双喜; traditional Chinese: 雙喜; pinyin: shuāngxǐ) sometimes translated as Double Happy, is a Chinese traditional ornament design, commonly used as a decoration and symbol of marriage. Outside of China, it is also used in the United States, Europe and Southeast Asia. Typically the character “囍” is written in Chinese calligraphy, and frequently appears on traditional decorative items, associated with marriage. Double happiness symbol also often found all over the wedding ceremony, as well as on gift items given to the bride and groom. The color of the character is usually red, occasionally black. (Double Happiness (calligraphy) – Wikipedia

関連サイト

双喜紋 【中国文化】 – 中国語スクリプト

関連エントリ

双喜紋 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

双喜纹 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Double Happiness の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る