台湾 カテゴリのアーカイブ

3月14日 ホワイトデー 白色情人節

800px-Its_all_about_love.jpg

3月14日 ホワイトデー 白色情人節

関連記事

ホワイトデーは、一般的にバレンタインデーにチョコレート等を貰った男性が、そのお返しとしてキャンディ・マシュマロ・ホワイトチョコレート等のプレゼントを女性へ贈る日とされる。日付は3月14日。ただし、近年(2000年代以降)の日本では「友チョコ」や「自分チョコ」、「義理チョコ」などバレンタインデーの習慣が多様化してきていることから、ホワイトデーにも「友チョコ」や「義理チョコ」のお返しが行われるなど多様化が見られる。ホワイトデーの習慣は日本で生まれ、中華人民共和国や中華民国(台湾)、大韓民国など東アジアの一部でも見られることがある。ヨーロッパやアフリカ、中東や南アメリカ、北アメリカやオセアニアなど世界の殆どの国ではこういった習慣は見られない。(ホワイトデー – Wikipedia

白色情人節(英语:White Day;日語:ホワイトデー),源於日本,訂於3月14日。日本,通常欲告白的女方會在情人節(2月14日)的時候送禮給心儀的對象,而收到禮物的一方,則會在3月14日回禮並告訴女方自己的心意。南韓、台灣及香港、泰國、菲律賓等地也有类似的跟風習俗。都是3月14日。(白色情人節- 维基百科,自由的百科全书

関連サイト

ホワイトデー 公式サイト – 全国飴菓子工業協同組合

関連エントリ

ホワイトデー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

白色情人節 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

美幌町の星 石田正子選手が帰町

399px-Snowman-20100106.jpg

美幌町の星 石田正子選手が帰町
中国笛子第一人 葉紅旗さんから美幌町の石田正子選手にお祝いメッセージが送られてきましたので掲載します。(美幌音楽人 加藤雅夫)
石田正子さんはバンクーバー冬季オリンピック日本代表選手として世界各国の優秀な選手たちと競争して、いい成績を取られ本当に偉業を成し遂げられましたね。20年前の中日交流で石田正子さんと楽しく交流しました。上美幌小学校での音楽交流は素晴らしい思い出となりました。その後、何年間もお目にかかってはいませんが今は立派な方となりまして、どうもおめでとうございます。「これからもまだ続けて頑張ってください!応援します!」という私の気持ちは加藤雅夫さんを通じて石田正子さんにお伝えします。(台湾から 葉紅旗より

関連記事

美幌町出身・石田正子選手が帰町 平昌五輪3種目で健闘
「感動ありがとう」町職員ら歓迎
平昌冬季五輪のノルディックスキー距離3種目に出場した美幌町出身の石田正子選手(37)=JR北海道=が帰町。1日に役場を訪れ、土谷耕治町長らに成績を報告した。石田選手は4度目の五輪となる平昌で距離複合15キロ(スキーアスロン)で14位、10キロフリーで18位。得意の30キロクラシカルでは終盤に追い上げる力走を見せ、10位で入賞は逃したがトップテン入りを果たした。1日は、大勢の町職員が拍手で出迎える中、役場を訪問。土谷町長が「ごくろうさま。日本の第一人者としてますます活躍を」とねぎらいと激励の言葉をかけた。石田選手は「3種目とも20位以内に入ることができて、良い成績を残せた」と報告し、町民から受けた応援に感謝。30キロクラシカルについては「最初からもっとペースを上げていれば、さらに上位に入れたかもしれない」と述べた。3日にはノルウェー・オスロ、スウェーデン・ファールンで開かれるワールドカップに向けて出発する。「次の五輪を目指すかどうかは今季が終わってから考えたい」と話した。(浩)(2018年3月3日の記事 経済の伝書鳩

石田 正子(いしだ まさこ Masako Ishida, 1980年11月5日 – )は、日本のクロスカントリースキー選手。日本大学文理学部体育学科卒業。現所属はJR北海道。日本人選手で初めてワールドカップ長距離種目(30kmクラシカル)3位入賞をしている。美幌町「栄誉賞」受賞。 経歴 / 北海道網走郡美幌町出身、札幌市在住。旭川大学高校では高校総体、高校選抜、ジュニアオリンピック、国体で優勝している。日本大学進学後は2001年3月にクロスカントリースキー・ワールドカップに初出場。インカレでも3連覇を達成[2]。大学卒業後はJR北海道[1](2011年3月まではJR北海道グループの札新開発に勤務し、JR北海道スキー部所属、2011年4月以降はJR北海道とのユニフォームスポンサー契約)。2017年2月4日、平昌(韓国)で開催されたW杯距離複合において3位に入り、自身8シーズンぶり2度目の表彰台を獲得。複合での表彰台獲得は日本勢初である。 主な成績 / 冬季オリンピック / 2018年平昌オリンピック(大韓民国の旗 韓国) 、10kmフリー(18位)、15kmスキーアスロン(14位)、30kmクラシカル(10位)。(石田正子 – Wikipedia

関連サイト

平昌オリンピック情報 | 美幌町

美幌町 – ホーム | Facebook

MASAKO’S Dairy

Masako Ishida 石田 正子 (@macyako) | Twitter

石田 正子 | Facebook

関連エントリ

平昌オリンピック の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

石田正子 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町の星 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北見工業大学の公開講座 第9回「国際理解講座」

800px-Its_all_about_love.jpg

北見工業大学の公開講座 第9回「国際理解講座」

関連記事

2月10日・北見工大で国際理解講座
北見工業大学の国際理解講座が2月10日(土)午前10時~午後4時10分、同大学で開かれる。参加無料。定員40人。申し込みは前日までに同大学研究協力課(TEL 0157-26-9158)へ。 海外留学を経験している同大学国際交流センター職員3人が講演する。講演内容と講師は次の通り(敬称略)◇台湾における結婚事情について(午前10時~)特認講師 ◇留学生が学ぶ『日本語』と日本人が学ぶ『国語』の違いについて(午後1時~)特認講師 ◇異文化交流の意義~異文化トレーニング体験(午後2時40~)国際交流センター長。(2018年1月31日の記事 経済の伝書鳩

北見工大で国際理解の公開講座 市民受講者が異文化について学ぶ
国際理解をテーマに北見工業大学の公開講座が開かれた。同大学国際交流センターの3人の講師がそれぞれ、ユニークなテーマで講演。市民受講者が異文化について理解を深めた。「留学生が学ぶ『日本語』と日本人が学ぶ『国語』の違いについて」と、頭が混乱しそうな興味深い講演をしたのは、同センターの特任講師。97人の外国人が同大と大学院で研究しており、就職や論文作成に必要なビジネス日本語や論文表現を一生懸命に学んでいると紹介した。一方、最近の日本人大学生は、SNSやパソコンを駆使する調べものは得意だが「なかには体言止めを使った論文やエッセー風論文が散見される」と論文の質の低下に警鐘。社会に出てから求められる「コミュニケーションリテラシ」という科目が今年度、1年生に導入され、日本語の的確な理解や伝え合う力といった高度な言語力を指導している。「工夫して効果的に『話す』ことや、単に『読む』のではなく読み味わうことが大事」と、リテラシを教えてみての感想を率直に語った。同センター長の許斐(このみ)ナタリー教授は「異文化交流の意義」をトレーニング体験形式で講演。外国人から見た日本人は「みんなアニメが好きで、毎日すしを食べている…など、あなたが当たり前だと思っていることが異文化の人からだと実はまったく異なって解釈されるかもしれない」として「自分の慣れ親しんだ考え方から視点をシフトすることによって、異文化の考え方が理解できるようになる」と解説。「ぜひ異文化に興味を」と勧めた。講座ではほかに同センターの特任講師が「台湾における結婚事情」について紹介。それぞれ30~40人が熱心に受講した。(寒)(2018年2月15日の記事 経済の伝書鳩

北見工業大学
北見工業大学(きたみこうぎょうだいがく、英語: Kitami Institute of Technology)は、北海道北見市公園町165番地に本部を置く日本の国立大学である。1966年に設置された。大学の略称は北見工大。(北見工業大学 – Wikipedia

関連サイト

平成29年度公開講座の御案内 | 北見工業大学

国際交流センター | 北見工業大学

北見工業大学 国際交流センター(International Center, Kitami Institute of Technology) | Facebook

関連エント

北見工業大学 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日中国交正常化45周年

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

2017年9月29日、日中国交正常化45周年である。

日中国交正常化(にっちゅうこっこうせいじょうか)とは、1972年9月に日中共同声明を発表して、日本国と中華人民共和国が国交を結んだことである。

北海道美幌町の音楽人加藤雅夫の日中国交正常化関連記事は、こちらです。
1972年9月29日、「日中国交正常化( 日中共同声明)」(中日聯合聲明)
http://masaokato.jp/2013/09/29/064621

このページの先頭へ戻る

ごみゼロの日 (5月30日) – 日本の記念日

300px-Debris-LEO1280.jpg

360px-Shopping_window_SG.jpg

ごみゼロの日 (5月30日) – 日本の記念日
Zero Waste Day (May 30) – Japanese anniversary day

ごみゼロの日 (5月30日) – 日本の記念日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

花と音楽とアロハ – 母の日(2015年)

_009.jpg

_008.jpg

花と音楽とアロハ – 母の日(2015年)
鮮花和音樂和阿羅哈 – 母親節(2015年)
鲜花和音乐和阿罗哈 – 母亲节(2015年)
Flowers and Music and Aloha – Mother’s Day (2015)

花と音楽とアロハ – 母の日(2015年) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

台湾の歌手 – テレサ・テン逝世 (1995年 5月9日)

800px-Gardenia_jasminoides1.jpg

台湾の歌手 – テレサ・テン逝世 (1995年 5月9日)
台灣歌手 – 鄧麗君逝世(1995年5月9日)
Taiwan singer – Teresa Teng death (May 9, 1995)

台湾の歌手 – テレサ・テン逝世 (1995年 5月9日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「君の名は」(第2部)上映会 & 石原まき子 フリートーク

5c2f2cfc83c7aa5a1e948cd49f247be8.jpg

「君の名は」(第2部)上映会 & 石原まき子 フリートーク
“What Is Your Name?” (Part 2) Screening & Makiko Ishihara Free Talk

「君の名は」(第2部)上映会 & 石原まき子 フリートーク の全文を読む

このページの先頭へ戻る

二泉映月 (阿炳)

165px-Erhu_2.png

300px-NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise.jpg

二泉映月 (阿炳)
Erquan Yingyue (Abing)

二泉映月 (阿炳) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

音楽文化交流: 写真と音楽動画 (中国)

4_014.jpg

音楽文化交流: 写真と音楽動画 (中国)
Music cultural exchange: Photos and music videos (China)

音楽文化交流: 写真と音楽動画 (中国) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る