七夕 の検索結果: 35 件

雨とコスモス (マンドリンオーケストラ曲 武井守成)

250px-Cosmos_Kinchakuda_3

雨とコスモス (マンドリンオーケストラ曲 武井守成)

関連記事

雨(あめ)とは、大気から水の滴が落下する現象で、降水現象および天気の一種。また、落下する水滴そのもの(雨粒)を指すこともある。 文化・生活 / 雨の概念や雨に対する考え方は、その土地の気候によって様々なものがある。イギリス、ドイツ、フランスなど西洋の温暖な地域(西岸海洋性気候の地域)では「雨」を悲しいイメージで捉える傾向が強く、いくつかの童謡にもそれが表現されている。一方、雨が少ないアフリカや中東、中央アジアの乾燥地帯などでは、雨が楽しいイメージ、喜ばしいものとして捉えられることが多く、雨が歓迎される。 民俗 / 古来より人は、恵みをもたらす半面災厄をもたらす雨を、崇拝すると同時に畏怖していたと考えられる。端的な例として、ノアの洪水のみならず、世界の破壊や創造をもたらす洪水神話は世界各地に存在する。洪水神話は、雨の破壊性と創造性の2つの面を象徴していると考えられる。 また、世界の多くの神話や伝承において雨は、至高神、天神、雷神の活動の結果としてもたらされると解釈されている。メソポタミア神話の天候神アダド、ヒッタイトの天候神テシュブ、フェニキアの嵐の神バアルは天候を支配し雨や洪水を司るとされ、神の怒りが洪水や干ばつの原因だとして恐れられた。ギリシア神話では、全能の神ゼウスが雷を武器として他の巨人や神々と戦う際に雨が降るとされた。インド神話では、王インドラが雷神でもあり、悪竜ブルトラを退治することで川に水を取り戻し、田畑を干ばつから救ったとされる。日本神話では、スサノオがヤマタノオロチを倒した際にその尾から出た天叢雲剣が雲を司る神器とされる。スサノオが高千穂峰に降りた天孫降臨の際には、雨と風がもたらされたと伝えられる。 さらに、天を父、大地を母とし、両者の交わりによって雨が降り大地に実りがもたらされるという、天父地母の信仰も広く見られる。 水辺に生息するカエルやヘビなどの動物はしばしば、水神や水神の化身や家来とされたり、雨とかかわりの深いものとされている。ヨーロッパでは、ある種の鳥や昆虫の活動を雨の前触れとする伝承が広く見られる。 雨と関わりの深い農耕や牧畜を行う民族・部族では「雨乞い」の習俗が存在する。雨への依存が大きいアフリカの農民や牧畜民では、雨乞いを行う雨乞師の社会的地位が高いという特徴がある。雨乞いの儀式には広く水や煙、鉦などが用いられるが、これは水が雨、煙が雲、鉦が雷鳴を象徴する類感呪術であると考えられている。一部では、特徴的な形状の自然物を「雨石」や「雨の葉」などの神聖な事物として祀る習俗もある。これに対し、長雨の終息を祈る「日乞い」の習俗も存在するが、雨乞いほど多くはない。 日本では、雨はそれ自体神格化されず、水神や龍神が司るものとされる。そして、神の出現の際には、神威の現れとして雨が降るとされる。これに通じるものとして、七夕などの節日や神社の祭礼の日には雨が降るという伝承も各地に伝わっている。田植えを終える目安とされる半夏生の日に降る雨を半夏雨と言い、田の神が天に昇るときの雨だとされている。また、歴史的に水田稲作が盛んであることから農民は雨に強い関心を抱いており、正月や節分における天気占いや雨乞いの儀礼が各地で行われてきた。 一方、大雨による洪水や山崩れを蛇身と化した水神のしわざだとする伝説や、激しい夕立や竜巻を龍神の昇天だとする伝承がある。そのほか、雨の夜には人魂や幽霊が現れやすいともされている。 雨は文化的モチーフにもなっている。季節を感じさせるものとして四季それぞれの雨に対する感性が大きく異なり、古来より雨は多くの文学や芸術のモチーフに叙情的に描かれ、江戸時代の浮世絵版画においては歌川広重が交差する線の表現など多様な雨の表現を開拓している。 (雨 – Wikipedia)

コスモス(英語: Cosmos 、学名:Cosmos)は、キク科コスモス属の総称。また、種としてのオオハルシャギク Cosmos bipinnatus Cav. を指す場合もある。アキザクラ(秋桜)とも言う。 花言葉 / 少女の純真、真心、 コスモスの語源 / 語源「コスモ」(cosmo)はギリシャ語の「宇宙」の「秩序」を意味し、「コスモス」とはラテン語で星座の世界=秩序をもつ完結した世界体系としての宇宙の事である。 (コスモス – Wikipedia)

マンドリンオーケストラ曲とはマンドリンオーケストラによって演奏されることを前提に作曲された楽曲をいう。日本ではマンドリン2部・マンドラ・マンドロンチェロ・クラシックギター・コントラバスによる弦楽6部編成、ドイツではマンドロンチェロを含まない弦楽5部編成が一般的で、これに管打楽器が加わる曲も少なくない。 (マンドリンオーケストラ曲 – Wikipedia)

武井 守成(たけい もりしげ、1890年(明治23年)10月11日 – 1949年(昭和24年)12月14日)は、日本の作曲家、指揮者。男爵。宮内官僚。 作曲家として / 東京外国語学校在学中の1911年にイタリアに留学し、そこでギターとマンドリンに出会った。帰国後、マンドリンオーケストラ『オルケストラ・シンフォニカ・タケヰ』(OST)を主宰し、マンドリン合奏曲・ギター独奏曲の作曲家として活動。OSTに指揮者として大沼哲・菅原明朗を招いている。また雑誌『マンドリンギター研究』を発刊し、1923年にはマンドリン合奏コンクールを、1924年には作曲コンクールを、1927年にはマンドリンオーケストラ作曲コンクールを開催し、マンドリン・ギター音楽の発展に尽力した。 1952年には武井の業績を記念して、ギター作品を対象とする武井賞が創設されている。 (武井守成 – Wikipedia)

関連動画

雨とコスモス 武井守成 | チャオ・マンドリーノ – YouTube

雨とコスモス 武井守成 | アンサンブル・ビアチェーレ – YouTube

雨とコスモス 武井守成(Pioggia e Cosmos) | 札幌プレクトラム・アンサンブル – YouTube

関連エントリ

武井守成 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Morishige Takei の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

七月七日 七夕 (Tanabata)

Haniwa2.jpg

七月七日 七夕 (Tanabata)

関連記事

7月7日 記念日 / 七夕,七夕の節句 / 旧暦の7月15日の夜に戻って来る祖先の霊に着せる衣服を機織して棚に置いておく習慣があり、棚に機で織った衣服を備えることから「棚機」という言葉が生まれた。その後仏教が伝来すると、7月15日は仏教上の行事「盂蘭盆(盆)」となり、棚機は盆の準備をする日ということになって7月7日に繰り上げられた。これに中国から伝わった織女・牽牛の伝説が結び附けられ、天の川を隔てた織姫(織女星、こと座のベガ)と彦星(牽牛星、わし座のアルタイル)が年に一度の再会を許される日とされた。 (7月7日 今日は何の日~毎日が記念日~)

七夕(たなばた)は、中国、日本、韓国、台湾、ベトナムなどにおける節供、節日の一つ。五節句の一つにも数えられる。旧暦では7月7日の夜のことで、日本ではお盆(旧暦7月15日前後)との関連がある年中行事であったが、明治改暦以降、お盆が新暦月遅れの8月15日前後を主に行われるようになったため関連性が薄れた。日本の七夕祭りは、新暦7月7日や月遅れの8月7日、あるいはそれらの前後の時期に開催されている。歴史 / 日本 / 日本の「たなばた」は、元来、中国での行事であった七夕が奈良時代に伝わり、元からあった日本の棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれた。「たなばた」の語源は『古事記』でアメノワカヒコが死にアヂスキタカヒコネが来た折に詠まれた歌にある「淤登多那婆多」(弟棚機)又は『日本書紀』葦原中国平定の1書第1にある「乙登多奈婆多」また、お盆の精霊棚とその幡から棚幡という。また、『萬葉集』卷10春雜歌2080(「織女之 今夜相奈婆 如常 明日乎阻而 年者将長」)たなばたの今夜あひなばつねのごと明日をへだてて年は長けむ など七夕に纏わる歌が存在する。そのほか、牽牛織女の二星がそれぞれ耕作および蚕織をつかさどるため、それらにちなんだ種物(たなつもの)・機物(はたつもの)という語が「たなばた」の由来とする江戸期の文献もある。日本では、雑令によって7月7日が節日と定められ、相撲御覧(相撲節会)、七夕の詩賦、乞巧奠などが奈良時代以来行われていた。またその後、平城天皇が7月7日に亡くなると、826年(天長3年)相撲御覧が別の日に移され、行事は分化して星合と乞巧奠が盛んになった。 (七夕 – Wikipedia)

Tanabata (Japanese: たなばた or 七夕, meaning “Evening of the seventh”), also known as the Star Festival, is a Japanese festival originating from the Chinese Qixi Festival. It celebrates the meeting of the deities Orihime and Hikoboshi (represented by the stars Vega and Altair respectively). According to legend, the Milky Way separates these lovers, and they are allowed to meet only once a year on the seventh day of the seventh lunar month of the lunisolar calendar. The date of Tanabata varies by region of the country, but the first festivities begin on 7 July of the Gregorian calendar. The celebration is held at various days between July and August. (Tanabata – Wikipedia)

関連エントリ

七夕 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Tanabataの検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

牛郎織女 (牛郎织女)

_by_Yamamoto_Hsui.jpg

牛郎織女 (牛郎织女)

関連記事

『牛郎織女』(ぎゅうろうしょくじょ)は、中国の神話伝説であり、中国の民間説話の一つとされている。概要 / 牽牛織女の伝説は後漢以降の文献に見える。『淮南子』俶真訓に「織女」の名が見え、班固『西都賦』には「左牽牛而右織女、似雲漢之無涯」という。唐末の韓鄂『歳華紀麗』に引く後漢末の応劭『風俗通』逸文には「織女は七夕の日にカササギを橋として河を渡らなければならない」といっている。明の馮応京著『月令広義・七月令』の引く梁の殷芸『小説』には更に詳しく記されており、河東に住む天帝の娘である織女(織姫)が河西の牽牛郎(牛飼い、彦星)に嫁ぐことを許したが、嫁いだ後に機織りをやめたことで天帝の怒りを買い、河東に戻ることを強要、1年に1度だけ会うことを許した、と記されている。 (牛郎織女 – Wikipedia)

牛郎織女是中國四大民间传说之一,被部份人譽為中国文化中的神话爱情经典。七夕這個中國傳統節日便是從牛郎織女的故事而來的。 (牛郎织女- 维基百科,自由的百科全书)

関連サイト

牛郎織女の神話_中国の伝統的な祭日 – china.org.cn

牛郎织女(中国著名民间故事)_百度百科

[传说]牛郎织女的故事–文化–人民网

牛郎织女的故事 – 中国政府网

関連エントリ

牛郎織女 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

牛郎织女 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

天の川 (Milky Way、ミルキーウェイ)

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

天の川 (Milky Way、ミルキーウェイ)

関連記事

天の川あるいは天の河(あまのがわ)は、夜空を横切るように存在する雲状の光の帯のこと。東アジアの神話では夜空の光の帯を、川(河)と見ている。一方、ギリシャ神話では、これを乳と見ている。それが継承され英語圏でもMilky Way(ミルキーウェイ)と言うようになった。この光の帯は天球を一周しており、恒星とともに日周運動を行っている。日本では、夏と冬に天の川が南北に頭の上を越える位置に来る。これをまたいで夏には夏の大三角が、冬には冬の大三角が見える。他の星も天の川の周辺に多いので、夏と冬の夜空はにぎやかになる。現在では「天の川」や「Milky Way」という言葉で、天球上の(視覚的な)帯だけでなく、地球を含む星の集団、つまり天の川銀河を指すこともある。東アジアの神話 / 中国・日本など東アジア地域に伝わる七夕伝説では、織女星と牽牛星を隔てて会えなくしている川が天の川である。二人は互いに恋しあっていたが、天帝に見咎められ、年に一度、七月七日の日のみ、天の川を渡って会うことになった。 (天の川 – Wikipedia)

関連エントリ

天の川 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Milky Way の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ミルキーウェイ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

イランカラプテの川柳 (2018年 7月) 開始です

W_ominaesi2091.jpg

イランカラプテの川柳 (2018年 7月) 開始です

イランカラプテ (Irankarapte) (こんにちは、はじめまして)、北海道アイヌ民族の言葉です。イ(それ)ラン(思い)カラプ(触れる)テ(させてください)。「あなたの心にそっとふれさせていただきます」の意。

川柳は17文字(5・7・5)自由詩。ユーモア川柳、風刺川柳、しりとり川柳、病み上がり川柳、福祉川柳、介護川柳、時事川柳、ツイッター川柳などがあります。皆様の温かい言葉をお寄せください。 自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」「回文」「言葉遊び」などもどうぞお寄せください。投稿は、こちらです。masao.kato@docomo.ne.jp

関連記事

7月(しちがつ)はグレゴリオ暦で年の第7の月に当たり、31日ある。日本では、旧暦7月を文月(ふづき、ふみづき)と呼び、現在では新暦7月の別名としても用いる。文月の由来は、7月7日の七夕に詩歌を献じたり、書物を夜風に曝す風習があるからというのが定説となっている。しかし、七夕の行事は奈良時代に中国から伝わったもので、元々日本にはないものである。そこで、稲の穂が含む月であることから「含み月」「穂含み月」の意であるとする説もある。また、「秋初月(あきはづき)」、「七夜月(ななよづき)」の別名もある。異名 / おみなえしづき・をみなえしづき(女郎花月)、けんしんげつ(建申月)、しんげつ(親月)、たなばたづき(七夕月)、とうげつ(桐月)、ななよづき(七夜月)、はつあき(初秋)、ふづき(七月・文月)、ふみひろげづき(文披月)、めであいづき(愛逢月)、らんげつ(蘭月)、りょうげつ(涼月)。「7」や「七」は「しち」の他に「なな」とも呼称するが、歴史的には「しち」の方が古い。これらの経緯から日本では伝統的に「しちがつ」と呼称されてきたが近年では「1月(いちがつ)」と聴き違うという理由から、わざと「なながつ」と呼称する者が若者を中心に増えてきており、政府の公式発表時においても「なながつ」と呼称することがある。(7月 – Wikipedia)

川柳の投稿(2018年 7月1日の投稿)
「指先で 点字新聞 読む早さ」(美幌の視覚障害者)
「盲友の 食事は手箸 うまそうだ」(美幌の座頭雅)
「江戸時代 ええじゃないかの 踊り歌」(美幌人)
「世直しの ええじゃないかは お目出たい」(タイガーマスク)
「平成の ええじゃないかは YOSAKOIで」(北海道人)

関連エントリ

イランカラプテの川柳 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

中国の(七夕の)サンドアートパフォーマンス

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

中国の(七夕の)サンドアートパフォーマンス

関連記事

The Qixi Festival (Chinese: 七夕节), also known as the Qiqiao Festival (乞巧节), is a Chinese festival that celebrates the annual meeting of the cowherd and weaver girl in Chinese mythology. It falls on the 7th day of the 7th month on the Chinese calendar. It is sometimes called the Double Seventh Festival, the Chinese Valentine’s Day,[5] the Night of Sevens,[6] or the Magpie Festival. The festival originated from the romantic legend of two lovers, Zhinü and Niulang, who were the weaver maid and the cowherd, respectively. The tale of the Cowherd and the Weaver Girl has been celebrated in the Qixi Festival since the Han Dynasty. The earliest-known reference to this famous myth dates back to over 2600 years ago, which was told in a poem from the Classic of Poetry. The Qixi festival inspired the Tanabata festival in Japan and Chilseok festival in Korea. (Qixi Festival – Wikipedia

サンドアート(英語: Sand art)とは一般に、サンド即ち「砂」をマチエールとして行なわれる芸術活動全体を指している。 「サンドアート」という芸術分野は、いくつかの種類に分類される。砂浜の砂でお城等を造形する「砂像(サンドスカルプチュアもしくはサンドスタチュー)」。日本の小学校教育にも取りいれられている、糊の貼られたシートにマスキングして色砂をまぶして作る「砂絵(サンドペインティング)」。瓶の中に色砂を敷き詰めて、その地層の模様で絵を描く「グラスサンドアート」。バックライトでガラスの上の砂を照らし、オーバーヘッドでストップモーション撮影をする「砂アニメーション(サンドアニメーション)」。バックライトでガラスの上の砂を照らし、オーバーヘッドでライブ中継し、次々と砂絵を描いていき物語を展開させる「サンドアートパフォーマンス」等がある。 世界の伝統工芸や伝統芸能の多くにもサンドアートが存在する。チベット仏教の「砂曼荼羅」は、色砂を用いて何週間もかけて曼荼羅を描く宗教芸術。日本にも「盆石」というサンドアートの文化が存在する。黒いお盆の上に、白い砂で自然の風景を描き、石を岩や山に見立て配置する、日本古来の縮景芸術の一つ。また、日本には、1600年代に作れた、縦122メートル、横90メートル、周囲345メートルの巨大な砂絵「銭形砂絵」が今も香川県観音寺市に現存している。(Wikipedia ー サンドアート

サンドパフォーマンスまたはサンドアートパフォーマンス(英語:sand art performance)は、砂を素材として表現を行なう芸術の一種である。 ガラス面に砂を撒きその下から光を当て、その光と影によって砂絵を描き、さらに砂絵を次々と変化させて構成する表現手法が一般に用いられる。 サンドアートパフォーマンスは、オーバーヘッドプロジェクタかライトボックスを使用し、真上に設置したビデオカメラから大画面に映し出される砂絵の物語と、パフォーマーの動きの両方を、観客がその場で観て楽しむライブパフォーマンスである。パフォーマンスを映像に録画し、映像作品として発表されたり、TVコマーシャルやプロモーション・ビデオに用いられるケースもある。サンドアートパフォーマンスを行う者を、サンドアートパフォーマーまたはサンドアーティストという。アニメーションとして製作されるものは砂アニメと呼ばれる。 砂を素材として表現を行なう芸術を総称し「サンドアート」と呼ばれる。(Wikipedia ー サンドパフォーマンス

関連動画

Sand Art Depicting Chinese Valentine’s Day – Qixi – YouTube

関連エントリ

沙画 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

サンドアート の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2015年 7月19日、リンガリング・コンサート (七夕の雅楽)

270px-Peng_Liyuan_A.jpg

Akie_Abe_2007Apr26.jpg

330px-Xi_Jinping_October_2013_cropped.jpg

330px-Shinz_Abe_April_2015.jpg

_004.jpg

2015年 7月19日
リンガリング・コンサート (七夕の雅楽)

July 19, 2015
ring a ring concert (gagaku of tanabata)

2015年 7月19日、リンガリング・コンサート (七夕の雅楽) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

さくらんぼと雅楽と名曲シリーズコンサート2015 (東京オペラシティ)

330px-Tru_Takemitsu.jpg

Haniwa2.jpg

さくらんぼと雅楽と名曲シリーズコンサート2015 (東京オペラシティ)
Cherries and Gagaku and Masterpieces series concert 2015 (Tokyo Opera City)

さくらんぼと雅楽と名曲シリーズコンサート2015 (東京オペラシティ) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

平成26年 7月、イランカラプテの川柳

330px-Saururus_chinensis.jpg

イランカラプテ
Irankarapte
イランカラプテの意は、「あなたの心にこんにちは」です

川柳は17文字(5・7・5)自由詩。ユーモア川柳、風刺川柳、しりとり川柳、病み上がり川柳、福祉川柳、介護川柳、時事川柳、ツイッター川柳などがあります。皆様の温かい言葉をお寄せください。

自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」「回文」「言葉遊び」などもどうぞお寄せください。

イランカラプテの川柳を開始いたします。(2014年 7月)

平成26年 7月、イランカラプテの川柳 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

7月12日、リハーサル公開 「リンガリング・コンサート」 (七夕の雅楽)

300px-Ryuteki_player_by_KenOkinawa_in_Kamakura_Kanagawa.jpg


7月12日、子どもたちのためのリハーサル公開
「リンガリング・コンサート」(七夕の雅楽)

July 12, public rehearsal for the children
“Lingering Concert” (Gagaku of Tanabata)

7月12日、リハーサル公開 「リンガリング・コンサート」 (七夕の雅楽) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る