津別町 カテゴリのアーカイブ

11月9日、119番の日。(Japan 2013)

Cessna_Citation_II.jpg

MC_AMB.jpg

img001.jpg

119番の日とは、日本の記念日。国民の消防全般に対する正しい理解と認識を深め、住民の防災意識の高揚を図ることを目的として設けられている。毎年、1月19日ではなく11月9日。 設立: 1987年に自治体消防発足40周年を機に、消防庁によって制定された。消防・救急に関する緊急通報用電話番号である119番にちなんだ語呂合わせである。 内容: この日には、防火意識の喚起とともに、適正かつ迅速・的確な119番通報を呼びかける啓発活動が行われている。また、秋の全国火災予防運動の初日にもなっている。
ja.wikipedia.org/wiki/119番の日

119番は、日本において消防機関に提供される緊急通報用電話番号である。消防機関への緊急通報用電話番号であり、火災の場合や、不発弾を発見した場合、救急が必要な場合に使う。
ja.wikipedia.org/wiki/119番

11月9日、119番の日。(Japan 2013) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

網走沖「秋サケ漁」、津別小学校「サケ出前授業」

800px-Abashiri_Subprefecture.png

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

Abashiri_river.jpg

サケ(鮭 Oncorhynchus keta)は、サケ目サケ科サケ属の魚。 別名: 生鮮魚介類として流通する場合にはシロサケ、アキサケ、アキアジなどの名称も用いられる。このほかの別名としてイヌマス、サーモン、メジカ、トキシラズなどがある。トキシラズ(時知らず)は産卵期以外の時期に取れる季節外れの鮭の呼称。産卵のために栄養が疲弊していないので旬のものより美味いとも言われる。 鮭児: けいじと読む。知床〜網走付近で11月上旬、中旬に漁獲されるあぶらののった若いサケである。
ja.wikipedia.org/wiki/サケ

網走川(あばしりがわ)は、北海道オホーツク総合振興局管内を流れオホーツク海に注ぐ一級河川。網走川水系の本流である。 名称の由来: 先住のアイヌからは、「リンナイ」(波の沢)という名で呼ばれていたが、 網走を主に流れる川として、網走川と現在呼ばれている。 流域の自治体: 北海道: 網走郡津別町、美幌町、大空町、網走市
ja.wikipedia.org/wiki/網走川

網走沖「秋サケ漁」
津別小学校「サケ出前授業」

網走沖「秋サケ漁」、津別小学校「サケ出前授業」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

オホーツクでの災害・防災の情報。(緊急地震速報、津波警報、緊急情報)

Great_Wave_off_Kanagawa2.jpg

Topographic30deg_N20E120.png

オホーツク海南部深発地震とは、日本標準時2012年8月14日11時59分36.2秒に樺太島東方のオホーツク海南部を震央として発生した地震である。 緊急地震速報: 2012年8月14日12時1分11.0秒、最初の地震波を稚内市恵北で観測した。その1.5秒後には、この観測情報を元に緊急地震速報の処理を開始した。
ja.wikipedia.org/wiki/オホーツク海南部深発地震

オホーツク海深発地震とは、協定世界時2013年5月24日5時45分頃(日本標準時14時同分、マガダン時間17時同分)に、カムチャツカ半島西方のオホーツク海を震央として発生した地震である。気象庁震度階級では日本の北海道と秋田県で最大震度3を、メルカリ震度階級ではカザフスタンのアティラウで最大震度Vを記録したほか、震源から遠く離れたドバイ、モスクワなど、北半球の広い範囲で有感地震となった。 概要: この地震は、深発地震という計測の難しい地震である。気象庁は、地震情報の「各地の震度に関する情報」で「サハリン近海」、「各地の震度」で「カムチャツカ半島付近」・「オホーツク海」という表現を使用している。また、メディアや日本国外の機関では「オホーツク海の地震」「カムチャツカ半島沖の地震」などと呼称されている。 震源の深さは609.8km (USGS) または609km (JMA) と、震源の深い深発地震としても極めて深いものであった。そして、地震の規模はモーメントマグニチュードで8.3、気象庁マグニチュードで8.4という極めて大規模な地震であった。 深発地震としては観測史上最大の地震である。
ja.wikipedia.org/wiki/オホーツク海深発地震

オホーツクでの災害・防災の情報。(緊急地震速報、津波警報、緊急情報) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

エゾシカ衝突の注意マップ (オホーツク管内で)

Traffic_light.gif

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg



エゾシカ(蝦夷鹿、学名:Cervus nippon yesoensis)は、北海道に生息するシカの一種。シカ科シカ属に分類されるニホンジカの亜種である。 エゾシカが引き起こす問題: 個体数の爆発的増加にともない、農林業被害や交通事故といった人間経済への被害、そして採食活動による森林や高山植物などの生態系破壊が深刻化している。もはやエゾシカの問題は、北海道の経済と自然を脅かす社会問題となっており、「災害」とまでいわれている。 交通事故以外にも、空港の敷地内にエゾシカが侵入して飛行機の離着陸が見合わされる事態も発生している。
ja.wikipedia.org/wiki/エゾシカ

エゾシカ衝突の注意マップ (オホーツク管内で) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「総合的な学習の時間」(北海道津別町の中学生)

300px-Bakermiddleages.jpg

Aronia_prunifolia0.jpg

日本の総合的な学習の時間は、児童、生徒が自発的に横断的・総合的な課題学習を行う時間である。 この時間は、国際化や情報化をはじめとする社会の変化をふまえ、子供の自ら学び自ら考える力などの全人的な生きる力の育成をめざし、教科などの枠を越えた横断的・総合的な学習を行うために生まれ、ゆとり教育と密接な関連性を持っている。特徴としては、体験学習や問題解決学習の重視、学校・家庭・地域の連携を掲げていることである。
ja.wikipedia.org/wiki/総合的な学習の時間

津別町、パン工房「クレシェ」
津別町活汲中学校
津別町の手をつなぐ育成会

10月19日、津別中学校吹奏楽部第11回定期演奏会

「総合的な学習の時間」(北海道津別町の中学生) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

網走郡のニュース。美幌町。津別町。大空町。

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg


網走郡のニュース

美幌町 に関するブログ記事ニュースの検索結果
津別町 に関するブログ記事ニュースの検索結果
大空町 に関するブログ記事ニュースの検索結果

網走郡のニュース。美幌町。津別町。大空町。 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

伝書鳩の連載 – 各分野で活躍する理学療法士

200921.jpg

理学療法
理学療法(りがくりょうほう、英語:physiotherapy、physical therapy)とは身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行わせ、及び電気療法、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう。理学療法の中には、大きく分けて、運動療法と物理療法、動作訓練がある。 また能力障害が残ったときには、基本的動作や日常生活活動を改善するための指導、そして社会生活を送る上で不利な要素を少なくするため、福祉用具の選定や住宅改修・環境調整、在宅ケア等も含まれる。近年では、生活習慣病の予防、コントロール、障害予防も理学療法の対象であるといえる。

理学療法士
理学療法士(りがくりょうほうし、Physical TherapistまたはPhysio Therapist)は、医療従事者(コ・メディカルスタッフ)の一員であり、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、視能訓練士(ORT)と共に、リハビリテーション専門職と称されるうちの一つである。

理学療法 についてのブログ記事ニュースの検索結果 – Google

伝書鳩の連載 – 各分野で活躍する理学療法士 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「作業療法士の仕事とは?」(What is The Work of Occupational Therapist)

800px-Reeve_41457.jpg

800px-Occupational_therapy_psychiatric_hospital.jpg

作業療法
作業療法 (さぎょうりょうほう、英語:occupational therapy) は、作業をできるようにすることで人々の健康状態と幸福感の改善をもたらす。 作業ができるとは、人々が仕事を適切にやり遂げられる、心楽しく遊ぶことができる、日々の生活習慣を整えられる、上手に休養することができる、という意味である。 作業療法士の仕事は、作業ができるようクライエントの能力を強化したり、環境を整えることである。

作業療法士
作業療法士(さぎょうりょうほうし、英語: occupational therapist、略称:OT)は、医療従事者(コ・メディカルスタッフ)の一員であり、理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)、視能訓練士(ORT)と共に、リハビリテーション職と称されるうちの一つである。厚生労働大臣の免許を受けて、「作業療法士」の名称を用いて、医師の指示の下に、「作業療法」を行うことを業とする者をいう。

作業療法士 についてのブログ記事ニュースの検索結果 – Google

「作業療法士の仕事とは?」(What is The Work of Occupational Therapist) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

オホーツク総合振興局で負傷動物が保護されています

120px-HumanRightsLogosvg.png

400px-P_catsvg.png

オホーツク総合振興局の自治体
1.北見市 / 2. 網走市 / 3. 紋別市 / 4,5. 大空町 / 6. 美幌町 / 7. 津別町 / 8. 斜里町 / 9. 清里町 / 10. 小清水町 / 12. 訓子府町 / 13. 置戸町 / 15. 佐呂間町 / 17. 遠軽町 / 18. 湧別町(上湧別地区) / 19. 湧別町(湧別地区) / 20. 滝上町 / 21. 興部町 / 22. 西興部村 / 23. 雄武町

Okhotsk_subpref_2010_Hokkaido.PNG

Hokkaido_Abashiri_Br_16cl.png

殺処分
愛護動物に関する殺処分の問題点は、法令により「処分することができる(狂犬病予防法)」「譲渡し及び殺処分とする(犬及びねこの引取り並びに負傷動物等の収容に関する措置)」と自治体に処分する権利を与えているだけであり、必ず殺処分しなければならない義務があるわけではないことである。したがって、殺処分をする権利を行使するかどうかは自治体の意向に委ねられていることになり、自治体によって対応が違うことが問題視されている。 動物の愛護と管理に関する法律第35条5項によって定められた、犬及びねこの引取り並びに負傷動物等の収容に関する措置第4で定められている「処分」とは、殺処分の他に譲渡処分とされており、飼い主への返還や里親募集業務による希望者への譲渡も含めた「愛護施設から出て行く全ての事例」を指している。特に子犬は生後よりある程度(2〜3か月)の日数が経っていて健康上の問題さえ無ければすぐにでも新たな飼い主が見つかる場合が多く、都市部などでは需要に対して供給が追いつかない状態でもある。

オホーツク総合振興局で負傷動物が保護されています の全文を読む

このページの先頭へ戻る

美幌町と津別町の救急隊員が分娩介助を研修した

672px-CPR_training-04.jpg

800px-Postpartum_baby2.jpg

美幌町と津別町の救急隊員が分娩介助を研修した。

美幌町と津別町の救急隊員が分娩介助を研修した の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る