津別町 カテゴリのアーカイブ

マイクロプラスチック (海ごみ 網走川)

マイクロプラスチック (海ごみ 網走川)

関連記事

マイクロプラスチック…網走川の水には? 2019/09/18掲載(美幌町・津別町/社会) 網走川流域の会が美幌、津別で調査採取 / 網走川の水にマイクロプラスチックが含まれているかどうかを調べる作業が12日、美幌と津別両町の網走川で行われた。 身近な問題に理解深めて、と / マイクロプラスチックは、おおむね5㍉以下の微小なプラスチック。水生生物への悪影響が指摘されている。 調査は身近な川の調査を通じ、流域の住民らにこの問題に理解を深めてもらおうと、網走川流域の会が美幌博物館の協力を得て実施。美幌町内の調査では、博物館の学芸員が美禽橋の下を流れる川の水面近くに円錐型の網を5分間沈め、流れる浮遊物を採取した。今後、薬品で木の葉などプラスチック以外の浮遊物を溶かすなどして、プラスチックの有無を判別する。 下流の大空町ではすでに調査を終えており、近く網走市でも同様の調査を行う。調査結果は11月16日から博物館で開くロビー展で紹介する。学芸員は「身近な川にも微細なプラスチックが流れているのかを知ってもらいたい。ごみを捨てないなどモラル向上につながれば」と話している。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

美幌博物館が講座 2019/07/29掲載(美幌町/社会) 博物館前の用水路で調査 / 海洋生物への影響懸念、マイクロプラスチックを学ぶ / 世界の海で問題になっているマイクロプラスチックについて学ぶ講座が20日、美幌博物館などで開かれた。 マイクロプラスチックは、微小なプラスチック粒子。特に海の生物への悪影響が指摘されている。 講座はこの問題に理解を深めてもらおうと、博物館などが開催。約30人が参加した。博物館での座学で、東京理科大学の男性が、海の生物への影響をはじめ、環境ホルモンなど有害物質を吸着する性質などを説明した。 この後、美幌の水辺にもマイクロプラスチックが存在するのかどうかを調べようと、網走川から水を引く博物館前の用水路で、流れる浮遊物を円錐状の網を使って採取。シャーレに入れて目視や顕微鏡でマイクロプラスチックを探した。 この日の段階では、マイクロプラスチックであると疑わしい物質は見られたが、断定には至らなかった。博物館の学芸員は「今後も調査を続けることで、地域の状況を知り、マイクロプラスチックに関心を持ってもらいたい」と話している。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

マイクロプラスチック(英: microplastics)は、(生物物理学的)環境中に存在する微小なプラスチック粒子であり、特に海洋環境において極めて大きな問題になっている。一部の海洋研究者は1mmよりも小さい顕微鏡サイズの全てのプラスチック粒子と定義しているが、現場での採取に一般に使用されるニューストンネットのメッシュサイズが333μm (0.333 mm) であることを認識していながら、5 mmよりも小さい粒子と定義している研究者もいる。 海洋生物がマイクロプラスチック自体と、それに付着した有害物質(PCBやDDTなど)を摂取し、生物濃縮によって海鳥や人間の健康にも影響することが懸念されている。科学的な検証・検討は途上であるが、日本を含めた世界の官民で、発生量抑制や回収を目指す取り組みが始まっている。 (マイクロプラスチック – Wikipedia)

関連サイト

小さなごみも見逃さない!マイクロプラスチックを探せ!(美幌博物館) | 美幌町ホームページ

ごみ一口メモ | マイ広報紙

関連エントリ

マイクロプラスチック の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

網走川 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌博物館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年 北海道津別町 第27回つべつふれあい広場

marutakun.JPG

2019年 北海道津別町 第27回つべつふれあい広場

関連記事

28日・「つべつふれあい広場」 2019/07/26掲載(津別町/告知) 津別町中央公民館で / 第28回つべつふれあい広場が28日(日)午前10時~午後2時、津別町中央公民館で開かれる。 住民同士がふれあいながら福祉や健康に関心を深めてもらおうと、町内の介護事業所や福祉団体でつくる実行委員会が主催する。おりがみカウンセラー・本間千里さんのワークショップ、津別更生保護女性会の友愛セールをはじめ、構成団体の展示や体験、販売コーナーが設けられる。問い合わせは津別町社会福祉協議会(0152・76・1161)へ。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 津別町

津別町社会福祉協議会ホームページ

関連エントリ

つべつふれあい広場 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

津別町社会福祉協議会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年の夏休み ちびっこフリーパス (北海道オホーツク総会振興局)

2019年の夏休み ちびっこフリーパス (北海道オホーツク総会振興局)

オホーツク-ルちびっこフリーパス ひとり200円でバスが乗り放題!夏休みにオホーツクを冒険しよう!

関連記事

管内のバス乗り放題「ちびっこフリーパス」 2019/07/19掲載(網走管内/告知) 8月3~18日の16日間 北見バスターミナルなど管内23カ所で販売中 / 小学生以下の子ども対象 対象施設などで割引サービスも / 小学生以下の子どもなどが16日間、管内運行のバス乗り放題となる「ちびっこフリーパス」(1人200円)が北見バスターミナル、網走バスターミナルなど管内23カ所の窓口で販売されている。 オホーツク総合振興局と管内のバス事業者8社が公共交通機関の利用促進を目的に実施。8月3日~18日、管内を運行する乗り合いバス路線(都市間バスや管外接続路線などを除く)が乗り放題となる。このほかフリーパスを提示すると対象施設や店舗で割引サービスが受けられるほか、指定施設でスタンプを集め、アンケートに回答すると抽選で景品が当たる。 子どもと同乗する大人も1人200円でフリーパスを購入できる(大人のみの購入は不可)。 フリーパスの販売窓口や対象路線、割引サービスを受けられる店の一覧など詳細は同振興局の専用のサイトに掲載されている。問い合わせは同振興局地域連携推進室(0152・67・5621)へ。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

ちびっこフリーバス | 北海道オホーツク総会振興局

この夏限定「ちびっこフリーパス」発売中です! | 美幌町ホームページ

関連エントリ

ちびっこフリーパス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

第69回 社会を明るくする運動 (北海道津別町)

marutakun.JPG

第69回 社会を明るくする運動 (北海道津別町)

関連記事

23日・ふれあい町民のつどい 2019/07/08掲載(津別町/告知) 津別で社会を明るくする運動 / 第69回社会を明るくする運動津別町推進委員会の「ふれあい町民のつどい」が23日(火)午後6時から中央公民館で開かれる。 標語表彰式などの後、NPO法人生き方応援団ララ理事長で、「歌の上手すぎる心理カウンセラー」として活動する山田賢明さんが「立ち直りを支える地域のチカラ~すべての人が主張できる社会へ」をテーマに講演する。問い合わせは公民館内推進委員会事務局の津別町教育委員会生涯学習課(0152・76・2713)へ。(オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

ふれあい町民のつどいの開催について / 7月23日(火)の18時より、ふれあい町民のつどいを開催します。標語作品の表彰と、講師に「歌の上手すぎる心理カウンセラー 山田 賢明 氏」をお招きして、講演会を行います。当日はぜひ、津別町中央公民館へ足をお運びください! (愛林のまち津別町つべつ町のお知らせ(ふれあい町民のつどいの開催について) | 津別町ホームページ)

社会を明るくする運動(しゃかいをあかるくするうんどう)とは、法務省が主唱する、犯罪をなくして社会を明るくするために、すべての日本国民が犯罪の防止と犯罪者の矯正および更生保護についての正しい理解を深め、すすんでこれらの活動に協力するように全国民によびかける啓発活動。「社明運動(しゃめいうんどう)」とも呼ぶ。 (社会を明るくする運動 – Wikipedia)

関連サイト

町長日記 | 津別町ホームページ

関連エントリ

社会を明るくする運動 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町の 浅野喜内 (美幌町議会の議長 美津タイムス)

Street_light

北海道美幌町の 浅野喜内 (美幌町議会の議長 美津タイムス)

その昔、近所の街路灯のスピーカーから美しい音楽、イタリアの作曲家 ニーノ・ロータのトランペット演奏「ジェルソミーナの曲」が流れてきた。配信元は、美幌町議会議員(議長)・美津(びしん)タイムスの浅野喜内さん。

関連記事

『道』(みち、伊: La Strada)は、1954年製作・公開のイタリア映画。 フェデリコ・フェリーニ監督作品で、1956年のアカデミー外国語映画賞を受賞した。自他共に認めるフェリーニの代表作の一つ。フェリーニの作品の中では最後のネオリアリズム映画といわれる。アンソニー・クイン以外は日本では無名で、女優も美人とは言い難かったが、日本でも上映されると口コミで評判を呼んだ。 主題曲 / 主題曲を始めとする本作の音楽は、フェデリコ・フェリーニ監督作品を数多く手掛けたニーノ・ロータが作曲した。 (道 (1954年の映画) – Wikipedia)

La Strada (lit. ”The Road”) is a 1954 Italian drama film directed by Federico Fellini from his own screenplay co-written with Tullio Pinelli and Ennio Flaiano. The film tells the story of Gelsomina, a simple-minded young woman (Giulietta Masina) bought from her mother by Zampanò (Anthony Quinn), a brutish strongman who takes her with him on the road. (La Strada – Wikipedia)

関連サイト

歴代議長・副議長 | 美幌町ホームページ

美幌消防100年 年表【美幌・津別消防事務組合時代】 | 美幌・津別広域事務組合ホームページ

関連エントリ

浅野喜内 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

交番・駐在所 (北海道警察北見方面美幌警察署ホームページ)

300px-Menschliches_Auge.jpg

交番・駐在所 (北海道警察北見方面美幌警察署ホームページ)

関連記事

交番 日本の警察が設置している、警察官の詰所 / 交番(こうばん)は、日本の警察が設置している施設で、市街地の各所に設けられた警察官の詰め所のこと。通常は警察署地域課の警察官が勤務している。英訳語としては、ポリスボックス(英語: police box)が当てられるが、音訳のローマ字で(kōban)と表記される場合もある。警察官の間ではハコと呼ばれる。警察用語ではPBと呼ばれている。 交番の役割 / 交番と駐在所には、都道府県公安委員会の規則などにより管轄区域が割り当てられており、交番の勤務員は通常はその範囲内の治安維持にあたる。ただし、本署の指示があったときや緊急の場合には管轄区域にかかわらず出動する。また、交番の勤務員は、例えばパトロールカーによるパトロール、留置管理、被疑者の護送、重大な事件の捜査など警察署の他の部署の職務の応援に回ることもある。これを「補勤」(ほきん)という。市街地の各所に警察官の詰め所を設けることで、周辺地域の治安の維持と住民の利便を図ろうというものである。交替で番をするところであるためこのように呼ばれる。日本の治安が良好な要因のひとつは全国の交番にあるのではないかと、他の国からの注目は高い。 (交番 – Wikipedia)

駐在所(ちゅうざいしょ、英: Residential police box)は、警察、消防または海上保安庁の施設で、郊外や過疎地域・山間部・離島などで、それぞれ警察官、消防吏員、海上保安官が常駐する。 警察 / 交番と同等の役割を有するが、交番が交代制であるのに対し、通常、駐在所員である警察官とその家族が住む官舎を兼ねていることが違う点である。 (駐在所 – Wikipedia)

美幌警察署(びほろけいさつしょ)は、北海道警察北見方面本部が管轄する警察署の一つである。 管轄区域 / 美幌町、津別町。所在地 / 北海道網走郡美幌町字大通南1丁目19。 沿革 / 1907年3月 網走警察署美幌派出所設置。1925年6月 美幌警察署に昇格。1948年3月 美幌・津別町の両自治体警察が分離発足。1952年7月 美幌町警察廃止。国家地方警察美幌地区警察署設置。1954年7月 北海道警察に統合。現在に至る。 交番・駐在所 / 美幌町 / 仲町交番(網走郡美幌町字仲町2-38) 上美幌駐在所(網走郡美幌町字美富461-11) 福住駐在所(網走郡美幌町字福住381) 津別町 / 津別駐在所(網走郡津別町字旭町7) 活汲駐在所(網走郡津別町字活汲237-1) 本岐駐在所(網走郡津別町字本岐4-11) ※相生駐在所は平成26年4月に廃止となった。 エピソード / テレビドラマ『踊る大捜査線』の登場人物の室井慎次が、副総監誘拐事件(『踊る大捜査線 THE MOVIE』)以後に降格され、この警察署に署長として赴任したとの設定がなされた事から、一躍全国的に有名な警察署となった。 (Wikipedia ー 美幌警察署)

室井 慎次(むろい しんじ)は、1997年1月 – 3月にフジテレビ系で放送された刑事ドラマ『踊る大捜査線』およびその劇場版の登場人物。俳優は柳葉敏郎。 経歴 / 公式出版物による経歴。平成10年 4月 警察庁警備局 警務課首席監察官 警視正、10月 警視庁刑事部 参事官、12月 北海道警察 美幌警察署 署長 警視。 人物 / いわゆるキャリア組の官僚である。TVシリーズ当時は警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査担当管理官、その後歳末SPでは警察庁警備局警備課長、秋SPでは警察庁長官官房警務課首席監察官、『THE MOVIE』の時点で警視庁刑事部参事官(警視正)にまで出世したが、本庁上層部の命令を無視して行動した為、降格となり、北海道警察本部美幌警察署長(警視)に左遷された。 (Wikipedia ー 室井慎次)

関連動画

子どもの安全 不審者対応 「あっ!危ないきみならどうする」 – YouTube
子どもの不審者対応 2「知らない人から声をかけられた時 1」 – YouTUbe
子どもの不審者対応3「知らない人から声をかけられた時 2」 – YouTube

関連サイト

交番・駐在所だより(交番速報 ミニ広報誌) – 美幌警察署ホームページ

交番・駐在所一覧 – 美幌警察署ホームページ

管轄区域と管内概要 – 美幌警察署ホームページ

バリアフリー版トップページ – 美幌警察署ホームページ

関連エントリ

美幌警察署ホームページ(北海道 美幌町)- 美幌音楽人 加藤雅夫

交番・駐在所 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

美幌津別広域事務組合議会 (北海道美幌町 北海道津別町)

h19tibikko.jpg

美幌津別広域事務組合議会 (北海道美幌町 北海道津別町)

関連記事

美幌・津別広域事務組合議会 2019/06/04掲載(美幌町・津別町/社会)
議長に大江道男氏 / 美幌・津別広域事務組合議会臨時会が5月31日に開かれた。議長と管理者の選挙が行われ、議長に美幌町議会議員の大江道男氏、管理者に美幌町長の平野浩司氏がそれぞれ選ばれた。 美幌、津別両町の議会議員4人ずつで構成される議会で、4月の美幌町長、町議会議員選挙後初の開催。大江議長は当選後のあいさつで「皆さんのご協力をいただきながらしっかりと重責を果たしたい」と述べた。 平野管理者は行政報告で「組合の運営、広域行政の発展のため全力を傾注する」と述べた。美幌の消防庁舎改築に向けては「美幌消防署第2車庫は7月までに解体工事を完了し、消防庁舎主体工事に着手する」、津別消防庁舎改築については「10月までに庁舎実施設計、12月までに外構実施設計を策定する」と考えを述べた。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

美幌・津別広域事務組合議会 | 美幌・津別広域事務組合ホームページ

美幌消防署グループ | 美幌・津別広域事務組合ホームページ

津別消防署 – 津別町ホームページ

津別消防署グループ | 美幌・津別広域事務組合ホームページ

美幌・津別広域事務組合規約

関連エントリ

美幌消防署 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

津別消防署 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

網走川一斉清掃のお知らせ (北海道美幌町)

280px-130714_Lake_Abashiri_Hokkaido_Japan01bs5

網走川一斉清掃のお知らせ (北海道美幌町)

関連記事

『網走川一斉清掃』に参加しませんか 2019年5月31日
網走川流域の1市3町(網走市・大空・美幌町・津別町)の農協、森林組合、漁協、各種団体、企業及び行政機関、東京農業大学で構成する「網走川流域の会」は、次の日程で4市町同時に網走川流域の一斉清掃を実施いたします。
美幌会場(網走川河畔公園)で清掃活動に参加されるボランティアを募集いたします。
日時:令和元年6月23日(日) 午前9時から11時(予定・少雨決行)
集合場所:美幌水防拠点施設(美幌北中学校グラウンド南側)
内容:網走川流域(主に網走川河畔公園)のごみ拾い
持ち物等:作業しやすい服装(長靴、軍手など)、飲用水(必要に応じて)
参加申込:参加いただける方は、6月17日(月)までに電話でご連絡ください。
申込・問合せ先
美幌町役場 経済部農政グループ TEL:0152-73-1111
美幌町農業協同組合 営農部営農振興課 TEL:0152-72-1114
(『網走川一斉清掃』に参加しませんか | 美幌町ホームページ)

網走川 日本の河川 / 網走川(あばしりがわ)は、北海道オホーツク総合振興局管内を流れ、オホーツク海に注ぐ一級河川。網走川水系の本流である。 名称の由来 / 先住のアイヌからは、「リンナイ」(波の沢)という名で呼ばれていた。近現代では、網走地方を主に流れる川として「網走川」と呼ばれている。 流域 / 網走郡津別町、美幌町、大空町、網走市の1市3町を流域とする。 各自治体と農漁業団体などでつくる「網走川流域の会」が環境保全などを目的に活動している。きっかけは、2001年9月の台風で濁流が網走湖や河口付近を襲い、漁業(シジミ、ホタテなど)に大きな被害が出たこと。網走市と網走、西網走の2漁協が協議会を設立して上流を調査したところ、各地で農地や山林が崩落していることが原因と判明。国土交通省北海道開発局の協力も得て、崩落対策のほか河川清掃、子供向け啓発を行っている。環境改善により、鮭の遡上が増えるなどの効果が出ている。 (網走川 – Wikipedia)

関連サイト

網走川 – 国土交通省 北海道開発局ホームページ

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町ホームページ

関連エントリ

「悪いのは人間。命を活用して1年間、活動しよう」 – 美幌音楽人 加藤雅夫

網走川流域の会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

つべつ木材工芸館リニューアル (北海道津別町)

marutakun.JPG

つべつ木材工芸館リニューアル (北海道津別町)

関連記事

つべつ木材工芸館リニューアル 2019/04/24掲載(津別町/社会)
愛称「キノス」に / 津別小4年・男子児童の作品 「巣のように人が集まり遊んでほしい」 / つべつ木材工芸館が20日、リニューアルオープンした。施設前でオープン式が行われ、愛称が「キノス」と発表されたほか、テープカットが行われた。 昨年10月から改修工事が行われ、約半年ぶりのオープン。滑り台やクライミングネットなどの大型複合木製遊具を中心に、木の遊び場としての機能が充実した。 式には関係者をはじめ大勢の親子らが出席。佐藤多一町長が「夏は噴水で水遊びもできる。津別のまちなかも変わっていくので、ぜひ立ち寄ってほしい」とあいさつした。 愛称は町民を対象に募集。38件の応募があった中から、津別小学校4年男子児童の作品が採用された。男子児童は「工芸館の周りは木や鳥がいっぱい。巣のように人が集まって、遊んでほしい」と意図を説明した。 佐藤町長、男子児童らがテープカットしてリニューアルを祝い、子どもらが木の遊具で存分に遊んだ。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

つべつ木材工芸館の愛称が『キノス』に決定しました! | 津別町のホームページ

関連エントリ

つべつ木材工芸館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

JR乗車券・定期券等の発売について (北海道 美幌町 津別町)

Schneeglocken.jpg

JR乗車券・定期券等の発売について (北海道 美幌町 津別町)

関連記事

JR乗車券・定期券等の発売について
平成31年4月からJR美幌駅舎内でJR乗車券・定期券等を発売します。
<取扱場所> 美幌観光物産協会 JR美幌駅舎内(新町3丁目)☎0152-73-2211
※美幌商工会議所(経済センター)での発売業務は、3月29日(金)で終了します。
<取扱日> 年中無休
<取扱時間> 午前9時から午後5時まで(午前11時から正午までを除く)
<取扱きっぷ> 乗車券、回数券、通学定期券(初回を除く)、自由席特急券、Sきっぷ・Rきっぷ(指定席券の交付はできません。ご乗車前に北見駅などの「みどりの窓口」にて、Rきっぷをお持ちいただき、指定券の交付を受けてください。)、ご当地入場券 なお、きっぷの種類により美幌駅からの発売区間が限定されます。
<問合電話> 列車時刻・運賃・料金・指定席の空席案内の問合せは下記まで
JR北海道電話案内センター(通年6:30~22:00)☎011-222-7111 (JR乗車券・定期券等の発売について | 美幌町ホームページ)

4月からJR乗車券・定期券等をJR美幌駅舎内で発売します
発売場所 美幌観光物産協会(JR美幌駅舎内)電話73-2211
※美幌商工会議所での発売業務は平成31年3月29日(金)で終了します。
取扱日 年中無休
取扱きっぷ 乗車券、回数券、通学定期券(初回を除く)、自由席特急券、Sきっぷ・Rきっぷ(指定席券の交付はできません)、ご当地入場券 なお、きっぷの種類により美幌駅からの発売区間が限定されます。
問い合わせ先 JR北海道電話案内センター(011-222-7111) (つべつ町のお知らせ | 津別町ホームページ)

JR乗車券、美幌観光物産協会で販売 2019/03/29掲載(美幌町/告知)
4月から / 美幌駅舎内で利便性向上 / JR乗車券が4月1日から、美幌駅舎内にある美幌観光物産協会で販売される。美幌駅の無人化以降、約1.2キロ離れた美幌商工会議所で販売されていたが、今後は利便性が高まりそうだ。 美幌駅は平成28年4月末に無人化。5月から会議所が乗車券を販売していたが、駅から離れているため「観光客などから不便さを指摘する声があった」(会議所)という。 取扱時間は午前9時~午後5時(午前11時~正午を除く)で30分短くなるものの、取扱日は年中無休になり、平日のみの現在より拡大される。 取り扱うのは普通券、特急券(自由席)、回数券、定期券、ご当地入場券。自由席往復割引きっぷ(Sきっぷ)は網走-旭川間、指定席往復割引きっぷ(Rきっぷ)は網走-札幌市内間を扱う。詳しくは、JR北海道電話案内センター(011・222・7111)へ。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

美幌貫光物産協会 公式ホームページ | 最新情報

関連エントリ

なごり雪 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る