北見市 カテゴリのアーカイブ

福本ゆめ 二胡の演奏会 (山の水族館)

Erhu.png

Erhu_snake_skin.png

福本ゆめ 二胡の演奏会 (山の水族館)

関連記事

二胡の演奏会 留辺蘂・山の水族館で 福本ゆめさん招き / 8月5日 / 中国の伝統弦楽器二胡の演奏会「二胡で奏でる水の模様」が5日(日)午後2時半から、北見市留辺蘂の山の水族館で開かれる。演奏するのは札幌市を拠点に全国で演奏活動をしている心象音楽家の福本ゆめさん。イトウの大水槽を背景に、優しく、懐かしく、時には力強い揺らぎの音色で水の模様を奏でる。演奏会は無料だが、水族館の入館には通常料金が必要。問い合わせは同水族館(TEL 0157-45-2223)。 (2018年8月2日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト

北の大地の水族館 山の水族館 ホームページ

福本ゆめ Fukumotoyume

「ゆめごころ」(心象音楽家 福本ゆめさんのブログです)

関連エントリ

心象音楽家 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

二胡演奏家 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

福本ゆめ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Yume Fukumoto の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

迅速な広報・早期の注意喚起 (北見市 クマ情報)

Ours_brun_parcanimalierpyrenees_1.jpg

迅速な広報・早期の注意喚起 (北見市 クマ情報)

関連記事

クマ目撃情報、36時間後に公表 北見市 ワッカ原生花園…周知に遅れ / 26日早朝、北見市常呂町栄浦のワッカ原生花園内でクマの目撃情報があったにもかかわらず、市が公表したのは36時間後の27日夕だった。24日朝にも目撃情報があり、危険性が高まっていたにもかかわらず、公表の遅れについて市常呂総合支所は「申し訳なかった」の一点張り。遅れた理由も説明していない。遅れた理由は説明せず 対応の改善策も不透明 / 2回目の目撃現場はサロマ湖ワッカネイチャーセンターから西に2.5キロほどの湖岸で、草わらにクマが寝たとみられる痕跡が残っていた。24日の目撃情報からは7キロほど西に移動、周辺でクマが徘徊、危険性が増していた。時系列でみると、目撃が26日午前4時半、漁協から通報を受けたのが午前9時半ころ、目撃者にコンタクトを取ったのが午後1時ころ、現場確認が午後3時過ぎで夕方には公表できる状態にあった。取材に対し同支所は「夕方の時点で公表すべきかの判断ができなかった」とし翌27日朝に「報道機関への広報メモを出す」と判断された。その後、広報メモの作成、町内会への注意喚起チラシ作成などを行っていたというが、本紙にファクスが届いたのが27日夕方。クマ情報の取り扱いは出没した場所などによってケースバイケースとされながらも「迅速な広報・早期の注意喚起」が大原則。36時間もの間、人が危険に近づく可能性もあるが、入園規制を行っていたため、第三者が近づく可能性が低いなどの理由が背景にあったようだ。ただ、クマの移動は予測がつかず、海岸沿いに民家方向に移動する可能性や、海岸を散策する人の存在を考慮していない。同支所は「職員の危機管理を見直す」としているが、なぜ、広報が遅れたのかの説明がないまま、どう改善するのかすら見えない。今回の対応の遅れと説明をこばむ姿勢は市民と行政の間の「信頼」をゆるがせている。(澄) (2018年8月30日の記事 経済の伝書鳩)

クマ出没によるワッカの入園規制… 一部緩和 / 北見市は3日、クマ出没による常呂町栄浦のワッカ原生花園の入園規制を一部緩和した。4日以降、散策できる範囲はサロマ湖ワッカネイチャーセンターから西約4キロにあるサロマ湖第2湖口までの遊歩道で、カシワの林がある東側は規制を継続する。市常呂総合支所によると、7月24日と26日にクマ目撃情報があり、24日から入園規制を行ってきた。その後、定点カメラの設置やパトロールなどで捜索を続け一定の安全が確保できたと判断した。 (2018年8月4日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト

オホーツク管内クマ目撃情報 5年で最多165件 ワッカ原生花園でも : どうしん電子版(北海道新聞)

北海道遺産 ワッカ原生花園 | 北見市

サロマ湖ワッカ原生花園のホームページ

関連エントリ

ワッカ原生花園 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

クマ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ITパスポート試験 (北見商科高等専修学校 生徒)

img_bihoro_hibari_02.jpg

ITパスポート試験 (北見商科高等専修学校 生徒)

関連記事

「ITパスポート試験」に合格 北見商専3年生 男子生徒、女子生徒 / 北見商科高等専修学校3年生の男子生徒と女子生徒が、情報処理技術の基礎知識を問う国家資格「ITパスポート試験」に合格した。高校生の合格率は全国平均30%前後の難関で、同校から合格者が出るのは初めて。2人は「さらに難易度の高い資格が取れるよう、今後も頑張りたいです」と話している。難関の国家資格 高校生の合格率は30%前後…同校では初 「さらに高難度の資格取得へ頑張りたい」 / ITパスポート試験は、情報処理系の入門資格として位置づけられているが、ITに関する知識のほか、経営戦略やマーケティングなどのビジネス分野からも出題される難関。合格は全100問中、総合点6割かつ各分野別で3割以上の得点が必要。2人は「ITメディアサークル」に所属。男子生徒はシステムエンジニア(SE)を目指しており、将来のためにと受験した。女子生徒は、元SEで同サークルを担当する教諭からIT業界の仕事について聞いたことが資格取得を目指すきっかけとなった。約半年前から放課後や休日などを利用して試験勉強を始めた。男子生徒は「興味のある分野だったので最後まで楽しく勉強できました」、女子生徒は「先生の励ましのおかげで、勉強のモチベーションを保つことができました」と振り返る。男子生徒は2度目の挑戦で合格を果たした。「今回の合格が自信となりました。次は情報セキュリティマネジメント試験の合格を目指したいです」と、早くも新たな目標を掲げている。女子生徒は1発合格を果たし「合格できる自信がなかったので驚いています。勉強をサポートしてくれた先生方に感謝し、今後も資格試験に挑戦していきたいです」と話している。教諭は「高校世代には馴染みのない分野の出題が多く、大変だったと思います。これから資格試験に挑戦しようと考えている生徒にとって、2人がいい手本になると思います」と期待を寄せている。(理) (2018年7月24日の記事 経済の伝書鳩)

ITパスポート試験(ITパスポートしけん、Information Technology Passport Examination、略称:iパス)は、情報処理の促進に関する法律第29条第1項の規定に基づき経済産業大臣が実施する国家試験である情報処理技術者試験の一区分。 (ITパスポート試験 – Wikipedia)

関連サイト

北見商科高等専修学校 トップ – 学校法人 栗原学園

関連エントリ

北見商科高等専修学校 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ITパスポート試験 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

社会を明るくする運動「ネットいじめ」 (北見工業大学 男子学生)

300px-Menschliches_Auge.jpg

社会を明るくする運動「ネットいじめ」 (北見工業大学 男子学生)

関連記事

社明運動一人ひと言 北見工業大学・男子学生 / 「ネットいじめ」の研究を通じて / 「死ね」「ウザい」そんな言葉がインターネット上に溢れている。加害者は深く考えずにこの言葉を発信してしまったのかもしれない。しかし被害者はインターネットという環境で誰に言われたかもわからない言葉に深く傷つき、悲しみ、ときには命を絶つという選択をとってしまう。私は現在、この「ネットいじめ」への対処の補助を行うための「ネットいじめ」の自動検出の研究を行っている。このような「ネットいじめ」について私が知ったのは、大学入学当初の研究室見学のときであった。幼少のころより争いごと、特に誹謗中傷が苦手だった私は、インターネット上での誹謗中傷を検出し、「ネットいじめ」への対処の補助を行える研究を知ってこの研究がしたいと強く決意したことを覚えている。2年後、その研究を行っている研究室への配属が決まり、「ネットいじめ」の自動検出の研究に携わることができた。実際に自分で「ネットいじめ」の自動検出の研究に携わってみると、誹謗中傷する書き込みの自動検出の難しさと想像以上にネット上には「ネットいじめ」が存在していることを知った。ボタン一つでインターネット上に言葉を発信できてしまう現代だからこそ、多くの課題が立ちはだかる困難な研究ではあるが、一つずつでも課題をクリアしていかなくてはならない。「ネットいじめ」によって悲しい思いをする人を一人でも減らすために。 (2018年7月24日の記事経 済の伝書鳩)

社会を明るくする運動(しゃかいをあかるくするうんどう)とは、法務省が主唱する、犯罪をなくして社会を明るくするために、すべての日本国民が犯罪の防止と犯罪者の矯正および更生保護についての正しい理解を深め、すすんでこれらの活動に協力するように全国民によびかける啓発活動。「社明運動(しゃめいうんどう)」とも呼ぶ。 (社会を明るくする運動 – Wikipedia)

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ(harassment)である。一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話(スマートフォン等を含む)などのネット端末を経由して、物理的・心理的な攻撃が加えられ、被害者が精神的苦痛を感じていることである。いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第二条第一項および第四条にて、通常のいじめに加えてネットいじめ、サイバーいじめも禁止されており、同法第十九条第三項において、発信者情報の開示についても明記されている。ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話、SNSなどの場で行われる。過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。英語圏ではネットいじめに対して、従来のいじめをTraditional bullying(伝統的ないじめ)ともいう。 (ネットいじめ – Wikipedia)

Cyberbullying or cyberharassment is a form of bullying or harassment using electronic means. Cyberbullying and Cyberharassment are also known as online bullying. It has become increasingly common, especially among teenagers. Cyberbullying is when someone, typically teens, bully or harass others on social media sites. Cyberbullying allows bullies to easily and anonymously harass victims online. They do this by flaming, harassing, outing, exclusion, impersonation, and stalking. Harmful bullying behavior can include posting rumors, threats, sexual remarks, a victims’ personal information, or pejorative labels (i.e., hate speech). Bullying or harassment can be identified by repeated behavior and an intent to harm. Victims may have lower self-esteem, increased suicidal ideation, and a variety of emotional responses, including being scared, frustrated, angry, and depressed. (Cyberbullying – Wikipedia)

関連サイト

北見工業大学 公式サイト

関連エントリ

社会を明るくする運動 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ネットいじめ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

サイバーいじめ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Cyberbullying の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北見工業大学 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

社会を明るくする運動 (北見北斗高校定時制 男子生徒)

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

社会を明るくする運動 (北見北斗高校定時制 男子生徒)

関連記事

社明運動一人ひと言 北見北斗高定時制課程4年・男子生徒 / 感謝の言葉 / 私は、社会を明るくするためには、「感謝の言葉」が大切だと思います。それは一日の生活の中で誰もが口にし、人からも言われるものだからです。また、感謝の言葉を第三者にナチュラルに伝えることができるのが、模範的な社会人であると考えるからです。私は普段、ガソリンスタンドでアルバイトをしています。仕事のために外に立っていると、道を歩いているおばあちゃんやレンタカーに乗った観光客の方々から道を尋ねられることがよくあります。その人達に道順を伝えると、「ありがとう」「助かったよ」と、いつもとても感謝されます。その言葉を聞いた私は、とても幸せな気持ちになりますし、辛い体験や失敗をしてしまった時にはその言葉を思い返すことで救われることがありました。この先、社会人となった後もこれらの言葉に助けられることはあるでしょう。だからこそ、私も「ありがとう」と感謝の気持ちをナチュラルに伝えられるようにしていきたいと考えています。このように、言われた相手が幸せを感じる「感謝の言葉」が世の中に溢れていけば、社会は明るくなっていくのではないでしょうか。 (2018年7月21日の記事 経済の伝書鳩)

社会を明るくする運動(しゃかいをあかるくするうんどう)とは、法務省が主唱する、犯罪をなくして社会を明るくするために、すべての日本国民が犯罪の防止と犯罪者の矯正および更生保護についての正しい理解を深め、すすんでこれらの活動に協力するように全国民によびかける啓発活動。「社明運動(しゃめいうんどう)」とも呼ぶ。 (社会を明るくする運動 – Wikipedia)

関連サイト

定時制トップページ – 北見北斗高校

関連エントリ

北見北斗高校定時制 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

社会を明るくする運動 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の女性剣道家 吉田佳世 (北海道警察)

300px-Replace_this_image_JAsvg.png

日本の女性剣道家 吉田佳世 (北海道警察)

関連記事

連載 スポーツ一直線 道警に勤務・北見地方剣道連盟 女性(31) / 北海道警察に勤務する、錬士六段の女性(31、北見地方剣道連盟)が剣道の段別道内ナンバーワンを決める北海道女子剣道段別選手権でみごと10回目の優勝を飾った。この4月から道警北見方面本部に赴任。さっそく剣連の指導者や子ども達と稽古するなど地域との交流を大切にしている。山形県で今月行われる、東北・北海道対抗剣道大会の道女子選手団副将に選ばれた。「北海道の勝利に貢献できるよう頑張る」と気を引き締める。道女子剣道段別選手権で10回目の優勝 東北・北海道対抗大会の女子選手団副将に選出 「勝利に貢献できるよう頑張りたい」 どこでも、何歳になっても成長できるのが魅力 / 札幌市出身。子どものころにテレビで見た刑事ドラマがかっこよく、警察官をめざした。そのためには剣道で強くならないと、と小学1年から頑張った。強豪の札幌第一高校から国士館大学へ。平成21年に道警入りを果たし、剣道を続けている。社会人となってからは全日本選手権、国体道選手団で活躍。27年には世界選手権の日本代表メンバーに選ばれ、昨年の北海道剣道選手権も優勝している。段別選手権は、初段から六段以上まで6部門に分け、段ごとに実力を競う。女性は平成15年に二段の部で初優勝して以来、各段で優勝を重ねてきた。今年の第33回同大会は5月27日、札幌市の道立総合体育センターで開かれ、各地区予選を勝ち抜いた男女約400人が出場。一度でも優勝するのは難しい大会で、女性は10回目の優勝を果たした。また、今月22日に山形県天童市で開かれる第60回東北・北海道対抗剣道大会の北海道軍女子副将を任された。試合では7人の女子代表選手の中堅を担う。東北6県から選抜した選手で一つのチームをつくり、北海道チームとガチンコ対決する大会。女子はこれまで15回戦い、北海道の8勝7敗。男子は36勝23敗で、このところ北海道軍が3年連続で東北軍に完全勝利している。女性は赴任先の北見方面本部警務課に務め、時間を見つけては北見市武道館に足を運んで指導者や少年剣士と稽古をともにする。「みなさん熱心で、自分の刺激になります」。対抗戦の代表に選ばれるのは札幌の選手が多く、北見地方剣道連盟からは指導者の錬士六段の女性以来で久々。女性は「剣道はどこででも何歳になっても成長できることが魅力。北見からでも活躍できることが、剣道を頑張る子ども達にも伝われば」と意気込みを新たにしている。(寒) (2018年7月20日の検索結果 経済の伝書鳩)

関連サイト

吉田佳世 剣道動画

全日本剣道連盟ホームページ

北海道警察北見方面本部トップページ

関連エントリ

北見地方剣道連盟 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

全日本剣道連盟 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

吉田佳世 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Kayo Yoshida の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道警察 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の作家 山元加津子 (Katsuko Yamamoto)

mona11.jpg

日本の作家 山元加津子 (Katsuko Yamamoto)

関連記事

山元 加津子(やまもと かつこ、Katsuko Yamamoto、1957年 – )は、日本の作家。元:石川県立明和養護学校(特別支援学校)教諭(2014年に退職)。文筆・講演・写真・イラストを通して子供たちに対する理解を訴えている。愛称は、「かっこちゃん」。来歴 / 石川県金沢市出身、石川県立金沢二水高等学校・富山大学理学部卒業。ドキュメンタリー映画 / 『1/4の奇跡〜本当のことだから〜 』入江富美子監督 2007年。『宇宙(そら)の約束〜いのちが紡ぐ愛の詩〜』岩崎靖子監督 2008年。『僕のうしろに道はできる~奇跡が奇跡でなくなる日に向かって~』岩崎靖子監督 2012年。 (山元加津子 – Wikipedia)

関連サイト

山元加津子ホームページ – たんぽぽの仲間たち(みんな素敵)

山元加津子のブログ – いちじくりん

山元加津子 (kakko_y) on Twitter

山元加津子(かっこちゃん) – ホーム | Facebook

関連エントリ

「宇宙の約束」上映会 & 「山元加津子さん」講演会 – 美幌音楽人 加藤雅夫

山元加津子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Katsuko Yamamoto の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

平成30年 第65回NHK杯全国高校放送コンテスト (北海道北見北斗高等学校放送局)

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

平成30年 第65回NHK杯全国高校放送コンテスト (北海道北見北斗高等学校放送局)

関連記事

全国高校放送コンテスト出場 北見北斗高放送局 3年男子生徒と3年女子生徒 / 北見北斗高校放送局の3年男子生徒と3年女子生徒が、第65回NHK杯全国高校放送コンテスト(23~26日、東京)に出場する。道大会の朗読部門で男子生徒が優秀賞、アナウンス部門で女子生徒が入賞し、出場を決めた。男子生徒は「さらに練習して挑みたい」、女子生徒は「満足できるアナウンスができたら」と意気込みを語っている。道大会の朗読部門、アナウンス部門で入賞 2人そろっての出場、心強い いざ全国へ / 朗読部門は、課題図書5冊の中から1冊を選び、自分の表現したい部分を抽出して2分以内で朗読する。男子生徒は川上弘美著のエッセイ「なんとなくな日々」を選び、朗読する部分は「聞いている人に親近感を持ってもらえるのでは」と、おいしそうなカツサンドが出てくる場面に決めたという。道大会では「周りがみんな上手に聞こえて、自分の朗読がきちんと伝わるか不安だったので、結果を聞いて驚きました」と振り返る。アナウンス部門は「私達高校生と放送」をテーマに、自分で取材して書いた原稿を1分30秒以内で発表する。女子生徒は、北見北斗高校OGで、カーリングチーム「LS北見」の藤澤五月選手を取材。「伝えたいことを明確に書くこと」を意識して原稿を仕上げた。道大会では「自分のベストの発表ができたと思います」。昨年は全国コンテスト出場に一歩届かなかったため「雪辱を果たせました」と笑顔をみせる。全国コンテストに向け2人は「同じ高校から2人そろって出場できてうれしい。心強いです」と、活躍を誓い合う。(菊) (2018年7月20日の記事 経済の伝書鳩)

NHK杯全国高校放送コンテスト(エヌエイチケイはいぜんこくこうこうほうそうコンテスト)は、全国放送教育研究会連盟と日本放送協会が主催する高等学校の生徒を対象とした放送のコンテスト。大きく分けて、アナウンス・朗読・テレビ番組・ラジオ番組の各部門で審査が行われる。また、審査はないが校内放送研究発表会として、研究発表が行われる。(かつては研究発表部門として審査を行っていたが、現在は発表のみですべての学校に研究奨励が贈られる)通称はNコン。 (NHK杯全国高校放送コンテスト – Wikipedia)

関連サイト

NHK杯全国高校放送コンテストのホームページ

NコンWEB – NHKオンライン

関連エントリ

北見北斗高校放送局 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

NHK杯全国高校放送コンテスト の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

NコンWEB の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

第8回全国高校女子合同チームラグビーフットボール大会 (北見工業高校ラグビー部 女子生徒)

800px-RugbyBallItaly.jpg

第8回全国高校女子合同チームラグビーフットボール大会 (北見工業高校ラグビー部 女子生徒)

関連記事

全国高校女子ラグビー大会へ 北見工業高ラグビー部 女子生徒 / 道代表として 女子選手の夢の舞台、練習成果生かしたい いざ全国へ / 北見工業高校ラグビー部の2年女子生徒は、30日~8月2日に長野県で開かれる第8回全国高校女子合同チームラグビーフットボール大会(コベルコカップ)に北海道代表として初出場する。昨年4月にマネージャーとしてラグビー部に入部。秋に選手に転向し、男子に混じって楕円のボールを追いかけている。今春はニュージーランドで行われた1カ月間のラグビー短期留学に参加し、ホームステイをしながら本場のプレーを体感した。さきごろ札幌で行われた道選抜のセレクションで道代表に初選出。全国大会では13人の道代表に関東の選手が加わり、合同チームで試合に臨む。女子生徒はフォワード最前列のフッカーを任され、セットプレーのラインアウトではフィールドの外からボールを投げ入れるスロワーの大役も担う。女子生徒は「コベルコ出場は女子選手の夢なので、出場できてうれしい。スローインでは練習の成果を生かしたい」と張り切っている。(柏) (2018年7月16日の記事 経済の伝書鳩)

全国高等学校合同チームラグビーフットボール大会は、2005年から毎年7月下旬に開かれる高校生年代のラグビー大会である。2006年まではKOBELCOジャパンユースラグビードリームトーナメントという大会名で、2007年からはKOBELCOカップとして開催されている。2011年からは、全国高等学校女子7人制ラグビーフットボール大会も併せて開催されていたが、2015年は全国高等学校女子合同チームラグビーフットボール大会として開催され、15人制の大会として実施された。 (全国高等学校合同チームラグビーフットボール大会 – Wikipedia)

関連サイト

ラグビー部 | 北海道北見工業高等学校

北見工業高校ラグビー部のブログ

関連エントリ

北見工業高校 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

社会を明るくする運動 (北見北斗高校定時制 女子生徒)

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

社会を明るくする運動 (北見北斗高校定時制 女子生徒)

関連記事

社明運動一人ひと言 北見北斗高定時制1年・女子生徒 / 笑顔でつながる癒し / 自然で素敵な笑顔を見ると癒されます。誰もが、自然で素敵な笑顔を見ると今日も一日頑張ろうという気持ちになるでしょう。私は最近、ネガティブな気持ちになることがありました。落ち込んだ自分は、周りのみんなに気を遣わせたり、雑な対応をしてしまいました。そのように振る舞う自分にさらに心が痛くなりました。そんな私にさえ、友達や先輩は笑顔で接してくれたのです。その笑顔を見た私は、「こんなに心配をかけた自分が情けない」「このままネガティブになっていたら駄目だ」と思い直し、ポジティブな気持ちに切り替えて頑張ろうと思うようになりました。そして他の友達や先輩が何か困っていたら、私も笑顔で癒してあげたい、日ごろから人を癒してあげられる笑顔を大切にしようと決めたのです。このように、みんなが常日ごろから笑顔で相手に接し、それを見た人たちが癒されて笑顔になっていけば、社会がより明るくなっていくのではないかと思います。 (2018年7月14日の記事 経済の伝書鳩)

社会を明るくする運動(しゃかいをあかるくするうんどう)とは、法務省が主唱する、犯罪をなくして社会を明るくするために、すべての日本国民が犯罪の防止と犯罪者の矯正および更生保護についての正しい理解を深め、すすんでこれらの活動に協力するように全国民によびかける啓発活動。「社明運動(しゃめいうんどう)」とも呼ぶ。 (社会を明るくする運動 – Wikipedia)

関連サイト

定時制トップページ – 北見北斗高校

関連エントリ

北見北斗高校定時制 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

社会を明るくする運動 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る