美幌町 カテゴリのアーカイブ

北海道美幌町の「あんしんねっとびほろ」について

465px-Seaman_send_Morse_code_signals.jpg

Trillium_Poncho_cat_dog.jpg

北海道美幌町の「あんしんねっとびほろ」について

関連記事

このメール配信システム「あんしんねっとびほろ」は、防災情報など緊急性の高い情報などを希望する方に配信するサービスです。平成29年9月1日からは、【防災情報】の他に【SOSネットワーク】【不審者情報】及び【防犯関係情報】が加わり新たな「あんしんねっとびほろ」として配信します。メール受信が可能なパソコン、携帯電話やスマートフォン等をお持ちの方であれば受信が可能ですので、ぜひ登録してみてください。配信カテゴリー / 防災情報 / 認知症高齢者等SOSネットワーク / 不審者情報 / 防犯関係情報 / Jアラート連携。(あんしんねっとびほろ

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌町

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町のホームページ

美幌町 – ホーム | Facebook

関連エントリ

あんしんねっとびほろ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

気象情報サイトが新しくなりました(北海道 美幌町)

bi_bo.jpg

気象情報サイトが新しくなりました(北海道 美幌町)

関連記事

気象情報サイトが新しくなりました / 平成30年5月1日より「美幌町農業気象情報モニタリングシステム」がスタートしました。これまで同様の町内7地点の天気予報や観測情報に加え、地域性を考慮した農業気象解析情報、防災関連情報などの情報が公開されています。なお、これまで美幌町の気象情報を配信していました「MICOS美幌」と農業情報の「てん蔵」は 平成30年4月30日をもって閉鎖となりました。旧システムの過去データの表示に関しましては、5月の中旬に公開予定となっています。公開される農業気象解析情報について / 【公開される農業気象情報】旬別気象特性評価・小麦穂発芽(低アミロ耐性値)予測・小麦の出穂期と成熟期予測 ・玉ねぎの病害予測(べと病と灰色カビ病)・玉ねぎの軟腐病予測・有効積算温度予測・馬鈴薯疫病発生予察・アブラムシ発生予察・融雪剤促進適期予測情報。(気象情報サイトが新しくなりました | 美幌町

関連サイト

美幌町 農業気象情報モニタリングシステム

気象庁 | 気象警報・注意報 | 美幌町

気象庁 | 農業気象

気象庁 Japan Meteorological Agency

tenki.jp – ホーム | Facebook

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町のホームページ

美幌町 – ホーム | Facebook

関連エントリ

気象情報 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

呼吸の日(記念日)について

180px-Nosmokingsignsvg.png

呼吸の日(記念日)について

関連記事

5月9日 呼吸の日 / NPO日本呼吸器障害者情報センターが制定。五(こ)九(きゅう)で「こきゅう」の語呂合せ。(5月9日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月9日 記念日 / 呼吸の日(日本)NPO日本呼吸器障害者情報センターが制定。「こ (5) きゅう (9)」の語呂合せ。(5月9日 – Wikipedia

生物における呼吸(こきゅう)は、以下の二種類に分けられる。細胞呼吸(または内呼吸):血液と細胞とのガス交換。細胞が最終二酸化炭素 (CO2) を放出する異化代謝系。外呼吸:空気と血液とのガス交換。多細胞生物体が外界から酸素を取り入れ、体内で消費して二酸化炭素 (CO2) を放出すること。細胞呼吸については、広義には最終電子受容体として酸素を用いない『嫌気呼吸』もその意味合いに含まれるが、通例では呼吸とは酸素を用いる好気呼吸(こうきこきゅう)として用いる。(呼吸 – Wikipedia

関連サイト

新たに5月9日を「呼吸の日」に制定|一般社団法人日本呼吸器学会

肺の日・呼吸の日 – 日本呼吸器障害者情報センター

関連エントリ

呼吸 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

呼吸の日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

レット・イット・ビー(Let It Be)について

レット・イット・ビー(Let It Be)について

関連記事

5月8日 歴史 / 1970年 ビートルズの最後のアルバム『Let It Be』発売。(5月8日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月8日 できごと / 1970年 – ビートルズの最後のアルバム『Let It Be』発売。(5月8日 – Wikipedia

『レット・イット・ビー』(”Let It Be”)は、イギリスにおいて1970年5月8日に発売されたビートルズの13作目にして同バンドが活動中に最後に発表されたオリジナル・アルバムである。また、同名映画のサウンドトラックである。(レット・イット・ビー – Wikipedia

「レット・イット・ビー」(Let It Be)とはビートルズが1970年3月に発売した22枚目のオリジナル・シングル曲かつビートルズ活動中の最後のシングル盤。また映画『レット・イット・ビー』のテーマ曲かつイギリス盤公式オリジナル・アルバム『レット・イット・ビー』のタイトル曲。解説 / 名義はレノン=マッカートニーだがポール・マッカートニーが単独で作詞作曲。リード・ヴォーカルはポール・マッカートニー。(レット・イット・ビー (曲) – Wikipedia

Let It Be is the twelfth and final studio album by the English rock band the Beatles. It was released on 8 May 1970, almost a month after the group’s break-up. Like most of the band’s previous releases, it was a number one album in many countries, including both the US and the UK, and was released in tandem with the motion picture of the same name. (Let It Be – Wikipedia

“Let It Be” is a song by the English rock band the Beatles, released in March 1970 as a single, and (in an alternate mix) as the title track of their album Let It Be. At the time, it had the highest debut on the Billboard Hot 100, beginning its chart run at number 6. It was written and sung by Paul McCartney. (Let It Be (song) – Wikipedia

img_index01.jpg

JohnLennonpeace.jpg

関連サイト

middle_1265988833.jpg

middle_1258902737.jpg

ブログ友達に励まされて | 心はいつも青春してる/「なりひら」と「猫たち」

関連エントリ

レット・イット・ビー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

”Let It Be” の検索結 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

テレサ・テン(鄧麗君 Teresa Teng)について

300px-Gardenia_jasminoides_cultivar_magnifica_1.jpg

img_index01.jpg

テレサ・テン(鄧麗君 Teresa Teng)について

関連記事

5月8日 忌日 / 1995年 テレサ・テン(鄧麗君) (台湾:歌手) Teresa Teng (5月8日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月8日 忌日 / 1995年 – テレサ・テン、歌手。(5月8日 – Wikipedia

テレサ・テン(1953年1月29日 – 1995年5月8日、中華圏で使用された名前は鄧麗君〈デン・リージュン〉)は、台湾出身の歌手。1970年代から1990年代にかけて、中華文化圏全域ないし日本、タイ、マレーシアなども含めたアジアにおいて広く人気を博したその業績から、生前から没後も「アジアの歌姫」と呼ばれている。父親は中国河北省邯鄲市、母親は中国山東省出身で共に外省人で、また父親は元国民党軍の職業軍人であり、彼女自身、軍隊への慰問活動を熱心に行っていたこともあり、「軍人の恋人」(中国語:軍中情人)というニックネームでも有名。死去 / 1995年5月8日、静養のためたびたび訪れていたタイ・チェンマイのメイピンホテルで気管支喘息による発作のため死去。42歳の若さだった。(テレサ・テン – Wikipedia

Teresa Teng (29 January 1953 – 8 May 1995) was a Taiwanese singer. She was known for her folk songs and ballads, such as “When Will You Return?” and “The Moon Represents My Heart”. She recorded songs not only in Mandarin but also in Taiwanese, Cantonese, Japanese, Indonesian and English. She also spoke French fluently. Teng died from a severe respiratory attack while on vacation in Thailand in 1995, at the age of 42. (Teresa Teng – Wikipedia

鄧麗君(1953年1月29日-1995年5月8日),本名鄧麗筠,中華民國流行音樂歌手。1967年發行第一張個人唱片專輯,1970至80年代達事業高峰,在日本樂壇發展大獲成功,名氣回嚮中國大陸、香港、台灣、馬來西亞、泰國等。1990年代初淡出樂壇。生於外省家庭,父親是河北大名縣人,母親是山東人,又因父親是中華民國國軍,鄧麗君畢生致力慰問國軍官兵,故又有「軍中情人」之稱。1995年氣喘發作猝逝於清邁;身後香港與臺灣歌壇分別頒發金針獎及金曲獎特別貢獻獎以紀念「一代巨星」的光榮成就。(鄧麗君- 维基百科,自由的百科全书

関連エントリ

テレサ・テン の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

鄧麗君 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Teresa Teng の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アントニオ・サリエリ(Antonio Salieri)について

463px-Joseph_Willibrod_Mhler_001.jpg

アントニオ・サリエリ(Antonio Salieri)について

関連記事

アントニオ・サリエリ(Antonio Salieri、1750年8月18日 – 1825年5月7日)はイタリアのレニャーゴ生まれの作曲家。生前は神聖ローマ皇帝・オーストリア皇帝に仕えるカペルマイスター(宮廷楽長)としてヨーロッパ楽壇の頂点に立つ人物であり、またベートーヴェン、シューベルト、リストらを育てた名教育家でもあった。死後はその名と作品を忘れられたが、戯曲『アマデウス』(1979年)およびその映画版(1984年)の主人公として取り上げられたため、知名度が上昇。2003年に大メゾソプラノ歌手チェチーリア・バルトリがアルバムを出すなど、21世紀に入ってからは音楽家としての再評価の動きもあり、2009年からは生地レニャーゴでサリエリ・オペラ音楽祭が毎年開催されている。(アントニオ・サリエリ – Wikipedia

Antonio Salieri (18 August 1750 – 7 May 1825) was an Italian classical composer, conductor, and teacher. He was born in Legnago, south of Verona, in the Republic of Venice, and spent his adult life and career as a subject of the Habsburg Monarchy. Salieri was a pivotal figure in the development of late 18th-century opera. As a student of Florian Leopold Gassmann, and a protégé of Christoph Willibald Gluck, Salieri was a cosmopolitan composer who wrote operas in three languages. Salieri helped to develop and shape many of the features of operatic compositional vocabulary, and his music was a powerful influence on contemporary composers. Appointed the director of the Italian opera by the Habsburg court, a post he held from 1774 until 1792, Salieri dominated Italian-language opera in Vienna. During his career he also spent time writing works for opera houses in Paris, Rome, and Venice, and his dramatic works were widely performed throughout Europe during his lifetime. As the Austrian imperial Kapellmeister from 1788 to 1824, he was responsible for music at the court chapel and attached school. Even as his works dropped from performance, and he wrote no new operas after 1804, he still remained one of the most important and sought-after teachers of his generation, and his influence was felt in every aspect of Vienna’s musical life. Franz Liszt, Franz Schubert, and Ludwig van Beethoven were among the most famous of his pupils. Salieri’s music slowly disappeared from the repertoire between 1800 and 1868 and was rarely heard after that period until the revival of his fame in the late 20th century. This revival was due to the dramatic and highly fictionalized depiction of Salieri in Peter Shaffer’s play Amadeus (1979) and its 1984 film version. The death of Wolfgang Amadeus Mozart in 1791 at the age of 35 was followed by rumours that he and Salieri had been bitter rivals, and that Salieri had poisoned the younger composer, yet it is likely that they were, at least, mutually respectful peers. (Antonio Salieri – Wikipedia

関連エントリ

山口昌男へ追悼の曲 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アントニオ・サリエリ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Antonio Salieri の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

お楽しみ文学館(美幌町図書館)について

2009.02.01_2.jpg

お楽しみ文学館(美幌町図書館)について

関連記事

美幌町図書館の お知らせ / 平成30年度お楽しみ文学館上映予定 / お楽しみ文学館は、毎月第2金曜日 午後1時30分(13:30)より上映開始です。※上映内容は新規購入などにより変更することがあります。5月11日「くちびるに歌を」出演 / 新垣結衣 木村文乃 他 上映時間 / 132分 終了時間 / 15:42。(お知らせ ー 美幌町図書館のホームページ

美幌町図書館の カレンダー 2018年5月 / 11日 お楽しみ文学館「くちびるに歌を」13:30〜15:42。(カレンダー 2018年5月 ー 美幌町図書館のホームページ

美幌町図書館の 行事予定 2018年5月 / 5月の行事 / 11日(金) 13:30〜15:42 2階 視聴覚室 お楽しみ文学館「くちびるに歌を」(132分) 故郷である長崎県五島列島へ、代理の音楽教師として戻ったユリ。いやいや合唱部の顧問になった彼女は、15歳の生徒たちが悩みを抱え、合唱に救いを求めていたことを知る。そして、生徒たちに向き合うようになるが…。監督:三木孝浩 出演:新垣結衣、木村文乃 他。(今月の行事 ー 美幌町図書館のホームページ

『くちびるに歌を』(くちびるにうたを)は、中田永一の青春小説。NHK全国学校音楽コンクールの課題曲となった「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」の作者であるアンジェラ・アキのテレビドキュメンタリーをもとに小説化された。(くちびるに歌を – Wikipedia

関連サイト

美幌町図書館のホームページ

関連エントリ

お楽しみ文学館 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町図書館 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道の 美幌町高校生リーダーつみきサークルについて

ET_Moon.jpg

北海道の 美幌町高校生リーダーつみきサークルについて

関連記事

美幌町高校生リーダーつみきサークル / 美幌町教育委員会主催事業「つみきサークル」は、子どもたちの笑顔を咲かせる活動を行っています。教育委員会が主催する少年教育への参加協力をはじめ、自主的にリーダーについて知識を深める・メンバーの交流を行う定例会や教育委員会が行う美幌町高校生リーダー養成講習会などで知識・技術・経験を深め、美幌町のこれからを担う高校生を育む取り組みを行っています。ぜひ興味がある方は、下記お問い合わせまでご連絡・お申し込み下さい。つみきサークルとは? / 子どもたちのお兄さん・お姉さんとして、子どもたちと一緒に自分たちも成長することを目的とした高校生リーダーの集まりです。月に一度の例会や教育委員会が行う「美幌町高校生リーダー養成講座」でリーダーとしての知識・技術を学び、実際に子どもたちが活動している少年教育事業への協力を行っています。つみきサークルに参加しよう! / つみきサークルでは、お互いの良いところを認め合い、尊重することを大切にしています。仲良しなだけでなく、心の通じ合う真の仲間ができるはずです。そんな仲間達と一緒に子ども達の笑顔をつくる活動をしてみませんか?
「かけがえのない仲間」、「思いやり」、「心に残る子ども達の笑顔」・・・たくさんのことを「つみきサークル」で学んでほしいと思います。また、つみきサークルの活動は、メンバーの自主性を大切にしておりますので、部活動に入部している方でも、参加は自由ですjので無理をしない範囲で活動できます。メンバーと教育委員会は皆さんの参加をお持ちしております。申し込み / 申込用紙をマナティーセンターにお持ちいただくか、TEL、FAX、E-MAILでもお申し込みいただけます。お申し込みいただいた後、担当者から電話いたします。(美幌町高校生リーダーつみきサークル | 美幌町のホームページ

関連サイト

社会教育グループ 社会教育担当 | 美幌町のホームページ

マナビティーセンター利用サークルのご紹介 | 美幌町のホームページ

北海道バリアフリーマップ 美幌町マナビティーセンター

北海道バリアフリーマップ 美幌町

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町のホームページ

美幌町 – ホーム | Facebook

関連エントリ

美幌町高校生リーダーつみきサークル の検索結果 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

おもしろキッズ共和国(北海道網走郡美幌町)について

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

800px-Day_old_chick_black_background.jpg

おもしろキッズ共和国(北海道網走郡美幌町)について

関連記事

平成30年度おもしろキッズ共和国 参加者大募集! / 活動期間 平成30年5月19日(土)~平成31年3月(全7回の全体活動)全体活動に加えて、おもしろキッズ共和国参加者を対象に特別回としてご案内させていただく場合がございます。現在は津別町の小学生たちとの合同事業を2回予定しています。参加対象 小学校1~6年生(定員40名) / 中学生サブリーダー募集!小学生の参加者のお兄さん、お姉さんとして一緒に活動をサポートしてくれる中学生を募集しています。来られるときだけで構いませんので、ご興味のある方はご連絡をお待ちしています。サブリーダーとして登録していただくことで、各回の案内を郵送でお知らせさせていただきます。参加費 / 参加者・サブリーダーともに800円(スポーツ安全保険料)野外の活動がありますので、やむを得ずけがをしてしまった場合の備えとして加入していただきます。また、別途各回に応じて食料費がかかります。申し込みについて 平成30年5月1日(火)~5月15日(火)までに美幌町マナビティーセンターTEL72-2300へ電話にてお申込みください。祝日は休館となります。また17:30以降は休館になる場合がございますので、ご了承ください。申し込み後、参加者家庭へ調書を送付いたします。5月17日(木)までに保険料と調書をマナビティーセンターへご持参願います。チラシはこちらをご覧ください。クリックで大きくなります。主催・主管・協力 / 主催 美幌町教育委員会、主管 美幌町社会教育活動奨励員ボランティア部会、協力 美幌町高校生リーダーつみきサークル。(平成30年度おもしろキッズ共和国 参加者大募集! | 美幌町のホームページ

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌町マナビティーセンター

北海道バリアフリーマップ 美幌町

マナビティーセンター | 美幌町のホームページ

社会教育グループ 社会教育担当 | 美幌町のホームページ

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町のホームページ

美幌町 – ホーム | Facebook

関連エントリ

おもしろキッズ共和国 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Narciso Yepes ナルシソ・イエペス の捧げもの

450px-Alstromeria_aurantiaca1.jpg

Narciso Yepes ナルシソ・イエペス の捧げもの

関連記事

Narciso Yepes (14 November 1927 – 3 May 1997) was born into a family of humble origin in Lorca, Region of Murcia. His father gave him his first guitar when he was four years old, and took the boy five miles on a donkey to and from lessons three days a week. Yepes took his first lessons from Jesus Guevara, in Lorca. Later his family moved to Valencia when the Spanish Civil War started in 1936. On 16 December 1947 he made his Madrid début, performing Joaquín Rodrigo’s Concierto de Aranjuez with Ataúlfo Argenta conducting the Spanish National Orchestra. The overwhelming success of this performance brought him renown from critics and public alike. Soon afterwards, he began to tour with Argenta, visiting Switzerland, Italy, Germany, and France. During this time he was largely responsible for the growing popularity of the Concierto de Aranjuez, and made two early recordings, both with Argenta[6] – one in mono with the Madrid Chamber Orchestra (released between 1953 and 1955), and the second in stereo with the Orquesta Nacional de España (recorded in 1957 and released in 1959). On 18 May 1951, as he leant on the parapet of a bridge in Paris and watched the Seine flow by, Yepes unexpectedly heard a voice inside him ask, “What are you doing?” He had been a nonbeliever for 25 years, perfectly content that there was no God or transcendence or afterlife. But that existential question, which he understood as God’s call, changed everything for him. He became a devout Catholic, which he remained for the rest of his life. In 1952 a work (”Romance”), Yepes claims to have written when he was a young boy,[10] became the theme to the film Forbidden Games (Jeux interdits) by René Clément. Despite Yepes’s claims of composing it, the piece (”Romance”) has often been attributed to other authors; indeed published versions exist from before Yepes was even born[citation needed], and the earliest known recording of the work dates from a cylinder from around 1900.[citation needed] In the credits of the film Jeux Interdits, however, “Romance” is credited as “Traditional: arranged – Narciso Yepes.” Yepes also performed other pieces for the Forbidden Games soundtrack. His later credits as film composer include the soundtracks to La Fille aux yeux d’or (1961) and La viuda del capitán Estrada (1991). He also starred as a musician in the 1967 film version of El amor brujo. In Paris he met Maria Szumlakowska, a young Polish philosophy student, the daughter of Marian Szumlakowski, the Ambassador of Poland in Spain from 1935 to 1944. They married in 1958 and had two sons, Juan de la Cruz (deceased), Ignacio Yepes, an orchestral conductor and flautist, and one daughter, Ana Yepes, a dancer and choreographer. In 1964, Yepes performed the Concierto de Aranjuez with the Berlin Philharmonic Orchestra, premièring the ten-string guitar, which he invented in collaboration with the renowned guitar maker José Ramírez III. After 1964, Yepes used the ten-string guitar exclusively, touring all six inhabited continents, performing in recitals as well as with the world’s leading orchestras, giving an average of 130 performances each year. He recorded the Concierto de Aranjuez for the first time with the ten-string guitar in 1969 with Odón Alonso conducting the Orquesta Sinfonica R.T.V. Española. Apart from being a consummate musician, Yepes was also a significant scholar. His research into forgotten manuscripts of the sixteenth and seventeenth centuries resulted in the rediscovery of numerous works for guitar or lute. He was also the first person to record the complete lute works of Bach on period instruments (14-course baroque lute). In addition, through his patient and intensive study of his instrument, Narciso Yepes developed a revolutionary technique and previously unsuspected resources and possibilities. He was granted many official honours including the Gold Medal for Distinction in Arts, conferred by King Juan Carlos I; membership in the Academy of “Alfonso X el Sabio” and an Honorary Doctorate from the University of Murcia. In 1986 he was awarded the Premio Nacional de Música of Spain, and he was elected unanimously to the Real Academia de Bellas Artes de San Fernando. In the 1980s, Yepes formed Trio Yepes with his son Ignacio Yepes on flute and recorder and his daughter Ana dancing to her own choreography. After 1993, Narciso Yepes limited his public appearances due to illness. He gave his last concert on 1 March 1996 in Santander (Spain). He died in Murcia in 1997, after a long battle with lymphoma. (Narciso Yepes – Wikipedia

ナルシソ・イエペス(Narciso Yepes、1927年11月14日 – 1997年5月3日)はスペインのギタリスト、作曲家。ナルシソ・ジェペスとも表記される。来歴 / スペインのムルシア地方のロルカ近郊の農家に生まれた。4歳の時に初めてギターに触れ、ロルカの音楽アカデミーでギターを学び、その後バレンシア音楽院に進んでギターや作曲を学んだ。ここで、作曲家のビセンテ・アセンシオ教授に大きな影響を受ける。また、マドリード音楽院では、サインス・デ・ラ・マーサにギターを師事した。1947年12月17日スペイン劇場でのスペイン国立管弦楽団の定演コンサートに名指揮者アタウルフォ・アルヘンタにより招かれ、ロドリーゴのアランフエス協奏曲を演奏した。その後に行われたパリやジュネーヴなどでの演奏会の成功で、イエペスの名はヨーロッパ中に知れ渡った。1952年に、パリのカフェで映画監督のルネ・クレマンと偶然知り合い、「映画自体はすでに撮ってあるが、どんな音楽をつけたらよいか決めかねているので、映画のための音楽を担当してほしい」と監督から依頼を受ける。当初、アンドレス・セゴビアに音楽を担当してもらう予定だったが、すでに映画制作の為の予算を使い果たしており、セゴビアとは制作費の折り合いがつかず、当時まだ新人であったイエペスに音楽担当の依頼をする事となった。 そこで、24歳のイエペスは映画『禁じられた遊び』の音楽の編曲・構成、演奏を1本のギターだけで行った。そして、その映画が公開されると、メインテーマ曲「愛のロマンス」が大ヒットし、世界的に有名なギタリストとなった。それから世界各地でリサイタルやオーケストラとの共演を行い、日本にも1960年から1996年までの間に計17回訪問した。1964年からは、ホセ・ラミレス3世と共同で通常より音域の広い10弦ギターを開発した。演奏の軽快さが多少犠牲になり、一部では批判もあったが、均一な共鳴をもつ透明度の高い音色を実現し、多くの音楽愛好家に受け入れられた。1989年4月スペイン芸術院のサン・フェルナンド王立アカデミーの会員に任命された。これはサインス・デラマーサ、アンドレス・セゴビアに続く3人目の栄誉である。1990年頃に、悪性リンパ腫に冒されている事が発覚し、1993年には医師から演奏活動の中止を忠告されたが、その後も演奏活動を続けた。だが、1996年3月にサンタンデール音楽祭に出演したのが最後のステージとなり、1997年5月3日に69歳で死去した。イエペスの信念である「芸術は神のほほえみである」の名のもとに10弦ギターで世界各地を演奏活動して回ったことにより、日本はもとより全世界で圧倒的な人気を誇り、なお且つ世界各地に及ぼした音楽的影響の高さはひときわ抜きん出ていた。レパートリーの広さ(バッハのリュート組曲におけるバロック・リュートの演奏、テレサ・ベルガンサとの歌の伴奏、世界各地のオーケーストラとのギターコンチェルトによる共演、フェルナンド・ソルの練習曲集の演奏、カタルーニャ地方の民謡を集めた曲集の演奏、ラテン系の近代・現代の作曲家の作品の10弦ギターによる演奏、弟子のモンダンとの二重奏、「トリオ・イエペス」による親子の共演等 )も、来日回数も、他の追随を許さぬものがあり、年間120回にもおよぶ演奏会を30年近く世界各地で行い、今までに録音したレコードの枚数も50枚を超えた(1967年から1989年まではドイツ・グラモフォン専属となった)。日本国内での代表的な弟子として、荘村清志、芳志戸幹雄、小原聖子等がいる。イエペスには数々の栄誉が与えられており、代表的なものとしてムルシア大学名誉博士号、イサベル・ラ・カトリカ十字章、スペイン国王から芸術功労金メダル、スペイン文化賞からスペイン音楽大賞、スペイン作曲家協会賞、国営テレビ局大賞等がある。(ナルシソ・イエペス – Wikipedia



関連サイト

Narciso Yepes Official Homepage (ナルシソ·・イエペス公式ホームページ)

Ana Yepes (アナ・イエペス)| earlydance.org

Ana Yepes(アナ・イエペス) | Facebook

関連エント

Trio Yepes の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

トリオ・イエペス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Narciso Yepes の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ナルシソ・イエペス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Ana Yepes の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アナ・イエペス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る