美幌町 カテゴリのアーカイブ

2018年 (平成30年) 第69回 美幌町文化祭

Taisho_goto.jpg

2018年 (平成30年) 第69回 美幌町文化祭

写真は、1984年 (昭和59年) 第35回美幌町文化祭に初出演の美幌町明和大学大正琴クラブ。美幌ギターマンドリン協会と共演。

関連記事 (プログラムより)

2018年 (平成30年) 第69回 美幌町文化祭 11月2日(金)~11月4日(日) / 展示発表 (美幌町民会館2階・3階中ポール びほーるギャラリー他) 11月2日(金)~11月4日(日) / 芸能発表 1部 (町民会館びほーる) 11月3日(土) 主に邦楽発表 11時30分開場 正午開演 / 芸能発表 2部 (町民会館びほーる) 11月4日(日) 主に洋楽発表 13時30分開場 14時開演 / 第13回道民芸術祭 北見地区芸能祭(舞台部門) 11月3日、4日 舞台発表 / 主催 / 美幌町 美幌町文化連盟 美幌町教育委員会 主管 / 美幌町文化連盟 後援 / 北海道新聞社 美幌新聞社 経済の伝書鳩 / 「びほーる」ご利用のお客様へお願い 「びほーる」内での飲食及び写真、ビデオ撮影は禁止です。ご理解とご協力をお願いいたします。

芸能 第1部 11月3日 町民会館びほーる 正午~午4後時 / 出演者/ 大正琴 アンダンテ / 民謡 明治大学民謡クラブ・民謡声友会 / 民謡 民謡声友会 / フラダンス レイ・アロハ・フラ美幌 / 吟詠 吟舞 日本國風流詩吟吟舞会美幌第一支部 / 剣詩舞 聖月流日本吟剣詩舞道会美幌支部 / 日本舞踊 藤間勘喜美会 / 日本舞踊 藤間作智社中 / 歌謡曲 美幌カラオケ連合会 / 歌謡曲 美幌歌謡連合会 / 歌謡曲 はまなす歌謡クラブ / 表彰式 / 挨拶 美幌町文化連盟会長 美幌町長 / 休憩 / 民謡 美幌三絃孝泉会 / フラダンス レイ・アロハ・フラ北見 (道民芸術祭・北見市) / 民舞 中山流民俗舞踊 中山せきれい会 / 日本舞踊 藤間流 芳美代会 / 日本舞踊 藤間流 藤光会 / オリジナルダンス ガールズコレクション2018 / 和太鼓演奏 美幌峠太鼓保存会 / キッズジャズ・バレエ バレエキッズジャズサークル FACE (ファス) / 第2部 11月4日(日) 町民会館びほーる 午後2時~午後5時 / 琴演奏 創明音楽会 芳游会美幌 / 混声合唱 合唱団アダージョ / うた・ピアノ演奏 ドルチェの会 / 女性合唱 女性コーラス虹 / 男性合唱 男性合唱団美幌グリー / 合唱 おけとコーラスサークルそよかぜ (置戸) / オカリナ 音楽愛好会きずなオ カリナポポロン (津別) / チアダンス TFAチアダンス / 吹奏楽 美幌吹奏楽団

展示 11月2日(金)~11月4日(日) 美幌町民会館2階会議室・3階中ポール びほーるギャラリー他 午前9時~午後7時(4日は午後5時まで) 呈茶席 11月3日(土) 午前9時~午後3時 美幌茶道連盟のみなさま / 展示出品者 / 木工おもちゃクラブ / 木工さわやかクラブ / ステンドグラスサークル / ロマンドールサークル / 手作りの会 WAKU WAKU / 明和大学手芸クラブ / バルーンパーティ / 絵手紙ぴぽろ / 明和大学絵手紙クラブ / 明和友の会絵手紙クラブ / クレヨン散歩 / 絵画サークルスペクトル / びほろ動物絵同好会 / 美幌高等学校美術部 / 佐藤せつ和紙ちぎり絵 / 押し花サークル / 深雪アートフラワー / 明和大学書道クラブ / 美幌臨書研究会 / 美幌書道連盟 / 明和大学写真クラブ / シルバー写真クラブ / 美幌フォトクラブ「峠」 / 北海道美幌高等学校写真部 / 明和OB華道クラブ / 草月流いけ花芸術グループ / 華道家元池坊関社中美峰会 / MOA美術館光輪花クラブ / 美幌地域訪問看護ステーション / 新町・あさひシルバーハウジング利用者一同 / すろー・らいふ美幌入居者・利用者一同 / アサヒディサービスセンター利用者一同 / ディサービスセンターみんと美幌利用者一同 / 児童センター利用者一同 / 明和大学園芸クラブ / 個人出展 / 美幌小学校児童 / 東陽小学校児童/ 旭小学校児童 / 美幌中学校生徒 / 北中学校生徒 / 美幌高等学校生徒 / 明るい家庭づくり絵画コンクール入賞作品

平成30年 美幌町文化連盟表彰者 / 文化功労賞 関美惠子 / 特別賞 美幌小学校金管バンド・東陽小学校ブラスバンド / 優秀賞 / 美幌吹奏楽団 北中学校吹奏楽部 美幌中学校吹奏楽部

美幌で3日間の文化祭(美幌町/行事・文化)展示や芸能発表たん能 / 美幌町の第69回文化祭(美幌町文化連盟など主催)が2日から4日まで美幌町民会館で開かれた。大勢の町民が展示や芸能発表を通じて文化にふれた。 絵画や生け花など30以上のサークルや団体の作品が町民会館やびほーるロビーに並び、訪れた町民らが鑑賞。町民会館には美幌茶道連盟の呈茶席が設けられ、多くの人がゆったりと茶を味わった。 3、4日の午後はキッズダンス、フラダンス、日本舞踊など合わせて28の芸能発表が行われ、子どもからお年寄りまで幅広い世代が訪れた。 3日は文化連盟の表彰が行われ、4団体が特別賞、優秀賞を受賞した。受賞団体は次の通り。 【特別賞】美幌小金管バンド・東陽小ブラスバンド(北海道小学校バンドフェスティバル金賞) 【優秀賞】美幌吹奏楽団(北海道吹奏楽コンクール金賞) 北中吹奏楽部(北海道吹奏楽コンクール金賞) 美幌中吹奏楽部(北海道アンサンブルコンクール金賞)(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌町民会館「びほーる」

美幌町文化連盟加盟団体 | 美幌町

美幌町文化連盟ホームページ

関連エントリ

美幌文化協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町文化連盟 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町文化祭 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町 広報びほろ (2018年11月号)

bi_bo.jpg

北海道美幌町 広報びほろ (2018年11月号)

関連記事

広報びほろ 平成30年度 11月号 / 災害に備えて / 人事行政の運営等の状況 / しゃきプラ教室 / 学力学習状況調査結果 / 美幌町表彰式、議会報告会など / 検診のお知らせ、道住入居募集 / 年調等説明会、通年雇用講演会など / 夫婦の日撮影、フォーラムなど / 峠の湯メンテナンス、工場見学など / まちの話題 / 今月のお知らせ / 健康 / 子育て / マナセン・トレセン・図書館・博物館 / 交通安全、消費生活相談など / 新庁舎建設 / カレンダー (広報びほろ – 美幌町)

関連サイト

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町ホームページ

関連エントリ

広報びほろ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

イランカラプテの川柳 (2018年11月) 開始です

img_history_index03-375x500_2.jpg

イランカラプテの川柳 (2018年11月) 開始です。

イランカラプテ (Irankarapte) (こんにちは、はじめまして)、北海道アイヌ民族の言葉です。イ(それ)ラン(思い)カラプ(触れる)テ(させてください)。「あなたの心にそっとふれさせていただきます」の意。

川柳は17文字(5・7・5)自由詩。ユーモア川柳、風刺川柳、しりとり川柳、病み上がり川柳、福祉川柳、介護川柳、時事川柳、ツイッター川柳などがあります。皆様の温かい言葉をお寄せください。 自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」「回文」「言葉遊び」などもどうぞお寄せください。投稿は、こちらです

関連記事

11月 季節の言葉 / 晩秋 深秋 暮秋 向寒 落葉 小春日 初雪 夜寒 冷雨 菊薫る 雪化粧 (11月 今日は何の日~毎日が記念日~)

11月(じゅういちがつ)はグレゴリオ暦で年の第11の月に当たり、30日間ある。 日本では、旧暦11月を霜月(しもつき)と呼び、現在では新暦11月の別名としても用いる。「霜月」は文字通り霜が降る月の意味である。他に、「食物月(おしものづき)」の略であるとする説や、「凋む月(しぼむつき)」「末つ月(すえつつき)」が訛ったものとする説もある。また、「神楽月(かぐらづき)」、「子月(ねづき)」の別名もある。 英語での月名 November は、「9番目の月」の意味で、ラテン語で「第9の」という意味の「novem」の語に由来している。 異名 / かぐらづき(神楽月)、かみきづき(神帰月)、けんしげつ(建子月)、こげつ(辜月)、しもつき(霜月)、しもふりづき(霜降月)、しもみづき(霜見月)、てんしょうげつ(天正月)、ゆきまちづき(雪待月)、ようふく(陽復)、りゅうせんげつ(竜潜月)。 11月をテーマにした作品 / 武満徹『ノヴェンバー・ステップス』 (11月 – Wikipedia)

『ノヴェンバー・ステップス』(英: November Steps )は、武満徹が1967年に作曲した、琵琶、尺八とオーケストラのための音楽作品。ニューヨーク・フィルハーモニックによって初演され、作曲者が国際的な名声を獲得するきっかけとなった。 (ノヴェンバー・ステップス – Wikipedia)

川柳の投稿 (2018年 11月1日の投稿)
「武満の 歌が流れる 秋の空」 (美幌白雲)

関連エントリ

ノヴェンバー・ステップス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

イランカラプテの川柳 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 (平成30年) 10月のアーカイブ

2018_Asian_Para_Games_logo.svg

2018年 (平成30年) 10月のアーカイブ

関連記事

アーカイブ / この項目では、図書館学用語について説明しています。 コンピュータ用語については「アーカイブ (コンピュータ)」をご覧ください。 ウェブ情報のアーカイブについては「ウェブアーカイブ」をご覧ください。 映画用語については「フィルム・アーカイヴ」をご覧ください。 arXivについては「arXiv」をご覧ください。アーカイブ (archive) とは、重要記録を保存・活用し、未来に伝達することをいう。日本では一般的に書庫や保存記録と訳されることが多いが、元来は公記録保管所、または公文書の保存所、履歴などを意味し、記録を保存しておく場所である。 (アーカイブ – Wikipedia)

関連エントリ

アーカイブ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

2018年 9月 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町 美幌ユースホステル (田上義也)

bi_bo.jpg

北海道美幌町 美幌ユースホステル (田上義也)

美幌ユースホステルは、美幌町元町に建築された。敷地内には美幌開基記念碑がある。1887年 (明治20年) 10月12日は、美幌町はじまりの記念日である。 美幌ユースホステルの丘は、有田山 (ありたやま) と言われていたが、美幌町の加藤家の所有だった。敷地内には祖父が建立した稲荷神社 (正一稲荷大明神) があった。 美幌ユースホステルの設立のため、土地の一部を美幌町に寄付する。

関連記事

美幌ユースホステル(びほろユースホステル)は、かつて北海道網走郡美幌町に存在したユースホステル。 概要 / 本ユースホステルは、1965年10月、美幌町の誘致を受け日本ユースホステル協会が、北海道内では3番目のユースホステルとして設立した。ホテルの建物は、支笏湖ユースホステルや室蘭ユースホステルなどを設計した、北海道を代表する建築家である田上義也の設計である。設立当初は年間約5千人、ピーク時の1970年代前半には約1万人が宿泊した。 2004年、同協会は建物を美幌町に無償譲渡した。2013年3月31日、施設の老朽化並びに利用客減少などを理由として美幌町がユースホステル営業継続を断念し、47年の歴史に終止符を打ち廃館となった。 (美幌ユースホステル – Wikipedia

田上義也(たのうえ よしや Yoshiya Tanoue、1899年(明治32年)5月5日 – 1991年(平成3年)8月17日)は、日本の建築家、音楽家。 人物 / 栃木県那須郡西那須野村(現・那須塩原市)出身。本名吉也。 大正から昭和にかけて北海道を拠点に活躍した。若くしてフランク・ロイド・ライトの影響を受け、確な腕を持つ棟梁の小島与市との出会った。特徴的な要素を持つ、北海道の気候風土に根ざした洋風建築を数多く残している。 また、札幌新交響楽団の創立者でもあり、初代指揮者も兼務した。 (田上義也 – Wikipedia)

Bihoro_YH_2011

関連サイト

田上 義也氏 作品アーカイブス – 札幌ノスタルジック散歩

関連エントリ

田上義也 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌ユースホステル の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

キリスト兄弟団米沢教会 牧師 馬場誠一・馬場公子

459px-Gold_Christian_Cross_no_Red_svg.png

キリスト兄弟団米沢教会 牧師 馬場誠一・馬場公子

キリスト兄弟団の牧師 馬場誠一さん 馬場公子さん、1991年4月から2003年3月まで、北海道美幌町のキリスト兄弟団美幌教会の牧師でした。美幌教会てギターの指導をさせていただきました。クリスマスの集いでは、デジタルギターを演奏させていただきました。この事は、昨日のことのように思い出します。ありがとうございました。 1818年にギターで作曲された「きよしこの夜」は、今年 (2018年) 200周年です。

日本音楽療法学会 (Japanese Music Therapy Association) について / その昔、日本の医師・医学博士で 日本バイオミュージック研究会(現・日本音楽療法学会)初代会長 全日本音楽療法連盟(現日本音楽療法学会)会長 日本音楽療法学会初代理事長だった 日野原重明さんと、音楽療法士の国家資格について電話で何度か話し合った。その時に、北海道医療大学の粟崎さんの紹介があった。その後、北海道当別町にあったギター工房に招待した。

関連サイト

キリスト兄弟団米沢教会ホームページ

関連エントリ

日野原重明 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Shigeaki Hinohara の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

キリスト兄弟団 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

キリスト兄弟団米沢教会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

馬場誠一牧師 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

馬場公子牧師 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

11月10日 特別集会のご案内 (キリスト兄弟団 美幌教会)

459px-Gold_Christian_Cross_no_Red_svg.png

11月10日 特別集会のご案内 (キリスト兄弟団 美幌教会)

キリスト兄弟団美幌教会から、特別集会の案内が届きました。皆様にお知らせします。

日本音楽療法学会 (Japanese Music Therapy Association) について / その昔、日本の医師・医学博士で 日本バイオミュージック研究会(現・日本音楽療法学会)初代会長 全日本音楽療法連盟(現日本音楽療法学会)会長 日本音楽療法学会初代理事長だった 日野原重明さんと、音楽療法士の国家資格について電話で何度か話し合った。その時に、北海道医療大学の粟崎さんの紹介があった。その後、北海道当別町にあったギター工房に招待した。

関連記事

特別集会のご案内 / 11月10日 (土) 午後2時~3時30分 / すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。聖書 / お話し 馬場誠一先生 (米沢教会牧師) / 北海道ご出身、牧師になる前は電気屋を営まれていました。 1991年4月から2003年3月まで、美幌で牧会され、久々の来道です。わかりやすいお話しをしてくださいます。どなたでもご参加いただけます。 (特別礼拝 11月11日 午前10時30分~12時 馬場誠一先生) 礼拝のみ自由献金があります。092-0004 網走郡美幌町仲町2丁目48-99 (山田歯科さんお隣) キリスト兄弟団 美幌教会 電話 0152-73-3536

関連サイト

キリスト兄弟団米沢教会ホームページ

関連エントリ

日野原重明 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Shigeaki Hinohara の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

キリスト兄弟団 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

キリスト兄弟団米沢教会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

馬場誠一牧師 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

新堀寛己指揮 新堀ギター女性合奏団 (ザ・ドリマーズ)

423px-Beautiful_dreamer.jpg

新堀寛己指揮 新堀ギター女性合奏団 (ザ・ドリマーズ)

関連記事

1957年 (昭和32年) 新堀ギター音楽院設立。 1968年 (昭和41年) 新堀ギター女性合奏団「ザ・ドリマーズ」結成。 1973年 (昭和46年) 新堀寛己指揮 新堀ギター女性合奏団「ザ・ドリマーズ」北海道公演、北見市の北見経済センター。 1974年 (昭和47年) 「ザ・ドリマーズ」40日間に渡る英国公演空前の成功。


1992年 (平成4年) 5月、江蘇テレビ芸術祭 南京五台山体育館 1万8千人、葉紅旗笛子&新堀ギター女性四重奏団 特別出演 中国の4億の人々がテレビ放映を見たそうです。江蘇テレビの美人司会・賀笑さん。

新堀ギター女性四重奏団 / 女性特有の繊細な感性と、新堀寛己考案による各音域ギターの中で最も温かい表現を生む、アルトギター2本、プライムギター、バスギターとギタロンという39年の歴史を持つニイボリサウンド原点の編成を常に守り、ベテラン女性4人でなければ出せない伝統ギターの美しい響きを求め続けて来たグループです。1974年に英国公演において大成功を収めた女性合奏団「ザ・ドリマーズ」の精神を受け継いでいます。1992年中国江蘇省テレビ主催の芸術祭に出演し3万人の観客と、放送を通し約4億人にニイボリサウンドを披露し世界に大きな反響を呼びました。

新堀 寛己(にいぼり ひろき、1934年4月17日 – )は、ギター演奏家、新堀ギター音楽院創業者。東京都港区麻布出身。 概要 / 少年時代からアンサンブルの音楽に興味を持ち始め、小学校時代からアンサンブル合奏団のリーダーになった。その後、高校時代にはオペレッタを上演。自ら作曲・編曲を行った。青山学院大学文学部卒業。 チェンバロ、ピッコロなどの音域に対応したギターの品種改良製品を数多く手がけ、これらは「新堀メソード」と呼ばれるまでになり、1961年にこれが国立音楽大学で採用され、同大学のギター講師に就任した。1964年には後継ギター演奏家を育成するための「日本教育ギター連盟」を創設。 更に日本初となるギター演奏の合奏団「新堀ギターオーケストラ」を結成。世界のギターリストや管弦楽団との演奏を行ったり、海外公演も行われた。現在も世界各地を舞台にギターオーケストラ公演を行う傍ら、ギター演奏家の後継者育成に尽力する。現、株式会社新堀ギターアカデミー会長等をつとめる。 (新堀寛己 – Wikipedia)

新堀ギター音楽院(にいぼりギターおんがくいん)は、日本の音楽教室・専門学校を経営・運営する企業。 概要 / 世界初・ギターオーケストラの創始者新堀寛己によって東京阿佐ヶ谷に創設、日本各地の新堀ギター教室・新堀音楽専門学校を経営する。 (新堀ギター音楽院 – Wikipedia)

関連サイト

新堀ギターグループの歩み | 新堀ギターグループ – 新堀ギター音楽院

新堀ギター女性四重奏団 | 新堀ギターグループ – 新堀ギター音楽院

関連エントリ

加藤雅夫のあゆみ (20代 1967〜) – 美幌音楽人 加藤雅夫

愛知県「名古屋新堀ギター音楽院」小林秀明 – 美幌音楽人 加藤雅夫

2009 葉紅旗中華笛藝團 Midsummer Night Concert – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤雅夫のあゆみ (40代 1987〜) – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤雅夫のあゆみ (50代 1997〜) – 美幌音楽人 加藤雅夫

新堀寛己 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

新堀ギター女性合奏団 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ザ・ドリマーズ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

10月23日 日本の皇族 眞子内親王 (誕生日)

220px-Convallaria_majalis0.jpg

10月23日 日本の皇族 眞子内親王 (誕生日)

1992年 (平成4年) 7月10日、北海道美幌町の美幌音楽人加藤雅夫が、赤坂御用地にある秋篠宮家の宮邸を訪問する。庭園のアジサイ (紫陽花) が見事に咲いていた。 秋篠宮邸の玄関先で、秋篠宮文仁親王 文仁親王妃紀子さまが幼子の眞子内親王を抱いてお見送り。

うるはしき 色は匂へど 何んとなく さびしく見ゆる あぢさゐの花 (明治天皇)

1999年 (平成11年) 5月14日、北海道美幌町の美幌音楽人加藤雅夫が、2回目の秋篠宮邸訪問。新居のお祝いに、北海道美幌町のスズラン (鈴蘭) の苗を持参する。

関連記事

10月23日 誕生日 / 1991年 眞子内親王殿下 (皇族,秋篠宮文仁親王の第一女子) (10月23日 今日は何の日~毎日が記念日~)

10月23日 できごと / 1992年 – 今上天皇が中華人民共和国を訪問。史上初めて天皇が中国の地を踏む。 10月23日 誕生日 / 1991年 – 眞子内親王、皇族、秋篠宮家の長女 (10月23日 – Wikipedia)

眞子内親王(まこないしんのう、1991年〈平成3年〉10月23日 – )は、日本の皇族。秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第一王女子。第125代今上天皇の第一皇孫。身位は内親王。皇室典範における敬称は殿下。成年に伴い、宝冠大綬章受章(旧勲等では勲1等宝冠章に相当)。学位はレスター大学修士(学術)(博物館学)。お印は木香茨(もっこうばら)。妹に佳子内親王、弟に悠仁親王がいる。現在、内親王では最年長。 (眞子内親王 – Wikipedia)

bi_bo.jpg

関連サイト

眞子内親王殿下のご紹介 – 宮内庁

関連エントリ

今日(10月23日)は眞子さまの誕生日(20歳) – 美幌音楽人 加藤雅夫

眞子内親王 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇族 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本音楽療法学会 (Japanese Music Therapy Association)

img_history60_02.jpg

日本音楽療法学会 (Japanese Music Therapy Association)

その昔、日本の医師・医学博士で 日本バイオミュージック研究会(現・日本音楽療法学会)初代会長 全日本音楽療法連盟(現日本音楽療法学会)会長 日本音楽療法学会初代理事長だった 日野原重明さんと、音楽療法士の国家資格について電話で何度か話し合った。その時に、北海道医療大学の粟崎さんの紹介があった。その後、北海道当別町にあったギター工房に招待した。

関連記事

一般社団法人日本音楽療法学会(にほんおんがくりょうほうがっかい、英: Japanese Music Therapy Association)は、日本における音楽療法の啓発・普及活動と音楽療法士の育成・認定などを行っている民間の団体である。 概要 / 主に音楽が生体に及ぼす影響を客観的に評価する研究をしていたバイオミュージック学会と、主に臨床現場での音楽療法の技術を研究・研鑽及び普及活動をしていた臨床音楽療法協会が合体して1995年、全日本音楽療法連盟が発足する。 音楽療法の研修・講習を充実させると共に、1997年には同連盟認定音楽療法士の資格認定を始める。 その後、組織の充実を図るため2001年4月、全日本音楽療法連盟が母体となり、日本音楽療法学会が設立される。 疾病と健康に関する音楽の機能と役割を学際的に研究し、音楽療法が医療、福祉、健康、教育の領域において積極的に展開することを目指し、音楽療法を通じて、健康の維持・促進など広く社会に貢献することを目的としている。アジア地域の音楽療法の情報交換を率いてアジア音楽療法シンポジウムを開催、2009年3月の第1回 (東京) 以来、国内外の専門家を招いてきた。会員数は2014年現在、約6,000名がいる。 (日本音楽療法学会 – Wikipedia)

関連サイト

日本音楽療法学会 北海道支部のホームページ

日本音楽療法学会 : 公式サイト

Japanese Music Therapy Association

関連エントリ

日野原重明 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Shigeaki Hinohara の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本音楽療法学会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Japanese Music Therapy Association の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る