皇室 の検索結果: 68 件

日本の女性皇族 佳子内親王の誕生日(令和元年12月29日)

日本の女性皇族 佳子内親王の誕生日(令和元年12月29日)

関連記事

佳子内親王 日本の女性皇族 / 佳子内親王(かこないしんのう、1994年〈平成6年〉12月29日 – )は、日本の皇族。秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第2女子。今上天皇の姪。身位は内親王。皇室典範における敬称は殿下。勲等は宝冠大綬章。お印はゆうな。姉に眞子内親王、弟に悠仁親王がいる。住居は、赤坂御用地内にある秋篠宮邸。 (佳子内親王 – Wikipedia)

関連サイト

佳子内親王殿下のお誕生日に際してのご近影 – 宮内庁のホームページ

関連エントリ

佳子内親王 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 冬) – 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

12月23日は日本の第125代天皇、上皇 明仁さまの誕生日です

bi_bo.jpg

12月23日は日本の第125代天皇、上皇 明仁さまの誕生日です

関連記事

明仁 日本の第125代天皇、上皇 / 明仁(あきひと Akihito、(1933年〈昭和8年〉12月23日 – )は、日本の第125代天皇(在位: 1989年〈昭和64年〉1月7日 – 2019年〈平成31年〉4月30日)、上皇(在位: 2019年〈令和元年〉5月1日 – )。称号は繼宮(つぐのみや)、お印は榮(えい)。敬称は陛下。勲等は大勲位菊花章頸飾。昭和天皇と香淳皇后の第1皇男子(2男5女のうち第5子)。1989年(昭和64年)1月7日の父帝・昭和天皇の崩御を受けて、日本国憲法及び現在の皇室典範下で初めて即位し、元号法に基づき「昭和」に代わって翌日より平成(へいせい)と改元された。また、2019年(平成31年)4月30日を以って、憲政史上初めて譲位(退位)した。2019年(令和元年)5月1日に上皇となって以降の住居は后の上皇后美智子との同居で、皇居吹上御苑内にある吹上仙洞御所である。存命中の男性皇族としては最年長であり、退位特例法により、皇位継承権を有しない唯一の男性皇族である。また、退位に伴い、現行皇室典範では初の皇族及び内廷皇族に復帰した人物となった(天皇は皇族及び内廷皇族には含まれない)。 (明仁 – Wikipedia)

上皇 (天皇退位特例法) 天皇退位特例法に基づき退位した天皇の称号 / 上皇(じょうこう、英:Emperor Emeritus[1][2])とは、天皇の退位等に関する皇室典範特例法に基づき退位した日本の天皇の称号。具体的には、2019年(平成31年)4月30日限りで退位した第125代天皇明仁に与えられた。 (上皇 (天皇退位特例法) – Wikipedia)

1962年(昭和37年)開催の第3回 日本ジャンボリー (アジアジャンボリー) 参加。会場は静岡県御殿場市・東富士演習場滝ヶ原駐屯地。北海道美幌町の美幌ボーイスカウト隊員・加藤雅夫 (美幌音楽人) が参加。当時の明仁皇太子殿下 (上皇)と美智子妃殿下 (上皇后) に謁見行進。1963年 第11回 世界ジャンボリー (ギリシャ) の参加は、あきらめました。1ドルが 360円の時代でした。

関連サイト

上皇陛下のご近況について(お誕生日に際し) – 宮内庁のホームページ

上皇陛下のご近影(お誕生日に際し)(令和元年) – 宮内庁のホームページ

上皇上皇后両陛下 – 宮内庁のホームページ

関連エントリ

上皇明仁 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

上皇后美智子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 冬) – 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2020年(令和2年)1月2日 新年一般参賀のお知らせ

2020年(令和2年)1月2日 新年一般参賀のお知らせ

新年一般参賀は,令和2年の1月2日,皇居で行われます。

関連記事

一般参賀 一般人が皇居に参内し、皇室に向けて祝賀の意を表すること / 一般参賀(いっぱんさんが)とは、1948年(昭和23年)から、開催されている皇室行事である。この行事は、一般人が皇居に参入し、皇室に向けて祝賀の意を表する事が出来る唯一の機会である。毎年、1月2日と天皇誕生日に行われているほか天皇の即位後にも行われている。 概要 / 皇居に参内した国民に天皇が「おことば」を述べる形式で行われる。 参賀 / 新年一般参賀 新年を祝うために行われる。元日には新年祝賀の儀を始めとする各皇室行事があるため2日に開催される。国民を入れ替えて5回行われ、天皇・内廷皇族と秋篠宮家は5回、それ以外の皇族は3回、ないし1回参加するのが通例である(平成時点)。1回目はNHK総合テレビで生中継されるのが慣例である。平成31年(2019年)の一般参賀は同年5月の皇位継承を前にして平成期最後の一般参賀であり、史上最多の15万人が集まったため、通年の5回を天皇・皇后の意向で急遽7回に増やした。 (一般参賀 – Wikipedia)

関連サイト

新年一般参賀要領について(令和2年1月2日) – 宮内庁のホームページ

新年祝賀・一般参賀 – 宮内庁のホームページ

関連エントリ

日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 冬) – 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

新年一般参賀 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 冬)

800px-Flag_of_the_Japanese_Emperor_svg.jpg

日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 冬)

関連記事

皇室(こうしつ)は、天皇および皇族の総称。 狭義には内廷皇族、広義には天皇とその近親である皇族を意味するが、皇族の範囲は時期によって異なる。 近代(明治維新)以降は、天皇と内廷皇族を家族とする内廷と皇太子以外の皇族男子及びその家族で構成される宮家を意味する。 皇室典範第五条に定める、天皇の配偶者である皇后、先代の天皇の未亡人である皇太后、先々代の天皇の未亡人である太皇太后、また、皇太子(皇太孫)、皇太子妃(皇太孫妃)、皇族男子たる親王、王、さらには生まれながらの皇族女子である内親王、女王がある。親王妃、王妃は親王、王の配偶者となることをもって、皇族とされる。戦前(大日本帝国憲法下、日本国憲法施行まで)においては、帝室(ていしつ)とも呼ばれていた。 一般国民の女性は、皇族男子との婚姻により皇族になることができる。また、15歳以上の内親王、王、女王はその意思により、皇太子、皇太孫を除く親王、内親王、王、女王は、その意思によるほかにやむをえない特別の事由があるとき、皇室会議の議決を経て皇族の身分を離脱できる。なお、皇族女子は天皇、皇族以外の者と婚姻したとき皇族の身分を離れる(臣籍降下・臣籍降嫁)。(皇室 – Wikipedia

皇室の系図一覧(こうしつのけいずいちらん)では、日本の皇室(天皇および皇族)、並びに皇室を祖とする氏族に連なる人物のうち、日本史上の主要な人物を配した系図の一覧を示す。神話上の人物も、実在の人物とする説はあるので記載する。(皇室の系図一覧 – Wikipedia)

関連サイト

宮内庁のホームページ / このホームページは,天皇皇后両陛下・皇族方の宮殿・御所などでのご公務や国内各地へのお出まし,外国とのご交際など皇室のさまざまなご活動を中心に紹介しています。皆様が積極的に利用され,皇室のご活動や皇室の文化などへの理解を一層深めていただければ幸いです。

天皇皇后両陛下のご活動 – 宮内庁のホームページ

皇室紹介ビデオ(VHS・DVD) – 宮内庁ホームページ

皇室 – 宮内庁ホームページ

皇室の構成図 – 宮内庁ホームページ

The Imperial Household Agency Website

関連エントリ

12月1日は日本の女性皇族 愛子さまの誕生日です – 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の天皇の即位儀礼 即位の礼 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 秋) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 夏) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (平成31年 春) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (平成30年 冬) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (平成30年 秋) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (平成30年 夏) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース(平成30年 春) -美幌音楽人 加藤雅夫

宮内庁 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇家 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

皇室 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

12月1日は日本の女性皇族 愛子さまの誕生日です

12月1日は日本の女性皇族 愛子さまの誕生日です

関連記事

愛子内親王 日本の女性皇族 / 敬宮愛子内親王(としのみや あいこないしんのう、2001年〈平成13年〉12月1日 – )は、日本の皇族。第126代天皇・徳仁と皇后雅子の第1皇女子。明仁(上皇)と上皇后美智子の孫。称号は敬宮(としのみや)、お印はゴヨウツツジ(五葉つつじ)。身位は内親王。皇室典範に定める敬称は殿下。21世紀(3千年紀)に誕生した初の皇族で、2019年(令和元年)5月1日現在、最年少の女性皇族[1]。住居は、東京都港区元赤坂二丁目の赤坂御用地内にある赤坂御所(旧:東宮御所)。 (愛子内親王 – Wikipedia)

関連サイト

愛子内親王殿下のお誕生日に際してのご近影 – 宮内庁のホームページ

関連エントリ

日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 冬) – 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

愛子内親王 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

11月30日 日本の皇嗣、皇族 秋篠宮皇嗣殿下の誕生日

11月30日 日本の皇嗣、皇族 秋篠宮皇嗣殿下の誕生日

1992年 (平成4年) 7月10日 北海道美幌町の美幌音楽人加藤雅夫が赤坂御用地にある秋篠宮家の宮邸を訪問する。庭園の紫陽花(アジサイ)が見事に咲いていた。秋篠宮邸の玄関先で、秋篠宮皇嗣殿下と秋篠宮皇嗣妃殿下が幼子の眞子内親王を抱いてお見送り。 1999年 (平成11年) 5月14日 北海道美幌町の美幌音楽人加藤雅夫が二度目の秋篠宮邸訪問。新居のお祝いに北海道美幌町の鈴蘭(スズラン)の苗を持参する。 2006年(平成18年)6月1日 秋篠宮皇嗣殿下が北海道網走市内の東京農大オホーツクキャンパスご来訪。生き物文化誌学会第4回芸術大会オホーツク大会ご出席。(三顧の礼?!)

関連記事

皇嗣 皇位継承順位第一位の皇族 / 皇嗣(こうし、英: Crown Prince)は、皇室典範において、皇位継承順位第1位の皇族を指す呼称。現行の皇室典範では皇嗣のうち、天皇の皇子である者には皇太子(こうたいし)、皇孫である者には皇太孫(こうたいそん)の称号を付している。第126代天皇徳仁在位中の皇嗣は、その皇弟にあたる秋篠宮文仁親王(上皇明仁第2皇男子)である。 (皇嗣 – Wikipedia)

秋篠宮文仁親王 日本の皇嗣、皇族 / 秋篠宮皇嗣殿下親王(あきしののみや ふみひとしんのう、1965年〈昭和40年〉11月30日 – )は、日本の皇族。皇嗣(2019年〈令和元年〉5月1日 – )。上皇・上皇后の第2皇男子。今上天皇の皇弟。秋篠宮家の家祖。称号は礼宮(あやのみや)、お印は栂(ツガ)。身位は親王。皇室典範における敬称は殿下。勲等は大勲位菊花大綬章。政府方針による呼称は皇嗣殿下(こうしでんか)。宮内庁による正式呼称は秋篠宮皇嗣殿下。皇室典範特例法第5条の規定により、皇嗣となった2019年(令和元年)5月1日以降、皇太子と同等の待遇とされている(国外への対外的な呼称は皇太子と同等のCrown Prince Fumihito)。なお、現行の皇室典範の下では初の皇太子以外の皇嗣である。住居は東京都港区元赤坂の赤坂御用地内にある秋篠宮邸。1997年(平成9年)3月からは旧秩父宮邸を改築して使用していたが、立皇嗣にあたり再び宮邸を改修するため、2019年(平成31年)2月から御仮寓所に移った。 (秋篠宮文仁親王 – Wikipedia)

関連サイト

文仁親王殿下お誕生日に際し(平成30年) – 宮内庁のホームページ

秋篠宮家 – 宮内庁のホームページ

関連エントリ

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

秋篠宮家 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 秋) – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の宮中祭祀 新嘗祭・大嘗祭 (日本の皇室行事)

日本の宮中祭祀 新嘗祭・大嘗祭 (日本の皇室行事)

関連記事

新嘗祭(にいなめさい、にいなめのまつり、しんじょうさい)は宮中祭祀のひとつ。また、祝祭日の一つ。 11月23日に、天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に供え、また、自らもこれを食べ、その年の収穫に感謝する(収穫祭)とともに、神の御霊を身に体して生命を養う。宮中三殿の近くにある神嘉殿にて執り行われる。 なお、天皇が即位の礼の後に初めて行う新嘗祭を特に大嘗祭という。 (新嘗祭 – Wikipedia)

大嘗祭 新天皇の即位の年に行われる日本の皇室行事 / 大嘗祭(だいじょうさい、おおにえまつり、おおなめまつり)は、日本の天皇が皇位継承に際して行う宮中祭祀であり、皇室行事。 新天皇が即位の後に新穀を神々に供え、自身もそれを食する。その意義は、大嘗宮において、国家、国民のために、その安寧、五穀豊穣を皇祖天照大神及び天神地祇に感謝し、また祈念することである。令和における大嘗祭は、2019年11月14日午後6時30分頃より開始され、同年11月15日午前3時0分頃に終了した。6時30分頃より「悠紀殿供饌の儀」(ゆきでんきょうせんのぎ)が行われ、0時30分頃より「主基殿供饌の儀」(すきでんきょうせんのぎ)が行われた。 古くは「おほにへまつり」「おほなめまつり」とも訓じたが、現代においては「だいじょうさい」と音読みする。 (大嘗祭 – Wikipedia)

関連サイト

大嘗祭|皇位継承式典 平成から令和へ 新時代の幕開け|NHK NEWS WEB

宮中祭祀 – 宮内庁のホームページ

関連エントリ

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 秋) – 美幌音楽人 加藤雅夫

新嘗祭 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

大嘗祭 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の行政機関 宮内庁ホームページ

日本の行政機関 宮内庁ホームページ

関連記事

宮内庁 日本の行政機関 / 宮内庁(くないちょう、英語: Imperial Household Agency)は、日本の行政機関の一つである。 「皇室関係の国家事務、天皇の国事行為にあたる外国の大使・公使の接受に関する事務、皇室の儀式に係る事務をつかさどり、御璽・国璽を保管する内閣府の機関」である。 なお、宮内庁はかつて「総理府の外局」であったが、現在は内閣府の外局ではなく「内閣府に置かれる独自の位置づけの機関」とされている。官報の掲載では内閣府については「外局」ではなく「外局等」として宮内庁を含めている。 歴史 / 2019年(平成31年/令和元年)5月1日、天皇の退位等に関する皇室典範特例法によって第126代天皇・徳仁が即位したことに伴う組織改正により、上皇職及び皇嗣職が新設され、1官房5職2部と京都事務所の体制が成立した。 庁舎 / 所在地:東京都千代田区千代田1番1(皇居内・坂下門の北側)なお、皇居全体が一地域「千代田」である。 (宮内庁 – Wikipedia)

関連サイト

宮内庁ホームページ

宮内庁 ホームページ – Yahoo!ニュース

皇位継承式典 平成から令和へ 新時代の幕開け|NHK NEWS WEB

関連エントリ

宮内庁ホームページ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

10月20日 上皇后美智子さまの誕生日について(ニュース)

10月20日 上皇后美智子さまの誕生日について(ニュース)

関連記事

上皇后美智子 日本の第125代天皇明仁の皇后、上皇后。皇族 / 美智子(みちこ、1934年〈昭和9年〉10月20日 – )は、日本の第125代天皇・明仁の皇后(在位:1989年〈昭和64年〉1月7日 – 2019年〈平成31年〉4月30日)、上皇后(在位:2019年〈令和元年〉5月1日 – )。皇族。お印は白樺。敬称は陛下。勲等は勲一等宝冠大綬章。旧名は、正田 美智子(しょうだ みちこ)。 明治時代以降初めての民間出身の皇后ならびに皇族で、現皇室典範下で夫帝の即位に伴って立后した初めての皇后でもある。明仁の退位に伴い、皇室史上初めての「上皇后」となった。住居は、皇居吹上御苑内にある吹上仙洞御所。 (上皇后美智子 – Wikipedia)

関連サイト

皇室 / ご略歴
上皇上皇后両陛下 – 宮内庁ホームページ

新着情報(これまでの一覧)
上皇后陛下のご近影(お誕生日に際し)(令和元年10月20日) – 宮内庁ホームページ
上皇后陛下のご近況について(お誕生日に際し)(令和元年10月20日) – 宮内庁ホームページ
上皇后陛下お誕生日の祝賀行事のお取りやめについて(令和元年10月15日発表) – 宮内庁ホームページ

災害等へのお見舞い(令和元年) / 災害等へのお見舞い等
台風第19号による災害についてのお見舞い(令和元年10月15日発表) – 宮内庁ホームページ

The Imperial Household Agency Website

両陛下 台風被災者にお見舞い | NHK 首都圏のニュース

両陛下、台風被害に心痛め=上皇后さま誕生日行事は中止 : 時事ドットコム

天皇皇后両陛下と上皇ご夫妻 豪雨被害に哀悼とお見舞い示される – FNN.jpプライムオンライン

関連エントリ

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 秋) – 美幌音楽人 加藤雅夫

上皇后 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

1964年(昭和39年)9月30日 日本の宮家 常陸宮家創設

Japanese_Crest_of_Hitachi_no_miya_svg

1964年(昭和39年)9月30日 日本の宮家 常陸宮家創設

関連記事

常陸宮(ひたちのみや)は、日本の宮家(直宮家)。昭和天皇の第二皇男子で明仁(上皇)の弟、正仁親王の宮号。 概要 / 1964年(昭和39年)9月30日、正仁親王と津軽華子との結婚により創設された。第二次世界大戦後、かつ、現行の皇室典範下で設けられた最初の宮家である。 宮号の由来は、常陸国(現在の茨城県)が、太古から江戸時代末期まで親王が国司となる親王任国であったことである。 宮邸は東京都渋谷区東で、現存する宮家の中で唯一、赤坂御用地(東京都港区元赤坂)以外にある。 (常陸宮 – Wikipedia)

常陸宮 正仁親王(ひたちのみや まさひとしんのう、1935年〈昭和10年〉11月28日 – )は、日本の皇族。昭和天皇と香淳皇后の第2皇男子(第6子)。称号は義宮(よしのみや)、お印は黄心樹(おがたま)。身位は親王。皇室典範における敬称は殿下。勲等は大勲位。 徳仁(今上天皇)・秋篠宮文仁親王(皇嗣)・黒田清子(清子内親王)の皇叔父。明仁(上皇)の皇弟。 2019年(令和元年)5月1日時点での皇位継承順位は第3位で、最年長の皇位継承資格者である。 (常陸宮正仁親王 – Wikipedia)

正仁親王妃華子(まさひとしんのうひ はなこ、1940年〈昭和15年〉7月19日 – )は、日本の皇族。元華族。常陸宮正仁親王の妃。津軽義孝伯爵令嬢。身位は親王妃(常陸宮妃)。皇室典範における敬称は殿下。お印は石南花(しゃくなげ)。勲等は勲一等宝冠章。旧名は津軽 華子(つがるはなこ)。 1940年代の津軽伯爵家。左から実枝子、明子、久子伯爵夫人、華子。戦後皇室に嫁いだ妃の中で唯一の旧華族家出身者である。 宮邸は、東京都渋谷区東にある常盤松御用邸。 (正仁親王妃華子 – Wikipedia)

関連サイト

常陸宮家 – 宮内庁ホームページ

常陸宮家のご活動 – 宮内庁ホームページ

関連エントリ

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 秋) – 美幌音楽人 加藤雅夫

常陸宮家 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る