川柳コーナー カテゴリのアーカイブ

平成26年 6月、イランカラプテの川柳

330px-AiboKids.jpg

川柳
Senryu
川柳(せんりゅう)は、五・七・五の音を持つ日本語の詩の一つ。(wiki/川柳

俳句
Haiku
俳句(はいく)とは、五・七・五のモーラから成る日本語の定型詩である。世界最短の定型詩とされる。十七文字(じゅうしちもじ)、十七音(じゅうしちおん)、十七語(じゅうしちご)とも呼ばれる。俳句を詠む(作る)人を俳人と呼ぶ。(wiki/俳句

イランカラプテ
Irankarapte
イランカラプテの意は、「あなたの心にこんにちは」です

川柳は17文字(5・7・5)自由詩。ユーモア川柳、風刺川柳、しりとり川柳、病み上がり川柳、福祉川柳、介護川柳、時事川柳、ツイッター川柳などがあります。皆様の温かい言葉をお寄せください。 自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」「回文」「言葉遊び」などもどうぞお寄せください。

イランカラプテの川柳を開始いたします。(2014年 6月)

平成26年 6月、イランカラプテの川柳 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

平成26年 5月、イランカラプテの川柳

Maigloeckchen_2.jpg

川柳
Senryu
川柳(せんりゅう)は、五・七・五の音を持つ日本語の詩の一つ。(wiki/川柳

俳句
Haiku
俳句(はいく)とは、五・七・五のモーラから成る日本語の定型詩である。世界最短の定型詩とされる。十七文字(じゅうしちもじ)、十七音(じゅうしちおん)、十七語(じゅうしちご)とも呼ばれる。俳句を詠む(作る)人を俳人と呼ぶ。(wiki/俳句

イランカラプテ
Irankarapte
イランカラプテの意は、「あなたの心にこんにちは」です

川柳は17文字(5・7・5)自由詩。ユーモア川柳、風刺川柳、しりとり川柳、病み上がり川柳、福祉川柳、介護川柳、時事川柳、ツイッター川柳などがあります。皆様の温かい言葉をお寄せください。 自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」「回文」「言葉遊び」などもどうぞお寄せください。

イランカラプテの川柳を開始いたします。(2014年 5月)

平成26年 5月、イランカラプテの川柳 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

4月1日、四月バカの川柳

450px-Maneki_neko_by_greychr_in_Japantown_San_Francisco.jpg

330px-Commuting_to_Work.jpg

4月1日、四月バカの川柳

「四月バカ 万引きばれた お手上げだ」 (ピポロ まさお)
「万愚節 万歳三唱 かの国も」 (びほろの 愚人)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

407px-Old_guitarist_chicago.jpg

「4月から 更に節約 生きられぬ」 (びほろで 独居老人)
「孤立化の 行き着く先は 孤独死か」 (びほろで 孤立老人)

4月1日、四月バカの川柳 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

平成26年 4月、イランカラプテの川柳

000142554.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

川柳
Senryu
川柳(せんりゅう)は、五・七・五の音を持つ日本語の詩の一つ。(wiki/川柳

俳句
Haiku
俳句(はいく)とは、五・七・五のモーラから成る日本語の定型詩である。世界最短の定型詩とされる。十七文字(じゅうしちもじ)、十七音(じゅうしちおん)、十七語(じゅうしちご)とも呼ばれる。俳句を詠む(作る)人を俳人と呼ぶ。(wiki/俳句

イランカラプテ
Irankarapte
イランカラプテの意は、「あなたの心にこんにちは」です

川柳は17文字(5・7・5)自由詩。ユーモア川柳、風刺川柳、しりとり川柳、病み上がり川柳、福祉川柳、介護川柳、時事川柳、ツイッター川柳などがあります。皆様の温かい言葉をお寄せください。 自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」「回文」「言葉遊び」などもどうぞお寄せください。

イランカラプテの川柳を開始いたします。(2014年 4月)

平成26年 4月、イランカラプテの川柳 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「俳句・川柳の校内コンテスト」 (学校法人 栗原学園の)

img_bihoro_hibari_02.jpg

学校法人 栗原学園で
俳句・川柳の校内コンテスト

「俳句・川柳の校内コンテスト」 (学校法人 栗原学園の) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

平成26年3月、イランカラプテの川柳

Paralympic_flag.png

川柳 (Senryu)
川柳(せんりゅう)は、五・七・五の音を持つ日本語の詩の一つ。(wiki/川柳

俳句 (Haiku)
俳句(はいく)とは、五・七・五のモーラから成る日本語の定型詩である。世界最短の定型詩とされる。十七文字(じゅうしちもじ)、十七音(じゅうしちおん)、十七語(じゅうしちご)とも呼ばれる。俳句を詠む(作る)人を俳人と呼ぶ。(wiki/俳句

イランカラプテ (Irankarapte)
イランカラプテの意は、「あなたの心にこんにちは」です

川柳は17文字(5・7・5)自由詩。ユーモア川柳、風刺川柳、しりとり川柳、病み上がり川柳、福祉川柳、介護川柳、時事川柳、ツイッター川柳などがあります。皆様の温かい言葉をお寄せください。
自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」「回文」「言葉遊び」などもどうぞお寄せください。

イランカラプテの川柳を開始いたします。(2014年3月)

平成26年3月、イランカラプテの川柳 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

手に取るな やはり野に置け白すずめ (美幌白雲)

1200px-Snowfinch.jpg

Wide_Chinese_milk_vetch_field-_Japan.png

手に取るな やはり野に置け れんげ草 (滝野瓢水)
手に取るな やはり野に置け 白すずめ (美幌白雲)

手に取るな やはり野に置け白すずめ (美幌白雲) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

平成26年2月、イランカラプテの川柳

800px-Sea_angel.jpg

川柳 (Senryu)
川柳(せんりゅう)は、五・七・五の音を持つ日本語の詩の一つ。(wiki/川柳

俳句 (Haiku)
俳句(はいく)とは、五・七・五のモーラから成る日本語の定型詩である。世界最短の定型詩とされる。十七文字(じゅうしちもじ)、十七音(じゅうしちおん)、十七語(じゅうしちご)とも呼ばれる。俳句を詠む(作る)人を俳人と呼ぶ。(wiki/俳句

イランカラプテ (Irankarapte)
イランカラプテの意は、「あなたの心にこんにちは」です

川柳は17文字(5・7・5)自由詩。ユーモア川柳、風刺川柳、しりとり川柳、病み上がり川柳、福祉川柳、介護川柳、時事川柳、ツイッター川柳などがあります。皆様の温かい言葉をお寄せください。
自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」「回文」「言葉遊び」などもどうぞお寄せください。

イランカラプテの川柳を開始いたします。(2014年2月)

平成26年2月、イランカラプテの川柳 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

平成26年1月、イランカラプテの川柳

450px-Kanesa-black_2013obihirokinen.jpg

川柳 (Senryu)
川柳(せんりゅう)は、五・七・五の音を持つ日本語の詩の一つ。(wiki/川柳

俳句 (Haiku)
俳句(はいく)とは、五・七・五のモーラから成る日本語の定型詩である。世界最短の定型詩とされる。十七文字(じゅうしちもじ)、十七音(じゅうしちおん)、十七語(じゅうしちご)とも呼ばれる。俳句を詠む(作る)人を俳人と呼ぶ。(wiki/俳句

イランカラプテ (Irankarapte)
イランカラプテの意は、「あなたの心にこんにちは」です

川柳は17文字(5・7・5)自由詩。ユーモア川柳、風刺川柳、しりとり川柳、病み上がり川柳、福祉川柳、介護川柳、時事川柳、ツイッター川柳などがあります。皆様の温かい言葉をお寄せください。
自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」「回文」「言葉遊び」などもどうぞお寄せください。

イランカラプテの川柳を開始いたします。(2014年1月)

平成26年1月、イランカラプテの川柳 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

今日は、回文の日です。(12月21日)

360px-Taiyaki.jpg

Bach.jpg

今日は回文の日です。(12月21日)

回文(かいぶん)とは、始めから(通常通り)読んだ場合と終わりから(通常と逆に)読んだ場合とで文字や音節の出現する順番が変わらず、なおかつ、言語としてある程度意味が通る文字列のことで、言葉遊びの一種である。英語では palindrome という。 回文的な作品: 回文的音楽: 蟹行カノンは、音譜を前から読んだものと後ろから読んだものとを同時に演奏するものである。J.S.バッハの「音楽の捧げもの」にその例がある。 ハイドンの交響曲47番『パリンドローム』の第3楽章は、逆から読んでも同じ楽譜になる。(wiki/回文

今日は、回文の日です。(12月21日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る