西欧 カテゴリのアーカイブ

家具の音楽(Furniture music)について

Satie.jpg

家具の音楽(Furniture music)について

関連記事

『家具の音楽』(かぐのおんがく、仏: musique d’ameublement)は、フランスの作曲家であるエリック・サティが1920年に作曲した室内楽曲。家具のように、そこにあっても日常生活を妨げない音楽、意識的に聴かれることのない音楽、といったものを目指して書かれた曲である。またこの曲に限らず、サティが提唱した「生活の中に溶け込む音楽」という思想そのものを「家具の音楽」と呼ぶこともある。またそのコンセプトからアンビエント音楽やバックグラウンドミュージックの祖とされる曲でもあり、ウィリアム・アッカーマンなど多くのアーティストに影響を与えた。(家具の音楽 – Wikipedia

Furniture music, or in French musique d’ameublement (sometimes more literally translated as furnishing music), is background music originally played by live performers. The term was coined by Erik Satie in 1917. (Furniture music – Wikipedia

関連エントリ

家具の音楽 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Furniture music の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

エリック・サティ(Erik Satie)について

330px-Satie-lesprit.png

_004.jpg

エリック・サティ(Erik Satie)について
誕生日 5月17日 / 1866年 エリック・サティ (仏:作曲家) Erik Satie

関連記事

エリック・アルフレッド・レスリ・サティ(Erik Alfred Leslie Satie、1866年5月17日 – 1925年7月1日)は、フランスの作曲家。音楽界の異端児、音楽界の変わり者などと称される。西洋音楽に大きな影響を与えたと見なされており、ドビュッシー、ラヴェルも影響を公言している。そして、印象主義の作曲家たちにも影響を与えたとされる。生涯 / 1866年 – 5月17日オンフルールにて誕生。(エリック・サティ – Wikipedia

Éric Alfred Leslie Satie (French: [eʁik sati]; 17 May 1866 – 1 July 1925), who signed his name Erik Satie after 1884, was a French composer and pianist. Satie was a colourful figure in the early 20th-century Parisian avant-garde. His work was a precursor to later artistic movements such as minimalism, Surrealism, repetitive music, and the Theatre of the Absurd. (Erik Satie – Wikipedia

関連エントリ

エリック・サティ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Erik Satie の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ブリティッシュ・ブラスバンド(British brass band)について

004.jpg

ブリティッシュ・ブラスバンド(British brass band)について

関連記事

ブリティッシュ・ブラスのコンサート 北見芸術文化ホールで初めて 全道4団体が集合 100人超の合同演奏も / 金管と打楽器で奏でる英国式スタイルの道内ブリティッシュ・ブラス4団体が集合し、北見で初めてのコンサートが19日(土)午後5時から、北見芸術文化ホールで開かれる。札幌、旭川、帯広の各1団体と地元北見のオブリガード・ブラス・コンソートが出演。「一般的な吹奏楽とはひと味違った荘厳な響きを楽しんで」と来場を呼び掛けている。入場無料。5月19日 / Brass・Night(ブラス・ナイト)と銘打ち、年1回開催して10年目。ブリティッシュ・ブラス・札幌、旭川のザ・ブリオーソ・ブラス、帯広のおとふけブラスが来北し、それぞれ30分の持ち時間で「ソフトリー」「マッカーサーパーク」といった聞き馴染みのある曲を含め3~5曲ずつを演奏するほか、総勢100人を超す合同演奏を披露する。北見のオブリガード・ブラス・コンソートは社会人25人ほどで構成。ふだんは市端野の石倉ホールで練習している。定期演奏会を開くほか、市内のさよならコンサートやイベントに参加している。主宰する男性によると「ブリティッシュ・ブラスは木管楽器が入っていないけれど、やわらかく重厚な響きが特徴」という。約200年前、救世軍の募金活動で演奏したのが始まりという説もあり、教会のパイプオルガンに似た調べが聴きどころ。聴衆に向かって吹くのではなく、コの字型に中心に向かって音を束ねるのが特徴で「華やかで、美しいハーモニーを楽しんでもらえれば」と、この機会の来場を呼び掛けている。(寒)(2018年5月15日の記事 経済の伝書鳩

重厚な響き、楽しんで 北見のOBC主宰・男性(50) / あす、ブリティッシュブラス全道コンサート 北見芸文ホールで初開催 人・ひと・240度 / 金管・打楽器の道内ブリティッシュブラス4団体による「ブラスナイト2018」が19日(土)午後5時から、北見芸術文化ホールで開かれる。入場無料。ホスト役を務める地元の社会人バンド、オブリガード・ブラス・コンソート=OBC主宰、男性(50)=北見市=は「この機会に重厚でやわらかな音色を楽しんでもらえれば」と練習に力が入る。開催10周年の節目に帯広、旭川、札幌からブリティッシュブラス3団体を迎え、初めて北見で開かれる。オブリガード・ブラス・コンソートは2003年結成。ユーフォニアム奏者の男性は結成10年目から、バンドの指揮を務める。男性によると、ブリティッシュブラスは、木管楽器が入らないほかトランペットやホルンなどの金管楽器も用いない。代わりにコルネットやフリューゲルホーン、バリトンといった金管楽器が活躍する。指揮者を中心に「コ」の字形あるいは馬蹄形に奏者が囲み、吹奏楽の多彩な音とは異なる統一された音を会場に響かせる。「パイプオルガンのような重厚で美しい音に聴こえれば」と音合わせに励む。1団体30人ほどで19世紀に誕生した本場イギリスではほとんどがアマチュアで活動。全英選手権などのコンテストも盛んだそう。道内ではコンテストはなく年1回、ブラスナイトを開催。社会人奏者が交流する機会は少ないことから「打ち上げで、熱く音楽談義するのも楽しみ」。バンドは毎週木曜夜に、北見市端野の石倉交流センターで練習しており、随時見学・入会を歓迎している。(寒)(2018年5月18日の記事 経済の伝書鳩

英国式ブラスバンド(えいこくしきブラスバンド、英: British-style brass band)は、サクソルン属の金管楽器と直管楽器のトロンボーン、打楽器で構成される金管バンドである。日本では吹奏楽の事をさして「ブラスバンド」と言うことがあるが、イギリスでは吹奏楽はウィンド・バンド (wind band) として明確に区別されている。サウンド / 他の演奏形態では金管楽器には鋭く刺激的な音色が要求されるが、英国式ブラスバンドではパイプオルガンのような荘厳でやわらかく落ち着いたサウンドがする。これは、楽器のベルが観客に向くことなく配置され、サラウンド感のあるほどよく調和された間接音を聴衆が聞くことになるからである。他の編成に比べビブラートを多用することも、特有のサウンドを生み出す要因の一つとなっている。そのため、賛美歌のような美しいハーモニーを持つ楽曲の演奏に適しており、救世軍の布教活動に極めて効果をもたらした。一般に座席配置は『コの字型』と言われるが、実際には馬蹄形に配置することが多く、実際その方がよりよい音がすることが多い。(英国式ブラスバンド – Wikipedia

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 北見芸術文化ホール

北見芸術文化ホール(きた・アート21)

OBRIGADO BRASS CONSORT公式ページ

Obrigado Brass Consort – ホーム | Facebook

BritishBrassSapporo 金管バンド ブリティッシュブラス札幌のページ

ブリティッシュブラス札幌 – Music | Facebook

The Brioso Brass ホームページ

The Brioso Brass – ホーム | Facebook

関連エントリ

ブリティッシュ・ブラスバンド の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

British brass band の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

チャールズ・チャップリン(Charle Chaplin)について

455px-Chaplin-charlie.jpg

チャールズ・チャップリン(Charle Chaplin)について

関連記事

5月14日 歴史 / 1932年 チャップリンが初来日。(5月14日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月14日 できごと / 1932年 – チャールズ・チャップリンが初の来日。(5月14日 – Wikipedia

“チャーリー”サー・チャールズ・スペンサー・チャップリン(Sir Charles Spencer “Charlie” Chaplin, KBE、1889年4月16日 – 1977年12月25日)は、イギリス出身の映画俳優、映画監督、コメディアン、脚本家、映画プロデューサー、作曲家である。生涯 / 映画の黎明期において、数々の傑作コメディ映画を作り上げ、「喜劇王」の異名をもつ。同年代に活躍したコメディアン、バスター・キートンやハロルド・ロイドと並び、「世界の三大喜劇王」と呼ばれる。1889年4月16日、イギリス・ロンドンのケニントン地区、ランベスのイースト・レーンで生まれた。死去 / 1977年のクリスマスの朝、スイス・ヴェヴェイの街を見渡せる村コルズィエ=スュール=ヴェヴェイの自宅で死去。88歳だった。技術的・音楽的な特徴 / 1929年には、アメリカの大半がトーキー(サウンド)映画に移行する中で、「パントマイム芸こそが世界共通語」だと疑わぬチャップリンには信念があった。実際1931年の『街の灯』では、サイレント形式にこだわりつつも、全編にわたって初めて音響効果を伴うサウンドを付けた。チャップリンの作曲した楽曲としては、“スマイル”(Smile)(『モダン・タイムス』)や“エターナリー”(Eternally)(『ライムライト』)が有名。プッチーニのアリアにも似た美しい“スマイル”は、最初歌詞が付けられていなかったが、1954年に歌詞が付けられ、ナット・キング・コールの歌により大ヒットした。チャップリンと日本 / 戦前に日本で公開されたチャップリン映画は『モダン・タイムス』(1938年/昭和13年封切)までで、太平洋戦争による空白期間を経て、戦後初のチャップリン作品は『黄金狂時代』サウンド版だった(1946年/昭和21年)。1940年製作の『独裁者』は1960年(昭和35年)に封切られた。チャップリンが映画の中で使用した有名な根鞭ステッキは、滋賀県草津市の特産品で、地元の竹(寒竹)で作られており、しなりが強い。ただし最初からステッキを使っていたわけではなく、当初は雨傘を用いていた。運転手(後に秘書)として採用した高野虎市の仕事ぶりを高く評価していたため、一時家の使用人がすべて日本人で占められていた。2番目の夫人リタ・グレイは、「まるで日本の中で暮らしているかのよう」と評した。1932年(昭和7年)5月14日に初来日。東京駅には推定4万人の群衆が押し寄せた。当時の新聞記事は「何のことはない、震災当時の避難民の喧騒と怒号が渦巻いていた」と伝えた。翌日には首相官邸で歓迎会に出席する予定であったが、ただならぬ五・一五事件に遭遇して、多大な衝撃を受けた。5月19日に五・一五事件で殺害された犬養首相の葬儀が総理官邸の大ホールでとり行われた。その際にチャップリンは「憂国の大宰相・犬養毅閣下の永眠を謹んで哀悼す」との弔電を寄せた。この事に驚く参列者も多かった。2006年に日本チャップリン協会が設立された。名誉会長は黒柳徹子、最高顧問にジョゼフィン・チャップリン、名誉顧問に山口淑子、会長に大野裕之が就任、本部は京都大学にある。(チャールズ・チャップリン – Wikipedia

Sir Charles Spencer Chaplin, KBE (16 April 1889 – 25 December 1977) was an English comic actor, filmmaker, and composer who rose to fame in the era of silent film. Chaplin became a worldwide icon through his screen persona “the Tramp” and is considered one of the most important figures in the history of the film industry. His career spanned more than 75 years, from childhood in the Victorian era until a year before his death in 1977, and encompassed both adulation and controversy.
Charlie Chaplin – Wikipedia

375px-Charles_Chaplin_and_Sumo_wrestlers.jpg

関連サイト

Charlie Chaplin : Official Website

日本チャップリン協会のホームページ

チャップリン公式/日本チャップリン協会 (@chaplin_japan) | Twitter

日本チャップリン協会 – ホーム | Facebook

関連エントリ

チャールズ・チャップリン の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

チャップリン の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Charle Chaplin の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Chaplin の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ファティマの聖母 について

454px-2_Portuguese_guitars.jpg

ファティマの聖母 について

関連記事

5月13日 歴史 / 1917年 ポルトガル・ファティマで3人の子供の前に「ファティマの聖母」が現れる。(5月13日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月13日 できごと / 1917年 – ポルトガル・ファティマで3人の子供の前にファティマの聖母が現れる。(5月13日 – Wikipedia

ファティマの聖母(ファティマのせいぼ、葡: Nossa Senhora de Fátima)は、ポルトガルの小さな町ファティマで起きた、カトリック教会が公認している、聖母の出現の一つ。ローマ教皇庁は奇跡として公に認めたが、第三の予言は長年にわたり秘匿した。何万もの群衆を前に太陽が狂ったように回転して見えたり、水源のないところから水が湧き、飲む者に奇跡的な治癒があったりしたことから、1930年10月13日現地管区レイリア司教によってこの出現は公認され、同年教皇ピオ12世は同地に巡礼する者への贖宥(免償)を宣言した。1967年には教皇庁により最初の聖母の出現のあった5月13日がファティマの記念日に制定され、歴代ローマ教皇が巡礼に訪れたり、この出現のメッセージに基づき世界の奉献を行った。概要 / 1916年春頃、ファティマに住むルシア、フランシスコ、ジャシンタら3人の子供の前に平和の天使とする14-15歳位の若者が現れ、祈りの言葉と額が地につくように身をかがめる祈り方を教えた。その後も天使の訪問は続いた。1917年5月13日、ファティマの3人の子供たちの前に聖母マリアが現れて毎月13日に同じ場所へ会いに来るように言った。子供たちは様々な妨害に遭いながらも、聖母に会い続けて様々なメッセージを託された。(ファティマの聖母 – Wikipedia

Nossa Senhora de Fátima (ou formalmente Nossa Senhora do Rosário de Fátima) é uma das invocações marianas atribuídas à Virgem Maria e que surgiu com base nos relatos das aparições reportadas por três pastorinhos no lugar da Cova da Iria, na freguesia de Fátima, em Portugal. De acordo com os testemunhos das três crianças videntes de Nossa Senhora, a primeira aparição da Virgem Maria terá ocorrido no dia 13 de maio de 1917 e o fenómeno repetiu-se durante seis meses seguidos, sempre no dia 13 (excetuando-se o mês de agosto, em que ocorreu a dia 19), até 13 de outubro de 1917. A aparição mariana identificou-se como sendo “a Senhora do Rosário”, tendo sido, por esse motivo, feita eclesiasticamente a combinação dos seus dois títulos e o que deu origem a Nossa Senhora do Rosário de Fátima. Segundo os relatos, a mensagem que a Virgem Maria apresentou em Fátima foi, na verdade, um insistente pedido de oração, nomeadamente a oração do Santo Rosário. O seu principal local de devoção é o próprio Santuário de Fátima, situado na cidade homónima, no concelho de Ourém, em Portugal . (Nossa Senhora de Fátima – Wikipédia

Our Lady of Fátima (Portuguese: Nossa Senhora de Fátima, formally known as Our Lady of the Holy Rosary of Fátima), is a Catholic title of the Blessed Virgin Mary based on the famed Marian apparitions reported in 1917 by three shepherd children at the Cova da Iria, in Fátima, Portugal. The three children were Lúcia Santos and her cousins Francisco and Jacinta Marto. (Our Lady of Fátima – Wikipedia

関連エントリ

ファティマの聖母 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Nossa Senhora de Fátima の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Our Lady of Fátima の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

メンデルスゾーンの交響曲第4番について

481px-Felix_mendelssohn_bartholdy.jpg

800px-Colorful_spring_garden.jpg

メンデルスゾーンの交響曲第4番について

関連記事

5月13日 できごと / 1833年 – メンデルスゾーンの交響曲第4番がロンドンで作曲者自身の指揮により初演される。(5月13日 – Wikipedia

交響曲第4番イ長調『イタリア』(こうきょうきょくだい4ばんイちょうちょう「イタリア」)はフェリックス・メンデルスゾーンが1831年から1833年にかけて作曲した交響曲。作品番号90。初演 / 1833年5月13日、ロンドンにおいてメンデルスゾーン自身の指揮によって初演された。(交響曲第4番 (メンデルスゾーン) – Wikipedia

The Symphony No. 4 in A major, Op. 90, commonly known as the Italian, is an orchestral symphony written by German composer Felix Mendelssohn. (Symphony No. 4 (Mendelssohn) – Wikipedia

関連エントリ

メンデルスゾーン の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Mendelssohn の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

交響曲第4番 (メンデルスゾーン) の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Symphony No. 4 (Mendelssohn) の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ルイ・アームストロングのハロー・ドーリー(Hello, Dolly)について

330px-Trumpet_piccolo_2.jpg

ルイ・アームストロングのハロー・ドーリー(Hello, Dolly)について

関連記事

5月9日 できごと / 1964年 – 全米ヒットチャートでルイ・アームストロングの「ハロー・ドーリー!」が1位になり、2月1日から続いていたビートルズの連続1位の記録を14週でストップさせる。(5月9日 – Wikipedia

『ハロー・ドーリー!』(Hello, Dolly! )は、1969年公開のアメリカのミュージカル映画。概要 / ミュージカル『ハロー・ドーリー!』を映画化した作品。監督はジーン・ケリー。振り付けはマイケル・キッドが担当した。第42回アカデミー賞において、美術賞・ミュージカル音楽賞・録音賞の3部門を受賞した。客演したルイ・アームストロングの歌う主題曲『ハロー・ドーリー!(英語版)』は、ポピュラー音楽としても広く知られる。なお、アームストロングによる歌詞は、それまでのミュージカルで使用されているものとリフレイン部分の歌詞が若干異なる。(ハロー・ドーリー! (映画) – Wikipedia

“Hello, Dolly!” is the title song of the popular 1964 musical of the same name. Louis Armstrong’s version was inducted in the Grammy Hall of Fame in 2001. The music and lyrics were written by Jerry Herman, who also wrote the scores for many other popular musicals including Mame and La Cage aux Folles. History / “Hello, Dolly!” was first sung by Carol Channing, who starred as Dolly Gallagher Levi in the original 1964 Broadway cast. In December 1963, at the behest of his manager, Louis Armstrong made a demonstration recording of “Hello, Dolly!” for the song’s publisher to use to promote the show. Hello, Dolly! opened on January 16, 1964 at the St. James Theatre in New York City, and it quickly became a major success. The same month, Kapp Records released Armstrong’s publishing demo as a commercial single. His version reached number one on the U.S. Billboard Hot 100, ending The Beatles’ streak of three number-one hits in a row over 14 consecutive weeks (in addition to holding the second and third chart positions) and becoming the most successful single of Armstrong’s career, followed by a gold-selling album of the same name. The song also spent nine weeks atop the adult contemporary chart shortly after the opening of the musical. The song also made Armstrong the oldest artist ever to reach #1 on the Hot 100 since its introduction in 1958. Billboard ranked the record as the No. 3 song of 1964, behind the Beatles’ “I Want to Hold Your Hand” and “She Loves You.”[3] In 1965, Armstrong performed the song on a German variety show with musician and bandleader Max Greger. “Hello, Dolly!” won the Grammy Award for Song of the Year in 1965, and Armstrong received a Grammy for Best Vocal Performance, Male. Louis Armstrong also performed the song (together with Barbra Streisand) in the popular 1969 film Hello, Dolly!. (Hello, Dolly! (song) – Wikipedia

ルイ・アームストロング(Louis Armstrong, 1901年8月4日[1] – 1971年7月6日)は、アフリカ系アメリカ人のジャズミュージシャン。サッチモ (Satchmo) という愛称でも知られ、20世紀を代表するジャズ・ミュージシャンの一人である。1960年代、時代がビートルズを代表とするポップ・ミュージック一色となる中でも、多くのアメリカ国民に受け入れられた。特に「ハロー・ドーリー!」は1964年5月9日付けの全米NO1を記録し、その年の2月から3ヶ月間1位を独占していたビートルズの連続1位の記録をストップさせ、当時63歳のルイの偉業は全米を驚愕させた。(ルイ・アームストロング – Wikipedia

関連エントリ

ハロー・ドーリー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Hello, Dolly の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ルイ・アームストロング の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Louis Armstrong の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

レット・イット・ビー(Let It Be)について

レット・イット・ビー(Let It Be)について

関連記事

5月8日 歴史 / 1970年 ビートルズの最後のアルバム『Let It Be』発売。(5月8日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月8日 できごと / 1970年 – ビートルズの最後のアルバム『Let It Be』発売。(5月8日 – Wikipedia

『レット・イット・ビー』(”Let It Be”)は、イギリスにおいて1970年5月8日に発売されたビートルズの13作目にして同バンドが活動中に最後に発表されたオリジナル・アルバムである。また、同名映画のサウンドトラックである。(レット・イット・ビー – Wikipedia

「レット・イット・ビー」(Let It Be)とはビートルズが1970年3月に発売した22枚目のオリジナル・シングル曲かつビートルズ活動中の最後のシングル盤。また映画『レット・イット・ビー』のテーマ曲かつイギリス盤公式オリジナル・アルバム『レット・イット・ビー』のタイトル曲。解説 / 名義はレノン=マッカートニーだがポール・マッカートニーが単独で作詞作曲。リード・ヴォーカルはポール・マッカートニー。(レット・イット・ビー (曲) – Wikipedia

Let It Be is the twelfth and final studio album by the English rock band the Beatles. It was released on 8 May 1970, almost a month after the group’s break-up. Like most of the band’s previous releases, it was a number one album in many countries, including both the US and the UK, and was released in tandem with the motion picture of the same name. (Let It Be – Wikipedia

“Let It Be” is a song by the English rock band the Beatles, released in March 1970 as a single, and (in an alternate mix) as the title track of their album Let It Be. At the time, it had the highest debut on the Billboard Hot 100, beginning its chart run at number 6. It was written and sung by Paul McCartney. (Let It Be (song) – Wikipedia

img_index01.jpg

JohnLennonpeace.jpg

関連サイト

middle_1265988833.jpg

middle_1258902737.jpg

ブログ友達に励まされて | 心はいつも青春してる/「なりひら」と「猫たち」

関連エントリ

レット・イット・ビー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

”Let It Be” の検索結 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms)について

ヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms)について

関連記事

ヨハネス・ブラームス(Johannes Brahms、1833年5月7日 – 1897年4月3日)は、19世紀ドイツの作曲家、ピアニスト、指揮者。J.S.バッハ(Bach)、ベートーヴェン(Beethoven)と共に、ドイツ音楽における三大Bとも称される。ハンブルクに生まれ、ウィーンに没する。生涯 / 1833年5月7日にハンブルクで生まれた。1890年ごろには琴の演奏も聞いており、当時出版された日本の民謡集の楽譜に書き込みが残されている。1896年5月20日に生涯親交を保ち続けたクララ・シューマンが死去したのちブラームスの体調も急速に悪化していき、翌1897年4月3日、肝臓癌によりウィーンで逝去した。63歳没。(ヨハネス・ブラームス – Wikipedia

Johannes Brahms (7 May 1833 – 3 April 1897) was a German composer and pianist of the Romantic period. Born in Hamburg into a Lutheran family, Brahms spent much of his professional life in Vienna, Austria. His reputation and status as a composer is such that he is sometimes grouped with Johann Sebastian Bach and Ludwig van Beethoven as one of the “Three Bs” of music, a comment originally made by the nineteenth-century conductor Hans von Bülow. (Johannes Brahms – Wikipedia

330px-Johannes_Brahms_portrait__2.jpg

関連エントリ

ヨハネス・ブラームス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Johannes Brahms の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

忘れられないイングランド民謡(イングランドの作曲家)

473px-Sir_Henry_Rowley_Bishop_by_George_Henry_Harlow.jpg

Home_Sweet_Home_-_Project_Gutenberg_eText_21566.png

忘れられないイングランド民謡(イングランドの作曲家)

関連記事

Saung-kauk.jpg

Biruma_no_tategoto_1.jpg

『埴生の宿』(はにゅうのやど/はにふのやど)は、日本で親しまれているイングランド民謡。原題は『ホーム・スイート・ホーム』(英: Home! Sweet Home!)で、「楽しき我が家」という訳題でも知られる。ホーム・スイート・ホーム / 1823年に作詞・作曲され、同年初演のオペラ『ミラノの乙女クラリ』(Clari, Maid of Milan)の中で歌われた。作曲 / イギリスのヘンリー・ローリー・ビショップ作曲。なお、ビショップがこの曲の着想を得たのはイタリア(シチリア)民謡からと言われいる。作詞 / アメリカ合衆国のジョン・ハワード・ペイン(John Howard Payne, 1791年 – 1852年)作詞。埴生の宿 / 日本では、里見義訳詞の唱歌『埴生の宿』として広く知られている。この訳詞は1889年(明治22年)12月に東京音楽学校が出版した『中等唱歌集』に収載された。太平洋戦争勃発に伴い、洋楽レコードが「敵性レコード」として廃棄が呼びかけられる中でも、『埴生の宿』や『庭の千草』など歌詞を邦訳にしたものは、国民生活になじんでいるとして敵性レコードから除外された。2006年(平成18年)には日本の歌百選の一つに選ばれている。小説『ビルマの竪琴』では、日本兵と敵兵がともに歌うという象徴的なシーンでこの歌が使われている。映画、ドラマなどで使われた例として前述の『ビルマの竪琴』をはじめ、『二十四の瞳』(木下恵介監督版)、『火垂るの墓』、『純情きらり』、『ゲゲゲの女房』、『仮面ライダーV3』『マッサン』、『ガールズ&パンツァー 劇場版』などがある。(埴生の宿 – Wikipedia

“Home, Sweet Home” is a song adapted from American actor and dramatist John Howard Payne’s 1823 opera Clari, or the Maid of Milan, the song’s melody was composed by Englishman Sir Henry Bishop with lyrics by Payne. Bishop had earlier published a more elaborate version of this melody, naming it “A Sicilian Air”, but he later confessed to having written himself. The song is known in Japan as “Hanyū no Yado” (”埴生の宿”) (”My Humble Cottage”). It has been used in such movies as The Burmese Harp and Grave of the Fireflies. It is also used at Senri-Chūō Station on the Kita-Osaka Kyūkō Railway. (Home! Sweet Home! – Wikipedia

ヘンリー・ローリー・ビショップ(Henry Rowley Bishop, 1786年11月18日 – 1855年4月30日)はイングランドの作曲家で、舞台音楽の専門家。一般に現在ではほとんど忘れられているが、日本では唱歌「埴生の宿」の作曲者としてかろうじて記憶されている。(ヘンリー・ローリー・ビショップ – Wikipedia

Sir Henry Rowley Bishop (18 November 1786 – 30 April 1855) was an English composer. He is most famous for the songs “Home! Sweet Home!” and “Lo! Here the Gentle Lark.” He was the composer or arranger of some 120 dramatic works, including 80 operas, light operas, cantatas, and ballets. Bishop was Knighted in 1842. (Henry Bishop (composer) – Wikipedia

関連エントリ




埴生の宿 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ヘンリー・ローリー・ビショップ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Home! Sweet Home! の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Henry Bishop (composer) の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る