ネッシーとクッシーの歌 の検索結果: 2 件

日本の歌手 田中星児 (ネッシーとクッシーの歌)

460px-Comet-Hale-Bopp-29-03-1997_hires_adj.jpg

Halebopp031197.jpg

日本の歌手 田中星児 (ネッシーとクッシーの歌)

ネッシーとクッシーの歌 / ネッシーとクッシー(1976年 ビクター KV-543、作詞 前川市治郎、作曲 牧野民治、編曲 前田俊明、歌手 田中星児)

関連記事

ネッシー(英: Nessie)は、イギリス、スコットランドのネス湖で目撃されたとされる、未確認動物「ネス湖の怪獣 (the Loch Ness Monster、ロッホ・ネス・モンスター)」の通称。未確認動物の代表例として世界的に知られ、20世紀最大級のミステリーとして語られてきた。日本での話題 / 日本においても最も知られた未確認動物であり、テレビ番組や雑誌等でしばしば取り上げられた。国内で目撃証言のある類似の未確認動物に「〜ッシー」という命名が盛んにされた(池田湖のイッシー、屈斜路湖のクッシーなど)他、特撮ドラマ等の怪獣や漫画のストーリー、登場メカの題材にもなった。日本に中国からパンダが贈呈された当時の世論調査で、ネッシーがパンダの次に日本に来て欲しい動物に選ばれている。石原慎太郎はネッシーの存在を信じており、何度か捜索隊を組んでネス湖を調査している。(ネッシー – Wikipedia

クッシー(英: Kussie)は、北海道屈斜路湖で1973年から目撃証言のある未確認生物(UMA)。有名なイギリスのネス湖に生息するネッシーに倣って名付けられた。目撃証言以外にも、湖面の波紋などが幾つかの写真にも納められているが、正体は不明とされている。(クッシー – Wikipedia

田中 星児(たなか せいじ Seiji Tanaka、1947年8月27日 – )は、日本の歌手。奈良県御所市出身。名前は、星の綺麗な夜に生まれた事にちなむ。歌手のグッチ裕三は従兄弟である。作曲家としてのペンネームに「中山 竜」がある。来歴・主な活動 / 音楽教師をしていた両親の赴任地である奈良県御所市で出生、小学校3年生の時大阪府大阪市へ転居。幼少から音楽的環境に恵まれていた。大阪府立阪南高等学校在学中からオーディション番組やのど自慢などに参加し、法政大学文学部[要出典]在学中には1966年にはTBS『ナショナル10人抜きのど自慢』優勝、1968年にはNHK『NHKのど自慢全国大会』(ポピュラーの部)優勝、シャンソンコンクールで入賞、といった実力を発揮する。その華やかな経歴や抜群の歌唱力が話題になり、1970年にNHKの音楽番組『ステージ101』のレギュラーとなり(本番組がデビュー)、翌年には同局の幼児番組『おかあさんといっしょ』の初代うたのおにいさんとなる。1976年、シングル「オー・マリヤーナ/ビューティフル・サンデー」がオリコン最高位4位を記録し、同年の『第27回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たした。現在も子ども向けのコンサートや曲作りなどの活動を続ける傍ら、健聴者とろうあ者が一緒に楽しめる「歌のバリアフリーコンサート」を吉祥谷友歩らと行っている。また、鹿児島県を全国にアピールするマキシシングル「Neo KAGOMAGO(ネオ カゴマーゴ)」を世に広めている。平城遷都1300年祭応援団長に就任。主な作品(歌唱曲) / その他 / ネッシーとクッシー(1976年 ビクター KV-543、作詞 前川市治郎、作曲 牧野民治、編曲 前田俊明) (田中星児 – Wikipedia

関連エントリ

クッシー(Kussie) ネッシー(Nessie) 誕生記念日(1月15日) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ネッシーとクッシーの歌 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

田中星児 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

時を訪ねて クッシー伝説 (北海道新聞)

798px-Lochneska_poboba_museumofnessie.jpg

296px-Piper_busking_in_Edinburgh_DSC05049.JPG

時を訪ねて クッシー伝説 (北海道新聞)

先日、北海道新聞社編集局編集委員の黒川伸一さんが訪ねて来ました。屈斜路湖のクッシー伝説、クッシー伝説の火付け役・前川市治郎さん(美幌町)、ネッシーとクッシーの歌について取材を受けました。

関連記事

IMG_20180712_060718

2018年 (平成30年) 7月8日 (日曜日) 北海道新聞の記事
時を訪ねて クッシー伝説 屈斜路湖周辺 (弟子屈、美幌)
目撃情報 マチを揺るがす / 観光狙ったミステリー
文・黒川 伸一 / 写真・桜井 徳直

掲載写真 (夕闇迫り、残照に染まる屈斜路湖、湖畔の観光客らがいなくなると神秘の湖と化した) (小浜隆紀さんの父、故小浜利男さんが1973年9月、美幌峠の下から撮影した写真。右端の陸地が中島。クッシーの写真として話題を呼んだ) (美幌峠から見た屈斜路湖の全景。中央が湖に浮かぶ中島。向かって右側に和琴半島、中島越しに砂湯がある) (父親らと目撃した美幌峠下の現場で、写真が撮影された1973年当時の状況を話す小浜隆紀さん。道路脇の木が育ち、今は視界をさえぎる) (川湯温泉に近い湖畔の観光スポット・弟子屈町の砂湯には、「クッシー」像が置かれ、ランドマークになっている) (湖の南部、弟子屈町・和琴半島のオヤコツ地獄。噴気がモウモウと湧き上がり、地熱の高さが特異な自然環境を生み出している) (目撃情報の多くがペアであるため、美幌町・美幌下水終末処理場前の緑地には、大小2頭のクッシー像が建立されていた)

聞きたい / 火付け役の思い 後世に 加藤雅夫さん(70)=美幌町 / 美幌町で、クッシーに夢を託してブームに火を付けたのは、1973年当時、町内でホテルを経営していた前川市治郎さん(07~99年)でした。町は屈斜路湖を望む観光地美幌峠を抱えており、「クッシーの里・美幌」を広くPRしたいということもあったでしょうが、クッシーというロマンを通じて、湖の自然を守りたい思いも強かったのだろうと思っています。そんな考えから、前川さんはネス湖のネッシーと絡めた詩を作り、「ネッシーとクッシー」という歌を世に出しました。歌は夢を感じさせて話題を呼び、76年には、歌のお兄さん田中星児さんが歌ってビクターレコードから発売されました。私が手にしているのがそのレコードです。さらに冊子「私のクッシー物語」発行し、クッシーによる町おこしを進め、町内各地に遊具などのモニュメントを増やすきっかけを作ってくれました。私は友人として、「クッシーおじさん」こと前川さんの思いを語り継ぎたく、ブログなとを通じて情報を発信してきました。(ギターマンドリン講師)

いっぴん / ブームお菓子で伝える 美幌町・山本菓子舗の「クッシーの里」、弟子屈町・長谷製菓の「クッシーまんじゅう」

関連サイト

どうしん電子版 (北海道新聞)

関連エントリ

クッシーまんじゅう の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

クッシーの里 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

クッシー伝説 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ネッシーとクッシーの歌 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

前川市治郎 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌峠 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る