アジア カテゴリのアーカイブ

10月11日 りんごの唄の日 (日本の楽曲)

661px-Red_Apple.jpg

10月11日 りんごの唄の日 (日本の楽曲)

関連記事

10月11日 「リンゴの唄」の日 / 1945(昭和20)年のこの日、戦後初めて制作・公開された映画『そよかぜ』が封切られた。並木路子が歌う挿入歌「リンゴの唄」は戦後を象徴する大ヒットとなった。 歴史 / 1945年 戦後に企画された初の映画『そよかぜ』が封切り。主題歌の『りんごの唄』が大ヒット。 (10月11日 今日は何の日~毎日が記念日~)

10月11日 できごと / 1945年 – 太平洋戦争終結後の日本で初めて企画・公開された映画『そよかぜ』封切り。挿入歌の「リンゴの唄」が大ヒット。 (10月11日 – Wikipedia)

「リンゴの唄」(リンゴのうた)は、1945年の日本の楽曲。並木路子、霧島昇(霧島の共唱はオリジナル版のみ)によって発売され、日本の戦後のヒット曲第1号となった楽曲。作詞はサトウハチロー、作曲は万城目正。 第二次世界大戦敗戦後の日本で戦後映画の第1号『そよかぜ』(1945年〈昭和20年〉10月10日公開、松竹大船)の挿入歌として発表された。なお、『そよかぜ』は並木が主演を務め、霧島も出演している。 エピソード / 終戦直後に満州から引上げてきた日本人を迎える曲として使われた。 (リンゴの唄 – Wikipedia)

関連エントリ

リンゴの唄 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

10月11日 安全・安心なまちづくりの日 (日本の記念日)

408px-Disability_symbols.svg.jpg

10月11日 安全・安心なまちづくりの日 (日本の記念日)

関連記事

10月11日 安全・安心なまちづくりの日 / 2005(平成17)年12月に閣議決定し、2006(平成18)年から実施。「全国地域安全運動」の1日目。 (10月11日 今日は何の日~毎日が記念日~)

10月11日~10月20日 全国地域安全運動 / 警察庁・都道府県警察・全国防犯協会連合会などが1977(昭和52)年から実施。 (10月の月間・週間・移動記念日 今日は何の日~毎日が記念日~)

10月11日 記念日・年中行事 / 安全・安心なまちづくりの日(日本) 2005年12月に閣議決定し、2006年から実施。「全国地域安全運動」の1日目。 (10月11日 – Wikipedia)

関連サイト

全国地域安全運動 2018年(平成30年) – 事件・事故・災害アーカイブ

関連エントリ

全国地域安全運動 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

安心・安全なまちづくりの日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道のご当地ソング一覧 (道東 美幌町)

330px-Tru_Takemitsu.jpg

bunka.gif

北海道のご当地ソング一覧 (道東 美幌町)

関連記事

北海道のご当地ソング一覧(ほっかいどうのごとうちソングいちらん)では、日本の北海道を題材にしたご当地ソングの一覧を挙げる。 道東 / 屈斜路湖 / 「ネッシーとクッシー」田中星児 / 美幌町 /「美幌小唄・美幌観光音頭」美ち奴 / 「美幌峠」美空ひばり (北海道のご当地ソング一覧 – Wikipedia)

関連サイト

美幌町 びほろちょう Bihoto Town | 美幌町ホームページ

関連エントリ

美幌町の歌 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ネッシーとクッシー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

田中星児 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌小唄 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌観光音頭 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美ち奴 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌峠 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美空ひばり の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道の市町村歌一覧 (オホーツク総合振興局管内 網走郡美幌町)

330px-Tru_Takemitsu.jpg

bi_bo.jpg

北海道の市町村歌一覧 (オホーツク総合振興局管内 網走郡美幌町)

関連記事

北海道の市町村歌一覧(ほっかいどうのしちょうそんかいちらん)は、日本の北海道に属する市町村で制定されている、もしくは過去に制定されていた市町村歌などの自治体歌やそれに準じた楽曲の一覧である。 オホーツク総合振興局管内 / 網走郡美幌町 / 美幌町町歌 – 1953年(昭和28年)制定 作詞:木下孝一 作曲:武満徹 2代目の町歌である。 風はみどりに – 1967年(昭和42年)発表 作詞:加藤悦郎 作曲:和田香苗 開基80周年記念町民愛唱歌。 廃止された市町村歌 / 網走郡美幌町 / 美幌町歌 – 1937年(昭和12年)制定 作詞:大塚郷湖 作曲:須藤五郎 開基50周年記念。初代の町歌である。 (北海道の市町村歌一覧 – Wikipedia)

関連サイト

美幌町 びほろちょう Bihoto Town | 美幌町ホームページ

関連エントリ

美幌町の歌 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町町歌 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

大下孝一 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

武満徹 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

風はみどりに の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤悦郎 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

和田香苗 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町歌 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

大塚郷湖 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

須藤五郎 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

武満徹の作品一覧 (ギターのための作品 荘村清志)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

bi_bo.jpg

武満徹の作品一覧 (ギターのための作品 荘村清志)

ギター朋友・同年生まれの楽友 荘村清志さんは、1996年に逝去した武満徹の遺作「森の中で」を、北海道紋別市で初演した。 美幌町のインド料理店「クリシュナ」で、武満徹作曲「美幌町町歌」SPレコードを聴いて、荘村清志さんは大感激した。(2008年夏)

関連記事

武満徹の作品一覧では、武満徹の音楽作品に関するリストを示す。 ギターのための作品 / フォリオス / ヒロシマという名の少年 / すべては薄明のなかで / ギターのための小品 -シルヴァーノ・ブソッティの60歳の誕生日に- / 不良少年エキノクス / 森のなかで (武満徹の作品一覧 – Wikipedia)

荘村 清志(しょうむら きよし Kiyoshi Shomura、1947年10月13日 – )は、日本のクラシックギターのギタリスト。 活動 / 荘村清志の功績の一つに、日本人作曲家に積極的に作品を委嘱し、現代ギター作品のレパートリーを拡大したことがある。とくに武満徹には74年に「フォリオス」、93年に「エキノクス」(初演94年)を委嘱し、ギタリストにとって重要なレパートリーの一つとなっている。また「ギターのための12の歌」は荘村清志のために編曲された。 エピソード・人物像 / 武満徹に初めて作品を依頼する際、面識がなかったが武満の自宅に直接電話をし会う約束をつけた。荘村自身は「当時、武満さんはノヴェンバー・ステップスによって、世界で脚光を浴び、雲の上の存在だった。そこに無名の一ギタリストがたずねて行って、今思ってもよく曲を書いて下さったものだ。」と語っている。武満は作曲するのを迷ったが、 夫人の「若い音楽家の為に書いてあげなさいよ」という言葉によって「フォリオス」が作曲された。これがきっかけになり、武満はその後数曲のギター作品を作曲している。死の半年前に書かれた「森のなかで – ギターのための3つの小品 -」の第二曲は荘村に捧げられた。 (荘村清志 – Wikipedia)

関連サイト

ギターとともに歩む – 荘村清志ホームページ

関連エントリ

武満徹の作品一覧 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ギターのための作品 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

荘村清志 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Kiyoshi Shomura の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

武満徹の作品一覧 (自治体歌 北海道網走郡美幌町町歌)

bunka.gif

TakemitsuToru.jpg

武満徹の作品一覧 (自治体歌 北海道網走郡美幌町町歌)

関連記事

武満徹の作品一覧では、武満徹の音楽作品に関するリストを示す。 校歌・自治体歌 / 北海道網走郡美幌町町歌 1953 大下孝一詞 (武満徹の作品一覧 – Wikipedia)

関連サイト

美幌町 びほろちょう Bihoto Town | 美幌町ホームページ

関連エントリ

美幌の歌 – 美幌音楽人 加藤雅夫

大下孝一 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

武満徹 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町町歌 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の作曲家 武満徹 (北海道美幌町町歌)

Toru_Takemitsu.jpg

392445_109940502452293_906320627_n.jpg

日本の作曲家 武満徹 (北海道美幌町町歌)

関連記事

武満 徹(たけみつ とおる Toru Takemitsu、1930年10月8日 – 1996年2月20日)は、日本の作曲家。 ほとんど独学で音楽を学んだが、若手芸術家集団「実験工房」に所属し、映画やテレビなどで幅広く前衛的な音楽活動を展開。和楽器を取り入れた『ノヴェンバー・ステップス』によって、日本を代表する現代音楽家となった。 1953年には北海道美幌町に疎開していた音楽評論家の藁科雅美が病状悪化の早坂文雄を介して委嘱した「美幌町町歌」を作曲している。 この間、私生活においては1954年に若山浅香と結婚した。病に苦しんでいた武満夫妻に團伊玖磨は鎌倉市の自宅を提供して横須賀市に移住した。 1957年、早坂文雄(1955年没)に献呈された『弦楽のためのレクイエム』を発表。日本の作曲家はこの作品を黙殺したが、この作品のテープを、1959年に来日していたストラヴィンスキーが偶然NHKで聴き、絶賛し、後の世界的評価の契機となる。 (武満徹 – Wikipedia)

Tōru Takemitsu (武満 徹 Takemitsu Tōru, October 8, 1930 – February 20, 1996) was a Japanese composer and writer on aesthetics and music theory. Largely self-taught, Takemitsu possessed consummate skill in the subtle manipulation of instrumental and orchestral timbre. He is famed for combining elements of oriental and occidental philosophy to create a sound uniquely his own, and for fusing opposites together such as sound with silence and tradition with innovation. He composed several hundred independent works of music, scored more than ninety films and published twenty books. He was also a founding member of the Jikken Kobo (experimental workshop) in Japan, a group of avant-garde artists who distanced themselves from academia and whose collaborative work is often regarded among the most influential of the 20th century. His 1957 Requiem for string orchestra attracted international attention, led to several commissions from across the world and established his reputation as one of the leading 20th-century Japanese composers. He was the recipient of numerous awards and honours and the Toru Takemitsu Composition Award is named after him. (Toru Takemitsu – Wikipedia)

美幌町(びほろちょう Bihoro)は、北海道オホーツク総合振興局管内にある町。 歴史 / 1953年(昭和28年) 美幌町町歌制定。大下孝一作詞、武満徹作曲。 美幌町の有名人 / 美幌町ゆかりの有名人 / 藁科雅美 – 音楽評論家、毎日放送音楽ディレクター、訳書「バーンスタイン物語」など。戦後、美幌町に疎開し町民の文化向上に貢献する(1950年第1回美幌町文化賞受賞)。山口昌男に英語を個人指導、團伊玖磨に美幌農業高校校歌作曲を依頼(1952年)、武満徹に美幌町町歌作曲を依頼(1953年)。 (美幌町 – Wikipedia)

関連サイト

美幌町 びほろちょう Bihoto Town | 美幌町ホームページ

関連エントリ

美幌の歌 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町町歌 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

大下孝一 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

武満徹 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Toru Takemitsu の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の 麹 種麹 (北海道美幌町 加藤こうじ店)

20081227163605.jpg

日本の 麹 種麹 (北海道美幌町 加藤こうじ店)

北海道美幌町の 醸造元 こうじ (糀・麹) 製造販売 加藤こうじ店

その昔、京都の老舗種麹屋である「菱六」のもやし (麹菌) が雑菌に負けて全滅した。菱六の職人たちは強い麹菌を求め全国を巡り回った。そして、北海道美幌町の醸造元 加藤こうじ店にたどり着いた。職人たちは、麹蔵の柱や天井の梁に付着している麹菌を刷毛で掬い取り、持ち帰った。こうして「菱六」のもやし (麹菌) は復活した。その後、北海道美幌町の醸造元 加藤こうじ店の麹菌は、日本で一番だと評価された。

関連記事

麹、糀(こうじ)とは、米、麦、大豆などの穀物にコウジカビなどの食品発酵に有効なカビを中心にした微生物を繁殖させたものである。コウジカビは、増殖するために菌糸の先端からデンプンやタンパク質などを分解する様々な酵素を生産・放出し、培地である蒸米や蒸麦のデンプンやタンパク質を分解し、生成するグルコースやアミノ酸を栄養源として増殖する。コウジカビの産生した各種分解酵素の作用を利用して日本酒、味噌、食酢、漬物、醤油、焼酎、泡盛など、発酵食品を製造する時に用いる[信頼性要検証]。ヒマラヤ地域と東南アジアを含めた東アジア圏特有の発酵技術である。 「こうじ」の名は「かもす(醸す)」の名詞形「かもし」の転訛。 漢字の「麹」は中国から伝わった字だが、「糀」は江戸期には確認できる和製漢字で特に米糀を指す。 (麹 – Wikipedia)

種麹(たねこうじ)とは、味噌、醤油、清酒、焼酎、みりんなど醸造食品と呼ばれる食品の製造に用いられる麹を製造する際に、麹菌を供給する目的で蒸米などに加えるもの。 通常米などを原料に麹菌を培養し、胞子を十分に着生させた後、乾燥させる。使い方により原料に胞子が着生したままのものと、胞子のみを回収したものとに分類される。 「種麹」と「もやし」 / 現在でも酒造メーカーでは種麹のことを「もやし」と呼ぶ習慣がある。なお、味噌や醤油など他の醸造メーカーではこのような習慣は見られない。これは、歴史的に酒造メーカーは早くから外部の種麹業者から購入している歴史があったためと考えられる。 (種麹 – Wikipedia)

IMG_20180925_182824

関連エントリ

2013年9月5日、醸造業百年の「加藤麹店」(北海道美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤茂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤キミ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤こうじ店 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

NHK札幌放送局 過去の番組・北海道の窓 (美幌町 加藤こうじ店)

_008.jpg

_009.jpg

NHK札幌放送局 過去の番組・北海道の窓 (美幌町 加藤こうじ店)

北海道美幌町の 醸造元 こうじ (糀・麹) 製造販売 加藤こうじ店

1977年 (昭和52年) 8月31日、北見毎日新聞・美幌支局の砂田さんの記事が発行された。タイトルは、美幌90年の証言(8) 江戸期からの製法守る 経験がものをいう手作りの味 こうじ作り50年 美幌町東1南1-23 加藤 茂さん(64) 。

NHK札幌放送局の「北海道の窓」番組制作スタッフたちが、上記の新聞記事を見たと言って、美幌町の加藤こうじ店を訪れた。店主の加藤茂、妻の加藤キミは取材を受ける。放送局のスタジオにはこうじ作りの道具なとがセットされていた。放送終了後、北海道各地の加藤こうじ店のゆかりある方々から電話がかかってきた。

IMG_20180925_182824

関連記事

麹、糀(こうじ)とは、米、麦、大豆などの穀物にコウジカビなどの食品発酵に有効なカビを中心にした微生物を繁殖させたものである。コウジカビは、増殖するために菌糸の先端からデンプンやタンパク質などを分解する様々な酵素を生産・放出し、培地である蒸米や蒸麦のデンプンやタンパク質を分解し、生成するグルコースやアミノ酸を栄養源として増殖する。コウジカビの産生した各種分解酵素の作用を利用して日本酒、味噌、食酢、漬物、醤油、焼酎、泡盛など、発酵食品を製造する時に用いる[信頼性要検証]。ヒマラヤ地域と東南アジアを含めた東アジア圏特有の発酵技術である。 「こうじ」の名は「かもす(醸す)」の名詞形「かもし」の転訛。 漢字の「麹」は中国から伝わった字だが、「糀」は江戸期には確認できる和製漢字で特に米糀を指す。 (麹 – Wikipedia)

関連エントリ

2013年9月5日、醸造業百年の「加藤麹店」(北海道美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道開拓の村 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤茂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤キミ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤こうじ店 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道開拓の村 (美幌町 加藤こうじ店)

_008.jpg

_009.jpg

北海道開拓の村 (美幌町 加藤こうじ店)

北海道美幌町の 醸造元 こうじ (糀・麹) 製造販売 加藤こうじ店

1977年 (昭和52年) 8月31日、北見毎日新聞・美幌支局の砂田さんの記事が発行された。タイトルは、美幌90年の証言(8) 江戸期からの製法守る 経験がものをいう手作りの味 こうじ作り50年 美幌町東1南1-23 加藤 茂さん(64) 。

NHK札幌放送局の「北海道の窓」番組制作スタッフたちが、上記の新聞記事を見たと言って、美幌町の加藤こうじ店を訪れた。店主の加藤茂、妻の加藤キミは取材を受ける。放送局のスタジオにはこうじ作りの道源なとがセットされていた。放送終了後、北海道各地の加藤こうじ店のゆかりある方々から電話がかかってきた。

北海道開拓の村 (野外博物館) の開設の関係者たちが、NHK札幌放送局の番組「北海道の窓」を見たと言って、美幌町の加藤こうじ店を訪れた。明治中期に建てられた、加藤こうじ店の建物を保存・移築・再現したいと言った。私は 「どうぞ両親も運んでください マネキンになります」と言った。父母は「まだ営業中です 廃業したら運んでください」と言った。その後しばらくの間、父と母は機嫌が悪かった。

IMG_20180925_182824

関連記事

麹、糀(こうじ)とは、米、麦、大豆などの穀物にコウジカビなどの食品発酵に有効なカビを中心にした微生物を繁殖させたものである。コウジカビは、増殖するために菌糸の先端からデンプンやタンパク質などを分解する様々な酵素を生産・放出し、培地である蒸米や蒸麦のデンプンやタンパク質を分解し、生成するグルコースやアミノ酸を栄養源として増殖する。コウジカビの産生した各種分解酵素の作用を利用して日本酒、味噌、食酢、漬物、醤油、焼酎、泡盛など、発酵食品を製造する時に用いる[信頼性要検証]。ヒマラヤ地域と東南アジアを含めた東アジア圏特有の発酵技術である。 「こうじ」の名は「かもす(醸す)」の名詞形「かもし」の転訛。 漢字の「麹」は中国から伝わった字だが、「糀」は江戸期には確認できる和製漢字で特に米糀を指す。 (麹 – Wikipedia)

北海道開拓の村(ほっかいどうかいたくのむら、英称:Historical village of Hokkaido)は、北海道札幌市厚別区厚別町小野幌(野幌森林公園内)にある野外博物館。 2007年(平成19年)8月に「博物館相当施設」に指定された。 一般財団法人北海道歴史文化財団が指定管理者として管理運営を行っている。 概要 / 1983年(昭和58年)4月16日に開村した北海道開拓時代の「博物館相当施設」であり、54ヘクタールの敷地に52棟の歴史的建造物が移築又は再現されている。 (北海道開拓の村 – Wikipedia)

関連エントリ

2013年9月5日、醸造業百年の「加藤麹店」(北海道美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道開拓の村 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤茂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤キミ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤こうじ店 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る