アジア カテゴリのアーカイブ

Adeste Fideles. O Come, All Ye Faithful. 神のみ子は今宵しも

300px-Santa_Claus_BMW_01.jpg

Adeste Fideles. O Come, All Ye Faithful. 神のみ子は今宵しも

関連記事

神のみ子は今宵しも (ラテン語:Adeste Fideles、英語:O Come, All Ye Faithful) は、イングランド人のジョン・フランシス・ウェードの作曲とされる讃美歌である。しかし、はっきりした作曲者はわかっておらず、今も論争が続いている。歌詞も、誰の手になるものかがはっきりしないが、13世紀にジョン・オブ・レディングによって書かれていたのではないかと言われている[1]。幾度となく様々な言語に翻訳されたが、イングランドカトリック教会の聖職者であるフレデリック・オークリーによる英語訳が特に広まって行った。 1954年の讃美歌111番。クリスマスの時期に歌われる定番の讃美歌として、日本でもよく知られている。 (神の御子は今宵しも – Wikipedia)

関連エントリ

クリスマス音楽 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

世界の民族衣装 アジア地方

世界の民族衣装 アジア地方

関連記事

民族服(みんぞくふく、英: Folk costume)は、ある地方や民族特有の衣服。言語・宗教・歴史など、自然や文化・伝統を共有する人間集団に固有の服で、民族衣装(みんぞくいしょう)ともいう。関連する呼称として、国家が国民に着用を推奨(または強制)する国民服、都会から離れた地域の衣装として民俗服・郷土服・地方服といわれるものもある。 各地の民族衣装 / 中国 / 中国では古代から17世紀まで漢服が着られていた。清朝では満州民族の衣服と弁髪が強制され、漢服は道士などの衣服に名残をとどめるのみとなった。現在では一部に漢服復興運動がある。 満州民族が建国した清では、細い筒袖や裾の長いスリットをもつ、乗馬に適した旗装が着用された。女性用の旗装を現代風にアレンジしたものがチャイナドレスである。中華人民共和国が成立してからは人民服(中山服)が着用されたが、21世紀の現在は洋装が広く行われている。 日本 / 日本の民族衣装である和服(着物・呉服などともいう)は、平安時代の庶民の間で着られていた小袖が、平安時代末期から中世にかけて上流階級にまで広がり、日本独自の発展を遂げたものである。平安時代中期以前の貴族は漢服の流れを汲む礼服などの衣装も着用しており、束帯などの儀礼的和服は漢服の影響を受けている。安土桃山時代から江戸時代にかけてはポルトガルの影響も受け、ポルトガルの衣服が日本化した股引・鯉口シャツなどは広く庶民の作業着や下着として普及した。現在では男性は紋付きの羽織・袴、女性は留袖・振袖などが正装として使われる、礼服としての和服は用途(結婚式や葬式など)によって使い分ける。普段着としては多くが廃れ、わずかに浴衣(男性では甚平・作務衣なども)が夏場に好まれている。 朝鮮半島 / 朝鮮半島の民族衣装は韓服と呼ばれており、長いプリーツ・スカートの形状をしたチマと、丈の短く結び紐があるチョゴリ(上衣)を組み合わせた女性用のチマチョゴリが代表的である。男性はやや長めのチョゴリに、パジというズボン状のものをはき、外套(トゥルマギ)を着る。騎馬遊牧民の衣装であった胡服を原型に、中国(隋・唐)の民族衣装であった漢服や、モンゴル帝国の民族服デール(胡服系)の影響を受けている。 東南アジア / ベトナムでは清朝の影響を受けた女性服、アオザイがある。 清朝の影響をあまり受けなかった地域では巻衣(ドレーパリ)形式が発達した。巻衣には、ミャンマーの僧侶が着る黄衣、一般男女が着るロンギー、マレーシアのサロン、インドネシアのスレンダン、カバヤ、フィリピンのバロン・タガログなどがある。 インド / インド人女性は、チョリというシャツ、ガーグラというスカートを履き、その上からサリーをまとう。北インドではサリーの他にサルワール・カミーズやレヘンガも着用される。北インドの男性用民族衣装はクルター・パジャマ。腰巻のルンギーやドーティーなどもある。シク教徒の男性はターバンを頭に巻く。極東部や中部山岳地帯の少数民族は、一般的なインド人の民族衣装とは異なる衣装を着用する。 (民族服 – Wikipedia)

民族衣装一覧(みんぞくいしょういちらん)では、世界の民族衣装の一覧を記述する。 アジア地方 / 日本:和服、琉装、アットゥシ(アイヌ) / 朝鮮:韓服(チマチョゴリ) / 中国:漢服(漢民族及び中国大陸の中国人)、チャイナドレス(満州民族及び香港・台湾と海外の華人)と他の少数民族の民族服 / 台湾:チャイナドレス(台湾の中国人)方衣(台湾の原住民、高砂族) / モンゴル:デール / ベトナム:アオザイ / タイ:パーシン / ミャンマー:エンジー・ロンジー / インドネシア:サロン・カバヤ / インド:サリー、サルワールカミーズ、ドウティ / ブータン王国:キラ、ゴ / パキスタン:サルワール・カミーズ / アフガニスタン:チャドリ、ペロン・トンボン / アラブ首長国連邦:クーフィーヤ、アバヤ / タジキスタン:アトラス、トゥッピー / サウジアラビア:クーフィーヤ / トルコ:カフタン、フェズ (民族衣装一覧 – Wikipedia)

A folk costume (also regional costume, national costume, or traditional garment) expresses an identity through costume, which is usually associated with a geographic area or a period of time in history. It can also indicate social, marital or religious status. If the costume is used to represent the culture or identity of a specific ethnic group, it is usually known as ethnic costume (also ethnic dress, ethnic wear, ethnic clothing, traditional ethnic wear or traditional ethnic garment). Such costumes often come in two forms: one for everyday occasions, the other for traditional festivals and formal wear. Following the outbreak of romantic nationalism, the peasantry of Europe came to serve as models for all that appeared genuine and desirable. Their dress crystallised into so-called “typical” forms, and enthusiasts adopted that attire as part of their symbolism. In areas where Western dress codes have become usual, traditional garments are often worn at special events or celebrations; particularly those connected with cultural traditions, heritage or pride. International events may cater for non-Western attendees with a compound dress code such as “business suit or national dress”. In modern times, there are instances where traditional garments are required by sumptuary laws. In Bhutan, the traditional Tibetan-style clothing of gho and kera for men, and kira and toego for women, must be worn by all citizens, including those not of Tibetan heritage. In Saudi Arabia, women are also required to wear the abaya in public. (Folk costume – Wikipedia)

関連エントリ

世界の民族衣装 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Folk costume の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の民族衣装 和服

日本の民族衣装 和服

関連サイト

和服 日本在来の衣服 / 和服(わふく)とは、日本在来の衣服のこと。近年では日本における民族服ともされる。着物(きもの)ともいう。 概説 /「和服」という用語 / 和服’は、文字通り「和」の「服」、すなわち日本の衣服という意味である。この言葉は明治時代に、西洋の衣服すなわち「洋服」に対して「従来の日本の衣服」を表す語として生まれたレトロニムである。 (和服 – Wikipedia)

民族服(みんぞくふく、英: Folk costume)は、ある地方や民族特有の衣服。言語・宗教・歴史など、自然や文化・伝統を共有する人間集団に固有の服で、民族衣装(みんぞくいしょう)ともいう。関連する呼称として、国家が国民に着用を推奨(または強制)する国民服、都会から離れた地域の衣装として民俗服・郷土服・地方服といわれるものもある。 (民族服 – Wikipedia)

関連エントリ

和服 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

民族衣装 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

朝鮮の民族衣装 韓服

朝鮮の民族衣装 韓服

関連記事

韓服 朝鮮の伝統的衣装 / 韓服(かんふく、かんぷく、ハンボッ)は、朝鮮半島地域の民族衣装の韓国での呼び方。女性用のチマチョゴリが有名である。現在は揃える衣装の種類が増えてきた。男性の韓服の場合、チョゴリ(上衣)とバジ(下衣)にチョッキあるいはマゴジャ(馬褂子/重ね着する上着)を着る。さらにトゥルマギ(周莫衣/外套の一種)を着れば、外出着から礼服としても通用する服装となる。 (韓服 – Wikipedia)

民族服(みんぞくふく、英: Folk costume)は、ある地方や民族特有の衣服。言語・宗教・歴史など、自然や文化・伝統を共有する人間集団に固有の服で、民族衣装(みんぞくいしょう)ともいう。関連する呼称として、国家が国民に着用を推奨(または強制)する国民服、都会から離れた地域の衣装として民俗服・郷土服・地方服といわれるものもある。 (民族服 – Wikipedia)

関連エントリ

韓服 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

民族衣装 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

中国の民族衣装 漢服

中国の民族衣装 華服

関連記事

漢服(かんふく、簡体字:汉服)は、漢民族の伝統的な民族服のことで、また漢装(かんそう)とも言う。漢服は漢民族の伝統的な服飾で、黄帝が即位した紀元前2500年ごろから1600年ごろの明の滅亡まで、4100年間の装飾物・礼典体系の総称である。また、漢民族が代々着用していた民族衣装の名称としても用いられる。透明で独特な「飄逸感」、長い袖・襟・襦・袴、歩く時のさやさや揺れる感覚が漢服の特徴である。漢服というのは中国人の観念を服に具現化したものとされ、漢民族の主要な居住地において、『周礼』と漢民族古来の「敬天僅命」の思想を生み出した。「華夏―漢(中国を支配した異民族でも、最終的に漢民族に同化される)」という文化を背景として、また中国の儀礼文化を基つく、自然に形成された服装体系である。 日本の飛鳥時代・奈良時代の和服は聖徳太子の大化改新によって、隋王朝と唐王朝の漢服の影響を受けた。韓国の韓服も、高麗時代らか朝鮮時代まで中国への朝貢・冊封関係により、元王朝・明王朝の漢服を模倣した。 (漢服 – Wikipedia)

民族服(みんぞくふく、英: Folk costume)は、ある地方や民族特有の衣服。言語・宗教・歴史など、自然や文化・伝統を共有する人間集団に固有の服で、民族衣装(みんぞくいしょう)ともいう。関連する呼称として、国家が国民に着用を推奨(または強制)する国民服、都会から離れた地域の衣装として民俗服・郷土服・地方服といわれるものもある。 (民族服 – Wikipedia)

関連エントリ

華服 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

民族衣装 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

11月23日の記念日 中華民国 台湾 台南市の日本デー

11月23日の記念日 中華民国 台湾 台南市の日本デー

関連記事

11月23日 記念日・年中行事 / 日本の日(中華民国(台湾)・台南市) 台南市に拠点を置く日本企業へ感謝を示し、交流の強化を図る日として、台南市政府が制定。 (11月23日 – Wikipedia)

台南市(たいなんし、繁体字: 臺南市、簡体字: 台南市、英語: Tainan)は、台湾西南部に位置する中華民国の直轄市。2010年12月25日、台湾省が管轄する台南県と台南省轄市が合併して新たに台南直轄市となった。 概要 / 台湾島で最も早くから開けた地区の一つであり、古称は「台湾」、「台湾府」。「台湾」という地名は、最初台南一帯の一地域を指し、後に台湾全体を指す名である。 (台南市 – Wikipedia)

臺南市 中華民國的直轄市 / 臺南市,通稱臺南(俗字寫作台南;臺灣話:Tâi-lâm;客家话:Thòi-nàm),簡稱「南」,是中華民國的直轄市,臺灣六都之一,位於臺灣西南部,其西面臨臺灣海峽、東面臨阿里山山脈、北面與嘉義縣鄰接 、南面與高雄市鄰接。面積約2,191.65平方公里,為台灣各縣市中,平原區比例最大,地形最平緩的城市,耕地面積全臺第一,盛產豐富的農產品。阡陌交通,公路道路為全臺最多,另外全市文化古蹟遍佈,多元文化並存。全市設籍人口約188.1萬人。其政府所在地位於安平區及新營區,採雙市政中心模式,人口最多的轄區為永康區。臺南市為南臺灣文化、學術、教育、科技之中心,包括國家圖書館、中央研究院、工業技術研究院、科學園區南部分址均位在臺南。依據平面媒體民調,台灣縣市競爭力排名,臺南市已連續3年高居六都第二名,減債能力也排名第二。現以小吃、夜市商圈、旅遊度假、古蹟文化、山川田園、溫泉戲水吸引觀光人潮,並以宜居樂活城市著稱。 (臺南市- 维基百科,自由的百科全书 – 維基百科)

関連サイト

台湾・台南市、11月23日を「日本の日」に 日本企業の投資に感謝 | 社会 | 中央社フォーカス台湾

ナルワンアワー(金曜日) – 2018-12-07 台南市と日本の交流について – 番組 – Rti 台湾国際放送

台南市政府(台南ニュース)-2018年日本デー 深まる日台交流

台南市政府のホームページ(臺南市政府全球資訊網)

公益財団法人日本台湾交流協会のホームページ

関連エントリ

「嘉南藥理科技大學(臺灣)」と「東京農業大学(網走)」 – 美幌音楽人 加藤雅夫

台南市 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

臺南市 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

11月23日の記念日 勤労感謝の日 (日本の国民の祝日)

11月23日の記念日 勤労感謝の日 (日本の国民の祝日)

関連記事

勤労感謝の日 日本の国民の祝日 / 勤労感謝の日(きんろうかんしゃのひ)は、日本の国民の祝日の一つである。日付は11月23日。昭和時代、令和時代はこの祝日が1年で最後の祝日にあたる。 概要 / 勤労感謝の日は、国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)第2条によれば、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としている。1948年(昭和23年)に公布・施行された同法により制定された。 農業国家である日本は、古くから神々に五穀の収穫を祝う風習があった。また、その年の収穫物は国家としてもそれからの一年を養う大切な蓄えとなることから、収穫物に感謝する大事な行事として飛鳥時代の皇極天皇の時代に始まった新嘗祭(にいなめさい、しんじょうさい)の日が第二次世界大戦後のGHQの占領政策によって天皇行事・国事行為から切り離される形で改められたものが「勤労感謝の日」である。 (勤労感謝の日と新嘗祭 | 暮らし歳時記

関連エントリ

勤労感謝の日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の宮中祭祀 新嘗祭・大嘗祭 (日本の皇室行事)

日本の宮中祭祀 新嘗祭・大嘗祭 (日本の皇室行事)

関連記事

新嘗祭(にいなめさい、にいなめのまつり、しんじょうさい)は宮中祭祀のひとつ。また、祝祭日の一つ。 11月23日に、天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に供え、また、自らもこれを食べ、その年の収穫に感謝する(収穫祭)とともに、神の御霊を身に体して生命を養う。宮中三殿の近くにある神嘉殿にて執り行われる。 なお、天皇が即位の礼の後に初めて行う新嘗祭を特に大嘗祭という。 (新嘗祭 – Wikipedia)

大嘗祭 新天皇の即位の年に行われる日本の皇室行事 / 大嘗祭(だいじょうさい、おおにえまつり、おおなめまつり)は、日本の天皇が皇位継承に際して行う宮中祭祀であり、皇室行事。 新天皇が即位の後に新穀を神々に供え、自身もそれを食する。その意義は、大嘗宮において、国家、国民のために、その安寧、五穀豊穣を皇祖天照大神及び天神地祇に感謝し、また祈念することである。令和における大嘗祭は、2019年11月14日午後6時30分頃より開始され、同年11月15日午前3時0分頃に終了した。6時30分頃より「悠紀殿供饌の儀」(ゆきでんきょうせんのぎ)が行われ、0時30分頃より「主基殿供饌の儀」(すきでんきょうせんのぎ)が行われた。 古くは「おほにへまつり」「おほなめまつり」とも訓じたが、現代においては「だいじょうさい」と音読みする。 (大嘗祭 – Wikipedia)

関連サイト

大嘗祭|皇位継承式典 平成から令和へ 新時代の幕開け|NHK NEWS WEB

宮中祭祀 – 宮内庁のホームページ

関連エントリ

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 秋) – 美幌音楽人 加藤雅夫

新嘗祭 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

大嘗祭 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

インターナショナルCアワー 北見工業大学国際交流センター

インターナショナルCアワー 北見工業大学国際交流センター

関連記事

インターナショナルCアワー 2019/11/20掲載(北見市/行事)
子どももおとなも仮装して留学生を歓迎! 北見工大国際交流センター / グラフ / 北見工業大学国際交流センターが毎月1回程度開くイベント、インターナショナルCアワー。10月31日は「新しい留学生を歓迎しましょう!」をテーマに開催されました。ちょうどハロウィーンと重なり、子ども達も仮装して、中国、韓国、モンゴルなど遠く海外からやって来た学生達を歓迎しました。(寒)
27日・北見工大でインターナショナルCアワー / 海外研修体験談発表 / 北見工業大学国際交流センター主催の留学生らとふれあうイベント「インターナショナルCアワー」が、27日(水)午後6時10分から、同大学3号館3階ミーティングルームⅠで開かれる。国際交流に関心のある人は誰でも参加できる。 「アメリカ・オーストラリア語学研修の体験談」「台湾・韓国文化交流研修体験談」について学生らが報告する。参加無料。申し込み不要。問い合わせは同センター(0157・26・9370)へ。 (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

国際交流センター | 北見工業大学のホームページ

関連エントリ

インターナショナルCアワー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町出身のサクソフォーン奏者 北守一生 (Kazuki Kitamori)

北海道美幌町出身のサクソフォーン奏者 北守一生 (Kazuki Kitamori)

関連記事

北守一生さんのマンハッタンズライブ 2019/11/16掲載(美幌町/告知) 美幌町出身サックスプレーヤー / 11月26日 / 美幌町出身のサックス奏者、北守一生(かずき)さん率いるバンド「マンハッタンズ」のジャズライブ2019が26日(火)午後6時から町民会館びほーるで開かれます。 北守さんは美幌中学校、美幌高校を卒業。大学進学後にプロになり、アメリカ・ニューヨークを拠点に活動。歌手のホイットニー・ヒューストンさんの母・シシーさんら数々の著名なミュージシャンと共演しました。 美幌のライブは1年半ぶり。前売券2千円、当日券2500円で、ドコモショップオホーツク美幌店(0152・75・2112)などで扱っています。(浩) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

町民会館文化情報 美幌町で開催される文化事業 / 11月26日(火) MANHATTANS JAZZ LIVE 2019 美幌公演、主催者 ドロップス、会場 町民会館小ホール、前売券 2,000円 全席自由、開演 18:00 (町民会館文化情報 | 美幌町のホームページ)

関連サイト

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町のホームページ

北海道バリアフリーマップ 美幌町

関連エントリ

アメリカ合衆国のジャズピアニスト Ronnell Bright について – 美幌音楽人 加藤雅夫

北守ただよし の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Tadayoshi Kitamori の検索結果 -?美幌音楽人 加藤雅夫

北守一生 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Kazuki Kitamori の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る