東アジア カテゴリのアーカイブ

日本の 気象衛星センター (気象庁)

日本の 気象衛星センター (気象庁)

関連記事

気象衛星センター(きしょうえいせいセンター Meteorological Satellite Center)は、気象庁本庁に付属する施設等機関の一つで、気象衛星からの観測データ受信及び気象衛星の運用を行う機関である。 概要 / 元々は、国際気象観測情報の送受信を行う気象通信所を起源とする。1968年にアメリカ海洋大気庁(略称:NOAA)の前身が打ち上げた極軌道気象衛星”ESSA-6号”の気象データ受信を開始。1977年4月1日付けで気象通信所を廃止して気象衛星センターに改組された。 気象衛星センターの主な業務は、極軌道及び静止軌道を周回する気象観測衛星のデータ受信を主たる任務とし、WMO条約に基づき日本で打ち上げ・運用を行う気象衛星の管理を行うことである。 (気象衛星センター – Wikipedia)

関連サイト

気象衛星センターのホームページ

Meteorological Satellite Center (MSC) | HOME

気象庁 Japan Meteorological Agency

関連エントリ

気象衛星センター の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Meteorological Satellite Center の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の 避難勧告・避難情報

日本の 避難勧告・避難情報

関連記事

避難勧告(ひなんかんこく)とは、日本の行政が、対象地域の土地、建物などに被害が発生する恐れのある場合に住民に対して行う勧告のこと。災害対策基本法60条に基づき、原則市町村長の判断で行われる。 「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」「避難指示(緊急)」の順で強制力が強くなる。水害・土砂災害では避難指示(緊急)と同じ警戒レベル4の「全員避難」。 基準 / 地方自治体が直面する災害の種類は、洪水、土砂災害、大規模火災、原子力災害など、被害の程度が立地条件により異なることから、一定の基準が示されていないことが多い。洪水や土砂災害に対する基準雨量は、過去のデータなどからの推測値から設定される。 伝達手段として、防災無線、サイレン、町内会組織や消防団を利用した口頭伝達、自治体などの拡声器を備え付けた広報車による呼びかけなどがある。 避難所は、あらかじめ地区毎に地元自治体が指定し、ハザードマップとして取りまとめを行っている市町村がある。 テレビやWebサイト等による伝達の際、ガイドラインではISO 22324等を参考に危険度をカラーレベルで表現することが望ましいとされている。一例として避難勧告は、NHKのテレビ放送では 赤系統、Yahoo! JAPANの避難情報のページでは オレンジ色系統を使用している。 (避難勧告 – Wikipedia)

避難 災害が発生したり、その危機にあるために人々が逃げる緊急の行動 / 避難(ひなん, 英: (emergency) evacuation: refuge)とは、災難を避けること。災害を避けて、(住んでいる場所や滞在している場所から)安全な場所へ立ちのくこと。退避(たいひ)もほぼ同義に用いられる。 避難の考え方 / 法律では、自治体(市町村・都道府県など)や国は災害から住民の生命・身体・財産を保護する責務があると規定されており、避難勧告などを発令する権限が付与されている。これは国際的にも共通する認識である(cf.#避難民の権利)。一方で、人権尊重の立場から、その場から立ち退く避難を強制することはできないというのも、同じく共通認識である。そのため、一人ひとりの命を守る責任は最終的には個人にあり(自己責任)、避難勧告などは強制力を持たない形式になっている。前述した市町村や国の責務は、ハード対策やソフト対策を通した災害への対処とともに、一人ひとりの避難行動を支援する知識や情報の提供などの形で実行されている。そして、それぞれの住民は、自治体や国の機関が出す情報を参考にしつつ、避難行動を自ら判断して実行しなければならないというのが、基本的な考え方である。 ただし、警報や避難勧告などは、個人に対して発令されるものではなく、市町村や区と言ったある程度大きな範囲に対して発令されるという性質がある。このギャップを埋める為には、それぞれの土地の地形や地質、建物の構造、家族構成などの特性に応じた適切な避難の方法・時期を判断する必要がある。そして適切な判断のためには、それぞれの住民がこうした特性や災害の知識を身につけることや、自治体・国や専門家がこうした取り組みを支援することが求められる。 なお、自力避難が難しい高齢者、障害者、子供、妊婦などの避難行動要支援者(災害時要援護者)については、周囲や行政が避難を援助する必要があり、法律でも規定されている。 日本の避難情報 / 日本では、洪水、土砂災害、噴火などの災害で住民の生命に危険が及ぶ恐れがあるとき、災害対策基本法に基づいて市町村長が、避難に関する情報を発表する。以下の3種類があり、下の方ほど重い。 市町村が発表する3段階の避難情報 / 「避難準備・高齢者等避難開始」 対象地域の要配慮者(避難に時間が掛かったり手助けが必要だったりする高齢者、障害者、乳幼児等)に対して、早めの避難を促すもの。また、要援護者以外のすべての住民・滞在者などに対しても、今後の危険性増加に対して準備をすることを求める。 「避難勧告」 対象地域のすべての住民・滞在者などに対して、避難を促すもの。 「避難指示(緊急)」 対象地域のすべての住民・滞在者などに対して、緊急に避難することを求めるもの。 (避難 -Wikipedia)

関連サイト

北海道防災情報ホームページ

各地の避難情報 – NHKオンライン

避難勧告等に関するガイドラインの改定(平成31年3月29日) : 防災情報のページ – 内閣府ホームページ

関連エントリ

避難勧告 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

避難情報 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の 避難所 (指定緊急避難場所 指定避難所)

440px-Safety_evacuation_shelter.svg

日本の 避難所 (指定緊急避難場所 指定避難所)

関連記事

避難所(ひなんじょ、英: refuge, shelter, evacuation area)とは、避難するための施設や場所のこと。 概説 / 避難所とは、避難するための施設や場所のことである。様々なタイプの避難所がある。 様々な分類・用語があるうるが、たとえば次のような分類・用語がある。 一時避難場所 – 一時的に避難する場所。災害時の危険を回避するため、または帰宅困難者が交通機関が回復を待つために一時的に待機するなどといった用途が想定されている。 広域避難場所 – 一時避難所より大人数を収容できる避難所。一時避難所が危険になったときに避難する。 収容避難場所 – 短期間、避難生活を送るための避難所。 福祉避難場所 – 災害時に自宅での生活が困難で、その中でも介護や福祉サービスを必要る人々のための避難所。通常、平時に社会福祉施設や保健センターである場所が指定される。 シェルター – 英語圏で用いられている、かなり広い概念。 一般に仮設住宅は避難所に分類されない。 日本の避難所の区分・名称 / 従来の災害対策基本法においては、”切迫した災害の危険から逃れるための避難場所”と、”損壊した自宅に戻れないなどの理由で避難生活を送るための避難所”が必ずしも明確に区別されておらず、東日本大震災では被害拡大の一因ともなったと指摘されている。 このため、2013年6月に改正された災害対策基本法において、切迫した災害の危険から逃れるための緊急避難場所(指定緊急避難場所)と、一定期間滞在し、避難者の生活環境を確保するための避難所(指定避難所)が明確に区別された。 指定緊急避難場所 / 指定緊急避難場所は、災害が発生し、又は発生するおそれがある場合にその危険から逃れるための避難場所として、洪水や津波など異常な現象の種類ごとに安全性等の一定の基準を満たす施設又は場所を市町村長が指定する。 ひとまず危険を回避するための場所であり、災害に対して一定の安全性がある頑丈な建物や、危険が及ばないと考えられる開けた場所(グラウンドや駐車場など)が指定されている。地震、津波、土砂災害、洪水など災害の種類ごとに適した場所が異なり、例えば土砂災害や火事に対しては適しているが洪水や津波の場合浸水の恐れがあるため不可というような場所がある。 指定避難所 / 指定避難所は、災害の危険性があり避難した住民等を災害の危険性がなくなるまでに必要な間滞在させ、または災害により家に戻れなくなった住民等を一時的に滞在させるための施設として市町村長が指定する。 一定の期間滞在するための場所であり、ある程度の人員を屋内に収容できる学校や体育館、公民館などが指定されている。指定緊急避難場所を兼ね、そのまま滞在できる場所もある。 (避難所 – Wikipedia)

関連サイト

指定緊急避難場所及び指定避難所の指定と取消しについて | 美幌町ホームページ

指定緊急避難場所・指定避難所 一覧 | 美幌町ホームページ

関連エントリ

避難所 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の 福祉避難所

440px-Safety_evacuation_shelter.svg

日本の 福祉避難所

関連記事

福祉避難所 / 高齢者や障害者、妊産婦、乳幼児、在宅難病患者など特別な配慮が必要な「要配慮者」向けの避難所。阪神大震災後の1997年、体調の悪化や関連死を防ぐ目的で、災害救助法に基づく指針に盛り込まれた。市区町村が高齢者施設などから指定し、運営する。内閣府は要配慮者約10人に対し、支援員1人の配置を求めている。 (福祉避難所とは – コトババンク)

避難準備(ひなんじゅんび)とは、人的被害が発生する災害発生の可能性がある場合に前もって避難の準備を行うこと。 「要配慮者」すなわち高齢者・障害者・乳幼児などのいわゆる災害弱者については、避難準備の段階での早期の避難が求められる。 (避難準備 – Wikipedia)

関連サイト

福祉避難所開設 公表せず 札幌市「混乱するため」 : 社会(TokyoWeb)

福祉避難所の場所や名前公表せず 北海道地震で札幌市 : 朝日新聞デジタル

福祉避難場所 | 札幌市ホームページ

福祉避難場所について知りたい | 札幌市役所ホームページ

福祉避難所の確保・運営ガイドライン 内閣府(防災担当)

関連エントリ

福祉避難所 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

平成30年版 防衛白書 (防衛省・自衛隊ホームページ)

200px-Go-shichi_no_kiri_crest.svg

平成30年版 防衛白書 (防衛省・自衛隊ホームページ)

関連記事

防衛白書(ぼうえいはくしょ)は、日本の防衛省(旧防衛庁)が毎年刊行している白書である。防衛政策の基本理念について日本国民の理解を求めるために作成されている。2003年(平成15年)からは『日本の防衛』というタイトルが付されている。 概要 / 防衛省の防衛政策や、近隣諸国への認識を理解できる一次資料である。1970年(昭和45年)10月に第1回が発行され、1976年(昭和51年)の第2回以降毎年発行されている。 日本の防衛の根幹となる日米関係、近隣諸国(主に韓国、北朝鮮、中国、ロシア)などの軍事動向、自衛隊海外派遣など自衛隊の国内外の活動や隊員の声を記載したコラム、防衛政策の提言などを主に行っている。 特に近年では北朝鮮の動向を注視しており、テポドン(弾道ミサイル)の発射などを強く非難している。また、中国に対しても軍事費などに関しての透明性を求めている。 なお、1970年(昭和45年)及び1976年(昭和51年)以降に刊行された白書は防衛省のウェブサイトでも公開されている。ただし、著作権上の理由から、通信社・新聞社提供の写真は、書籍のみの掲載となっている。 (防衛白書 – Wikipedia)

関連動画

平成30年版防衛白書概要説明動画 – YouTube

防衛省・自衛隊 : 防衛省動画チャンネル

関連サイト

平成30年版防衛白書 | 平成30年版防衛白書の発刊に寄せて – 防衛省・自衛隊のホームページ

防衛省・自衛隊 | 平成30年版防衛白書

防衛省・自衛隊 | 防衛白書

関連エントリ

防衛白書 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

防衛省 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

自衛隊 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

雨とコスモス (マンドリンオーケストラ曲 武井守成)

250px-Cosmos_Kinchakuda_3

雨とコスモス (マンドリンオーケストラ曲 武井守成)

関連記事

雨(あめ)とは、大気から水の滴が落下する現象で、降水現象および天気の一種。また、落下する水滴そのもの(雨粒)を指すこともある。 文化・生活 / 雨の概念や雨に対する考え方は、その土地の気候によって様々なものがある。イギリス、ドイツ、フランスなど西洋の温暖な地域(西岸海洋性気候の地域)では「雨」を悲しいイメージで捉える傾向が強く、いくつかの童謡にもそれが表現されている。一方、雨が少ないアフリカや中東、中央アジアの乾燥地帯などでは、雨が楽しいイメージ、喜ばしいものとして捉えられることが多く、雨が歓迎される。 民俗 / 古来より人は、恵みをもたらす半面災厄をもたらす雨を、崇拝すると同時に畏怖していたと考えられる。端的な例として、ノアの洪水のみならず、世界の破壊や創造をもたらす洪水神話は世界各地に存在する。洪水神話は、雨の破壊性と創造性の2つの面を象徴していると考えられる。 また、世界の多くの神話や伝承において雨は、至高神、天神、雷神の活動の結果としてもたらされると解釈されている。メソポタミア神話の天候神アダド、ヒッタイトの天候神テシュブ、フェニキアの嵐の神バアルは天候を支配し雨や洪水を司るとされ、神の怒りが洪水や干ばつの原因だとして恐れられた。ギリシア神話では、全能の神ゼウスが雷を武器として他の巨人や神々と戦う際に雨が降るとされた。インド神話では、王インドラが雷神でもあり、悪竜ブルトラを退治することで川に水を取り戻し、田畑を干ばつから救ったとされる。日本神話では、スサノオがヤマタノオロチを倒した際にその尾から出た天叢雲剣が雲を司る神器とされる。スサノオが高千穂峰に降りた天孫降臨の際には、雨と風がもたらされたと伝えられる。 さらに、天を父、大地を母とし、両者の交わりによって雨が降り大地に実りがもたらされるという、天父地母の信仰も広く見られる。 水辺に生息するカエルやヘビなどの動物はしばしば、水神や水神の化身や家来とされたり、雨とかかわりの深いものとされている。ヨーロッパでは、ある種の鳥や昆虫の活動を雨の前触れとする伝承が広く見られる。 雨と関わりの深い農耕や牧畜を行う民族・部族では「雨乞い」の習俗が存在する。雨への依存が大きいアフリカの農民や牧畜民では、雨乞いを行う雨乞師の社会的地位が高いという特徴がある。雨乞いの儀式には広く水や煙、鉦などが用いられるが、これは水が雨、煙が雲、鉦が雷鳴を象徴する類感呪術であると考えられている。一部では、特徴的な形状の自然物を「雨石」や「雨の葉」などの神聖な事物として祀る習俗もある。これに対し、長雨の終息を祈る「日乞い」の習俗も存在するが、雨乞いほど多くはない。 日本では、雨はそれ自体神格化されず、水神や龍神が司るものとされる。そして、神の出現の際には、神威の現れとして雨が降るとされる。これに通じるものとして、七夕などの節日や神社の祭礼の日には雨が降るという伝承も各地に伝わっている。田植えを終える目安とされる半夏生の日に降る雨を半夏雨と言い、田の神が天に昇るときの雨だとされている。また、歴史的に水田稲作が盛んであることから農民は雨に強い関心を抱いており、正月や節分における天気占いや雨乞いの儀礼が各地で行われてきた。 一方、大雨による洪水や山崩れを蛇身と化した水神のしわざだとする伝説や、激しい夕立や竜巻を龍神の昇天だとする伝承がある。そのほか、雨の夜には人魂や幽霊が現れやすいともされている。 雨は文化的モチーフにもなっている。季節を感じさせるものとして四季それぞれの雨に対する感性が大きく異なり、古来より雨は多くの文学や芸術のモチーフに叙情的に描かれ、江戸時代の浮世絵版画においては歌川広重が交差する線の表現など多様な雨の表現を開拓している。 (雨 – Wikipedia)

コスモス(英語: Cosmos 、学名:Cosmos)は、キク科コスモス属の総称。また、種としてのオオハルシャギク Cosmos bipinnatus Cav. を指す場合もある。アキザクラ(秋桜)とも言う。 花言葉 / 少女の純真、真心、 コスモスの語源 / 語源「コスモ」(cosmo)はギリシャ語の「宇宙」の「秩序」を意味し、「コスモス」とはラテン語で星座の世界=秩序をもつ完結した世界体系としての宇宙の事である。 (コスモス – Wikipedia)

マンドリンオーケストラ曲とはマンドリンオーケストラによって演奏されることを前提に作曲された楽曲をいう。日本ではマンドリン2部・マンドラ・マンドロンチェロ・クラシックギター・コントラバスによる弦楽6部編成、ドイツではマンドロンチェロを含まない弦楽5部編成が一般的で、これに管打楽器が加わる曲も少なくない。 (マンドリンオーケストラ曲 – Wikipedia)

武井 守成(たけい もりしげ、1890年(明治23年)10月11日 – 1949年(昭和24年)12月14日)は、日本の作曲家、指揮者。男爵。宮内官僚。 作曲家として / 東京外国語学校在学中の1911年にイタリアに留学し、そこでギターとマンドリンに出会った。帰国後、マンドリンオーケストラ『オルケストラ・シンフォニカ・タケヰ』(OST)を主宰し、マンドリン合奏曲・ギター独奏曲の作曲家として活動。OSTに指揮者として大沼哲・菅原明朗を招いている。また雑誌『マンドリンギター研究』を発刊し、1923年にはマンドリン合奏コンクールを、1924年には作曲コンクールを、1927年にはマンドリンオーケストラ作曲コンクールを開催し、マンドリン・ギター音楽の発展に尽力した。 1952年には武井の業績を記念して、ギター作品を対象とする武井賞が創設されている。 (武井守成 – Wikipedia)

関連動画

雨とコスモス 武井守成 | チャオ・マンドリーノ – YouTube

雨とコスモス 武井守成 | アンサンブル・ビアチェーレ – YouTube

雨とコスモス 武井守成(Pioggia e Cosmos) | 札幌プレクトラム・アンサンブル – YouTube

関連エントリ

武井守成 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Morishige Takei の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の アグーナリー (Agoonoree)

日本の アグーナリー (Agoonoree)

関連記事

日本ジャンボリー(にっぽんジャンボリー、Nippon Jamboree)とは、ボーイスカウト日本連盟主催のキャンプ大会であり、国内におけるボーイスカウトの最大の行事。 1956年(昭和31年)に初めて開催され、以後4年に一度開催されている。なお、行事の呼称はNJと略表記される場合がある(大会回数を冠して15NJ(第15回日本ジャンボリー)などと表記する)。 第17回からは、日本スカウトジャンボリーに名称変更。行事の呼称も[NSJ]に変更になった。 その他のキャンプ大会 / 日本アグーナリー / 主に障害者スカウトを参加対象としている。4年に一度開催され、現在までに11回実施されている。なお、NAと略表記される場合がある(大会回数を冠して11NA(第11回日本アグーナリー)などと表記する)。 (日本ジャンボリー -Wikipedia)

Agoonoree is a Scouting jamboree for young people with special needs. History / In 1949, Netherlands Scouts organised an international camp at Lunteren for Scouts with disabilities called “Agoon”, after the Greek language word agṓn meaning a gathering or competition. Further international Agoon camps were held in Belgium in 1953 and at Gilwell Park in the United Kingdom in 1958. The success of these events prompted the establishment of “Agoonoree” (a compound word of Agoon plus jamboree) camps at national or regional level in several countries. Japan / Nippon Agoonorees are held once every four years, and are abbreviated “NA”, and may include the umber of the event. For example, “9NA” refers to the 9th Nippon Agoonoree. SAJ (Scout Associatif Japan) uploads these pictures in Facebook. Fumihito, Prince Akishino and Princess Mako participated in the Agoonoree on August 12, 2016. (Agoonoree – Wikipedia)

関連サイト

障害児スカウティング

アグーナリーとは? AGOONOREEとは? – ボーイスカウト日本連盟

関連エントリ

アグーナリー の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Agoonoree の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の ボーイスカウト十話 (後藤新平 三島通陽)

日本の ボーイスカウト十話 (後藤新平 三島通陽)

関連記事

後藤 新平(ごとう しんぺい、安政4年6月4日(1857年7月24日) – 昭和4年(1929年)4月13日)は、日本の医師・官僚・政治家。位階勲等爵位は正二位勲一等伯爵。 台湾総督府民政長官。満鉄初代総裁。逓信大臣、内務大臣、外務大臣。東京市第7代市長、ボーイスカウト日本連盟初代総長。東京放送局(のちの日本放送協会)初代総裁。拓殖大学第3代学長を歴任した。 生涯 / 晩年 / 三島通陽の『スカウト十話』によれば、後藤が倒れる日に三島に残した言葉は「よく聞け、金を残して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上だ。よく覚えておけ」であったという。 逸話 / 日本のボーイスカウト活動に深い関わりを持ち、ボーイスカウト日本連盟の初代総長を務めている。スカウト運動の普及のために自ら10万円の大金を日本連盟に寄付し、さらに全国巡回講演会を数多く実施した。ボーイスカウトの半ズボンの制服姿の写真が現在も残っている。制服姿の後藤が集会に現れると、彼を慕うスカウトたちから「僕等の好きな総長は、白いお髭に鼻眼鏡、団服つけて杖もって、いつも元気でニコニコ」と歌声が上がったという。 現在の中国大使館は後藤邸の跡地である。 (後藤新平 – Wikipedia)

三島 通陽(みしま みちはる、1897年(明治30年)1月1日 – 1965年(昭和40年)4月20日) は、日本の小説家・劇作家・演劇評論家。子爵。貴族院議員・参議院議員。文部政務次官。二荒芳徳とともにボーイスカウト運動を日本に広めた人物として知られる。東京麻布生まれ、学習院卒業。ペンネームに三島章道(みしま しょうどう)。 ボーイスカウト運動 / ボーイスカウト日本連盟初代理事長兼中央実修所所長を経て、ボーイスカウト日本連盟第4代総長。 1922年(大正11年)、後藤新平を中心として初の全国組織「少年団日本連盟」が結成されると、25歳で副理事長に選任される。妻の純は翌年、日本のガールガイド・ガールスカウト組織として、「日本女子補導団」を設立。 1950年(昭和25年)、三島家別荘の土地と家屋(栃木県西那須野町)をボーイスカウト日本連盟に譲渡。その地所は現在、ボーイスカウト日本連盟の常設野営場、那須野営場となっている。 1951年(昭和26年)、全国総会において第4代総長に選出される。 1953年(昭和28年)、ボーイスカウト日本連盟より功労章「きじ章」を贈られる。 1959年(昭和34年)、藍綬褒章受章。 1961年(昭和36年)、英国ボーイスカウト連盟より功労章「ブロンズ・ウルフ章」を贈られる。 1965年(昭和40年)2月25日から3月7日まで毎日新聞に「スカウト十話」を連載。これが絶筆となる。 4月20日死去。叙・正三位、勲二等旭日重光章受章。 4月24日、日本連盟葬が執行された。なお、琵琶湖畔の雄松崎(滋賀県大津市)にある「日本ボーイスカウト初野営の地」の石碑の書は、三島の筆によるものである。 (三島通陽 – Wikipedia)

第3回 日本ジャンボリー (アジアジャンボリー) 1962年(昭和37年)8月3日 – 8月8日 場所:静岡県御殿場市・東富士演習場滝ヶ原駐屯地。北海道美幌町の美幌ボーイスカウト隊員・加藤雅夫 (美幌音楽人) が参加。明仁皇太子殿下 (今上天皇) と美智子妃殿下 (皇后美智子) に謁見行進。1963年 第11回 世界ジャンボリー (ギリシャ) の参加は、あきらめました。1ドルが 360円の時代でした。

関連サイト

ボーイスカウト十話 – ボーイスカウト茨城県連盟ホームページ

関連エントリ

スカウト の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

スカウト十話 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

子どもの人権110番 強化週間のお知らせ

705px-Soapbubbles-SteveEF.jpg

子どもの人権110番 強化週間のお知らせ

関連記事

「子どもの人権110番」 2019/08/22掲載(網走管内/告知) 相談時間を延長 / 29日から強化週間 / 法務局と人権擁護委員連合会は29日から9月4日までを「子どもの人権110番」強化週間として、相談時間を延長して対応する。 同110番はいじめや体罰など、子どもの発する信号をいち早くキャッチし、解決に導くための相談を受け付ける専用電話。 人権擁護委員や法務局職員が対応にあたる。午前8時半~午後7時。ただし31日と9月1日は午前10時~午後5時。 電話番号は全国共通でフリーダイヤル0120・007・110。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

全国一斉「子どもの人権110番」強化週間の実施について / 子どもをめぐる様々な人権問題の解決を図るための活動を強化するため,全国一斉「子どもの人権110番」強化週間を実施します。 (全国一斉「子どもの人権110番」強化週間の実施について法務省ホームページ)

関連動画

人権相談窓口広報用コンテンツ4 「子どもの人権110番」(30秒版) – YouTube

関連サイト

子どもの人権110番 – 法務省ホームページ

「子どもの人権110番」につながらない方向けの各局電話番号一覧(通話料有料) – 法務省ホームページ

関連エントリ

子どもの人権110番 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

子どもの権利 こどもの権利条約

子どもの権利 こどもの権利条約

関連記事

子どもの権利は、子どもが持つ人権のことである。そこには親や保護者との適切な関係性を保持する権利、基本的な食事の必要を満たす権利、教育を受ける権利、保護とケアを受ける権利、子どもの年齢と発達の度合いから見て適切な刑事法の適用を受ける権利、人間としての独自性を発揮する権利などが含まれる。 (子どもの権利 – Wikipedia

児童の権利に関する条約(じどうのけんりにかんするじょうやく、英語:United Nations Convention on the Rights of the Child)は、児童(18歳未満の者)の権利について定める国際条約である。通称は子どもの権利条約(こどものけんりじょうやく)。略称はCRCあるいはUNCRC) 。 (児童の権利に関する条約 – Wikipedia)

関連動画

子どもの権利条約30周年:あなたはどうしますか? /日本ユニセフ協会 – YouTube

子どもの権利条約30周年:デイビッド・ベッカム大使からのメッセージ /日本ユニセフ協会 – YouTube

関連サイト

2019年は、子どもの権利条約が採択されて30周年です – 日本ユニセフ協会

子どもの権利条約 特設サイト | 日本ユニセフ協会

こどもの権利条約 全文 | 日本ユニセフ協会

「児童の権利に関する条約」全文

関連エントリ

こどもの権利 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

こどもの権利条約 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本ユニセフ協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る