ニコライ・カプースチン の検索結果: 2 件

ニコライ・カプースチン(Nikolai Kapustin)について

90px-Water_drop_on_a_leaf.jpg

ニコライ・カプースチン(Nikolai Kapustin)について

関連記事

ニコライ・ギルシェヴィチ・カプースチン(Nikolai Girshevich Kapustin、Николай Гиршевич Капустин、1937年11月22日 – )は、ウクライナの作曲家、ピアニスト、ミュージシャン。カプスチン、カプスティンとも表記される。略歴 / ホルリフカ(ロシア語版)の出身。7歳でピアノを始め、14歳の時にモスクワに移り住む。モスクワ音楽院でアレクサンドル・ゴリデンヴェイゼルにピアノを師事する。在学中にジャズに興味を持ち始め、独自のアイディアに基づいて作曲を試みるようになる。1961年モスクワ音楽院卒業後、1972年までの11年間にわたって、ソビエト中をジャズ・オーケストラとして旅行。1980年、チャイコフスキー大ホールで自作のピアノ協奏曲第2番を演奏したのを最後に、自作のレコーディングを除いて作曲活動に専念。多数の作品を生み出し続けている。2009年現在、作品番号は140を数える。作曲家としては長らく無名の時代が続いたが、ニコライ・ペトロフ、マルカンドレ・アムラン、スティーヴン・オズボーン(英語版)などの巨匠ピアニストらがカプースチンの作品を取り上げるようになり、その名が次第に知られるようになった。日本国内で販売されている自作自演のCDも大変好評なもので、特に8つの演奏会用練習曲の人気が高い。楽譜も多数出版されている。なお、自作のレコーディングについては2004年に一度引退を表明したが、2008年に再びCDをリリースして復帰した。作風 / ジャズとクラシックを融合した独特の作風を持つのが彼の最大の特徴である。年代的には現代音楽に属する作曲家であるが、実験的なものではなく、あくまで聴き手を意識した曲を書いている。また、本人が優れたピアニストであることから、高度な演奏技巧が求められるピアノ曲を多数作曲している。こういったことに由来し、彼の音楽は非常に高い演奏効果を有し、演奏会向きといえる。(ニコライ・カプースチン – Wikipedia

カプースチンの楽曲一覧では、ニコライ・カプースチンの作品リストを示す。(カプースチンの楽曲一覧 – Wikipedia

Nikolai Girshevich Kapustin (Russian: Никола́й Ги́ршевич Капу́стин; born November 22, 1937 in Horlivka, Ukrainian SSR) is a Russian composer and pianist. Kapustin studied piano with Avrelian Rubakh (pupil of Felix Blumenfeld who also taught Simon Barere and Vladimir Horowitz) and subsequently with Alexander Goldenweiser at the Moscow Conservatory. During the 1950s he acquired a reputation as a jazz pianist, arranger and composer. Thus, he is steeped in both the traditions of classical virtuoso pianism and improvisational jazz. He fuses these influences in his compositions, using jazz idioms in formal classical structures. An example of this is his Suite in the Old Style, Op. 28, written in 1977, which inhabits the sound world of jazz improvisation but is modelled on baroque suites such as the keyboard partitas composed by J. S. Bach, each movement being a stylised dance or a pair of dances in strict binary form. Other examples of this fusion are his set of 24 Preludes and Fugues, Op. 82, written in 1997, and the Op. 100 Sonatina. Kapustin regards himself as a composer rather than a jazz musician. He has said, “I was never a jazz musician. I never tried to be a real jazz pianist, but I had to do it because of the composing. I’m not interested in improvisation – and what is a jazz musician without improvisation? All my improvisation is written, of course, and they became much better; it improved them.” Among his works are 20 piano sonatas, six piano concerti, other instrumental concerti, sets of piano variations, études and concert studies. Russian and Japanese record labels have released several recordings of the composer playing his own music. He has also been championed by a number of prominent pianists, including Steven Osborne, Marc-André Hamelin, Ludmil Angelov and Japanese pianist Masahiro Kawakami, who released CDs devoted to Kapustin. Theoretical physicist Anton Kapustin is his son. (Nikolai Kapustin – Wikipedia

The compositions of Nikolai Kapustin (born 1937) are almost all for piano, either solo or accompanied. He has written 20 piano sonatas, six piano concerti, and other compositions for ensembles such as five saxophones and an orchestra (Op. 22) and a concerto for double-bass (Op. 76). (List of compositions by Nikolai Kapustin – Wikipedia

Никола́й Ги́ршевич Капу́стин (род. 22 ноября 1937, Горловка, УССР) — советский и российский композитор, джазовый пианист. (Капустин, Николай Гиршевич — Википедия

Микола Гіршович Капустін (нар. 22 листопада 1937, Горлівка, Донецька область) — український і російський композитор, піаніст. Здобув репутацію джазового піаніста в 1950—1960 роках. Досяг міжнародного визнання. (Капустін Микола Гіршович — Вікіпедія

関連サイト

Home of Nikolai Kapustin | Pianist & Composer

関連エントリ

日本ユーラシア協会の楽しい国際交流 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ニコライ・カプースチンの検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Nikolai Kapustin の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Капустин, Николай Гиршевич の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Капустін Микола Гіршович の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

50代 1997〜

1997 平成9年 50歳

* 美幌町立美幌小学校/北海道美幌町
 台湾台中市から中山国民小学音楽隊(25人)訪問、楽しい演奏交流会開催。
  訪問団長/劉活源(校長) 音楽監督/葉紅旗(笛子)

7.20~26
台中縣中山國小國樂團 25人 日本訪問
劉活源校長(團長) 葉紅旗(音樂監督) 學生 教職員 PTA
北海道友好交流音樂會演出 合作 加藤雅夫(美幌音樂人)
美幌町 美幌小學校 交流音樂會
札幌市 札幌天神山國際賓館 市民交流音樂會
七飯町 小學校 町民會館 交流音樂會
東京迪斯尼樂園參觀 台北駐日經濟文化代表處訪問 

台中縣中山國小學  台北駐日経済文化代表処(日本語)

 

50代 1997〜 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る