ピアソン夫妻 の検索結果: 15 件

Sister city Elizabeth city 2019 (Kitami Hokkaido Japan)

Sister city Elizabeth city 2019 (Kitami Hokkaido Japan)

関連記事

姉妹都市提携50周年を祝う 2019/11/02掲載(北見市/社会) 北見市の訪問団が米国エリザベス市へ / 記念事業などに参加、ピアソン夫妻の墓参も / 米国エリザベス市との姉妹都市提携50周年記念事業に参加する北見市からの訪問団が10月20~26日、エリザベス市を訪問した。 100年ほど前にエリザベス市出身のジョージ・ペック・ピアソン宣教師夫妻が野付牛(現・北見市)でキリスト教の布教や文化・教育活動に尽力。その縁で両市は1969(昭和44)年に姉妹都市提携を締結。ピアソン夫妻の私邸は現在、ピアソン記念館として市の指定文化財となっている。 7月にはエリザベス市のクリスチャン・ボルウェッジ市長ら訪問団が北見市を訪問し、記念事業などに参加。今回は北見市の訪問団が渡米した。 一行は辻直孝市長をはじめ北見工大と北見赤十字病院の関係者ら公式訪問団と市民訪問団の24人。市長表敬訪問や記念レセプション、北見工大とユニオンカウンティカレッジの協定締結などの記念事業が行われた。 このほかピアソン夫妻が眠る墓を参拝し、エジソン高校の生徒に日本料理や浴衣、折り紙を体験してもらう教室を開催。NPO法人ピアソン会は、ピアソン夫妻の著作を電子書籍化したDVDを市立図書館に寄贈した。 市内の移動中は市警の白バイの先導があり、ボルウェッジ市長をはじめエリザベス市職員が市役所前で出迎えるなど手厚い歓待を受けた。北見市市民環境部の井上智之次長は「とても温かく受け入れていただき、ありがたかった」と話している。(柏) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

ピアソン夫妻(ピアソンふさい)こと、ジョージ・ペック・ピアソン(George Peck Pierson、1861年1月14日 – 1939年7月31日)とアイダ・ゲップ・ピアソン(Ida Goepp Pierson、1862年 – 1937年3月13日)は、アメリカ合衆国出身の宣教師夫妻。明治後期から昭和初期にかけての日本で、北海道内を中心として農村でのキリスト教の福音伝道に尽くした。夫のジョージは『ピアソン聖書』と呼ばれる聖書『略註旧新約聖書』の編纂、妻のアイダは旭川や北見の廃娼運動で実績を残した。 (ピアソン夫妻 – Wikipedia)

ピアソン記念館(ピアソンきねんかん)は、北海道北見市にある歴史的建造物および博物館。 大正時代から昭和初期にかけて宣教活動に従事したアメリカ人宣教師夫妻の[4]ジョージ・ペック・ピアソンとアイダ・ゲップ・ピアソンの業績を記念して[5]、その旧邸を資料館としたものである。 (ピアソン記念館 – Wikipedia )

エリザベス(英: Elizabeth)は、アメリカ合衆国ニュージャージー州東部、ユニオン郡にある都市である。ニューアークの南に隣接し、ニューヨークのスタテンアイランドとはニューアーク湾を隔てて対岸、またマンハッタンからは南西へ約20kmに位置する。2010年国勢調査では人口124,969人であり[2]、ニュージャージー州内ではニューアーク、ジャージーシティ、パターソンに次いで第4位だった。ユニオン郡の郡庁所在地でもある。 2008年、エリザベス市は「ポピュラーサイエンス」誌によって「アメリカの環境に優しい都市50」にニュージャージー州の都市として唯一選出された。 姉妹都市 / 北海道、北見市 (エリザベス (ニュージャージー州) – Wikipedia)

関連サイト

Official Elizabeth website

Sister city Elizabeth city | Kitami-shi

エリザベス市 | 北見市ホームページ

ピアソン記念館 | 北見市ホームページ

関連エントリ

Elizabeth City (New Jersey) – Kitami (Hokkaido) – 美幌音楽人 加藤雅夫

ピアソン夫妻 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

あさが来た~ピアソン記念館 (北海道北見市)

001_l.jpg

あさが来た~ピアソン記念館 (北海道北見市)

関連記事

NHK連続テレビ小説『あさが来た』ヒロイン・白岡あさのモデルは大阪を拠点に活動した実業家で教育者の広岡浅子。 広岡浅子のペンネームは九転十起生(きゅうてんじっきせい)。明治を代表する女性実業家であり、豪気・英明な天性から「一代の女傑」と称えられた。 / 夫 – 広岡信五郎 / 長女 – 広岡亀子 / 女婿 – 広岡恵三、広岡浅子の娘・亀子と結婚、広岡家の婿養子となる。妹の一柳満喜子も留学前の若いころ広岡家で暮らしていた。 ウィリアム・メレル・ヴォーリズ – 義弟 (妹・満喜子の夫)

ピアソン記念館(ピアソンきねんかん)は、北海道北見市にある歴史的建造物および博物館。 大正時代から昭和初期にかけて宣教活動に従事したアメリカ人宣教師夫妻のジョージ・ペック・ピアソンとアイダ・ゲップ・ピアソンの業績を記念して、その旧邸を資料館としたものである。 概要 / ピアソン記念館は、北見の創成期の精神・文化などに大きな役割を果たしたアメリカ人宣教師ピアソン夫妻の私邸を、記念館として復元したものである。 この私邸は、ピアソン夫妻が15年間にわたって生活した木造2階建の西洋館で、建築技師のウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計により建設された。 (ピアソン記念館 – Wikipedia)

音楽動画

AKB48 365日の紙飛行機 “365nichi no Kamihikoki” 「あさが来た」主題歌 – YouTube

関連サイト

ピアソン記念館 : ヴォーリズを訪ねて

ピアソン記念館 | 北見市ホームページ

ピアソン記念館のホームページ

関連エントリ

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

William Merrell Vories の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ピアソン記念館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Pierson Memorial Museum の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ピアソン記念館のシンボルツリー「ヤマナシ」

o0570042810272013897.jpg

ピアソン記念館のシンボルツリー「ヤマナシ」

関連記事

北見「ピアソン会」が総会 2019/05/30掲載(北見市/社会)
台所の復元に向け活動を継続 / エリザベスとの姉妹都市50周年事業にも参加 / 北見市指定文化財のピアソン記念館(幸町)の指定管理者を務めるピアソン会の2019年度総会が25日、同記念館で開かれ、事業計画などを決めた。 同会は記念館の管理をはじめ、施工主であるピアソン宣教師夫妻に関する資料の整理や展示、広報活動などを行っている。今年度は同会の20年間の活動記録を電子書籍にまとめるほか、ピアソン氏の故郷、米国エリザベス市と北見市との姉妹都市提携50周年を記念した各種事業に参加する。 このほか記念館の台所の復元や来館者用トイレ、大型バス乗降場の整備に向けた活動を継続する。(柏) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

初夏告げるヤマナシ満開 2019/05/21掲載(北見市/話題)
ピアソン記念館のシンボルツリー / 枝いっぱいに白い花 花だより / 北見市幸町のピアソン記念館のシンボルツリーのひとつ、ヤマナシの花が満開となり、枝いっぱいに真っ白な花を咲かせている。 同記念館は米国人宣教師のジョージ・ペック・ピアソン夫妻が1914年に私邸として建築。記念館を管理するNPO法人ピアソン会によると、ヤマナシは果物の梨の原種で、道内には自生しておらず「ピアソン夫妻がジャムを作るために持ち込んだのではないか」という。 新緑の間を吹き抜ける風に揺れるヤマナシの花と、山小屋をイメージして建設された記念館の佇まいとが相まって、初夏を感じさせるさわやかな光景を生み出している。(理) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

ピアソン記念館(ピアソンきねんかん Pierson Memorial Museum)は、北海道北見市にある歴史的建造物および博物館。 大正時代から昭和初期にかけて宣教活動に従事したアメリカ人宣教師夫妻のジョージ・ペック・ピアソンとアイダ・ゲップ・ピアソンの業績を記念して、その旧邸を資料館としたものである。 (ピアソン記念館 – Wikipedia)

関連サイト

ピアソン記念館 | 北見市のホームページ

関連エントリ

ピアソン記念館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Pierson Memorial Museum の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

1942年(昭和17年)6月10日 北海道北見市の市制施行の日

Kitami_mint_memorial_museum.jpg

1942年(昭和17年)6月10日 北海道北見市の市制施行の日

関連記事

6月10日 歴史 / 1942年 北海道北見市が市制施行。(6月10日 今日は何の日~毎日が記念日~

6月10日 できごと / 1942年 – 北海道北見市が市制施行。(6月10日 – Wikipedia

北見市(きたみし)は、北海道オホーツク総合振興局にある市。オホーツク海沿岸から石北峠まで東西約110キロメートル (km) に広がっている。北海道(ただし、北方領土である択捉島などを除いた場合)で一番広い地方公共団体(日本国内では高山市、浜松市、日光市に続く4番目の広さ)である。概要 / 「北見」の名の由来は、明治政府から国名を諮問された松浦武四郎が「この地を従来から北海岸と唱えてきたので北の文字を用い、カラフト島が快晴の日には見えるので、北見としてはどうか」と進言したことによる。旧北見市市制施行前の名称「野付牛」(のっけうし)は、アイヌ語の「ヌプンケシ」(野の一方の端)に由来している。歴史 / 年表 / 江戸時代以前 / 安政3年(1856年) – 松浦武四郎が常呂川を上り北見に来る。大正時代 / 1914年(大正3年)5月31日 – ピアソン記念館の開設。昭和時代 / 太平洋戦争前 / 1928年(昭和3年) – ピアソン夫妻が北見を離れ、米国へ出発。1934年(昭和9年) – 北見ハッカ記念館の開設。1939年(昭和14年) – 北見のハッカが世界市場の7割を占め、最盛期を迎える。太平洋戦争中 / 1942年(昭和17年)6月10日 – 野付牛町が単独で市制を施行し、北見市(第1次北見市)を発足。太平洋戦争後 / 1947年(昭和22年)9月6日 – 北見市開基50周年。(北見市 – Wikipedia

関連サイト

ヌプンケシ25号 | 北見市

ヌプンケシ2号 | 北見市

ヌプンケシ22号 | 北見市

市史編さんニュース ヌプンケシ目次 | 北見市

北見市の生い立ち | 北見市

北見市史の販売 | 北見市

関連エントリ

北見ハッカ記念館 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ピアソン記念館 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ヌプンケシ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

市制施行の日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

「カルバリ宣教師」 (北見、北海道)

330px-Autoharp_today.jpg

210px-5208-20080122-1255UTC--jerusalem-calvary.jpg

God Can Use…even a Texan with an Autoharp

「カルバリ宣教師」 (北見、北海道)

「カルバリ宣教師」 (北見、北海道) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

5月7日、ウィリアム・メレル・ヴォーリズの死。(1964)

o0570042810272013897.jpg

5月7日、ウィリアム・メレル・ヴォーリズの死。(1964)
May 7, death of William Merrell Vories. (1964)

5月7日、ウィリアム・メレル・ヴォーリズの死。(1964) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ピアソン記念館の100周年。(1914年 – 2014年)

001_l.jpg

ピアソン記念館の100周年。(1914年 – 2014年)
100 anniversary of the Pierson Memorial Museum. (1914 – 2014)

ピアソン記念館の100周年。(1914年 – 2014年) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ピアソン記念館で、吉田瑳矩果(よしだ さくら)ハープ演奏会

o0570042810272013897.jpg

130713_HOKUTEN_NO_OKA_Lake_Abashiri_Tsuruga_Resort_Abashiri_Hokkaido_Japan11s3.jpg

ピアソン記念館
ピアソン記念館(ピアソンきねんかん、Pierson Memorial Museum)は、北海道北見市にある歴史的建造物及び博物館。大正時代のアメリカ人宣教師ジョージ・ペック・ピアソンの業績を記念して、その旧邸を資料館とした。1996年に北見市指定文化財、2001年に北海道遺産に指定された。 この記念館は、ピアソン夫妻の功績を広く知らせるだけではなく、ヴォーリズが設計した日本最北の建築物を保存するという機能をもっている。 なお、ピアソンの縁により、北見市とエリザベス市(アメリカ合衆国)は姉妹都市提携を結んでいる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ピアソン記念館

ピアソン記念館「第1回ボランティアコンサート」
ハープ演奏: 吉田 瑳矩果(Yoshida Sakura)

ピアソン記念館で、吉田瑳矩果(よしだ さくら)ハープ演奏会 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道からのメールマガジン(第321号)

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

領土問題 のニュースブログ(Google 検索) 

北海道知事 のニュースブログ(Google 検索) 

北海道のメールマガジン「Do・Ryoku(動・力)」(第321号)が送られてきました。日本および世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

北海道からのメールマガジン(第321号) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

林白言文学賞(文芸北見)

800px-Potato_flowers.jpg

Magnolia_kobus_borealis1.jpg

PR00102116885.jpg

PR00102116888.jpg

PR00102116928.jpg

文学賞とは、優れた文学作品に対し与えられる賞の総称である。地方文学賞では、日本国内の地方自治体や地方新聞社、または地方の文芸協会などが実施する文学賞について示す。文学とは、言語表現による芸術作品の事をいう。(Wikipedia)

写真: じゃがいもの花(ジャガイモ) こぶしの花(辛夷)
文芸北見(創刊号) 文芸北見(第2号) 文芸北見(第41号)

林白言文学賞(文芸北見) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る