埴生の宿 の検索結果: 5 件

忘れられないイングランド民謡(イングランドの作曲家)

473px-Sir_Henry_Rowley_Bishop_by_George_Henry_Harlow.jpg

Home_Sweet_Home_-_Project_Gutenberg_eText_21566.png

忘れられないイングランド民謡(イングランドの作曲家)

関連記事

Saung-kauk.jpg

Biruma_no_tategoto_1.jpg

『埴生の宿』(はにゅうのやど/はにふのやど)は、日本で親しまれているイングランド民謡。原題は『ホーム・スイート・ホーム』(英: Home! Sweet Home!)で、「楽しき我が家」という訳題でも知られる。ホーム・スイート・ホーム / 1823年に作詞・作曲され、同年初演のオペラ『ミラノの乙女クラリ』(Clari, Maid of Milan)の中で歌われた。作曲 / イギリスのヘンリー・ローリー・ビショップ作曲。なお、ビショップがこの曲の着想を得たのはイタリア(シチリア)民謡からと言われいる。作詞 / アメリカ合衆国のジョン・ハワード・ペイン(John Howard Payne, 1791年 – 1852年)作詞。埴生の宿 / 日本では、里見義訳詞の唱歌『埴生の宿』として広く知られている。この訳詞は1889年(明治22年)12月に東京音楽学校が出版した『中等唱歌集』に収載された。太平洋戦争勃発に伴い、洋楽レコードが「敵性レコード」として廃棄が呼びかけられる中でも、『埴生の宿』や『庭の千草』など歌詞を邦訳にしたものは、国民生活になじんでいるとして敵性レコードから除外された。2006年(平成18年)には日本の歌百選の一つに選ばれている。小説『ビルマの竪琴』では、日本兵と敵兵がともに歌うという象徴的なシーンでこの歌が使われている。映画、ドラマなどで使われた例として前述の『ビルマの竪琴』をはじめ、『二十四の瞳』(木下恵介監督版)、『火垂るの墓』、『純情きらり』、『ゲゲゲの女房』、『仮面ライダーV3』『マッサン』、『ガールズ&パンツァー 劇場版』などがある。(埴生の宿 – Wikipedia

“Home, Sweet Home” is a song adapted from American actor and dramatist John Howard Payne’s 1823 opera Clari, or the Maid of Milan, the song’s melody was composed by Englishman Sir Henry Bishop with lyrics by Payne. Bishop had earlier published a more elaborate version of this melody, naming it “A Sicilian Air”, but he later confessed to having written himself. The song is known in Japan as “Hanyū no Yado” (”埴生の宿”) (”My Humble Cottage”). It has been used in such movies as The Burmese Harp and Grave of the Fireflies. It is also used at Senri-Chūō Station on the Kita-Osaka Kyūkō Railway. (Home! Sweet Home! – Wikipedia

ヘンリー・ローリー・ビショップ(Henry Rowley Bishop, 1786年11月18日 – 1855年4月30日)はイングランドの作曲家で、舞台音楽の専門家。一般に現在ではほとんど忘れられているが、日本では唱歌「埴生の宿」の作曲者としてかろうじて記憶されている。(ヘンリー・ローリー・ビショップ – Wikipedia

Sir Henry Rowley Bishop (18 November 1786 – 30 April 1855) was an English composer. He is most famous for the songs “Home! Sweet Home!” and “Lo! Here the Gentle Lark.” He was the composer or arranger of some 120 dramatic works, including 80 operas, light operas, cantatas, and ballets. Bishop was Knighted in 1842. (Henry Bishop (composer) – Wikipedia

関連エントリ




埴生の宿 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ヘンリー・ローリー・ビショップ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Home! Sweet Home! の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Henry Bishop (composer) の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

4月30日、ヘンリー・ローリー・ビショップの死。(1855年)

473px-Sir_Henry_Rowley_Bishop_by_George_Henry_Harlow.jpg

330px-Home_Sweet_Home_-_Project_Gutenberg_eText_21566.png

330px-Johnhowardpayneportrait.png

4月30日、ヘンリー・ローリー・ビショップの死。(1855年)
April 30, death of Henry Rowley Bishop. (1855)

4月30日、ヘンリー・ローリー・ビショップの死。(1855年) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「シルバー合唱団交流演奏会」(あばしりのシルバーコーラスから)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

合唱
合唱(がっしょう)は、複数の人が複数の声部に分かれて各々のパートを複数で歌う音楽の演奏形態のこと。各々のパートがひとりずつとなるものを重唱と呼んで区別するほか、複数人が同一の旋律を歌うことも斉唱といい、区別される(広義では斉唱も合唱に含まれる)。無論、ひとりで歌う独唱とも区別される。 「合唱」は、器楽の「合奏」の対語でもある。クワイア(choir)、コーラス(chorus)とも呼ばれる。 合唱の種類: パート数により、二部合唱、三部合唱、四部合唱等と呼ぶ。曲によっては六部、八部合唱などもある。 女声による合唱を女声合唱、男声によるものを男声合唱といい、変声前の声によるものを児童合唱(または童声合唱、少年合唱、少年少女合唱など。主に童声合唱)と呼ぶ。男女の声によるものを混声合唱という。
http://ja.wikipedia.org/wiki/合唱

コーラス (ポピュラー音楽)
コーラス(英: chorus)は、合唱を意味する音楽用語である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/コーラス (ポピュラー音楽)

第20回
道東都市「シルバー合唱団」交流演奏会
釧路市シルバーコーラス「心の窓に灯を」「森へ」「見上げてごらん夜の星を」「高原列車は行く」「時代」
北見シルバー混声合唱団「モルダウ」「黒い瞳のナタリー」「夏の思い出」「風が」「雨ニモマケズ」
帯広シルバーコーロアミーチ「見上げてごらん夜の星を」「ともだち」「魅惑の宵」
根室コール・スワン「地上の星」「涙そうそう」「この空を飛べたら」「昴(すばる)」
あばしりシルバーコーラス「翼をください」「混声合唱曲集 空とぶうさぎ」「足指でおセンタク」「お母さん」
合同合唱「埴生の宿」「花は咲く」「さようなら」

「シルバー合唱団交流演奏会」(あばしりのシルバーコーラスから) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

外務省からのメールマガジン「わかる!国際情勢、ミャンマー」

Bagan-sm.jpg

397px-Myanmar_monks2.jpg

外交 のニュースブログ(Google 検索)
ミャンマー のニュースブログ(Google 検索)

ミャンマー連邦共和国(ミャンマーれんぽうきょうわこく)、通称ミャンマーは、東南アジアに位置する共和制国家。1989年までの名称はビルマだった。 2012年に入って以降、アメリカが民主化を評価し、ミャンマーへの政策を改める見通しが出始めており、これまでアメリカの顔色を伺って現地進出したくてもできなかった日本企業にとっては明るい兆しと言える。また、ミャンマー側にとっても経済発展は悪い話ではないし、ベトナム、カンボジア、バングラデシュに大きく遅れをとったが、グローバリゼーションが進む21世紀の世界において、安いコストで衣類などの軽工業品を生産できることは、企業側にとっては良いビジネスになりうる。また、結果として多くのミャンマー国民の雇用を生み出すという点でも重要である。(Wikipedia

外務省(MOFA)のメールマガジン「わかる!国際情勢」第57号(2012年10月9日発行)が送られてきました。日本及び世界各地の皆様へお知らせいたします。

外務省からのメールマガジン「わかる!国際情勢、ミャンマー」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

唱歌「埴生の宿」の作曲者を知っていますか?

473px-Sir_Henry_Rowley_Bishop_by_George_Henry_Harlow.jpg

Home_Sweet_Home_-_Project_Gutenberg_eText_21566.png


埴生の宿は、日本で親しまれているイングランド民謡(楽しき我が家、Home! Sweet Home!)。1823年初演のオペラ「ミラノの乙女」の中で歌われた。アメリカ合衆国のジョン・ハワード・ペイン(John Howard Payne)作詞。イギリスのヘンリー・ローリー・ビショップ(Henry Rowley Bishop)作曲。(Wikipedia

ヘンリー・ローリー・ビショップ(Henry Rowley Bishop, 1786年11月18日 – 1855年4月30日)はイングランドの作曲家。舞台音楽の専門家で現在ではほとんど忘れられているが、日本では唱歌「埴生の宿」の作曲者としてかろうじて記憶されている。(Wikipedia

今日(11月18日)は、唱歌「埴生の宿」の作曲者ヘンリー・ローリー・ビショップの誕生日である。

唱歌「埴生の宿」の作曲者を知っていますか? の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る