音楽 カテゴリのアーカイブ

L・M・モンゴメリ(赤毛のアン)について

Montgomery_Anne_of_Green_Gables.jpg

Lmmontgomery1884.gif

L・M・モンゴメリ(赤毛のアン)について

関連記事

ルーシー・モード・モンゴメリ(Lucy Maud Montgomery、1874年11月30日 – 1942年4月24日)はカナダの小説家である。『赤毛のアン』の作者であり、本作を第一作とする連作シリーズ「アン・ブックス」で良く知られている。彼女の小説は英語で記されている。生涯 / ルーシー・モード・モンゴメリは1874年11月30日に、カナダ東部プリンス・エドワード島のクリフトン(現在のニューロンドン)で生まれた。1935年にフランス芸術院会員となり、また、大英帝国勲位も受けた。同年、一家はトロントへ移った。モンゴメリは1942年にトロントで亡くなった。著作 / 1908年の『赤毛のアン』の成功の後、1909年の第2作『アンの青春』など、『赤毛のアン』シリーズ(アン・ブックス)を含め生涯に20冊の小説と短編集を書いた。特に『赤毛のアン』は何度も映画化され、40か国語に翻訳されるなどの成功を収めた。『赤毛のアン』は日本では、1952年に村岡花子により翻訳・紹介され、主に少女たちの間で熱狂的に愛読された。のちに、中学の国語の教科書に収録され、1979年に世界名作劇場シリーズでテレビアニメ『赤毛のアン』として放送された。モンゴメリの生地、プリンス・エドワード島を訪れる日本人観光客は多い。(L・M・モンゴメリ – Wikipedia

Lucy Maud Montgomery, OBE (November 30, 1874 – April 24, 1942), published as L.M. Montgomery, was a Canadian author best known for a series of novels beginning in 1908 with Anne of Green Gables. The book was an immediate success. The central character, Anne Shirley. The first novel was followed by a series of sequels with Anne as the central character. Montgomery went on to publish 20 novels as well as 530 short stories, 500 poems, and 30 essays. Most of the novels were set in Prince Edward Island, and locations within Canada’s smallest province became a literary landmark and popular tourist site – namely Green Gables farm, the genesis of Prince Edward Island National Park. She was made an officer of the Order of the British Empire. Montgomery’s work, diaries and letters have been read and studied by scholars and readers worldwide. Death / On April 24, 1942, Montgomery was found dead in her bed in her Toronto home. (Lucy Maud Montgomery – Wikipedia

『赤毛のアン』(あかげのアン、原題: Anne of Green Gables)は、カナダの作家L・M・モンゴメリが1908年に発表した長編小説。特に児童を対象に書かれた作品ではないが、この数十年は児童文学とみなされている。原題のグリーンゲイブルズ (Green Gables) はアンが住むことになるカスバート家の屋号であり、直訳すると、「緑の切妻屋根」という意味になる。(赤毛のアン – Wikipedia

関連エントリ

赤毛のアン – 小池喜孝 (北海道 北見北斗高等学校) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

「人生には生きる価値があるわ、そこに笑いがある限り」(赤毛のアン) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

L・M・モンゴメリ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Lucy Maud Montgomery の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ブルガリアンボイス おひさま交流合唱団について

330px-Sunflowers.jpg

ブルガリアンボイス おひさま交流合唱団について

関連記事

ブルガリアで交流コンサート 北見と福島、東京など 「おひさま交流合唱団」 / 地元の合唱団と 北見で報告会も / 国際交流を目的に、北見と福島、東京などの合唱団員らで結成する「おひさま交流合唱団」が今月6日、ブルガリアのプロヴディフ市で交流コンサートを行った。ブルガリアンボイスという独特の発声法で歌う地元のクルトボコナレ女声合唱団と共演し、歌声で交流した。おひさま交流合唱団は、指揮を担当する北見の女性の呼び掛けで、合唱仲間が集まって結成。平成26年にロシア、28年にポーランドと2年ごとに海外で交流コンサートを開いている。今年は北見の9人を含む24人が参加した。プロヴディフでは、2つの合唱団による友好親善合唱コンサートを開催。地元住民が集まる中、それぞれ7曲ずつと、日本語とブルガリア語の曲を1曲ずつ合同で歌った。コンサート後は交流会も開かれ、歌やダンスで親睦を深めた。帰国後には、参加できなかった北見のメンバーに向けた報告会が北見市内のカフェで開かれた。ブルガリア訪問メンバー7人を含め、14人が参加した。女性は、ブルガリアンボイスの素晴らしさを紹介し「ブルガリアの指揮者の方が日本語の『ふるさと』を暗記してくださっていて、とても感激しました。どこの国も人の温かさは同じだと感じました」と話した。ブルガリアを訪れたメンバーはそれぞれ「ブルガリアの合唱団は優しく、歌声の迫力がすごかった」「とても素晴らしい経験になった」など、ブルガリアでの体験を仲間に報告した。(菊)(2018年4月23日の記事 経済の伝書鳩

プロヴディフ(ブルガリア語:Пловдив / Plovdiv)は、ブルガリア中部に位置するブルガリア第2の都市、およびそれを中心とした基礎自治体であり、プロヴディフ州の州都である。その人口は2010年3月時点の推計で376,103人であり[3]、ブルガリアでは首都のソフィアに次いで2番目に大きい。文化 / 音楽 / プロヴディフの文化を代表する存在として、プロヴディフ・フィルハーモニーがあり、これは1945年に設立されたものである。ドミートリイ・ショスタコーヴィチ、スヴャトスラフ・リヒテル、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、ユーリイ・ブコフ、ミンチョ・ミンチェフなどのソロイストが、プロヴディフ・フィルハーモニーと共に仕事をした。楽団はヨーロッパのほぼ全ての国を訪れている。トラキヤ民俗合奏団は1974年に設立され、ブルガリア国内で数多くのコンサートをこなしたほか、42箇国での仕事を経験してきている。トラキア伝統音楽合唱団はグラミー賞にノミネートされたことがある。デツカ・キトカ合唱団(Detska Kitka Choir)は、古くから続く著名な少年合唱団であり、数多くの国際的な合唱大会での受賞歴を持つ。(プロヴディフ – Wikipedia

関連エントリ

おひさま交流合唱団 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ブルガリアンボイス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

4月23日の記念日「サン・ジョルディの日」について

4月23日の記念日「サン・ジョルディの日」について

関連記事

4月23日 サンジョルディの日 / 元々はスペイン・カタロニア地方の習慣で、この日、守護聖人サン・ジョルディを祭り、女性は男性に本を、男性は女性に赤いバラを贈る。この日は「ドン・キホーテ」の作者セルバンテスの命日でもあるため、スペインでは「本の日」とされている。日本では日本書店組合連合会、日本カタロニア友好親善協会等が1986年から実施している。 4月23日 世界図書・著作権デー(World Book and Copyright Day) / 国際デーの一つ。スペインからの提案により、1995年のユネスコ総会で採択された。この日はスペインの習慣である「サン・ジョルディの日」であり、また、セルバンテス、シェイエクスピアなど多くの文筆家の誕生日や命日であることに因むものである。 4月23日 子ども読書の日 / 2001年12月に制定。文部科学省が実施。こどもの読書活動についての関心と理解を深め、こどもが積極的に読書活動を行う意慾を高めることを目的としている。(4月23日 今日は何の日~毎日が記念日~

4月23日 記念日 / 竜退治の伝承があるキリスト教の聖人、ゲオルギオス(?-303)殉教。後にスペインの書店がこの日とセルバンテスの命日などを結び付け、今日では書物を贈るサン・ジョルディの日となっている。 4月23日 聖ゲオルギオスの日(サン・ジョルディの日、聖ジョージの日)キリスト教の聖人ゲオルギオスの聖名祝日。4月23日 世界図書・著作権デー(世界本の日)(世界)。 4月23日 子ども読書の日(日本)。(4月23日 – Wikipedia

サン・ジョルディの日(カタルーニャ語: Diada de Sant Jordi)は、スペイン・カタルーニャ地方における、キリスト教の聖人・聖ゲオルギオス(サン・ジョルディ)の聖名祝日(ゲオルギオスの日)。4月23日に行われる。この日は「本の日」とも呼ばれ、カタルーニャでは親しい人に本を贈る記念日とされている。この風習は20世紀後半に「サン・ジョルディの日」の名とともに日本へも紹介された。国際連合教育科学文化機関 (UNESCO) は、スペインからの提案に基づき4月23日を「世界図書・著作権デー」(世界本の日)に制定している。また、日本では4月23日が「子ども読書の日」と定められている。カタルーニャの「本の日」 / 聖ゲオルギオス(カタルーニャ語: サン・ジョルディ)は、ドラゴン退治の伝承を持つキリスト教の聖人で、カタルーニャ地方の守護聖人である。4月23日はこの聖人が殉教した命日で、これを記念して聖名祝日となっている。カタルーニャでは、伝統的にこの祝日に男女が赤いバラなどを贈りあうという、バレンタインデーと似た風習があった。聖ゲオルギオスが退治したドラゴンの血が赤いバラになったという伝承があり、中世以来聖ゲオルギオスは赤いバラと結び付けられていた。このためサン・ジョルディの日は「バラの日」(El dia de la Rosa)とも呼ばれている。サン・ジョルディの日は「本の日」(El dia del Llibre)としても知られているが、この日に本を贈るという風習は、20世紀初頭に始まった比較的浅い伝統である。4月23日は、小説『ドン・キホーテ』の作者セルバンテスの命日(1616年)であり、さらにシェイクスピアの伝説上の誕生日(1564年)であって命日(1616年)である。日本における「本の日」の展開 / 日本では、日本書店商業組合連合会と日本・カタルーニャ友好親善協会などが、1986年に4月23日を「サン・ジョルディの日」と定めた。2001年12月に公布された子どもの読書活動の推進に関する法律第10条において4月23日は「子ども読書の日」に定められている。ユネスコの「世界本の日」 / 国際連合教育科学文化機関 (UNESCO) は、1995年11月に開催された総会において、4月23日を「世界図書・著作権デー」(世界本の日)に制定している。これは、スペインからの提案に基づいたものである。この記念日は翌1996年から実施された。(サン・ジョルディの日 – Wikipedia

関連サイト

日本・カタルーニャ友好親善協会のホームページ

日本・カタルーニャ友好親善協会 – ホーム | Facebook

関連エントリ


カタルーニャ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

世界本の日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

こども読書の日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

サン・ジョルディの日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の女性シンガーソングライター 植村花菜(トイレの神様)

394PX-~1.JPG

日本の女性シンガーソングライター 植村花菜(トイレの神様)

関連記事

「トイレの神様」(トイレのかみさま)は、植村花菜による楽曲、およびこれを始めとする同名著書などの作品群である。(トイレの神様 – Wikipedia

植村 花菜(うえむら かな Kana Uemura、1983年1月4日 – )は、日本の女性シンガーソングライター。本名:清水 花菜(しみず かな)。愛称は、カナちゃん、カナ吉。兵庫県川西市出身。2005年5月にシングル「大切な人」でキングレコードからメジャーデビュー。人物 / 先祖は大久保利通の父・大久保利世であり、利通の異母姉妹であるタケの子孫に当たる。音楽 / アコースティックギターによる弾き語りが主なスタイル。次のアルバムで売れなければ契約打ち切りという時にプロデューサーが寺岡呼人に変わる。雑談中に話した祖母との思い出を曲にするよう寺岡にアドバイスされ、「トイレの神様」が完成する。来歴 / 2010年 / 2〜3月、「トイレの神様」が有線放送キャンシステム問い合わせチャート月間1位を獲得。7月9日、初の著書『トイレの神様』発売。7月21日、「トイレの神様」着うたフル(R)がレコチョクウィークリーチャート2位を獲得。11月18日、第43回日本有線大賞有線音楽優秀賞受賞。同時に『トイレの神様』が特別賞を受賞。12月31日、『第61回NHK紅白歌合戦』に初出場。9分52秒ある「トイレの神様」を紅白バージョンで7分50秒に縮めて披露した。(植村花菜 – Wikipedia

関連サイト

植村花菜オフィシャルサイト

植村花菜オフィシャルブログ 愛があればそれでいいのだ Powered by アメブロ

植村花菜 (@uemurakana27) | Twitter

植村 花菜(Uemura Kana) – ホーム | Facebook

関連エントリ

植村花菜 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

トイレの神様 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

音楽配達屋さん びほーるで 12thアニバーサリーコンサート

500JPY.JPG

音楽配達屋さん びほーるで 12thアニバーサリーコンサート

関連記事

音楽配達屋さん♪tuttiコンサート ピアノと電子オルガン 美幌町民会館びほーるで / 5月12日 / 美幌町在住のピアニストの堀内靖子さんと電子オルガン奏者の岡島一恵さんでつくる「音楽配達屋さん♪tutti(トゥッティ)」の「12thアニバーサリーコンサート」が5月12日(土)午後6時半から町民会館びほーるで開かれる。トゥッティは2006年に結成。コンサートではソロやデュオ演奏でビゼー「『カルメン』組曲より」、サン・サーンス「『動物の謝肉祭』より」などを演奏する。入場料は一般800円、高校生以下500円。未就学児無料。チケットは大通北1の沖田香露園で扱っている。(2018年4月18日の記事 経済の伝書鳩

トゥッティ(tutti)とは、イタリア語表記による音楽用語で「全部」の意味。 演奏している全ての奏者が同時に奏すること。ソロ(solo)の対義語で「総奏」全奏者による「合奏」を指す。オルガン音楽ではフル・オルガンによる強奏を指す。切り替えを単純化するために多くのオルガンの演奏台にはトゥッティボタンが備わっている。(トゥッティ – Wikipedia

関連サイト

びほーる文化情報 | 美幌町

北海道バリアフリーマップ 美幌町民会館「びほーる」

Kazue Okajima – Facebook

関連エントリ

堀内靖子 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

岡島一恵 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

1974年4月20日 東京国立博物館で『モナ・リザ』公開

481px-Mona_Lisa_headcrop.jpg

1974年4月20日 東京国立博物館で『モナ・リザ』公開

関連記事

4月20日 歴史 / 1974年 レオナルド・ダ・ヴィンチの『モナ・リザ』が東京国立博物館で公開。6月10日までに入場者150万人。(4月20日 今日は何の日~毎日が記念日~

『モナ・リザ』(伊: La Gioconda、仏: La Joconde)は、イタリアの美術家レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた油彩画。上半身のみが描かれた女性の肖像画で、「世界でもっとも知られた、もっとも見られた、もっとも書かれた、もっとも歌われた、もっともパロディ作品が作られた美術作品」といわれている。来歴 / 盗難と破損 / 1974年4月には、東京国立博物館に貸し出し展示されていた『モナ・リザ』が、美術館の身体障害者への対応に憤った「足の不自由な女性」に赤色のスプレー塗料を吹き付けられたが、『モナ・リザ』は無事だった。(モナ・リザ – Wikipedia

The Mona Lisa ( Monna Lisa or La Gioconda , La Joconde ) is a half-length portrait painting by the Italian Renaissance artist Leonardo da Vinci that has been described as “the best known, the most visited, the most written about, the most sung about, the most parodied work of art in the world”. The which is worth nearly $800 million in 2017. (Mona Lisa – Wikipedia

関連エントリ

399px-Snowman-20100106.jpg

モナリザ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

モナ・リザ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Mona Lisa の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 民音歌謡最前線 三山ひろしコンサート(北海道北見市)

750px-Subprefectures_of_Hokkaidosvg.png

2018年 民音歌謡最前線 三山ひろしコンサート(北海道北見市)

関連記事

三山ひろしコンサート 北見市民会館で 民音が文化交流に / 5月20日 / MIN‐ON(民音・財団法人民主音楽協会)北海道事務局北見市委員は5月20日(日)午後2時から、北見市民会館で「三山ひろしコンサート」を開きます。民音は1963年に「真の世界平和のためには民衆と民衆が分かり合うことが重要。国境を越えた芸術交流が不可欠」、国内では「音楽を民衆の手に取り戻す」と始まった活動。「言葉は通じなくても音楽ならば文化交流できる」と150カ国を超えて広がっています。コンサートは日本の歌手と海外のアーティストを交互にゲストに迎え、今年は「民音歌謡最前」と題し、三山ひろしさんのコンサートを企画。三山さんは1980年高知県南国市生まれ。「人恋酒場」でデビューし、10周年を迎えます。この間に発表したアルバム「歌い継ぐ!昭和の流行歌(はやりうた)」は第8集まで発売されるヒット。NHK紅白歌合戦に3年連続出場しています。コンサートでは「あやめ雨情」「男の流儀」ほかを歌う予定です。入場料6000円(会員4800円)。チケットぴあ、玉光堂イオン北見店などで扱っています。問い合わせはMIN‐ON札幌(TEL 011-642-5601)へ。(2018年4月16日の記事 経済の伝書鳩

三山 ひろし(みやま ひろし Miyama Hiroshi、1980年9月17日 – )は、高知県南国市出身の演歌歌手。本名、恒石 正彰(つねいし まさあき)。愛称はけん玉さん。人に安心感と活力を与えるその声は「ビタミンボイス」と呼ばれる。(三山ひろし – Wikipedia

関連サイト

北見市民会館ホームページ

北海道バリアフリーマップ 北見市民会館

イベントEVENT – 三山ひろし – ミイガンプロダクション

関連エントリ

三山ひろし の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

民音歌謡最前 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

MIN-ON 民主音楽協会と民音音楽博物館について

800px-Its_all_about_love.jpg

MIN-ON 民主音楽協会と民音音楽博物館について

関連記事

一般財団法人民主音楽協会(いっぱんざいだんほうじんみんしゅおんがくきょうかい)は、日本の音楽文化団体。1963年10月18日創立。概要 / 音楽文化の向上や、音楽を通した異なる文化との交流などを目的として、創価学会の池田大作会長(当時、現:名誉会長)によって設立された。略称は「民音」(みんおん)。「MIN-ON」で表記されることもある。労音(勤労者音楽協議会)・音協(音楽文化協会)などと並ぶ音楽文化団体。クラシック・民族音楽から歌謡曲・ミュージカルまで取扱いジャンルは幅広く、国内外のアーティストの招聘、コンサート・各種コンクール・イベントの主催・企画制作、チケット販売を行っている。また、世界各国との文化交流は105カ国・地域に及んでいる(2013年10月現在)。関連施設として民音音楽博物館があり、貴重な楽器や楽譜などを所蔵している。(民主音楽協会 – Wikipedia

The Min-On Concert Association (民主音楽協会 Minshu Ongaku Kyōkai) is a Japan-based organization that promotes international music and performing arts exchanges. Founded in 1963 by Daisaku Ikeda, the organization also runs the Tokyo International Music Competition for Conducting as well as a music museum and library. The organization’s offices, library and museum are located in the Min-On Culture Center in the Shinjuku-ku district of Tokyo. (Min-On Concert Association – Wikipedia

関連サイト

Min-On Concert Association

民主音楽協会のホームページ

民音音楽博物館のホームページ

関連エントリ

民主音楽協会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

MIN-ON の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

音楽博物館 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Billy the Kid ビリー・ザ・キッド について

MariachiAntiguo.JPG

Billy the Kid ビリー・ザ・キッド について

関連記事

4月18日 できごと / 1881年 – 西部開拓時代: ビリー・ザ・キッドがリンカーン郡刑務所を脱走。(4月18日 – Wikipedia

西部開拓時代(せいぶかいたくじだい、American Old West)とは、19世紀(特に1860年代に始まり1890年のフロンティア消滅まで)における、北アメリカの時代区分の一つ。オールド・ウェスト (Old West) 、ワイルド・ウェスト (Wild West) とも呼ばれる。概要 / 植民地時代から発展していた大西洋岸から太平洋岸まで漸進的に未開拓地域が開拓されていったが、1848年にカリフォルニア州で金鉱が発見されるとゴールド・ラッシュによって、太平洋岸が開拓され、逆に太平洋岸から内陸部に向かっての開拓の波も起こった。このように西部開拓は、大西洋岸および太平洋岸から内陸に向かって進んでいった。1869年にはアメリカ合衆国で最初の大陸横断鉄道が開通した。いっぽう先住民であるインディアンにとっては、突然やって来た侵略者に自分達の土地を強奪されたうえに殺戮された時代でもある。ガンマンやカウボーイ、アウトローなどがこの時代の特徴として小説や映画(西部劇)などで描かれる。歴史 / リンカーン郡戦争 / 1877年に起こったリンカーン郡戦争は、オールド・ウェストの二つの派閥による紛争。ニューメキシコ州リンカーン郡の、裕福な牧場主の派閥と、独占的な小売業の所有者の派閥が対立した。牧場主側に登場するのは有名なビリー・ザ・キッドである。(西部開拓時代 – Wikipedia

リンカーン郡(Lincoln County)はアメリカ合衆国ニューメキシコ州にある郡。歴史 / リンカーン郡は、かつてアメリカ合衆国で最大の郡だった。1870年代の終わり、いわゆるリンカーン郡戦争は、牧場主たちと郡の最大の雑貨店の所有者たちとの間で起こった紛争である。ビリー・ザ・キッドとしてよく知られているウィリアム・ボニーは、彼の友人と雇用者が殺された後、牧場主たちの用心棒をしていた。最後には、ボニーは、彼の友人を殺した代理人と、別の代理人、そして郡の保安官を殺した。他には数人が紛争によって殺害され、その中には牧場主の一派の別のリーダーもいた。1878年、新しい領土の知事で、北軍将軍を退役したルー・ウォーレス(en:Lew Wallace)が、党派間の永続的な休戦をもたらすために、恩赦のはからいを提示した。(リンカーン郡 (ニューメキシコ州) – Wikipedia

ビリー・ザ・キッド(英語: Billy the Kid、1859年11月23日 – 1881年7月14日) は、アメリカ西部開拓時代のアウトロー、強盗。弱きを助け強きをくじく義賊として映画や小説で伝説的に描かれたことで、西部劇の英雄として人気がある。生涯 / アウトロー時代 / リンカーン郡でイギリス移民ジョン・タンストールの売店の用心棒となったが、商売敵との縄張り争いが拡大し、リンカーン郡戦争と呼ばれる騒動に発展、過失で4人を射殺し1880年12月に友人でもあった保安官、パット・ギャレットによって仲間と共に逮捕される。1881年4月18日に刑務所を脱走。このことが『ニューヨーク・タイムズ』で報じられ、有名となる。(ビリー・ザ・キッド – Wikipedia

関連エントリ

ビリー・ザ・キッド の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Billy the Kid の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

私を忘れないで下さい

Myosotis_palustris_a1.jpg

私を忘れないで下さい

4月17日 誕生花 / 勿忘草(ミヨソティス)Forgot-me-not 私を忘れないで

関連記事

ワスレナグサ(勿忘草、忘れな草)は、広義には、ムラサキ科ワスレナグサ属の種の総称。狭義には、ワスレナグサ属の一種、シンワスレナグサ(学名:Myosotis scorpioides)の和名。ただし、園芸業界でワスレナグサとして流通しているのは、ノハラワスレナグサ (M. alpestris)、エゾムラサキ (M. sylvatica)、あるいはそれらの種間交配種である。一般には、広義の意味で称される。季語は春である。利用 / 日本では、主に花壇や鉢植えなどで園芸観賞用として栽培されている。この属の種は全般に、ヨーロッパにおいて、肺などの呼吸器疾患(喘息や慢性気管支炎など)に効果があるとされ、民間療法で薬(シロップ薬、鎮咳去痰薬)として用いられることがある。文化 / 欧米諸国では、古来より友愛や誠実の象徴として広く親しまれ、アメリカ合衆国ではアラスカ州の州花にもなっている(一般名の forget-me-not としてで、種小名は特定されていない)。語源にまつわる伝説 / 中世ドイツの悲恋伝説に登場する主人公の言葉に因む。昔、騎士ルドルフは、ドナウ川の岸辺に咲くこの花を、恋人ベルタのために摘もうと岸を降りたが、誤って川の流れに飲まれてしまう。ルドルフは最後の力を尽くして花を岸に投げ、„Vergiss-mein-nicht!“(僕を忘れないで)という言葉を残して死んだ。残されたベルタはルドルフの墓にその花を供え、彼の最期の言葉を花の名にした。このような伝説から、この花の名前は当地ドイツで Vergissmeinnicht と呼ばれ、英名もその直訳の forget-me-not である。日本では、1905年(明治38年)に植物学者の川上滝弥によって初めて「勿忘草」「忘れな草」と訳された。それ以外の多くの言語でも、同様の意味の名前が付けられている。花言葉の「真実の愛」「私を忘れないで下さい」も、この伝説に由来する。(ワスレナグサ – Wikipedia

関連サイト

FORGET-ME-NOT(忘れな草)

山岸勝榮英語辞書・教育研究室

関連エントリ

忘れな草 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Forgot-me-not の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る