お知らせ カテゴリのアーカイブ

日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明 (1972年9月29日 日中国交正常化)

img_history50_22.jpg

img_history60_01

日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明 (1972年9月29日 日中国交正常化)

関連記事

日中国交正常化(にっちゅうこっこうせいじょうか)とは、1972年9月に日中共同声明を発表して、日本国と中華人民共和国が国交を結んだことである。 (日中国交正常化 – Wikipedia)

日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明(にほんこくせいふとちゅうかじんみんきょうわこくせいふのきょうどうせいめい)は、日本国と中華人民共和国が国交を結ぶために1972年9月29日、中華人民共和国の北京で調印された共同声明。一般に日中共同声明(にっちゅうきょうどうせいめい)として知られる。 (日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明 – Wikipedia)

日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約(にほんこくとちゅうかじんみんきょうわこくとのあいだのへいわゆうこうじょうやく、中国語: 中华人民共和国和日本国和平友好条约)は、1978年8月12日、北京で日本国と中華人民共和国との間で締結された条約である。一般に日中平和友好条約(にっちゅうへいわゆうこうじょうやく)で知られる。 1972年の日中共同声明を踏まえて、日本と中国の外交関係の発展のために締結された条約である。 (日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約 – Wikipedia)

関連エントリ

加藤雅夫のあゆみ 40代 1987〜 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本国政府と中華人民共和国政府の共同声明 (日中共同声明) – 美幌音楽人 加藤雅夫

9月29日 日中国交正常化の日 (日本国 中華人民共和国) – 美幌音楽人 加藤雅夫

1972年9月29日、「日中国交正常化(日中共同声明)」(中日聯合聲明) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日中国交正常化 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日中共同声明 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年(令和元年) 9月の保護犬猫情報 (北海道オホーツク管内の保健所)

dog3.jpg

Cat03.jpg

2019年(令和元年) 9月の保護犬猫情報 (北海道オホーツク管内の保健所)

関連記事

犬猫の新しい飼い主さん募集 / オホーツク管内で、新しい飼い主さんを探している犬猫たちの情報 / 網走保健所 / 北見保健所 / 紋別保健所 / 環境生活課(怪我などをした迷子の動物 を保護しています) (犬猫の新しい飼い主募集 | 北海道オホーツク総合振興局のホームページ)

関連サイト

網走保健所 – 北海道オホーツク総合振興局のホームページ

北見保健所 – 北海道オホーツク総合振興局のホームページ

紋別保健所 – 北海道オホーツク総合振興局のホームページ

関連エントリ

保健所 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町の女声合唱 コーラス虹

北海道美幌町の女声合唱 コーラス虹

関連記事

女声合唱団「コーラス虹」ファミリーコンサート 2019/09/30掲載(美幌町/告知) 美幌町のマナビティーセンターで / 10月5日 / 美幌町内の女声合唱団「コーラス虹」のファミリーコンサートが10月5日(土)午後1時からマナビティーセンターで開かれる。 18回目になる恒例のコンサート。3部構成で、合唱曲、ポップスなど十数曲を披露する予定。入場無料。 (a href=”https://denshobato.com/BD/N/page.php?id=117160″>オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

美幌町の女声コーラス「虹」の第18回ファミリーコンサートが、10月5日午後1時からマナビティーセンターで開かれます。入場無料。 たコンサートは3部構成。第1ステージは「荒城の月」や「野バラ」など、日本やヨーロッパの合唱名曲集に挑戦。 第2ステージは「お江戸日本橋」や「夏の思い出」などの美しい歌を来場者と一緒に歌います。 第3ステージは「マイウェイ」や「おお、シャンゼリゼ」などの名曲を美しいコーラスで披露します。 コーラス虹では「懐かしい歌をご一緒に歌い、楽しいひと時をすごしましょう」と来場を呼びかけています。 (フリーペーパーみつめて – 美幌新聞社)

関連サイト

マナビティーセンター利用サークルのご紹介 (女声合唱 コーラス虹) | 美幌町ホームページ

関連エント

美幌町の配食サービス会食会「まんぷくの集い」に参加しました – 美幌音楽人 加藤雅夫

2018年 (平成30年) 第69回 美幌町文化祭 – 美幌音楽人 加藤雅夫

コーラス虹 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

女声合唱 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本赤十字北海道看護大学の市民公開講座 感染症予防

日本赤十字北海道看護大学の市民公開講座 感染症予防

関連記事

日赤道看護大が感染予防の公開講座 2019/09/25掲載(北見市/告知) 10月2日から全3回 / 「あなたも家族も、できる感染予防」をメーンテーマにした日本赤十字北海道看護大学の市民公開講座が10月、全3回にわたり、北見市曙町の同大で開かれる。いずれも午後6時半~8時。受講無料。事前申し込み必要。 同大看護開発センター主催。同大の教授らが講師を務める。テーマと講師は次の通り。
▽2日=「やっつける」ための感染症の基礎知識(伊藤善也教授)
▽9日=「もらわない」「うつさない」ための感染対策(女性講師、助教)
▽16日=「ならない」「させない」ための誤嚥(ごえん)性肺炎予防対策(山本美紀教授、特任教授)
申し込みは同大経理課(0157・66・3311)へ。 (オホーツクの経済の伝書鳩)

感染症(かんせんしょう、英語:infectious disease)とは、寄生虫、細菌、真菌、ウイルス、異常プリオン等の病原体の感染により、「宿主」に生じる望まれざる反応(病気)の総称。 予防 / 宿主の免疫力を保つためには、日常から適切な栄養と休養を要する。しかし、例えば南北格差による貧困は、時にこれらを困難にする。特定の病原体に対する免疫の向上には、ワクチンの予防接種が有効である。感染・発症・伝染・重症化を防ぐことが期待できる。伝染病において、病原体を体内に侵入させないためには感染経路の遮断がであり、感染管理や消毒・滅菌などの要する。集団発生を早期発見・予防するために、医療機関・地域・国家・世界の様々なレベルで感染症サーベイランスが行われる。 (感染症 – Wikipedia)

日本赤十字北海道看護大学 日本の北海道北見市にある私立大学 / 日本赤十字北海道看護大学(にっぽんせきじゅうじほっかいどうかんごだいがく、英語: Japanese Red Cross Hokkaido College of Nursing.)は、北海道北見市曙町664番地1に本部を置く日本の私立大学である。1999年に設置された。大学の略称は日赤北海道看護大。 (日本赤十字北海道看護大学 – Wikipedia)

関連サイト

10月5日 北海道北見市で 摂食嚥下講座 (北見摂食嚥下ケア研究会) – 美幌音楽人 加藤雅夫

令和元年度日本赤十字北海道看護大学市民公開講座 | 日本赤十字北海道看護大学ホームページ

北海道バリアフリーマップ 北見市

関連エントリ

日本赤十字北海道看護大学 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

感染症 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ほっかいどう生涯学習ネットワークカレッジ事業 (道民カレッジ)

ほっかいどう生涯学習ネットワークカレッジ事業 (道民カレッジ)

関連記事

道民カレッジ(どうみんカレッジ、英訳名:”Domin College”, “Citizen’s College of Hokkaido”)は、北海道教育委員会(北海道立生涯学習推進センター)の生涯学習事業である「ほっかいどう生涯学習ネットワークカレッジ事業」の通称である。 北海道内の社会教育施設等で実施する講座を体系化し、その体系化された講座群から一定以上の学業を積んだ者には学長(北海道知事)が認定、称号を授与する。 目的・開始時期 / 本事業は「だれでもいつでも入学できる『学びたいという意思』を唯一の入学資格とする北海道の生涯学習の学園」というコンセプトの下、産学官が連携して北海道内各市町村で行われているさまざまな学習機会を体系化することにより、北海道民が自らの意思によって学び、自立した北海道の創造に寄与する人材を育成することを目的として、2001年9月14日から開始される。 (道民カレッジ – Wikipedia)

道民カレッジ「ほっかいどう学」大学放送講座(どうみんカレッジ ほっかいどうがく だいがくほうそうこうざ)は、北海道教育委員会の生涯学習事業である「道民カレッジ」の主催講座として制作された教育番組(テレビ番組)である。2001年から2013年まで北海道放送(HBC)で放送され、2006年からはインターネットでの配信も行われる。 (道民カレッジ「ほっかいどう学」大学放送講座 – Wikipedia)

関連サイト

道民カレッジのホームページ

関連エントリ

道民カレッジ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年(令和元年) 9月27日(金曜日) 北海道美幌町の配食サービス

IMG_20190927_152615

2019年(令和元年) 9月27日(金曜日) 北海道美幌町の配食サービス

今日の体重は 48キログラム

金曜日の宅配弁当 美幌町の気楽家(きらくや)

関連記事

配食サービス / 調理や外出(買い物)が困難な高齢者世帯・障がい者世帯へ、安否確認を兼ねて週3回、食事を届けるサービスです。 配食日 毎週月曜日・水曜日・金曜日 配達時間 午後2時30分~4時30分(配達時間の指定はできません) 利用料金 500円(課税状況により町から助成があります) 利用には、申請が必要です。 詳細は、社会福祉協議会へお問い合わせください。 (配食サービス | 美幌町社会福祉協議会ホームページ)

関連サイト

北見保健所 | 北海道オホーツク総合振興局ホームページ

食中毒警報発令情報 – 北海道庁のホームページ

食品安全グループのページ – 北海道庁のホームページ

美幌町配食サービス事業実施要綱

買い物でお困りのみなさまへ | 美幌町ホームページ

関連エントリ

配食サービス事業 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道北見市内でライブ Libraぴあ~の (五十嵐一生、ヒカブレフ)

北海道北見市内でライブ Libraぴあ~の (五十嵐一生、ヒカブレフ)

関連記事

北見「リブラぴあ~の」でライブ 2019/09/25掲載(北見市/告知) 五十嵐一生さんとヒカブレフ / 10月3日、4日 / 北見市美芳町の「リブラぴあ~の」で行われる、北見市出身のジャズトランペッター・五十嵐一生さん、札幌を中心に活動するバイオリンカルテット・ヒカブレフのライブ。 五十嵐一生さんのライブは10月3日(木)午後7時から「旧友に捧ぐ」と題して行われます。チケットは3500円(+1ドリンクオーダー、当日券4千円)。 ヒカブレフのライブは4日(金)午後6時半から。クラシックとカジュアルを組み合わせた新ジャンル「クラジュアル」がコンセプトのグループです。チケットは2千円(1ドリンク付き)。 両ライブの問い合わせは同店(0157・33・3760)。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

カフェ「Libraぴあ~の」:NPO法人 ワークフェア

2019年 10月のライヴスケジュール | 五十嵐一生のブログ

HIKAblef ヒカブレフのホームページ

関連エントリ

ワークフェアの うたごえ喫茶 (リブラぴあ~の) – 美幌音楽人 加藤雅夫

リブラぴあ~の の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道北見市の 北見南中学校器楽部 / 重井睦

北海道北見市の 北見南中学校器楽部 / 重井睦

関連記事

ちょっと・いい話(北見) 2019/09/24掲載(北見市/教育) 南中・重井睦校長の定年退職を記念 / 音楽教師で北見南中学校の重井睦校長(59)が、近く北見市内で開かれる同校器楽部の定期演奏会で、記念の指揮を執る。今年度末で定年退職するはなむけに、と部員や顧問教師が企画。市民情報をもとに本紙が同校に取材すると、重井校長と前回掲載の北見東陵中の河合健哉校長は、実は高校の同級生で、ともに音楽教師として管内吹奏楽活動の隆盛に尽力した旧友であることが分かった。 器楽部員達が定演で指揮を依頼 音楽振興へのお礼を込め 京アニ「三日月の舞」など3曲 / 重井校長によると、斜里高校の同級生でともに吹奏楽部に籍を置き「河合(健哉さん)は打楽器で、私はサックスでした。楽譜を用意したり、自分達2人で部活を引っ張っていった記憶があります」。教師初任地は斜里中。河合先生の初任地は小清水中で「近くなので、互いに張り合って活動していたと思います。家庭を顧みず、今では考えられませんけれど」。 9年間斜里中に勤務した後、北見南中へ。管内で最も歴史のある南中器楽部の5代目顧問として部員50人の大編成でコンクールに出場し、全道大会で金賞に輝くなど活躍した。その様子が、同部発行の定演プログラム内「器楽部栄光のあしあと」に記されている。南中に9年勤め、その後に赴任した津別活汲中ではリコーダー指導でも活躍した。 その後は管内各地の小・中学校で管理職となり、部活顧問を離れたが2017(平成29)年に16年ぶりに北見南中に戻って来た。「私自身が育てられた学校ですし、帰って来られてうれしかったです」 北見南中学校器楽部第44回定期演奏会は10月5日(土)午後6時から、北見市民会館で開催。指揮の打診に「生徒が主役だから」と固辞したが、3部構成のうち「最後だから第2部を任せる」と3曲のステージを与えられた。「ありがたいことです」 23日には部員やOBと初めて「セプテンバー」「友愛のファンファーレと聖歌」などの音合わせを行った(写真)。 すでにSNSを通じて「どうやら重井が振るらしいぜ」(重井さん)と連絡が流れており、同部OB達が定演当日、各地から駆けつけるらしい。 「こんな場面を作ってもらえて」と重井校長。ありがとうの気持ちを込めてタクトを振る。(寒) (a href=”オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

北見南中器楽部が定期演奏会 2019/09/24掲載(北見市/告知) 北見市民会館 / 10月5日 / 10月5日、北見市民会館で開かれる南中学校器楽部の定期演奏会は3部構成。1部と3部は同部顧問の教諭の指揮で、難曲や楽しい南中ショーを繰り広げます。 2部は元顧問で現校長の重井睦さんの指揮で「三日月の舞」などを演奏。部員達の強い思いで選んだ1曲で、京都アニメーションが制作したアニメ「響け!ユーフォニアム」の劇中歌。同部顧問の江藤めぐみ教諭によると、このアニメがきっかけで器楽部に入った生徒がいるほか、登場人物に自分の思いを重ね、励まされた生徒は少なくないそう。 悲劇に見舞われた京アニに対し、部員達は「自分達にできることは」と考え、演奏でエールを送ることにした。 同部の佐野響部長は「これからも素敵なアニメを制作してほしいと願っています。私達の演奏を聴いて下さる人に、その思いが伝わるような演奏を」と話しています(写真)。演奏会の最後に生徒が会場で募金を行い、京アニへ送る予定です。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 北見市

北見市立南中学校 | 北見市ホームページ

関連エントリ

北見南中学校器楽部 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

重井睦 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

青森県津軽地方の こぎん刺し (北海道北見市)

青森県津軽地方の こぎん刺し (北海道北見市)

関連記事

北見の津軽刺し教室「ちくちく」を訪問 2019/09/25掲載(北見市/話題・文化) 静かなブーム…癒しの手芸「こぎん刺し」 / 天然素材や手仕事の価値があらためて見直され、素朴な美しさや使うごとに愛着を増す民芸品が静かなブームとなっています。中でも青森県津軽地方を代表する民芸品「こぎん刺し」は、ここ数年のハンドメイドブームも後押しし、若い世代からも注目が集まっています。北見市内の津軽こぎん刺し教室「ちくちく」を訪ねてみました。
◇こぎん刺しとは 風通しの良い麻を温かく着られるよう、東北の生活の知恵から生まれた刺繍(ししゅう)です。伝統的なこぎん刺しは藍染めの麻布に白い木綿糸を使って模様を刺します。母から娘へ、娘から孫へと刺し伝えられ、津軽の人々の心に受け継がれてきました。
◇美しい幾何学模様 「モドコ」と呼ばれる図案の基礎模様は数十種類あり「マメコ」(豆)や「ダンンブリコ」(トンボ)など、人々の身近にあるものの名前が付けられています。これら模様を組み合わせることで、無数のデザインが生み出されてきました。
◇癒しの針仕事 津軽出身で「ちくちく」を主宰する70歳女性は「こぎん刺しは、もはや体の一部」と言うほど身近なものになっています。ちくちくと鉢を動かす時間は小野寺さんに限らず多くの愛好者が「癒し」と答えます。 主宰の女性の下でこぎん刺しを始めて12年の67歳女性もその一人。「根気のいる作業ですが手を動かしている時間は『無』になって、落ち着きます」。図案を布に写したりしないため「移動中や家事の合間など、ちょっとした場所と時間で楽しめるのも魅力です」。
◇楽しみ方いろいろ こぎん刺しは布や糸、模様の組み合わせにより民芸風にも、北欧やモダンな感じにもなります。さらには仕立て次第でポーチやバッグ、ミトンやタペストリーなど暮らしを彩るものへと変身します。 70歳女性は、多くの人に愛され続ける理由を「伝統的なこぎんに今っぽいエッセンスを少し加えることで、現代生活に合った新しい楽しみ方ができるからではないでしょうか」。
◇素朴な美しさ一堂に 28、29日に5年ぶり作品展 / 津軽こぎん刺し教室「ちくちく」の作品展が28日(土)と29日(日)に開かれます。 会場は67歳女性宅のウッドハウス、時間は午前10時~午後4時。5年ぶりとなる作品展で、バッグ、ポーチなどの服飾小物をはじめ、蓋にこぎんを施した小物入れなど大小約300点をします。
掲載画像 : 幾何学模様が生み出す無限のデザイン(針刺し) / ちくちく〟と針を進める70歳女性と67歳女性 / 布に図案を写すことなく布目を拾って縫う / 手提げバッグに仕立てたこぎ (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

こぎん刺し(こぎんさし)とは、青森県津軽に伝わる刺し子の技法のひとつであり「刺しこぎん」とも呼ばれる。 津軽地方では、野良着の事をこぎん(小衣、小巾、小布とも)と呼んだためこの名前がついた。 一般に青い麻布に白い木綿糸で刺す。 (こぎん刺し – Wikipedia)

関連エントリ

こぎん刺し の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019 あなたとヒグマの共存のために (北海道)

2019 あなたとヒグマの共存のために (北海道)

関連記事

ヒグマ被害 10月は要注意 2019/09/24掲載(網走市/社会) 道が秋の特別期間で呼びかけ / 道のまとめたヒグマに関する過去30年のデータによると、ヒグマとの遭遇による死者・負傷者数は4月と10月が最も多かった。道は今月7日から10月31日までを「秋のヒグマ注意特別期間」としており、山菜やキノコ採りなどで入山する際は注意するよう呼びかけている。 死亡・負傷者が最多の時期 / 1989(平成元)年から2019年7月末までのデータによると、道内でのヒグマによる死亡・負傷者の総数は42人。月別でみると、4月と10月が10人と最も多く、5月の6人、9月5人と続く。データからは、春と秋に集中して人身被害が発生していることが分かる。 ヒグマによる人身被害発生時の被害者の活動内容を見てみると、「山菜・キノコ採り」が最も多く全体(42人)の64%(27人)を占めた。次いで「山林作業」14%(6人)、「農作業」「釣り」5%(いずれも2人)などとなっている。 過去10年の秋(9~10月)に道内で発生したヒグマによる人身被害は7件(負傷6人、死亡1人)。オホーツク管内では2014(平成26)年9月、滝上町の男性(76歳)が散歩中に襲われて負傷した。 道は「秋のヒグマ注意特別期間」に合わせ、ポスター掲示やリーフレットの配布などを通じて、注意を呼びかける。 「あなたとヒグマの共存のために」と題したリーフレットでは、クマとの事故をなくすためにはまず「ヒグマに出会わないこと」とする。〝遭遇防止策〟として、①クマの出没情報を収集②入山した際は音を出しながら歩く③薄暗い時は行動しない④クマの糞や足跡、食跡を見つけたらすぐ引き返す―よう促している。 毎年、網走市などにはクマの目撃情報が相次いで寄せられる。オホーツク管内において、秋は山菜、キノコ採りシーズンが本格化する。「私は大丈夫」という過信は禁物だ。ヒグマは有害鳥獣であるため駆除することはできる。しかし、まずはヒグマとの共存をめざすべきで、道も呼びかけているように、入山した際は人間の存在をクマに知らせ、〝クマエリア〟に入ったと思ったときは即座に引き返すなど、機敏な判断が求められる。(大) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

ヒグマに注意 あなたがヒグマの被害に遭わないために – 北海道のホームページ

ヒグマ注意特別期間について – 北海道のホームページ

関連エントリ

ヒグマ注意特別期間 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る