災害弱者 の検索結果: 27 件

災害時障害者のためのサイト (NHKオンライン)

465px-Seaman_send_Morse_code_signals.jpg

Trillium_Poncho_cat_dog.jpg

災害時障害者のためのサイト (NHKオンライン)

関連記事

災害弱者(さいがいじゃくしゃ)とは、災害時、自力での避難が通常の者より難しく、避難行動に支援を要する人々を指す。防災行政上は、要配慮者と言う。 (災害弱者 – Wikipedia)

障害者(しょうがいしゃ、英: disability, handicapped)は、心身の障害の発露により生活に制限を受ける者。児童福祉法は18歳未満を障害児とする。定義 / 法律は、身体障害者、知的障害者、精神障害者、発達障害者を含む。軽度の障害で制約を受ける者も同様に分類されるが、本項は下記の内容を中心に説明する。表記・呼称 / 日本語の表記問題 / 「害」の字が好ましくないとして、地方公共団体などが「障がい者・障がい児・障がい者手帳」と平仮名と交ぜ書きにする変更している。自治体は、「障害者」を「障がい者」に表記を変えるだけで、福祉に配慮した地方公共団体、福祉に配慮のない地方公共団体という、安易な印象付汚され、語彙に対する深い考察もなく変更してしまう。これについて、「障」「者」「児」の字が入っていても良いのか?と言及されることがある。中国・台湾 / 中国大陸は伝統的に「残疾人」の呼称が使用されているが、儒教思想に基づく差別的概念を前提とする呼称と批判が生じて[要出典]、障害者権利条約[43]の批准に伴う、中華人民共和国残疾人保障法を始めとする国内法の整備に合わせ、「残疾」を「残障」とする案も提示されていたが、既に市井で「残疾人」が広く使用されているため、呼称の変更を周知するのに時間がかかる、さらには「残障」も十分に理想的な用語とは言えないとの理由で、現行のままとなっている。中華民国は、繁体字を用いて「障礙者」もしくは「障礙人」が用いられている[45]。中国語は大陸・台湾とも共通で、アクセシビリティあるいはバリアフリーのことを「無障碍(礙)」と表記する。 (障害者 – Wikipedia)

dog3.jpg

Cat03.jpg

関連サイト

災害時障害者のためのサイト – NHKオンライン

NHKハートネット 福祉情報総合サイト – NHKオンライン

関連エントリ

NHKハートネット の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

災害時障害者のためのサイト の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

NHKオンライン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道オホーツク管内の市町村の防災情報メール配信サービス

465px-Seaman_send_Morse_code_signals.jpg

Trillium_Poncho_cat_dog.jpg

北海道オホーツク管内の市町村の防災情報メール配信サービス

関連記事

災害弱者(さいがいじゃくしゃ)とは、災害時、自力での避難が通常の者より難しく、避難行動に支援を要する人々を指す。防災行政上は、要配慮者と言う。日本では、災害対策基本法第8条に明記[注 1]されており、また同法49条の10では要配慮者の中で特に支援が必要な者[注 2]に関して市町村が「避難行動要支援者名簿」を作成することを定めている。かつて行政上は災害時要援護者と呼んでいたが、2014年4月に施行された災害対策基本法の改正で現在の呼称に変更された。(災害弱者 – Wikipedia

防災(ぼうさい)とは、災害を未然に防ぐために行われる取り組み。災害を未然に防ぐ被害抑止のみを指す場合もあれば、被害の拡大を防ぐ被害軽減や、被災からの復旧まで含める場合もある。災害の概念は広いので、自然災害のみならず、人為的災害への対応も含めることがある。類義語として、防災が被害抑止のみを指す場合に区別される減災、防災よりやや広い概念である危機管理、災害からの回復を指す復興などがある。(防災 – Wikipedia

北海道オホーツク管内に関するカテゴリ。(Category:オホーツク管内 – Wikipedia

関連サイト

メール@きたみ/トップ

お知らせメール@あばしり/トップ

メール@もんべつ/トップ

大空町メール配信サービスについて | 大空町

あんしんねっとびほろ – 美幌町

ささえねっと@つべつ/トップ

ほっとメール@しゃり/トップ – 斜里町役場

お知らせメール@きよさと/トップ

こしみず情報メール/トップ – 小清水町

サポートメール@防災くんねっぷ – 訓子府町

情報メールおけと/トップ

メール配信サービス「防災・安心メールさろま」の登録について

遠軽町ホームページ くらし えんがる防災情報メールの登録について

サポートメール@防災ゆうべつ/トップ

緊急時は(緊急) | 滝上町

北海道興部町| 興部町お知らせメール

北海道西興部村 | 暮らしの情報

防災対策 | 北海道雄武町

防災業務に関連するお知らせ | オホーツク総合振興局地域創生部地域政策課

関連エントリ

北海道オホーツク管内 市町村の広報 (2014年12月) – 美幌音楽人 加藤雅夫

防災情報 の検索結果 ー 美幌音楽人加 藤雅夫

メール配信サービス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

September is Disaster Prevention Month. (Japan)

450px-Onigiri.jpg

9月は 防災月間です。(日本)
September is Disaster Prevention Month. (Japan)

September is Disaster Prevention Month. (Japan) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「防災を考える」 (美幌、北海道)

bi_bo.jpg

h19tibikko.jpg

「防災を考える」 (美幌、北海道)
“Given the disaster prevention” (Bihoro, Hokkaido)

「防災を考える」 (美幌、北海道) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

1月17日、おむすびの日。(日本)

450px-Onigiri.jpg

1月17日
記念日・年中行事

防災とボランティアの日(日本): 1995年に発生した阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)では、国や地方自治体の危機管理体制の不備をはじめとする様々な問題が浮き彫りにされた一方で、ボランティア活動が活発化し「ボランティア元年」とも言われた。俳句の世界では季語「阪神忌」が存在する。
おむすびの日(日本): JA等でつくる「ごはんを食べよう国民運動推進協議会」が2000年11月に制定。阪神大震災ではボランティアの炊き出しで被災者が励まされたことから。
ひょうご安全の日(日本 兵庫県): 兵庫県が2006年に制定。
wiki/1月17日

おむすびの日
米に関係する民間企業やJA等でつくる「ごはんを食べよう国民運動推進協議会」が2000年11月に制定し、2001年から実施。 日附は公募で選ばれ、阪神大震災ではボランティアの炊き出しで被災者が励まされたことから、いつまでもこの善意を忘れない為、1月17日を記念日とした。
www.nnh.to/01/17.html#anniversary

1月17日、おむすびの日。(日本) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「防災とボランティアの日」と「防災とボランティア週間」のための情報

450px-Onigiri.jpg

おにぎり の情報
防災とボランティア週間 のための情報
防災とボランティアの日 のための情報
災害弱者
避難準備情報

「防災とボランティアの日」と「防災とボランティア週間」のための情報 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「お知らせメール@網走」(登録説明会のお知らせ)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

Disability_symbols.svg.png

800px-Its_all_about_love.jpg

808E17~1.JPG

災害弱者 – Wikipedia
災害弱者(さいがいじゃくしゃ)とは、災害時、次の条件に一つでも当てはまる人を指す。防災行政上は、災害時要援護者と言う。 自分の身に危険が差し迫った時、それを察知する能力がない、または困難な者。 自分の身に危険が差し迫った時、それを察知しても適切な行動をとることができない、または困難な者。 危険を知らせる情報を受け取ることができない、または困難な者。 危険をしらせる情報を受け取ることができても、それに対して適切な行動をとることができない、または困難な者。 これを基に具体例を上げると、障害者・傷病者・高齢者・妊婦(健常者に比べて重い保護を必要とする)、乳幼児・子供(健康でも理解力・判断力が乏しい)、外国人(日本語が分からない)、旅行者(その場所の地理に疎い)などが想定されている。

「お知らせメール@網走」(登録説明会のお知らせ) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

遠軽の地区は高機能消防指令システムの運用を開始しました

kumiaizu1.jpg

800px-Abashiri_Subprefecture.png

遠軽地区広域組合消防本部・消防署のニュース

遠軽の地区は高機能消防指令システムの運用を開始しました
(遠軽、生田原、丸瀬布、白滝、上湧別、湧別町、佐呂間)

遠軽の地区は高機能消防指令システムの運用を開始しました の全文を読む

このページの先頭へ戻る

環境省からのメールマガジンです。(2013年03月13日に配信)

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

dog3.jpg

Cat03.jpg

環境省のニュースブログ(Google 検索)

環境省(Ministry of the Environment、MOE)は、日本の中央省庁のひとつ。地球環境保全、公害の防止、自然環境の保護及び整備その他の環境の保全(良好な環境の創出を含む。)並びに原子力の研究、開発及び利用における安全の確保を図ることを任務とする。(Wikipedia

環境省からのメールマガジンです。

環境省からのメールマガジンです。(2013年03月13日に配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

3月1日、北見市 常呂自治区で防災行政無線の試験放送

465px-Seaman_send_Morse_code_signals.jpg

Trillium_Poncho_cat_dog.jpg

408px-Disability_symbols.svg.jpg

災害弱者(さいがいじゃくしゃ)とは、障害者、傷病者、高齢者、乳幼児・子供(健康でも理解力・判断力が乏しい)、外国人(日本語が分からない)、妊婦、旅行者(その場所の地理に疎い)などが想定されている。 防災行政上は、災害時要援護者と言う。

J-Alert (全国瞬時警報システム Zenkoku Shunji Keihō System)
全国瞬時警報システム(ぜんこくしゅんじけいほうシステム、通称:J-ALERT(Jアラート:ジェイアラート))は、通信衛星と市町村の同報系防災行政無線を利用し、緊急情報を住民へ瞬時に伝達するシステムである。
Wikipedia

3月1日、北見市 常呂自治区で防災行政無線の試験放送 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る