加藤茂 の検索結果: 7 件

日本の 麹 種麹 (北海道美幌町 加藤こうじ店)

20081227163605.jpg

日本の 麹 種麹 (北海道美幌町 加藤こうじ店)

北海道美幌町の 醸造元 こうじ (糀・麹) 製造販売 加藤こうじ店

その昔、京都の老舗種麹屋である「菱六」のもやし (麹菌) が雑菌に負けて全滅した。菱六の職人たちは強い麹菌を求め全国を巡り回った。そして、北海道美幌町の醸造元 加藤こうじ店にたどり着いた。職人たちは、麹蔵の柱や天井の梁に付着している麹菌を刷毛で掬い取り、持ち帰った。こうして「菱六」のもやし (麹菌) は復活した。その後、北海道美幌町の醸造元 加藤こうじ店の麹菌は、日本で一番だと評価された。

関連記事

麹、糀(こうじ)とは、米、麦、大豆などの穀物にコウジカビなどの食品発酵に有効なカビを中心にした微生物を繁殖させたものである。コウジカビは、増殖するために菌糸の先端からデンプンやタンパク質などを分解する様々な酵素を生産・放出し、培地である蒸米や蒸麦のデンプンやタンパク質を分解し、生成するグルコースやアミノ酸を栄養源として増殖する。コウジカビの産生した各種分解酵素の作用を利用して日本酒、味噌、食酢、漬物、醤油、焼酎、泡盛など、発酵食品を製造する時に用いる[信頼性要検証]。ヒマラヤ地域と東南アジアを含めた東アジア圏特有の発酵技術である。 「こうじ」の名は「かもす(醸す)」の名詞形「かもし」の転訛。 漢字の「麹」は中国から伝わった字だが、「糀」は江戸期には確認できる和製漢字で特に米糀を指す。 (麹 – Wikipedia)

種麹(たねこうじ)とは、味噌、醤油、清酒、焼酎、みりんなど醸造食品と呼ばれる食品の製造に用いられる麹を製造する際に、麹菌を供給する目的で蒸米などに加えるもの。 通常米などを原料に麹菌を培養し、胞子を十分に着生させた後、乾燥させる。使い方により原料に胞子が着生したままのものと、胞子のみを回収したものとに分類される。 「種麹」と「もやし」 / 現在でも酒造メーカーでは種麹のことを「もやし」と呼ぶ習慣がある。なお、味噌や醤油など他の醸造メーカーではこのような習慣は見られない。これは、歴史的に酒造メーカーは早くから外部の種麹業者から購入している歴史があったためと考えられる。 (種麹 – Wikipedia)

IMG_20180925_182824

関連エントリ

2013年9月5日、醸造業百年の「加藤麹店」(北海道美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤茂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤キミ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤こうじ店 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

NHK札幌放送局 過去の番組・北海道の窓 (美幌町 加藤こうじ店)

_008.jpg

_009.jpg

NHK札幌放送局 過去の番組・北海道の窓 (美幌町 加藤こうじ店)

北海道美幌町の 醸造元 こうじ (糀・麹) 製造販売 加藤こうじ店

1977年 (昭和52年) 8月31日、北見毎日新聞・美幌支局の砂田さんの記事が発行された。タイトルは、美幌90年の証言(8) 江戸期からの製法守る 経験がものをいう手作りの味 こうじ作り50年 美幌町東1南1-23 加藤 茂さん(64) 。

NHK札幌放送局の「北海道の窓」番組制作スタッフたちが、上記の新聞記事を見たと言って、美幌町の加藤こうじ店を訪れた。店主の加藤茂、妻の加藤キミは取材を受ける。放送局のスタジオにはこうじ作りの道具なとがセットされていた。放送終了後、北海道各地の加藤こうじ店のゆかりある方々から電話がかかってきた。

IMG_20180925_182824

関連記事

麹、糀(こうじ)とは、米、麦、大豆などの穀物にコウジカビなどの食品発酵に有効なカビを中心にした微生物を繁殖させたものである。コウジカビは、増殖するために菌糸の先端からデンプンやタンパク質などを分解する様々な酵素を生産・放出し、培地である蒸米や蒸麦のデンプンやタンパク質を分解し、生成するグルコースやアミノ酸を栄養源として増殖する。コウジカビの産生した各種分解酵素の作用を利用して日本酒、味噌、食酢、漬物、醤油、焼酎、泡盛など、発酵食品を製造する時に用いる[信頼性要検証]。ヒマラヤ地域と東南アジアを含めた東アジア圏特有の発酵技術である。 「こうじ」の名は「かもす(醸す)」の名詞形「かもし」の転訛。 漢字の「麹」は中国から伝わった字だが、「糀」は江戸期には確認できる和製漢字で特に米糀を指す。 (麹 – Wikipedia)

関連エントリ

2013年9月5日、醸造業百年の「加藤麹店」(北海道美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道開拓の村 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤茂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤キミ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤こうじ店 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道開拓の村 (美幌町 加藤こうじ店)

_008.jpg

_009.jpg

北海道開拓の村 (美幌町 加藤こうじ店)

北海道美幌町の 醸造元 こうじ (糀・麹) 製造販売 加藤こうじ店

1977年 (昭和52年) 8月31日、北見毎日新聞・美幌支局の砂田さんの記事が発行された。タイトルは、美幌90年の証言(8) 江戸期からの製法守る 経験がものをいう手作りの味 こうじ作り50年 美幌町東1南1-23 加藤 茂さん(64) 。

NHK札幌放送局の「北海道の窓」番組制作スタッフたちが、上記の新聞記事を見たと言って、美幌町の加藤こうじ店を訪れた。店主の加藤茂、妻の加藤キミは取材を受ける。放送局のスタジオにはこうじ作りの道源なとがセットされていた。放送終了後、北海道各地の加藤こうじ店のゆかりある方々から電話がかかってきた。

北海道開拓の村 (野外博物館) の開設の関係者たちが、NHK札幌放送局の番組「北海道の窓」を見たと言って、美幌町の加藤こうじ店を訪れた。明治中期に建てられた、加藤こうじ店の建物を保存・移築・再現したいと言った。私は 「どうぞ両親も運んでください マネキンになります」と言った。父母は「まだ営業中です 廃業したら運んでください」と言った。その後しばらくの間、父と母は機嫌が悪かった。

IMG_20180925_182824

関連記事

麹、糀(こうじ)とは、米、麦、大豆などの穀物にコウジカビなどの食品発酵に有効なカビを中心にした微生物を繁殖させたものである。コウジカビは、増殖するために菌糸の先端からデンプンやタンパク質などを分解する様々な酵素を生産・放出し、培地である蒸米や蒸麦のデンプンやタンパク質を分解し、生成するグルコースやアミノ酸を栄養源として増殖する。コウジカビの産生した各種分解酵素の作用を利用して日本酒、味噌、食酢、漬物、醤油、焼酎、泡盛など、発酵食品を製造する時に用いる[信頼性要検証]。ヒマラヤ地域と東南アジアを含めた東アジア圏特有の発酵技術である。 「こうじ」の名は「かもす(醸す)」の名詞形「かもし」の転訛。 漢字の「麹」は中国から伝わった字だが、「糀」は江戸期には確認できる和製漢字で特に米糀を指す。 (麹 – Wikipedia)

北海道開拓の村(ほっかいどうかいたくのむら、英称:Historical village of Hokkaido)は、北海道札幌市厚別区厚別町小野幌(野幌森林公園内)にある野外博物館。 2007年(平成19年)8月に「博物館相当施設」に指定された。 一般財団法人北海道歴史文化財団が指定管理者として管理運営を行っている。 概要 / 1983年(昭和58年)4月16日に開村した北海道開拓時代の「博物館相当施設」であり、54ヘクタールの敷地に52棟の歴史的建造物が移築又は再現されている。 (北海道開拓の村 – Wikipedia)

関連エントリ

2013年9月5日、醸造業百年の「加藤麹店」(北海道美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道開拓の村 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤茂 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤キミ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤こうじ店 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

父親・母親の生まれ育った 大正時代・大正世代について

800px-Its_all_about_love.jpg

父親・母親の生まれ育った 大正時代・大正世代について

関連記事

大正(たいしょう)は日本の元号の一つ。明治の後、昭和の前。大正天皇の在位期間である1912年(明治45年/大正元年)7月30日から1926年(大正15年/昭和元年)12月25日までの期間。改元 / 1912年(明治45年)7月30日 – 明治天皇が崩御して、皇太子嘉仁親王(のちの大正天皇)が践祚したため、改元の詔書を公布、即日施行して、同日は大正元年7月30日となった。1926年(大正15年)12月25日 – 大正天皇が崩御して、摂政宮裕仁親王(のちの昭和天皇)が践祚したため、昭和に改元、同日は昭和元年12月25日となった。皇太子裕仁親王は1921年(大正10年)11月25日に、病が篤くなった大正天皇の摂政に就き、以来天皇の名代としての務めを行っていた。出典 / 「大正」の由来は『易経』彖伝・臨卦の「大亨以正、天之道也」(大いに亨(とほ)りて以て正しきは、天の道なり)から。「大正」は過去に4回候補に上がったが、5回目で採用された。特徴 / 大正時代は大正天皇の治世を指している。日本の歴史の時代区分は通常、飛鳥・奈良・平安・鎌倉・室町・安土・桃山・江戸と政権の中心地による呼称である。大正時代は(年数が大正元年〜大正15年の15年間で、期間は1912年〜1926年の14年間)で日本史で一番短い時代区分である。1921年(大正10年)11月25日に皇太子裕仁親王が大正天皇の病状悪化によって摂政宮となった。力強かった時代の明治時代を見直す機運から明治天皇と昭憲皇太后を祀る明治神宮が建立された。文化 / 芸能文化、都市文化、スポーツの開始、マスコミの発達、自動車の登場、食文化、ファッション、文化学術史。(大正 – Wikipedia

大正世代(たいしょうせだい)とは、大正元年7月30日から大正15年12月25日までの15年間(大正時代)に誕生した世代のこと。すなわち、大正生まれのことである。西暦で言うと1912年から1926年生まれまでに相当する。概要 / 大正世代の時代背景 / 1926年(大正15年・昭和元年)の大正から昭和への改元時には、大正生まれは全て未成年であった。大正生まれは青少年期だったころに、1937年(昭和12年)の支那事変(日中戦争)、1941年(昭和16年)-1945年(昭和20年)の大東亜戦争(太平洋戦争)を経験した。壮年期には、1964年(昭和39年)の東京オリンピックや、1973年(昭和48年)のオイルショックを経験した[5]。元号が昭和から平成へ改元された時には、大正生まれは全員60歳を超えていた。2001年(平成13年)の21世紀への転換期に大正生まれは全員後期高齢者となり、2012年(平成24年)には大正元年生まれが100歳となった。大正時代生まれ / 大正時代は、明治時代以降の近代の年号(明治・大正・昭和・平成)の中で15年間という最も短い期間であり、唯一20年なかった時代であった。そのため、大正生まれだけは、全員が成人する前に昭和時代になっており、大正年間はまだ未成年者であった。(大正世代 – Wikipedia

関連エントリ

ギター マンドリン 親子の「優しさごっこ」 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤茂 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤キミ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

大正時代 の検索結 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

大正世代 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2013年9月5日、醸造業百年の「加藤麹店」(北海道美幌町)

800px-Komekouji_2.jpg

20081227163605.jpg

eadac802aeb13f8095e77eb70a7324d8.jpg

Miso_Soup.jpg

写真
麹と麹菌の花。醤油と味噌汁。

加藤茂
加藤 茂(かとう しげる、1913年(大正2年)9月5日 – 1986年(昭和61年)5月21日)は、美幌町で生まれる。味噌と醤油と麹の醸造業。醸造元。加藤雅夫の父親。

加藤キミ
加藤 キミ(かとう きみ、1920年(大正9年)5月26日 – 2013年(平成25年)4月29日)は、熊石町泊川で生まれる。加藤茂の妻。加藤雅夫の母親。

2013年9月5日、醸造業百年の「加藤麹店」(北海道美幌町) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

4月29日の歌と音楽です

450px-Ginkgo_Tree_08-11-04a.jpg

800px-Hokuto_Yamanashi_Jissoji_Narcissus_Field_And_Cherry_Tree_1.JPG

熊石(泊川)町木 – イチョウ
熊石(泊川)町花 – 水仙

4月29日の歌と音楽です の全文を読む

このページの先頭へ戻る

手作り味噌クラブ”三十路”で幕…網走婦人会館(網走女性センター)

北見・網走・オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩(網走市/文化・歴史)掲載記事から: 網走の手作り味噌クラブ…発足30年の歴史に一定の成果を残し”三十路(みそじ)”で幕を下ろした。

手作り味噌クラブ”三十路”で幕…網走婦人会館(網走女性センター) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る