ギター マンドリン 親子の「優しさごっこ」

800px-Doraemon_Guitar-240x180.jpg

012.jpg

ギター マンドリン 親子の「優しさごっこ」

関連記事

ギターマンドリン親子の優しさごっこ:

ある日、娘が「おばあちゃんは働き者のアリさんだね」「……」「パパはギターを弾くキリギリスさんだね」「……」。 ある日、娘が「パパはドラえもんの誕生日と同じだね、ドラえもは未来の世界から来たんだよ、知っている?」「そうか、だからいろんなことができるんだね」「パパは未来の世界で何になりたい?」「もちろん、ギター型ロボットだ!世界中を飛び回って、からだの不自由な人のかわりに、ギターを弾くんだ!」「そうか、そしたら私はマンドリン型ロボットだ!」。

ある日、娘に「未来の世界は楽しいけれど、過去の出来事はもっとおもしろいよ、むかしむかし江戸時代に、自分の仕事一すじに生きる加藤夢之介という人がいました」「おじいちゃんと同じだね」「その息子は加賀藩士の加藤嘉右衛門(1776~1830)、お城のお庭番(忍者)をしていました。ある時、お城の家老のお姫さまと仲良くなりました。でも、身分の違いで結婚できません…」「どうして?」「こまった二人は、北海道熊石町(八雲町)へ逃げて結婚しました」「よかったね」「そして、2人の男の子が生れました。長男は加藤重郎右衛門、次男は加藤辰右衛門。そして、時代が進んで現在、長男(熊石町泊川の加藤)の子孫はおばあちゃん。次男(久遠郡の加藤)の子孫はおじいちゃんでした。おわり。」「ほんとうに、おもしろいね!」「本当に、わかったかな…?」。加藤雅夫の父・加藤茂の先祖は加藤重郎右衛門。加藤雅夫の母・加藤キミの先祖は加藤辰右衛門。

江戸時代の蘭学医・杉田玄白や平賀源内の孫弟子で、シーボルトの西洋医学も学んだ医者・赤松円太郎は松前藩の御殿医。鳥羽・伏見の戦い、戊辰戦争(上野戦争・箱館戦争)の後に加藤家に婿入。美幌町の加藤家に伝わっていた江戸時代の蘭学医者の道具「薬箱」「やげん」「陶磁器の聴診器」「五つ球そろばん」などは美幌町博物館に寄贈。

津軽藩 お城の奥女中(トッブ)の孫が健在の頃、札幌のご自宅に挨拶訪問した。礼儀・行儀の作法にきびしく、同行の母親は大変緊張していた。私の祖父(母方)のいとこは、本間雅晴(中将)

加藤嘉右衛門(1776年 – 1830年)は北海道美幌町 加藤家の祖、加賀藩の藩士(御庭番、忍者)、アメリカ合衆国の独立年(1776年)に誕生した。

1980年頃から、父子家庭のテレビドラマが多くなりました。「世の中、両親が離婚して不幸な子供は多い。しかし、両親が離婚しないために不幸な子供はもっと多い…」(優しさごっこ)。

優しさごっこ(やさしさごっこ)は、日本放送協会(NHK)が1980年11月10日から12月5日に銀河テレビ小説枠で放送したテレビドラマ。原作は今江祥智の作品で、自身の体験に基づいて描かれている。 概要 / 妻が美術書の出版に興じて家を出て行ってしまい、残された夫が不器用ながら家事に取り組み、小学生の娘と二人で暮らしていく姿を描いた作品。(優しさごっこ – Wikipedia

今江祥智さんご健在の頃、親子のギター二重奏曲「優しさごっこ」のことで電話した。今江祥智さんは大変驚きそして喜んでくれた。

今江 祥智(いまえ よしとも、1932年1月15日 – 2015年3月20日)は、日本の児童文学作家、翻訳家。1999年に紫綬褒章を、2005年に旭日小綬章を受章している。1971年春、千江夫人と協議離婚し、娘と二人暮らしになる(この時の経験が『優しさごっこ』『冬の光』の題材となる)。1970年代の『兄貴』『ぼんぼん』『優しさごっこ』『冬の光』などの長編は、児童文学の枠を超えて読まれるようになり、特に『優しさごっこ』は1980年にNHKでドラマ化され、ベストセラーとなった。
今江祥智 – Wikipedia

今江 冬子(いまえ ふゆこ、1963年10月12日 – )は日本の舞台女優。オフィススリーアイズ所属。主にコメディエンヌとして評価が高い。作家今江祥智の一人娘として東京に生まれ、1968年4月から京都市上賀茂に育つ。1971年春、両親が協議離婚したことにより父と二人暮らしになる。父の作品である『優しさごっこ』『冬の光』には、あかりの名で登場。(今江冬子 – Wikipedia

長新太さんご健在の頃、北海道札幌市で開催された「長新太の原画展示会」でお会いすることができた。親子の優しさごっこの話を聞きながら長新太さんはサイン色紙に絵を描いた。美幌町で留守番をしている娘へのプレゼントだった。長新太さん、ありがとうございました。

長 新太(ちょう しんた、1927年9月24日 – 2005年6月25日)は日本の漫画家・絵本作家。 本名:鈴木 揫治(すずき しゅうじ、「しゅう」は「秋」の下に「手」)。漫画作品のほか、「ユーモラスな展開と不条理な筋立てによる「ナンセンス絵本」と称される数多くの絵本や、児童文学の挿絵を描き、「ナンセンスの神様」の異名をとった。また、エッセイなどの分野でも活動した。(長新太 – Wikipedia

関連エントリ

F1000003_2.JPG

加藤辰右衛門 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤重郎右衛門 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤嘉右衛門 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤雅夫のあゆみ – 美幌音楽人 加藤雅夫

優しさごっこ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

  • お名前とメールアドレスは必ず入力してください。
    (メールアドレスは管理者にのみ通知され、コメント一覧には表示されません)
  • いただいたコメントは管理者の承認が必要となる場合がありますのでご了承ください。

このページの先頭へ戻る