アイヌ文化 の検索結果: 59 件

ところ遺跡の森探検ツアー (北海道北見市)

ところ遺跡の森探検ツアー (北海道北見市)

関連記事

14日・ところ遺跡の森探検ツアー参加者を 2019/09/07掲載(北見市/告知) 建替完了「続縄文の村」復元住居お披露目 / 北見市教委主催の「遺跡の森探検ツアー」が14日(土)午後1時~2時半、ところ遺跡の森で行われる。建て替えが完了した「続縄文の村」の復元住居をお披露目する。定員15人で、申し込みを先着順に受け付けている。締め切りは13日。 当日は常呂川河口遺跡の続縄文時代(約2400~1400年前)の墓から発見された当時の“宝物”を、普段は公開していない資料も含め公開する。 参加料は一般240円、高校生と大学生130円、中学生以下と70歳以上は無料。 申し込みは、ところ埋蔵文化財センター(0152・54・3167)へ。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

ところ遺跡の森:『遺跡の森探検ツアー』 / 遺跡の森では今年、「続縄文の村」の復元住居の建て替えを行いました。今回の工事の完了を記念して遺跡の森の施設の特別公開ツアーを行います。 今回のツアーでは北海道独自の古代文化が栄えた「続縄文時代」(約2400~1400年前)を中心に資料や遺跡の見学を行います。 新築された続縄文時代の復元住居をお披露目するほか、常呂川河口遺跡の続縄文時代の墓から発見された当時の「宝物」の数々を、普段展示していない資料も含めてご覧いただきます。 日時:令和元年9月14日(土)/午後13時~14時30分 場所:ところ遺跡の森 当日13時までに「ところ遺跡の館」に集合。 参加方法:「ところ埋蔵文化財センター」まで電話でお申し込みください。受付電話番号:0152-54-3167 お問い合わせ : 北見市教育委員会社会教育部 ところ遺跡の森 〒093-0216 北海道北見市常呂町字栄浦371番地 電話:0152-54-3393 (ところ遺跡の森:『遺跡の森探検ツアー』 | 北見市ホームページ)

常呂遺跡(ところいせき)は、北海道北見市(旧常呂郡常呂町、北見国)にある擦文文化期およびオホーツク文化期の遺跡。国の史跡に指定されている。 概要 / オホーツク海をのぞむ海岸に沿って常呂川の河口からサロマ湖西岸へと続く幅約300メートル、長さ約2.7キロメートルの砂丘上に立地し、2,000基以上の竪穴住居跡および墳墓と推定される多数の小形の竪穴状遺構が検出された。 擦文文化の集落遺跡としては北海道最大規模を有し、オホーツク文化期の住居跡も発見されており、特異な存在となっている。両文化の移行の問題を検討するうえでも重要な遺跡である。 東北地方北部から北海道にかけての各遺跡では、しばしば竪穴が埋没しきらず地上に大小の凹みを残存させている場合がみられるが、常呂遺跡の竪穴群はそのなかでも最大級の規模と密度を有する例として知られている。 史跡指定 / 1974年(昭和49年)3月12日、国の史跡に指定され、遺跡の保存と整備が進められた。 周辺情報 / 周辺は「ところ遺跡の森」として整備されており、附近には旧石器時代からアイヌ文化のものまで数多くの遺跡が散在している。ワッカネイチャーセンターへも近い。 (常呂遺跡 -Wikipedia)

関連サイト

ようこそ!ところ遺跡の森へ | 北見市ホームページ

関連エントリ

ところ遺跡の森 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

美幌博物館の講演会 美幌のアイヌ文化 (北海道美幌町)

150px-Ainu_doll,_early_20th_century,_wood_and_cloth,_Shiraoi,_Hokkaido,_Biship_Museum

美幌博物館の講演会 美幌のアイヌ文化 (北海道美幌町)

関連記事

7日・美幌のアイヌ文化とは 2019/09/02掲載(美幌町/告知) 美幌博物館で講演会 / 美幌博物館の講演会「美幌のアイヌ文化~北海道・樺太・千島のなかで」が7日(土)午後4時~5時半、博物館で開かれる。 7日から23日まで博物館ロビーで開く国立アイヌ民族博物館PR展の関連イベント。講師は民族博物館設立準備室主任研究員。参加無料。小学生以下は保護者同伴。事前の申し込みは不要。問い合わせは博物館(0152・72・2160)へ。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

アイヌ文化(アイヌぶんか)とは、アイヌが13世紀(鎌倉時代後半)ころから現在までに至る歴史の中で生み出してきた文化である。現在では、大半のアイヌは同化政策の影響もあり、日本においては日常生活は表面的には和人と大きく変わらない。しかし、アイヌであることを隠す人達もいる中、アイヌとしての意識は、その血筋の人々の間では少なからず健在である。アイヌとしての生き方はアイヌプリとして尊重されている。アイヌ独特の文様(アイヌ文様)や口承文芸(ユーカラ)は、北海道遺産として選定されている。 (アイヌ文化 – Wikipedia)

関連サイト

ロビー展関連講演会「美幌のアイヌ文化-北海道・樺太・千島のなかで」 美幌博物館 | 美幌町ホームページ

ロビー展「国立アイヌ民族博物館PR展」 美幌博物館 | 美幌町ホームページ

関連エントリ

ピポロ アイヌ の文化協会 (北海道 美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

アイヌ文化 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌博物館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

国立アイヌ民族博物館 (日本 北海道 アイヌ)

logo_01.gif

logo_02.gif

国立アイヌ民族博物館 (日本 北海道 アイヌ)

関連記事

アイヌ民族博物館(アイヌみんぞくはくぶつかん)は、北海道白老郡白老町にある博物館。アイヌ語で「大きい湖の集落」を意味する「ポロトコタン」と呼ばれる野外博物館の施設の一つでもあった。2018年3月31日まではポロトコタンと共に一般社団法人アイヌ民族博物館によって運営されていた。 概要 / アイヌ民族博物館は、アイヌ民族に関する有形・無形の資料を専門に展示・保存し、調査研究、教育普及事業を総合的に行う社会教育施設として、白老町民はじめ広域の人々に利用してもらい、学術及び文化の発展に寄与することを目的としている。野外博物館の性格を持つ園内にはアイヌの住家であったチセやプ(食料庫)、ヘペレセッ(ヒグマの飼養檻)、チプ(丸木舟)などを復元・展示してコタン(集落)を再現している。博物館ではアイヌ民族の資料約5,000点、北方少数民族資料の約250点を収蔵しており、約800点を常設展示している。また、アイヌ絵や文書約150点、図書約7,500冊を所蔵している。文化伝承・保存事業としてイオマンテなどの伝統儀礼を実施ているほか、伝統工芸の機織りやキナ(ゴザ)編み、民族衣服の製作、アイヌ文様の刺繍なども常時実施・公開しており、アイヌ文化に触れることができる体験学習を行っている。 国の「民族共生象徴空間」整備に伴い2017年度末で閉館し、新たに「国立アイヌ民族博物館」が2020年に開設する予定である。運営を1本化する方針である国立アイヌ民族博物館の運営主体を目指すため、アイヌ文化振興・研究振興機構が一般財団法人アイヌ民族博物館を吸収合併する形で協議を進めている。なお、閉館後の拠点として旧白老町立社台小学校校舎を活用する予定にしている。 (アイヌ民族博物館 – Wikipedia)

関連サイト

国立アイヌ民族博物館 – ウポポイ(民族共生象徴空間)

関連エントリ

ウポポイ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

国立アイヌ民族博物館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

民族共生象徴空間 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

民族共生象徴空間 (日本 北海道 アイヌ)

400px-Grus_japonensis_in_flight_at_Akan_International_Crane_Center.jpg

民族共生象徴空間 (日本 北海道 アイヌ)

関連記事

アイヌ民族博物館(アイヌみんぞくはくぶつかん)は、北海道白老郡白老町にある博物館。アイヌ語で「大きい湖の集落」を意味する「ポロトコタン」と呼ばれる野外博物館の施設の一つでもあった。2018年3月31日まではポロトコタンと共に一般社団法人アイヌ民族博物館によって運営されていた。 概要 / アイヌ民族博物館は、アイヌ民族に関する有形・無形の資料を専門に展示・保存し、調査研究、教育普及事業を総合的に行う社会教育施設として、白老町民はじめ広域の人々に利用してもらい、学術及び文化の発展に寄与することを目的としている。野外博物館の性格を持つ園内にはアイヌの住家であったチセやプ(食料庫)、ヘペレセッ(ヒグマの飼養檻)、チプ(丸木舟)などを復元・展示してコタン(集落)を再現している。博物館ではアイヌ民族の資料約5,000点、北方少数民族資料の約250点を収蔵しており、約800点を常設展示している。また、アイヌ絵や文書約150点、図書約7,500冊を所蔵している。文化伝承・保存事業としてイオマンテなどの伝統儀礼を実施ているほか、伝統工芸の機織りやキナ(ゴザ)編み、民族衣服の製作、アイヌ文様の刺繍なども常時実施・公開しており、アイヌ文化に触れることができる体験学習を行っている。 国の「民族共生象徴空間」整備に伴い2017年度末で閉館し、新たに「国立アイヌ民族博物館」が2020年に開設する予定である。運営を1本化する方針である国立アイヌ民族博物館の運営主体を目指すため、アイヌ文化振興・研究振興機構が一般財団法人アイヌ民族博物館を吸収合併する形で協議を進めている。なお、閉館後の拠点として旧白老町立社台小学校校舎を活用する予定にしている。 (アイヌ民族博物館 – Wikipedia)

関連サイト

国立アイヌ民族博物館 – ウポポイ(民族共生象徴空間)

関連エントリ

ウポポイ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

国立アイヌ民族博物館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

民族共生象徴空間 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アイヌ文化の伝統的な文様 (北海道 網走刑務所)

220px-Ainus

アイヌ文化の伝統的な文様 (北海道 網走刑務所)

関連記事

“公式アイヌ文様”採用(網走市/社会・話題)網走刑務所の作業製品 / 網走刑務所は、関連団体から認証を受けたアイヌ文様を使用する新たな作業製品を開発した。受刑者の矯正作業の中で製品化している。木工と洋裁製品があり、作業製品を通じて北海道の魅力をPRしたい考えだ。 エプロン、木工品など8種 関連団体の認証受け、北海道の魅力PR / アイヌ文様をイメージしたデニム地のエプロン アイヌ文様をイメージしたデニム地のエプロン木工製品はストラップやマグネットホルダーなど3種類。「すべてアイヌの人々が使う小刀(マキリ)をモチーフにし、製品の表面にはレーザー彫刻でアイヌ文様をあしらいました」(同刑務所処遇部作業部門)。 洋裁製品は帆前掛け、Tシャツ、バンダナなどの5種類で、いずれもデザイン化したアイヌ文様をプリントしている。デニム地のエプロンなどにはアイヌ文様をイメージさせる「網走」との文字を入れた。 作業製品に使用したアイヌ文様はすべて、阿寒アイヌ文化知的財産権研究会(阿寒アイヌ協会や阿寒湖コタン調整委員会などで構成)の認証を得ている。同刑務所によると、同研究会の認証第一号が、今回の作業製品に使用された文様だという。 道内の観光地などでは、アイヌ文様をあしらったお土産品などが数多く扱われている。こうした状況の中で、同刑務所は“オフィシャル”な文様にこだわることで、作業製品の価値を高めたい考えだ。 同刑務所の担当者は「製品に使用するアイヌ文様の認証を得るまで、予想以上に時間を要しました」と振り返っていた。 今回の製品についての問い合わせは、刑務作業事業部網走地方事務所(TEL 0152-67-4360)へ。 (大) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

網走刑務所(あばしりけいむしょ)は、法務省矯正局札幌矯正管区に属する刑務所。犯罪傾向の進んだ者(再犯者・暴力団構成員)、執行刑期10年以下の受刑者の短期収容を目的とする刑事施設。日本最北端の刑務所で、網走川の河口近く、三眺山の東側に位置する。 概要 / 耕種農業、畜産農業、林業を営む農園刑務所。自給用を中心に馬鈴薯、南瓜、野菜類、金時豆、小豆、永年牧草、肉牛を生産している。木工作業は小物民芸品の製作を中心とし、ニポポは年間約4,000本を生産している。窯業作業は、オリジナル製品(三眺焼)として食器、花瓶などの小物製品を中心に生産している。 昭和中期まで使用されていた教誨堂、五翼放射状平屋舎房といった明治、大正時代の大型木造建築物は、博物館網走監獄に移築され保管されている。 (網走刑務所 – Wikipedia

160px-Abashiri_Prison_02

関連エントリ

網走刑務所 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

特別展 アイヌ文化に活きる植物 (美幌博物館)

bi_bo.jpg


特別展 アイヌ文化に活きる植物 (美幌博物館)

関連記事

21日から美幌博物館で特別展 アイヌ文化に活きる植物 / 美幌博物館の特別展「アイヌ文化に活きる植物」が21日(土)に開幕する。衣服や食料、神への捧げもの、飾りなどアイヌ民族が暮らしの中で多く活用してきた植物に焦点を当てる特別展。エゾイラクサやガマなどの繊維で編んだ衣服やござ、ヤナギなどの木を削り、祈りを捧げる際に使う「イナウ」などを紹介する。オオウバユリの鱗茎からでんぷんを採取する方法や、実際に採取したでんぷんも展示する。「イトウが上ってくるころに咲く」という意味のアイヌ語「チライムン」と名付けられたフクジュソウなど動植物と名前のかかわりも紹介。ヤマブドウのつるでつくった輪投げで遊べるコーナーも設ける。学芸員は「アイヌの人々と植物の密接なかかわりを通じて、植物をより身近に感じてもらえるようになれば」と話している。特別展のみの観覧は無料。10月21日までの期間中は、講演会や工作など関連イベントも予定されている。(浩) (2018年7月19日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト

第28回特別展「アイヌ文化に活きる植物」 | 美幌町

美幌博物館 | 美幌町ホームページ

関連エントリ

アイヌ文化 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌博物館 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アイヌ詞曲舞踊団モシリ(豊岡征則)について

290px-Guitar_headstock_front.jpg

アイヌ詞曲舞踊団モシリ(豊岡征則)について

関連記事

アト゚イ(Atuy、本名:豊岡征則(とよおか まさのり)、1946年 – )は、アイヌ人実業家・作曲家・作詞家。「ト゚」(トに半濁点)は [tu](トゥ)の発音を示すアイヌ語片仮名であり、「アト゚イ」は「アトゥイ」と発音する。出自 / 1945年、北海道釧路支庁白糠町生まれ。母はアイヌ人、父は非アイヌ人だがアト゚イ出生前に姿を消す。アイヌ人が多く住む集落で育ち、アイヌ人のアイデンティティを持つ。10代後半から、納豆売りや廃品回収を行う。ギターの腕前を上げる。釧路支庁弟子屈町でドライブイン「丸木舟」を開業、民宿もかねた営業を始めて、成功をおさめる。赤塚不二夫とも親交があった。活動 / 1981年、「アイヌ詞曲舞踊団モシリ」を設立し、作詞・作曲を手がける。アイヌ人メンバーによる音楽および舞踊ということで、注目が集まる。「アイヌ詞曲舞踊団モシリ」は、1991年9月26日に『筑紫哲也 NEWS23』に30分間登場して全国的知名度を得て、テレビ出演や全国公演および海外公演を果たす。アト゚イ本人の特集番組も、1995年4月14日に、NHK教育テレビで、「マイライフ 自然とともに人間らしく~アイヌ文化継承者 豊岡征則」という題で実現している。(アト゜イ – Wikipedia

アイヌモシリ(アイヌ語仮名表記: アィヌモシㇼ、ラテン文字表記: ainu mosir)とは、アイヌ語で「人間の静かなる大地」を意味する言葉。本来、特定の地域を指すものではないが、今日では北海道を指す場合や、樺太、千島列島など古くからのアイヌ居住地を指すことがある。対となる語に、カムイモシリ(カムィモシㇼ、kamuy mosir)(神の住むところ)がある。(アイヌモシリ – Wikipedia

関連サイト

本物のアイヌ文化が楽しめるホテル 屈斜路湖物語 丸木舟 / 日本で唯一のアイヌルーム、創作アイヌ料理フルコースが楽しめるコタンの湯宿です。夜はアイヌ詞曲舞踊団「モシリ」ライブが楽しめます!アイヌ文化をここでまるごと堪能できます!!

屈斜路湖物語 丸木舟

アイヌ詞曲舞踊団 モシリのサイトです

豊岡征則 | Facebook

関連エントリ

魂のアイヌ詩曲 天空に響け!(モシリ・カルテット) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アイヌ詞曲舞踊団モシリ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

豊岡征則 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

湧別町川西遺跡の オホーツク文化 (北海道 北方民族博物館)

375px-Rentier_fws_1.jpg

130713_Hokkaido_Museum_of_Northern_Peoples_Abashiri_Hokkaido_Japan15s5.jpg

湧別町川西遺跡の オホーツク文化 (北海道 北方民族博物館)
Yubetsu river excavations and Okhotsk culture (Hokkaido Museum of Northern Peoples)

湧別町川西遺跡の オホーツク文化 (北海道 北方民族博物館) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

知事コラム – 北海道博物館 「森のちゃれんが」 オープン

750px-Subprefectures_of_Hokkaidosvg.png

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

知事コラム – 北海道博物館 「森のちゃれんが」 オープン
Governor column – Hokkaido Museum “mori no charenga” open

知事コラム – 北海道博物館 「森のちゃれんが」 オープン の全文を読む

このページの先頭へ戻る

コラム – アイヌ文化 あれこれ Vol.39 (北海道のメールマガジン)

750px-Subprefectures_of_Hokkaidosvg.png

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

コラム – アイヌ文化 あれこれ Vol.39 (北海道のメールマガジン)
Column – Ainu Culture Arekore Vol.39 (Hokkaido Newsletter)

コラム – アイヌ文化 あれこれ Vol.39 (北海道のメールマガジン) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る