アメリカ カテゴリのアーカイブ

8月4日 橋の日 (虹の橋、Rainbow Bridge)

Rainbow-Bridge-heaven.jpg

8月4日 橋の日 (虹の橋、Rainbow Bridge)

関連記事

虹の橋(にじのはし、英語:Rainbow Bridge)とは、飼っていたペットを亡くした人々のあいだで語られている、比喩的な場所、または神話的な場所のことである。また、この場所をうたった散文詩(韻文)のことである。詩と希望 / 『虹の橋』は、作者不詳の散文詩の主題として取り上げられているので有名である。作品は、1980年から1992年のあいだに造られたと考えられるが、正確な詩作の時期はなお不明である。この詩あるいは文章は、ペットを失った動物愛好家のあいだで広く知られるようになり、最初はアメリカで流布していたが、世界中に広がり、日本でもこの詩の原文や翻訳、またそのヴァリエーションが広がっている。詩は、亡くなったペットの魂が、虹の橋のたもとにある一面に緑の草原が広がる楽園に行き、そこで元の飼い主を待っていると、うたっている。そして彼らの飼い主がまた世を去った日、この場所でペットと人々は再会し、虹の橋を共にわたって、天国へと入って行くと信じられている。 (虹の橋 (詩 – )Wikipedia)

The Rainbow Bridge is the theme of several works of poetry written in the 1980s and 1990s that speak of an other-worldly place where pets go upon death, eventually to be reunited with their owners. One is a prose poem whose original creator is uncertain. The other is a six-stanza poem of rhyming pentameter couplets, created by a couple to help ease the pain of friends who lost pets. Each has gained popularity around the world among animal lovers who have lost a pet. The belief has many antecedents, including similarities to the Bifröst bridge of Norse mythology. (Rainbow Bridge (pets) – Wikipedia

関連エントリ

橋の日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

虹の橋 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Rainbow Bridge の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Harley-Davidson ハーレーダビッドソン (北海道)

300px-Harley_davidson_logo.jpg

Harley-Davidson ハーレーダビッドソン (北海道)

関連記事

ハーレーダビッドソン (Harley-Davidson, Inc.) (H-D、またはハーレー)は、アメリカ合衆国のオートバイメーカー。1903年にウィスコンシン州ミルウォーキーに設立された。日本国内での歴史 / 1912年(明治45/大正元年)に、日本陸軍が初めて輸入を行ない、後にサイドカーを中心として軍用車両として用いられた。一時期は日本で「陸王」の名でサイドバルブエンジン搭載の車両がライセンス生産・販売されたこともあったが、製造メーカーが倒産した後は、再び代理店による輸入販売のみとなり、現在は、1989年(平成元年)8月に日本法人のハーレーダビッドソンジャパンが設立され、正規販売を行なっている。同社の設立以降、個人輸入や並行輸入が激減し、大規模販売ルートを確立させた。各地に正規販売店、レターショップ(販売網)を置き、フランチャイズ契約を行なっており、それらのショップには、HOG(Harley Owners Group)Chapterを置いている。2011年(平成23年)12月現在の正規販売網拠点は、127社181拠点に達している。日本法人本社は、2013年(平成25年)6月より東新宿駅直結の新宿イーストサイドスクエアに移転している。なお、かつて日本でライセンス生産されていたハーレーダビッドソン車両については、陸王を参照。東日本大震災による津波で、宮城県山元町から6,500キロメートル離れたカナダのグレアム島まで流されたコンテナの中から、ハーレーダビッドソンが発見された。ハーレーダビッドソン社は無償で修理し、所有者へ送ることを発表したが、持ち主の意向により、現状のまま博物館での展示が決定した。 (ハーレーダビッドソン – Wikipedia)

Harley-Davidson, Inc. (H-D), or Harley, is an American motorcycle manufacturer, founded in Milwaukee, Wisconsin in 1903. (Harley-Davidson – Wikipedia)

関連動画

ハーレーで行くタンデム北海道ツーリング2013~道東編 – YouTube

関連サイト

バイクと趣味に生きる

関連エントリ

ハーレーダビッドソン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Harley-Davidson の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

少女とオーケストラの音楽動画です (サプライズ)

Original_movie_poster_for_the_film_One_Hundred_Men_and_a_Girl.jpg

少女とオーケストラの音楽動画です (サプライズ)

関連記事

『オーケストラの少女』(オーケストラのしょうじょ、原題:One Hundred Men and a Girl)は、1937年にユニバーサル・スタジオが製作したアメリカ映画。概要 / 名指揮者レオポルド・ストコフスキーと実在のオーケストラであるフィラデルフィア管弦楽団が出演したことで知られる音楽映画である。1937年のアカデミー作曲賞を受賞している。備考 / 作曲家の芥川也寸志は、小学校6年の時、この映画を6回観た。指揮者岩城宏之は、高校2年の時この作品を観て感動したことから音楽家を志すようになったという。ただし、1979年頃にテレビで本作品を再び観た時は「実に、なんともやりきれないくらいの、ひどい映画」「ストコフスキーさんのPR用のキワモノ映画」「ぼくの耳が幼すぎたのだ」と失望の念を吐露している。音楽評論家の志鳥栄八郎は、旧制中学の頃、乏しい小遣いをやりくりしてこの映画を何度も観た。同級の大滝秀治もこの映画に影響された一人であり、ピアノが弾けないにもかかわらず学校の音楽室で「これからリストの『ハンガリー狂詩曲』を弾く」と宣言し、志鳥の前で出鱈目にピアノの鍵盤を叩いてみせたことがある。黒柳徹子が生まれて初めて観たのはこの映画であった。黒柳家は「子供には子供用の映画しか観せない」という教育方針だったが、父がヴァイオリニストだったため、この映画は特別に観ることを許された。淀川長治は黒柳に「あなたはいい映画をご覧になりましたね」と言っている。 (オーケストラの少女 – Wikipedia)

音楽動画 (YouTube)

少女がお金を恵んだらオーケストラの大演奏のサプライズ – YouTube

関連エントリ

オーケストラの少女 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

One Hundred Men and a Girl の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

サプライズ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Surprise の検索結果美幌音楽人加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

第33回特別展「North to the Future 北方から未来へ-日本人が出会ったアラスカ」

800px-Saami_Family_1900_2.jpg

第33回特別展「North to the Future 北方から未来へ-日本人が出会ったアラスカ」
北方民族博物館 特別展示室

関連記事

14日から北方民族博物館で特別展 日本人が出会ったアラスカ / 網走市の道立北方民族博物館の第33回特別展「北方から未来へ North to the Future 日本人が出会ったアラスカ」が14日に開幕する。特別展では、アラスカ先住民族と日本人の「出会い」の歴史(江戸時代から現代まで)の足跡をたどる。第二次世界大戦中、日本軍により占領されたアッツ島から小樽に連行され、終戦まで抑留された先住民族アリュートの苦難の道のりを関連資料で紹介する。このほか、明治時代にアラスカに渡った日本人が持ち帰った彫刻などを展示する。10月8日まで。問い合わせは同館(TEL 0152-45-3888)へ。 (2018年7月11日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト

北海道立 北方民族博物館公式サイト

関連エントリ

奇跡の作戦 – キスカ島撤退の作戦美幌音楽人加藤雅夫

アラスカ の検索結果美幌音楽人加藤雅夫

北方民族博物館 の検索結果美幌音楽人加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

1776年7月4日 アメリカ合衆国の独立宣言・独立記念日 (祝日)

800px-Flag_of_the_United_States_Pantone.svg.jpg

305px-Guitar_1.jpg

1776年7月4日 アメリカ合衆国の独立宣言・独立記念日 (祝日)

関連記事

独立記念日(どくりつきねんび、英: Independence Day)は、1776年にアメリカ独立宣言が公布されたことを記念して、毎年7月4日に定められているアメリカ合衆国の祝日。「独立記念日(インディペンデンス・デイ)」の呼称が最も一般的であり、「7月4日」(”Fourth of July”)と言えば独立記念日を指す。最も米国らしい祝日と言われ、独立記念日の一週間はクリスマス、感謝祭と並び全米が祝日モードとなる。ワシントンDC、ボストン等の都市では大型の花火打ち上げや屋外コンサートが行われ、米国内外から訪れる大勢の観光客で賑わう。 (独立記念日 (アメリカ合衆国) – Wikipedia)

Independence Day, also referred to as the Fourth of July or July Fourth, is a federal holiday in the United States commemorating the adoption of the Declaration of Independence on July 4, 1776. The Continental Congress declared that the thirteen American colonies regarded themselves as a new nation, the United States of America, and were no longer part of the British Empire. The Congress actually voted to declare independence two days earlier, on July 2. Independence Day is commonly associated with fireworks, parades, barbecues, carnivals, fairs, picnics, concerts, baseball games, family reunions, and political speeches and ceremonies, in addition to various other public and private events celebrating the history, government, and traditions of the United States. Independence Day is the National Day of the United States. (Independence Day (United States) – Wikipedia)

関連エントリ

スティーブン・フォスター(アメリカ音楽の父) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アメリカ独立宣言 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アメリカ独立記念日 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

インディペンデンス・デイ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Independence Day の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Fourth of July の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

加藤嘉右衛門 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

テディベアの歌 Teddy bear (song)

200px-ElvisTeddy_2.jpg

テディベアの歌 Teddy bear (song)

関連記事

テディベア(Teddy bear)は、クマのぬいぐるみのことである。その名前は、第26代アメリカ合衆国大統領セオドア・ルーズベルトに由来する。テディベアの歌 / 1957年にエルヴィス・プレスリーが「君のテディベアになりたい」と歌い、全米で7週間もの間1位を獲得したエルヴィス2作目の映画『さまよう青春』の挿入歌である。映画の制作時期にエルヴィスが「テディベアは大好き」とインタビューに答えたところ、ファンから大量のテディベアが届いたため、映画会社があわてて作らせて歌わせた逸話がある。その年のクリスマスにエルヴィスは数千個のテディ・ベアを国立小児麻痺財団に寄贈した。日本ではあまり馴染みがないため、TVシリーズ『フルハウス』の中でエルヴィス・ファンであるジェシーがミシェルのために歌う子守唄の原曲であることを知る人は少ない。シュタイフ社ではヒット曲にあやかり The Elvis Bear という限定テディベアを1994年に発売した。リボンにエルヴィスの写真がプリントされ、左足に「Elvis」の刺繍、そして体内に「Teddy Bear」のオルゴールが埋め込まれた製品となっている。 (テディベア – Wikipedia)

“(Let Me Be Your) Teddy Bear” is a popular song first recorded by Elvis Presley in 1957 for the soundtrack of his second motion picture, Loving You, during which Presley performs the song on screen. It was written by Kal Mann and Bernie Lowe and published in 1957 by Gladys Music. Clear melodic roots of this tune can be heard in the many early recordings of Boll Weevil, a traditional blues song. Presley single / The song was a U.S. No. 1 hit for during the summer of 1957, staying at No. 1 for seven weeks, the third of the four Presley had that year. “(Let Me Be Your) Teddy Bear” would also hit No. 1 on the R&B Best Sellers List, becoming his fourth No. 1 on that chart.[1] The song also reached No. 1 on the country charts for a single week. ((Let Me Be Your) Teddy Bear – Wikipedia)

関連エントリ

テディベアの歌 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Teddy bear (song) の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

エルヴィス・プレスリー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Elvis Presley の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

テディベア (Teddy bear) について

Teddybear_cartoon.jpg

450px-Teddy_bear_27.jpg

テディベア (Teddy bear) について

関連記事

テディベア(Teddy bear)は、クマのぬいぐるみのことである。その名前は、第26代アメリカ合衆国大統領セオドア・ルーズベルトに由来する。由来 / 1902年の秋、ルーズベルト大統領は趣味である熊狩りに出かけたが、獲物をしとめることができなかった。そこで同行していたハンターが年老いた雌熊(一説には傷を負った子熊)のアメリカグマを追いつめて最後の1発を大統領に頼んだが、ルーズベルトは「瀕死の熊を撃つのはスポーツマン精神にもとる」として撃たなかった。このことが同行していた新聞記者のクリフォード・ベリーマンによって記事にされ、『ワシントン・ポスト』紙に挿絵入りで掲載された。この挿絵のベアは「ベリーマンベア」と呼ばれた。このルーズベルトの逸話に触発されて、ロシア移民モリス・ミットムがアイデアル社(Ideal Novelty & Toy)を興し、熊の縫いぐるみを製造したのが、アメリカ国内初のテディベア・メーカーといわれている。一方、同じ頃にドイツのマルガレーテ・シュタイフの興したシュタイフ社(Steiff firm)によって、元々はルーズベルトの逸話と無関係に1902年に作られた熊の縫いぐるみが大量にアメリカに輸入されており、その発注が1903年3月のライプツィヒのトイ・フェアへの出典に端を発するなど公的記録が残されていることから、世界初のテディベアメーカーとしてはシュタイフ社とする説もある。また1904年のセントルイス万国博覧会ではシュタイフ社のテディベアが出品され、グランプリを受賞している。いずれにしても、テディベアという呼称は新聞記事が最初であり、独占的な商標でないことに変わりはない。テディベアの歌 / 1957年にエルヴィス・プレスリーが「君のテディベアになりたい」と歌い、全米で7週間もの間1位を獲得したエルヴィス2作目の映画『さまよう青春』の挿入歌である。映画の制作時期にエルヴィスが「テディベアは大好き」とインタビューに答えたところ、ファンから大量のテディベアが届いたため、映画会社があわてて作らせて歌わせた逸話がある。その年のクリスマスにエルヴィスは数千個のテディ・ベアを国立小児麻痺財団に寄贈した。日本ではあまり馴染みがないため、TVシリーズ『フルハウス』の中でエルヴィス・ファンであるジェシーがミシェルのために歌う子守唄の原曲であることを知る人は少ない。シュタイフ社ではヒット曲にあやかり The Elvis Bear という限定テディベアを1994年に発売した。リボンにエルヴィスの写真がプリントされ、左足に「Elvis」の刺繍、そして体内に「Teddy Bear」のオルゴールが埋め込まれた製品となっている。テディベアの日 / セオドア・ルーズベルトの誕生日である10月27日が「テディベアの日」と言われているのは、世界的な記念日ではないが、愛好家たちが設定している記念日である。日本では日本テディベア協会がルーズベルトの逸話にちなみ「相手の事を思いやる気持ち」をベアを通して伝える日にしようと提唱している。 (テディベア – Wikipedia)

関連サイト

テディベアについて|シュタイフ公式サイト

シュタイフ テディベア110周年|チャリティーミュージアム-天空の森展- 公式サイト

日本テディベア協会のホームページ

ベリーマンベアジャパンのホームページ

テディベアミュージアムのホームページ

関連エントリ

テディベア の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Teddy bear の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

マイケル・ジャクソン (Michael Jackson) について

img_history30_03_2.jpg

マイケル・ジャクソン (Michael Jackson) について

関連記事

6月25日 忌日 / 2009年 マイケル・ジャクソン (米:歌手) <50歳> Michael Jackson. (6月25日 今日は何の日~毎日が記念日~)

6月25日 忌日 / 2009年 – マイケル・ジャクソン、ミュージシャン、歌手、ダンサー。 (6月25日 – Wikipedia)

マイケル・ジョセフ・ジャクソン(Michael Joseph Jackson、1958年8月29日 – 2009年6月25日)はアメリカ合衆国のエンターテイナー。シンガーソングライター・ダンサー、平和活動家など、活動は多岐にわたる。「キング・オブ・ポップ」と称される。略歴 / 死後 / 2009年6月25日、自宅にて心肺停止状態に至り死亡。2010年6月25日、一周忌であるこの日にドキュメンタリー映画『マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの素顔』が公開。 (マイケル・ジャクソン – Wikipedia)

Michael Joseph Jackson (August 29, 1958 – June 25, 2009) was an American singer, songwriter, and dancer. Dubbed the “King of Pop”, he was one of the most popular entertainers in the world, and was the best-selling music artist during the year of his death. Jackson’s contributions to music, dance, and fashion along with his publicized personal life made him a global figure in popular culture for over four decades. Life and career / Death and memorial / On June 25, 2009, Jackson stopped breathing while attempting to sleep under the care of Conrad Murray, his personal physician. (Michael Jackson – Wikipedia)

関連エントリ

マイケル・ジャクソン の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Michael Jackson の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Here’s looking at you, kid. 君の瞳に乾杯

_002.jpg

448px-Oriental_hybrid1.jpg

Here’s looking at you, kid. 君の瞳に乾杯

関連記事

6月20日 歴史 / 1946年 イングリッド・バーグマン主演の『カサブランカ』が日本で封切り。(6月20日 今日は何の日~毎日が記念日~

『カサブランカ』(英語: Casablanca)は、1942年製作のアメリカ映画。概要 / 第二次世界大戦にアメリカが参戦した翌年の1942年に製作が開始され、同年11月26日に公開された、物語の設定時点の1941年12月時点では親ドイツのヴィシー政権の支配下にあったフランス領モロッコのカサブランカを舞台にしたラブロマンス映画。監督はマイケル・カーティス。配給はワーナー・ブラザース。評価 / アメリカ映画ベスト100(1998年)の2位、スリルを感じる映画ベスト100(2001年)の42位、情熱的な映画ベスト100(2002年)の1位、アメリカ映画主題歌ベスト100(2004年)の2位(『アズ・タイム・ゴーズ・バイ』”As Time Goes By”)、アメリカ映画の名セリフベスト100(2005年)の5位(「Here’s looking at you, kid.(君の瞳に乾杯)」)、感動の映画ベスト100(2006年)の32位、アメリカ映画ベスト100(10周年エディション)(2007年)では、順位を一つ落としたものの3位。公開後80年近く経ってもなお、不滅の人気を誇るロマンス・フィルムである。なお、映画スターベスト100(1999年)の男性1位にハンフリー・ボガート、女性4位にイングリッド・バーグマンが選ばれている。また、ヒーローと悪役ベスト100(2003年)の4位には、ボガートの演じたRickが選ばれた。米脚本家組合(WGA)は、1930年以降の映画の中より「偉大な脚本歴代ベスト101」の1位として選出した。名文句 / アメリカ映画協会 (AFI)選定の 「アメリカ映画の名セリフベスト100」(2005年)の中に以下のセリフがランクインしている。第5位:”Here’s looking at you, kid.”「君の瞳に乾杯」。その他 / 映画のテーマ曲『アズ・タイム・ゴーズ・バイ』は、音楽を担当したスタイナーの作曲ではなく、ハーマン・フップフェルド (Herman Hupfeld) がステージショーのために、1931年に作詞・作曲した古い流行歌を取り上げたものである。『アズ・タイム・ゴーズ・バイ』と並んで劇中で演奏される『イット・ハド・トゥ・ビー・ユー』”It Had to Be You” は、ロブ・ライナー監督映画の『恋人たちの予感』(1989年)で引用される。 “It had to be you It had to be you I wandered around and finally found “(君だったんだ、探していたのは…)のフレーズは古典中の古典であり、フランク・シナトラのメドレーナンバーでもある。ハリー・コニック・Jrによる映画のサントラは、世界中で大ヒットし、この年のグラミー賞(最優秀男性ジャズ・ヴォーカル賞)を獲得した。前述の映画主題歌ベスト100(2004年)の60位である。劇中ドゥリー・ウィルソン演じるサムが使用したピアノは、2014年11月、ニューヨークでオークションにかけられ341万3000ドル(約4億円)で落札された。なお、実際にはウィルソンはピアノは弾けず、ほとんどの演奏が合成である。(カサブランカ (映画) – Wikipedia

イングリッド・バーグマン(典: Ingrid Bergman, 1915年8月29日 – 1982年8月29日)は、ヨーロッパとアメリカで活躍したスウェーデン出身の女優。Ingrid Bergman はスウェーデン語ではインリド・ベリマン [ˈɪŋːrɪd ˈbærjman] と発音される。業績 / アカデミー賞を3回、エミー賞を2回、トニー賞の演劇主演女優賞の受賞経験があり、AFI(アメリカ映画協会)選定の「映画スターベスト100」の女優部門では第4位となっている。バーグマンが演じた役でもっとも有名な役と言われているのが、ハンフリー・ボガートと共演した『カサブランカ』(1942年)のイルザ・ラント役とケーリー・グラントと共演した『汚名』(1946年)のアリシア・ヒューバーマン役である。バーグマンはアメリカで女優として成功をおさめる以前から、スウェーデンでは名を知られた女優だった。バーグマンがアメリカ映画に初出演したのは、スウェーデン映画の『間奏曲』をリメイクした『別離』(1939年)である。その際立った美貌と知性でアメリカ映画に「北欧からの瑞々しい息吹」を吹き込んだバーグマンは、すぐさま「アメリカ人女性の理想」となりハリウッドを代表する女優の一人となったと『ポピュラーカルチャー百科事典』(en:St. James Encyclopedia of Popular Culture)に記されている。映画監督ヴィクター・フレミングがリメイクした映画『ジキル博士とハイド氏』(1941年)に出演したバーグマンは、後に自身をハリウッドへ招くことになる映画プロデューサーのデヴィッド・O・セルズニックに認められた。セルズニックはバーグマンのことを、今までともに仕事をしてきた中で「もっとも完成された誠実な女優」と評価している。セルズニックはバーグマンに7年間の出演契約を提示し、その後の女優活動をプロデューサーとして支えていくことになる。バーグマンがセルズニックとは無関係に出演した映画には『カサブランカ』(1942年)、『誰が為に鐘は鳴る』(1943年)、『ガス燈』(1944年)、『聖メリーの鐘』(1945年)『汚名』(1946年)、『山羊座のもとに』(1949年)があり、独立系映画としては『ジャンヌ・ダーク』(1948年)がある。ハリウッド進出以来、10年間にわたってアメリカでスター女優の地位を守り続けたバーグマンは、1950年にロベルト・ロッセリーニが監督するイタリア映画『ストロンボリ/神の土地』に主演した。この作品がきっかけとなり、バーグマンとロッセリーニはともに既婚者であったにも関わらず、不倫関係を持つようになる。この不倫関係とその後の二人の結婚は大きなスキャンダルとなり、バーグマンはその後の数年間アメリカに戻ることができなくなった。1956年の『追想』でハリウッドに復帰したバーグマンは、この映画でアカデミー主演女優賞を受賞するとともに、旧来のファンもバーグマンを許したといわれている。バーグマンに関する私生活や映画関連の文献は、ウェズリアン大学のシネマ・アーカイブが多く所蔵している。 ハリウッド時代、1939年 – 1949年 / 『カサブランカ』(1942年) / スウェーデンで最後の映画に出演した後、1941年にバーグマンは『四人の息子』、『天国の怒り』、『ジキル博士とハイド氏』の3本のアメリカ映画に出演し、どの作品も大きな成功を収めた。翌1942年には、現在でもバーグマンの代表作と目されている『カサブランカ』でハンフリー・ボガートと共演した。『カサブランカ』の舞台はナチスの影響力が及ばない中立地帯であるフランス領モロッコのカサブランカで、バーグマンはポール・ヘンリードが演じた反ナチス地下組織の指導者ヴィクター・ラズローの妻である美しいノルウェー人女性イルザ役を演じた。世評とは裏腹にバーグマン自身は『カサブランカ』に必ずしも満足しておらず「私は多くの映画に出演し、なかには『カサブランカ』よりも重要な役も演じてきたつもりです。しかし人々が話題にしたがるのはボカートと共演した映画のことばかりなのですと語ったこともある。しかしながら後にバーグマンは「すでに『カサブランカ』は独り歩きしている映画なのでしょう。人々を惹き付ける不思議な魅力を持つ作品で、映画に求められていた想いを十分に満足させることができる作品といえます」とも語っている。(イングリッド・バーグマン – Wikipedia

関連サイト

君の瞳に乾杯 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

イングリッド・バーグマン の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

カサブランカ (映画) の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

関連エントリ

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

アメリカ合衆国のジャズピアニスト Ronnell Bright について

012.jpg

アメリカ合衆国のジャズピアニスト Ronnell Bright について

1987年6月2日、アメリカ合衆国のジャズピアニスト ロンネル・ブライト(ローネル・ブライト、Ronnell Bright)北海道美幌町で公演。生演奏。

Ronnell Bright (Live in Bihoro Hokkaido Japan June 2, 1987.) / Sweet Pumpkin(甘いかぼちゃ)、Don’t Call It Love、Tender Loving Care、Cherry Blossom、Missing You、Smoke Gets In Your Eyes(煙が眼にしみる)。

アメリカ合衆国のジャズピアニスト、ロンネル・ブライト (往年の大歌手サラ・ヴォーンのピアノ伴奏者)が、親子ギター「優しさごっこ」を見て、「Oh! My God!! こんど親子でニューヨークに来いよ、 オレの家でごはん食べてニューヨークのマンハッタンでジョイントライブやろうぜ」。彼はハーレムのピアノ神様です、どんな料理が出てくるのかな? 美幌のギター神様「オー! うマイ!! ゴッドさん」。

画像を拡大すると、Ronnell Bright のメッセージがあります。音楽動画は関係がありません。

関連記事

Ronnell Lovelace Bright (born July 3, 1930) is an American jazz pianist. He has also dabbled in acting, with cameo appearances in the TV shows The Jeffersons, The Carol Burnett Show, and Sanford and Son. Ronnell Bright has four children. Lois Rene’ Bright Wilkins (Michigan), Faye Bright Juliot (California), Ronnell R. Bright (Texas), and Ronnece (Nevada). Source: Ronnell Bright’s family. Career / Bright played piano from a young age and won a piano competition when he was nine years old. In 1944, he played with the Chicago Youth Piano Symphony Orchestra. He studied at Juilliard, graduating early in the 1950s. Moving back to Chicago, he played with Johnny Tate and accompanied Carmen McRae before moving to New York City in 1955. There he played with Rolf Kuhn and assembled his own trio in 1957. In 1957–58 he was with Dizzy Gillespie and acted as an accompanist for Sarah Vaughan, Lena Horne, and Gloria Lynne over the next few years. His compositions were recorded by Vaughan, Cal Tjader, Horace Silver, and Blue Mitchell. In 1964, he became Nancy Wilson’s arranger and pianist after moving to Los Angeles. Later in the decade he found work as a studio musician, playing in Supersax from 1972 to 1974. (Ronnell Bright – Wikipedia

関連エントリ

加藤雅夫のあゆみ 30代 1977〜 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ロンネル・ブライト の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Ronnell Bright の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る