北見市 カテゴリのアーカイブ

氷上釣り(北海道のサロマ湖)

800px-Abashiri_Subprefecture.png

Saromako_Sunset.jpg

lossless-page1-799px-Wakasagi_Adult_70mm_tif.png

800px-Ashino-ko_don.jpg

サロマ湖(サロマこ)は、北海道オホーツク海岸の北見市、常呂郡佐呂間町、紋別郡湧別町にまたがる湖。(Wikipedia

サロマ湖 についてのニュースブログ記事(Google)

氷上釣り(北海道のサロマ湖) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

1月17日は「おむすびの日」(Hokkaido Mail Magazine)

Onigiri.jpg

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

北海道のメールマガジン「Do・Ryoku(動・力)」(第292号)が送られてきました。日本および世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

北海道 についてのニュースブログ記事(Google)
Hokkaido についてのニュースブログ記事(Google)

1月17日は「おむすびの日」(Hokkaido Mail Magazine) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

経済の伝書鳩: 2011年重大ニュース(地方版)

800px-Abashiri_Subprefecture.png

448px-Noah_mosaic.jpg

経済の伝書鳩(けいざいのでんしょばと)は、株式会社伝書鳩が北海道北見市、網走市などで発行している日刊のフリーペーパー。通称「鳩」。日本ABC協会加盟。(Wikipedia

動画: 記事とは関係ありません。(アホーツク人)

2011年重大ニュース についてのニュースブログ記事(Google)

経済の伝書鳩: 2011年重大ニュース(地方版) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

地球の温暖化防止対策(網走、北見、美幌)

ポスト京都議定書(Post-Kyoto Protocol)とは、京都議定書の削減対象期間である2008年~2012年以降の、世界の温室効果ガス削減の枠組みとして議論されている、気候変動枠組条約の「新たなる目標」の通称。(Wikipedia

いぶき(GOSAT : ゴーサット、Greenhouse gases Observing SATellite)は、環境省、国立環境研究所(NIES)、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で開発した温室効果ガス観測技術衛星。地球温暖化の原因とされている二酸化炭素やメタンガスなどの温室効果ガスの濃度分布を宇宙から観測する。(Wikipedia

ポスト京都議定書 についてのニュースブログ記事(Google)
温室効果ガス についてのニュースブログ記事(Google)
地球温暖化対策 についてのニュースブログ記事(Google)

地球の温暖化防止対策(網走、北見、美幌) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

飲酒運転の根絶「一滴が涙に変わるその飲酒」(北海道のメールマガジン)

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

北海道のメールマガジン「Do・Ryoku(動・力)」(第288号)が送られてきました。日本および世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

飲酒運転 についてのニュースブログ記事(Google)
北海道新幹線 についてのニュースブログ記事(Google)

飲酒運転の根絶「一滴が涙に変わるその飲酒」(北海道のメールマガジン) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

JICAボランティアで派遣(北見と網走の男性二人)

青年海外協力隊(JOCV)は、日本国政府が行う政府開発援助(ODA)の一環として、外務省所管の独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する海外ボランティア派遣制度である。青年海外協力隊の募集年齢は20~39歳。(Wikipedia

シニア海外ボランティアは、青年海外協力隊のシニア版である。開発途上国の未来のために豊かな知識や経験を生かしたいと志望する40歳から69歳までの中高年者が対象となる。(Wikipedia

JICAボランティア についてのニュース、ブログ記事(Google

JICAボランティアで派遣(北見と網走の男性二人) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

地域包括支援センターとは何か。(オホーツク地域)

808E17~1.JPG

800px-Its_all_about_love.jpg

地域包括支援センター: 地域包括支援センターは、介護保険法で定められた、地域住民の保健・福祉・医療の向上、虐待防止、介護予防マネジメントなどを総合的に行う機関である。各区市町村に設置される。センターには、保健師、主任ケアマネジャー、社会福祉士が置かれ、専門性を生かして相互連携しながら業務にあたる。法律上は市町村事業である地域支援事業を行う機関であるが、外部への委託も可能である。
利点; これまで市町村の在宅支援センター等で行われていた相談業務等を外部委託できることにより市町村窓口負担の軽減がされる。専門的な知識を持つ職員によりきめ細かい相談業務が行われる。
問題点; これまで要支援の利用者は居宅介護支援事業者によって介護保険を利用していたが、居宅支援事業者へ委託を行う場合を除き介護予防支援事業所(特に市町村がケアマネジメントを担当)が直接の担当となり利用者が激減し居宅支援事業所の収入が大幅に落ち込んでいる。また、居宅事業者へ委託を行っている場合を除き要介護状態になったあと市町村の委託を受けた社会福祉協議会若しくは市町村運営の居宅介護支援事業所へそのまま利用者が流れてしまうことが多い(建前では要介護状態になった場合は、事後担当する居宅事業所は利用者が決める事になっているが、実際は利用者が決める前に役所の係と社会福祉協議会の間で利用者に関する情報が伝えられそのまま社会福祉協議会若しくは市町村直営居宅事業所へ利用者が流れてしまう事が多い)。 担当するケアマネジャー(自治体職員含む)は定期訪問を3ヶ月に一度のみの訪問で良いと定めている自治体もあり、利用者の身上把握等をきめ細かく行っていない事が多い(利用票を3ヶ月分一括で捺印して3ヶ月間全く訪問しない事業所もある・特に自治体運営の居宅を含む事業所)。 高齢者虐待に関する業務(権利擁護業務)も担う事になっているが、虐待ケースを発見しても警察のように家に踏み込む権限はなく、また、自治体も専門性に欠けるため積極的な介入を期待できるレベルにない。 老人福祉法に基づく措置権も自治体に留保されているため、実質地域の見守り程度の事しかできていない。(Wikipedia

地域包括支援センター についてのニュースブログ記事(Google)

地域包括支援センターとは何か。(オホーツク地域) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

インターナショナルコンサート(Cアワー)

北見工業大学の国際交流センターから「インターナショナルCアワー」案内が送られてきました。12月のテーマは「インターナショナルコンサート」。
北見工大のCアワーは毎月開催しています。留学生と市民が気軽に交流します。お気軽に参加してください。(無料)

インターナショナルコンサート(Cアワー) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北見市の青年が、第49回技能五輪全国大会「建築大工部門」出場する

技能五輪全国大会は、青年技能者の技能レベルの日本一を競う競技大会である。青年技能者技能競技大会とも呼ばれる。(Wikipedia

国際技能競技大会(WorldSkills Competition)は、ほぼ2年に一度、ワールドスキルズインターナショナル(WSI:WorldSkills International)によって開催される、参加国の職業訓練の振興と参加者の国際親善・交流を目的としている技能労働者の技能を競う大会。通称、技能五輪国際大会または技能オリンピック国際大会。(Wikipedia

技能五輪 についてのニュースブログ記事(Google)

北見市の青年が、第49回技能五輪全国大会「建築大工部門」出場する の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ありがとうメッセージ(勤労感謝の日)

Lemont_rice.jpg

Panicum_miliaceum1.jpg

800px-Pennisetum_villosum.jpg

800px-Hordeum_vulgare.jpg

800px-Cultivo_de_soja.jpg

勤労感謝の日(きんろうかんしゃのひ)は、日本の国民の祝日の一つである。日付は11月23日。(Wikipedia

写真: 五穀(稲、黍、稷、麦、菽)
音楽動画: 感謝(平原綾香)

勤労感謝の日 についてのニュース、ブログ記事(Google

ありがとうメッセージ(勤労感謝の日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る