防災・防犯 カテゴリのアーカイブ

海外へ渡航される皆様へ (海外安全情報)

800px-Bird_Chase.jpg

海外へ渡航される皆様へ (海外安全情報)

関連記事

海外安全情報(かいがいあんぜんじょうほう)とは、日本放送協会(NHK)が日本国内および国外に向けて放送を行う情報番組である。概要 / 日本の国力が増し、日本人が外国に行くことが多くなったことにより、日本人が外国で様々なトラブルに見舞われることも多くなってきている。この番組は、日本の外務省が発表する危険情報などの安全にかかわる情報に加えて、NHKが世界のネットワークなどを通じて集めた日本人の生命にかかわるニュースや日本国内とは異なる現地での法律・マナーについて伝える。また、日本国内のゴールデンウィーク・お盆・年末年始期間中(その前後の期間も含む)には海外へ旅行する際の注意についても伝える。日本国内向けにはこれから外国へ行く場合の参考資料として、日本国外向けには万が一に国外退避する場合の情報源として広く利用される。 (海外安全情報 – Wikipedia)

関連サイト

海外安全情報 – ラジオ日本 – NHKワールド – 日本語

関連エントリ

海外安全情報 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

海外に渡航される皆様へ (危険情報)

375px-Baked_cheesecake_with_raspberries_and_blueberries.jpg

海外に渡航される皆様へ (危険情報)

関連記事

危険情報(きけんじょうほう)は、日本の外務省が発表する渡航情報の内、海外(日本国外の国や地域)への渡航や滞在に際した安全に関する情報である。2002年4月26日より「海外危険情報」に替わってこの「渡航情報」の提供が開始されている。概要 / 外務省や在外公館が収集した現地治安情勢から、渡航や滞在に際して安全上の問題ある国・地域を対象に、危険の度合い(在外日本人の生命に危害が及ぶ可能性)によって4つのカテゴリーが示されるとともに、概況、詳細な地域情勢、滞在にあたっての具体的な注意、問い合わせ先などが発表される。2002年4月26日以前は「海外危険情報」として、注意喚起、観光旅行延期勧告、渡航延期勧告、家族等退避勧告、退避勧告の5つの段階の情報が発表され、順に危険度1 – 5の数値で表示されていた。また、伝染病に対する危険情報は、治安を基準にした通常の危険情報とは別枠で出される。危険情報と同様に、外務省が公表している海外への渡航・滞在に関する渡航情報として、スポット情報、広域情報などがあり、外務省の海外安全ホームページや同等のファクシミリサービスなどで公表されている。また、成田・中部・関西の各空港の国際線ターミナルや一部の日本国旅券発給所に、専用の情報端末(パソコン)が設置され、海外安全ホームページと同様に提供されている。さらに、外務省発表の渡航情報に独自の取材結果を反映させた、日本放送協会(NHK)の『海外安全情報』という番組でも最新情報が週次提供されている。 (危険情報 – Wikipedia

関連サイト

外務省 海外安全ホームページ

外務省 海外安全ホームページ – 短波ラジオの重要性を見直してください

関連エントリ

危険情報 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

社会を明るくする運動「ネットいじめ」 (北見工業大学 男子学生)

300px-Menschliches_Auge.jpg

社会を明るくする運動「ネットいじめ」 (北見工業大学 男子学生)

関連記事

社明運動一人ひと言 北見工業大学・男子学生 / 「ネットいじめ」の研究を通じて / 「死ね」「ウザい」そんな言葉がインターネット上に溢れている。加害者は深く考えずにこの言葉を発信してしまったのかもしれない。しかし被害者はインターネットという環境で誰に言われたかもわからない言葉に深く傷つき、悲しみ、ときには命を絶つという選択をとってしまう。私は現在、この「ネットいじめ」への対処の補助を行うための「ネットいじめ」の自動検出の研究を行っている。このような「ネットいじめ」について私が知ったのは、大学入学当初の研究室見学のときであった。幼少のころより争いごと、特に誹謗中傷が苦手だった私は、インターネット上での誹謗中傷を検出し、「ネットいじめ」への対処の補助を行える研究を知ってこの研究がしたいと強く決意したことを覚えている。2年後、その研究を行っている研究室への配属が決まり、「ネットいじめ」の自動検出の研究に携わることができた。実際に自分で「ネットいじめ」の自動検出の研究に携わってみると、誹謗中傷する書き込みの自動検出の難しさと想像以上にネット上には「ネットいじめ」が存在していることを知った。ボタン一つでインターネット上に言葉を発信できてしまう現代だからこそ、多くの課題が立ちはだかる困難な研究ではあるが、一つずつでも課題をクリアしていかなくてはならない。「ネットいじめ」によって悲しい思いをする人を一人でも減らすために。 (2018年7月24日の記事経 済の伝書鳩)

社会を明るくする運動(しゃかいをあかるくするうんどう)とは、法務省が主唱する、犯罪をなくして社会を明るくするために、すべての日本国民が犯罪の防止と犯罪者の矯正および更生保護についての正しい理解を深め、すすんでこれらの活動に協力するように全国民によびかける啓発活動。「社明運動(しゃめいうんどう)」とも呼ぶ。 (社会を明るくする運動 – Wikipedia)

ネットいじめ、サイバーいじめ(英: Cyber-bullying)は、インターネット上におけるいじめ(bullying)および嫌がらせ(harassment)である。一定の人間関係のある者から、パソコンや携帯電話(スマートフォン等を含む)などのネット端末を経由して、物理的・心理的な攻撃が加えられ、被害者が精神的苦痛を感じていることである。いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第二条第一項および第四条にて、通常のいじめに加えてネットいじめ、サイバーいじめも禁止されており、同法第十九条第三項において、発信者情報の開示についても明記されている。ウェブサイトやオンライン、あるいは電子メール、携帯電話、SNSなどの場で行われる。過激かつ陰湿なものはサイバー・リンチ、ネットリンチとも呼ばれる。近年(2000年代以降)、世界中で発生して問題になっており、インターネットの法規制・フィルタリング規制に発展する国・地方自治体も出てきている。英語圏ではネットいじめに対して、従来のいじめをTraditional bullying(伝統的ないじめ)ともいう。 (ネットいじめ – Wikipedia)

Cyberbullying or cyberharassment is a form of bullying or harassment using electronic means. Cyberbullying and Cyberharassment are also known as online bullying. It has become increasingly common, especially among teenagers. Cyberbullying is when someone, typically teens, bully or harass others on social media sites. Cyberbullying allows bullies to easily and anonymously harass victims online. They do this by flaming, harassing, outing, exclusion, impersonation, and stalking. Harmful bullying behavior can include posting rumors, threats, sexual remarks, a victims’ personal information, or pejorative labels (i.e., hate speech). Bullying or harassment can be identified by repeated behavior and an intent to harm. Victims may have lower self-esteem, increased suicidal ideation, and a variety of emotional responses, including being scared, frustrated, angry, and depressed. (Cyberbullying – Wikipedia)

関連サイト

北見工業大学 公式サイト

関連エントリ

社会を明るくする運動 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ネットいじめ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

サイバーいじめ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Cyberbullying の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北見工業大学 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

社会を明るくする運動 (北見北斗高校定時制 男子生徒)

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

社会を明るくする運動 (北見北斗高校定時制 男子生徒)

関連記事

社明運動一人ひと言 北見北斗高定時制課程4年・男子生徒 / 感謝の言葉 / 私は、社会を明るくするためには、「感謝の言葉」が大切だと思います。それは一日の生活の中で誰もが口にし、人からも言われるものだからです。また、感謝の言葉を第三者にナチュラルに伝えることができるのが、模範的な社会人であると考えるからです。私は普段、ガソリンスタンドでアルバイトをしています。仕事のために外に立っていると、道を歩いているおばあちゃんやレンタカーに乗った観光客の方々から道を尋ねられることがよくあります。その人達に道順を伝えると、「ありがとう」「助かったよ」と、いつもとても感謝されます。その言葉を聞いた私は、とても幸せな気持ちになりますし、辛い体験や失敗をしてしまった時にはその言葉を思い返すことで救われることがありました。この先、社会人となった後もこれらの言葉に助けられることはあるでしょう。だからこそ、私も「ありがとう」と感謝の気持ちをナチュラルに伝えられるようにしていきたいと考えています。このように、言われた相手が幸せを感じる「感謝の言葉」が世の中に溢れていけば、社会は明るくなっていくのではないでしょうか。 (2018年7月21日の記事 経済の伝書鳩)

社会を明るくする運動(しゃかいをあかるくするうんどう)とは、法務省が主唱する、犯罪をなくして社会を明るくするために、すべての日本国民が犯罪の防止と犯罪者の矯正および更生保護についての正しい理解を深め、すすんでこれらの活動に協力するように全国民によびかける啓発活動。「社明運動(しゃめいうんどう)」とも呼ぶ。 (社会を明るくする運動 – Wikipedia)

関連サイト

定時制トップページ – 北見北斗高校

関連エントリ

北見北斗高校定時制 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

社会を明るくする運動 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

社会を明るくする運動 (北見北斗高校定時制 女子生徒)

594px-Astronomy_Amateur_3_V2.jpg

社会を明るくする運動 (北見北斗高校定時制 女子生徒)

関連記事

社明運動一人ひと言 北見北斗高定時制1年・女子生徒 / 笑顔でつながる癒し / 自然で素敵な笑顔を見ると癒されます。誰もが、自然で素敵な笑顔を見ると今日も一日頑張ろうという気持ちになるでしょう。私は最近、ネガティブな気持ちになることがありました。落ち込んだ自分は、周りのみんなに気を遣わせたり、雑な対応をしてしまいました。そのように振る舞う自分にさらに心が痛くなりました。そんな私にさえ、友達や先輩は笑顔で接してくれたのです。その笑顔を見た私は、「こんなに心配をかけた自分が情けない」「このままネガティブになっていたら駄目だ」と思い直し、ポジティブな気持ちに切り替えて頑張ろうと思うようになりました。そして他の友達や先輩が何か困っていたら、私も笑顔で癒してあげたい、日ごろから人を癒してあげられる笑顔を大切にしようと決めたのです。このように、みんなが常日ごろから笑顔で相手に接し、それを見た人たちが癒されて笑顔になっていけば、社会がより明るくなっていくのではないかと思います。 (2018年7月14日の記事 経済の伝書鳩)

社会を明るくする運動(しゃかいをあかるくするうんどう)とは、法務省が主唱する、犯罪をなくして社会を明るくするために、すべての日本国民が犯罪の防止と犯罪者の矯正および更生保護についての正しい理解を深め、すすんでこれらの活動に協力するように全国民によびかける啓発活動。「社明運動(しゃめいうんどう)」とも呼ぶ。 (社会を明るくする運動 – Wikipedia)

関連サイト

定時制トップページ – 北見北斗高校

関連エントリ

北見北斗高校定時制 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

社会を明るくする運動 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道 災害ボランティア (災害ボランティアセンター)

hane_img03a.jpg

北海道 災害ボランティア (災害ボランティアセンター)

関連記事

災害ボランティア(さいがいボランティア)とは、主として地震や水害、 火山噴火などの災害発生時および発生後に、被災地において復旧活動や復興活動を行うボランティアを指す。近年の災害ボランティア / 一部の自治体(福井県・三重県・京都府・岐阜県・愛知県・新潟県・山梨県・静岡県・千葉県)では、行政や、地元の団体、NPO、社会福祉協議会などのいわゆる「CBO」(Community-Based Organization、“地域に根ざした機関”)と平常時から連携して、災害時には協働して災害ボランティアセンターを構築する動きが見られる。また、2007年(平成19年)5月現在では、京都府・京都市に、それぞれ災害ボランティアセンターが、官民共同運営方式で常設されているほか、福井県では、官民で組織する「県災害ボランティアセンター連絡会」が災害時に災害ボランティアセンターの設置を判断する方式を採用、三重県では災害時に官民協働で、「みえ災害ボランティア支援センター」が設置される仕組みになっている。このほか、佐賀県では、官民共同ではないが、佐賀県社会福祉協議会が常設で災害ボランティアセンターを組織しており、宮城県では、県の社会福祉協議会が災害時に災害ボランティアセンターを設置する。千葉県では、千葉県が設置する千葉県災害ボランティアセンターを「千葉県災害ボランティアセンター連絡会」(千葉県社会福祉協議会と日本赤十字社千葉県支部の共同事務局)で運営する。他にも、最近では市町村域で、災害ボランティアセンター、あるいは団体が連携した災害ボランティアネットワーク作りが行われている。例えば、京都府宇治市などで、2008年3月に、地域版の災害ボランティアセンターが常設された。 (災害ボランティア – Wikipedia)

災害ボランティアセンター(さいがいボランティアセンター)は、主に災害発生時のボランティア活動を効率よく推進するための組織である。平常時においても常設されている組織がいくつかあり、この場合は、災害予防に関するボランティアの養成や市民向け防災教育訓練、防災啓蒙活動を行うボランティアの拠点の性格も有する。 (災害ボランティアセンター – Wikipedia)

408px-Disability_symbols.svg.jpg

関連サイト

北海道災害ボランティアセンター北海道災ボラ

社会福祉法人 北海道社会福祉協議会

ほっかいどうの防災教育 – 北海道防災情報

関連エントリ

災害ボランティア の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

災害ボランティアセンター の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

びほろ社協だより「美幌町社会福祉協議会のおもな事業」

haisyoku.jpg

支えあい・たすけあい・ふれあいのまちをめざして
びほろ社協だより「美幌町社会福祉協議会のおもな事業」

関連記事

美幌町社会福祉協議会のおもな事業 / 相談事業 / 様々な悩みを抱える方に対し、弁護士や相談員等が様々な相談に応じます。各種貸付事業 / やむをえない事情により生活に困窮している方へ貸付と相談支援を行うことにより、経済的自立と生活の安定を目指します。日常生活自立支援事業 / 認知症や知的・精神障がいにより、日常生活上の判断能力に不安のある方の金銭管理等の支援をします。成年後見センター事業 / 成年後見制度に関する相談や申立支援、講座の開催、市民後見人育成等を行います。また法人後見の受任も行います。配食サービス情報 / 高齢者・障がい者世帯へ、安否確認を兼ねて週3回(月・水・金)夕食を配達します。移送サービス事業 / 高齢者・障がい者で一般交通機関や家族による移送が困難な方に対し、自宅と医療機関の間を送迎します。介護機器等貸付事業 / 車いすやシャワーチェアー等を無料で貸出します。いきがいデイサービス事業(新町・青山) / ,60歳以上の方を対象に、レクリェーションや趣味活動を提供します。ボランティアセンター事業 / ボランティアに関する相談や活動紹介、青少年や一般向け講座の開催、団体・学校への助成を行います。災害ボランティアセンターへの準備 / 大規模災害に備えた全道的な相互支援に参加するとともに、町内で発生した際の被災者支援を目的に災害ボランティア体制を整備します。小地域ネットワーク事業 / たすけあいチームによる近隣住民間のたすけあい活動(除雪・安否確認等)を推進します。共同募金委員会活動 / 共同募金委員会との連携により、赤い羽根共同募金・歳末募金活動を実施します。団体事務局 / 老人クラブ連合会、日赤奉仕団、身体障害者福祉協会、戦没者遺族会の事務局補助を行います。各種イベント事業 / ふれあい広場、バス旅行、カレンダーリサイクル市等の行事を開催します。よりあいデイサービス事業 / 地域に住む高齢者・障がい者等の孤立解消のため、介護予防、世代間の交流促進を図ります。あとがき / 常日頃より、皆様には美幌町の福祉活動にご理解ご協力をいただいておりますことに深くお礼を申し上げます。ここに社協だより「りんりん」第194号をお届けいたします。山々の緑が一段と深くなり、毎日が過ごしやすく活動的な季節になりました。美幌町社協も、8月に予定している「ふれあい広場」の開催に向けての準備を進めているところです。参加団体の年々工夫をこらしての取り組みが大変好評で、各サークルと町民の交流が進んでいます。今後も、各種の事業を取り組む中で、「この町に住んで良かった」と思っていただけますように、皆様と支え合いながら活動をしてまいりますので、益々のご支援とご協力をお願いいたします。 (びほろ社協だより 平成30年7月1日 第194号 / 発行 社会福祉法人美幌町社会福祉協議会 美幌町字東3条北2丁目1番地「しゃきっとプラザ内」電話 0152-72-1165)

408px-Disability_symbols.svg.jpg

関連サイト

美幌町社会福祉協議会ホームページ

関連エントリ

びほろ社協だより の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町社会福祉協議会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌警察署の サイバー犯罪対策について

The_Ant_and_the_Grasshopper_-_Project_Gutenberg_etext_19994.jpg

北海道美幌警察署の サイバー犯罪対策について

関連記事

美幌警察署が研修会開く サイバー犯罪の対策学ぶ / 美幌警察署主催のサイバーセキュリティ研修会が6月28日、警察署で開かれた。美幌消費者協会や美幌商工会議所、美幌町、美幌町教育委員会から約20人が参加し、フィッシング詐欺やコンピュータウイルスなどへの対策を学んだ。サイバー犯罪への対策を学び、地域社会全体の意識向上につなげようと初めて開いた。道警情報通信部北見方面情報通信部の警察庁技官の男性が、パソコンを遠隔操作するウイルスの対策や、不正メールなどで金をだまし取ろうとするフィッシング詐欺、パソコンの修復をうたうサポート詐欺などの知識と対策を紹介。「サイバー空間の脅威から身を守るため、パソコン基本ソフトのアップデートやウイルス対策ソフトの導入と更新など基本的なセキュリティ対策を万全に」と呼び掛けた。(浩) (2018年7月3日の記事 経済の伝書鳩)

サイバー犯罪(サイバーはんざい)とは、主にコンピュータネットワーク上で行われる犯罪の総称。ネット犯罪(ねっとはんざい)とも称される。近年においても犯罪数や規模が増加している。警察庁はいくつかの報告書にてサイバー犯罪を「インターネット等の高度情報通信ネットワークを利用した犯罪やコンピュータ又は電磁的記録を対象とした犯罪等の情報技術を利用した犯罪」としている。ネットワーク上の不法取引やデータの大量配布による著作権侵害、法律に違反するデータの公開などが主だが、その他に匿名掲示板を用いた信用毀損や業務妨害などもある。国によって適用する法律が異なる。ネットワークが世界規模(ワールドワイド)であることやコンピュータの発達、新技術などを用いた手口の巧妙化などを背景に、これら犯罪は複雑化と高度化が進んでいる。 (サイバー犯罪 – Wikipedia)

サイバー犯罪対策室(サイバーはんざいたいさくしつ)は、日本の各都道府県の警察本部の生活安全部に設置しているサイバー犯罪対策組織。概要 / サイバー犯罪対策室はサイバー犯罪の取締りからサイバー犯罪予防の広報活動まで、サイバー犯罪対策に関わる多様な役割を務める。不正アクセス、インターネット上の詐欺、名誉毀損、著作権法違反、その他の犯罪を捜査し、摘発している。 (サイバー犯罪対策室)

関連サイト

美幌警察署ホームページ

北海道警察情報通信部ホームページ

サイバーセキュリティひろば – 北海道警察のホームページ

関連エントリ

ありのおしらせ (北海道警察 美幌警察署) – 美幌音楽人 加藤雅夫

サイバー犯罪対策 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌警察署 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 美幌町の救急医療体制

140px-Star_of_life2_svg.png

2018年 美幌町の救急医療体制

関連記事

救急医療(きゅうきゅういりょう、英語:Emergency medicine)とは、人間を突然に襲う外傷や感染症などの疾病、すなわち「急性病態」を扱う医療である。「救急医療は医の原点」ともいわれるが、救急医療は常に人類とともにあったともいえる。「迅速な119番通報」心肺停止時の「迅速な心肺蘇生法」「迅速な除細動」「迅速な二次救命処置」の4つを「救命の連鎖(Chain of survival)」と呼ぶこともある。 急性期の対応 / 一次処置 / プレホスピタルケアの重要性 / トリアージ・救命の優先。日本 / 日本においては特に戦後、自動車の普及に伴って交通事故が激増し、これに対応する形で各地で救急科や救命救急センターの数が増加し、さらに内科系疾患にも対応する形となって現在に至っている。現在の日本における救急医療体制は、都道府県が作成する医療計画に基づいており、二次医療圏までで対応させるとしている。また、その「重症度」に応じて以下の3段階で対応することとされている。救急指定病院もこれらの段階のうちどの段階まで対応するか想定した上で患者受け入れ体制をとっている。しかし、こうした重傷度に応じた体制には限界があり、初期(一次)~三次救急と独歩来院を包括して診療する北米型のERシステムを採用する病院も出てきている。初期救急医療 / 「入院の必要がなく外来で対処しうる帰宅可能な患者」への対応機関。二次救急医療 / 「入院治療を必要とする患者」に対応する機関。三次救急医療 / 二次救急医療では対応できない複数診療科にわたる特に高度な処置が必要、または重篤な患者への対応機関。平たく言えば、「ICU(集中治療室)で加療する必要がある患者」への医療を指す。心筋梗塞、脳卒中、多発外傷、重症頭部外傷など。救急救命士 / 日本ではCPAOA(到着時心肺停止)の社会復帰率の低さから救急医療の強化が求められ、それに応じて救急救命士が法制化された。これは、医師の指示のもとに輸液ルート確保、食道閉鎖式チューブ等による気道確保、電気的除細動が認められる資格である。また2004年7月から、病院にて30症例の気管挿管の実習を修了した救急救命士には気管挿管が認められた(気管挿管認定救急救命士)。さらに2006年4月から講習および実習の後、強心剤(アドレナリン)の薬剤投与を行うことが認められた(薬剤投与認定救急救命士)。課題 / 日本では元々救急科医が少なく、こわごわと働く非救急専門医によって支えられている現状があるが、杏林大病院割りばし死事件を期に、医師は自分も犯罪者として糾弾される可能性があると考えるようになり、専門外の診療を避ける傾向が強まった。事件後、この事件を契機として、医療崩壊が大きく進行したと言われる。また、財政上、24時間あらゆる事態に即座に対応できる体制にある病院は存在せず、多くの中小の救急病院は、医療紛争を恐れて、救急医療から撤退した。救急車の出動件数も年々増加の一途をたどり、これに伴って救急車の到着時間、病院収容までの時間が延びている現状がある。その背景として 「無料である」。「虫歯が痛い」、「夜間のタクシー代わり」、「どこの病院に行っていいかわからないから」、「救急車を使えば優先的に診てもらえるから」 という悪質な利用もみられ、社会問題化している。このため、総務省消防庁では「救急車利用の適正化」を訴えている。また、上記のような悪質な利用者や、救急車の必要がない軽症患者に対して、「救急車の有料化」の是非についても議論されているが賛否両論あり、結論は出ていない。 (救急医療 – Wikipedia)

関連サイト

地域医療連携室 | 美幌町ホームページ

美幌町立国民健康保険病院 | 美幌町ホームページ

美幌・津別広域事務組合のホームページ

関連動画 (YouTube)

平成25年度 宮崎県日向市防災訓練 – YouTube

関連エントリ

救急車からの映像伝送システム 実証実験 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

救急医療 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

医療体制 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

救急医療体制 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

7月1日 国民安全の日 (全国安全週間)

465px-Seaman_send_Morse_code_signals.jpg

Trillium_Poncho_cat_dog.jpg

7月1日 国民安全の日 (全国安全週間)

関連記事

国民安全の日(こくみんあんぜんのひ)とは、日本国民の一人ひとりが施設や行動面での安全確保に留意し、交通安全、火災等の災害発生の防止を図る国民運動を啓発するための記念日。国民安全の日(こくみんあんぜんのひ)とは、日本国民の一人ひとりが施設や行動面での安全確保に留意し、交通安全、火災等の災害発生の防止を図る国民運動を啓発するための記念日。 (国民安全の日 – Wikipedia)

全国安全週間(ぜんこくあんぜんしゅうかん)は、毎年7月1日から7日までの7日間、職場における労働災害防止活動の大切さを再確認し、積極的に安全活動に取り組みをする期間、制度である。 厚生労働省と中央労働災害防止協会が主唱。 最初の安全週間は、地域的なものであり、1919年6月15日から21日まで東京市及び、その周辺の隣接町村で、蒲生俊文、内田嘉吉、池田清、棚橋源太郎らの先駆者によって、盛大に行われた。1928年に第1回全国安全週間が内務省社会局の主催により全国で統一して行われた。1947年7月1日から7日までの7日間、労働省が主催して行い、1950年に、6月1日から6月30日までの1ヶ月間を準備期間、7月1日から7日までのろ7日間を本期間と制度が改正され、現在に至っている。 また1960年5月に、閣議了解で7月1日を「国民安全の日」と定めた。第1回から現在まで毎年スローガンが掲げられているが、第18回 – 33回においては、戦時中の産業報国運動に対する批判によりスローガンは無い。スローガンは、「みんなでつなぎ 高まる意識 達成しようゼロ災害」。 (国民安全週間 – Wikipedia)

408px-Disability_symbols.svg.jpg

関連サイト

国民安全の日について – 内閣府

関連エントリ

国民安全の日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

全国安全週間 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る