美智子" の検索結果: 42 件

10月20日 上皇后美智子さまの誕生日について(ニュース)

10月20日 上皇后美智子さまの誕生日について(ニュース)

関連記事

上皇后美智子 日本の第125代天皇明仁の皇后、上皇后。皇族 / 美智子(みちこ、1934年〈昭和9年〉10月20日 – )は、日本の第125代天皇・明仁の皇后(在位:1989年〈昭和64年〉1月7日 – 2019年〈平成31年〉4月30日)、上皇后(在位:2019年〈令和元年〉5月1日 – )。皇族。お印は白樺。敬称は陛下。勲等は勲一等宝冠大綬章。旧名は、正田 美智子(しょうだ みちこ)。 明治時代以降初めての民間出身の皇后ならびに皇族で、現皇室典範下で夫帝の即位に伴って立后した初めての皇后でもある。明仁の退位に伴い、皇室史上初めての「上皇后」となった。住居は、皇居吹上御苑内にある吹上仙洞御所。 (上皇后美智子 – Wikipedia)

関連サイト

皇室 / ご略歴
上皇上皇后両陛下 – 宮内庁ホームページ

新着情報(これまでの一覧)
上皇后陛下のご近影(お誕生日に際し)(令和元年10月20日) – 宮内庁ホームページ
上皇后陛下のご近況について(お誕生日に際し)(令和元年10月20日) – 宮内庁ホームページ
上皇后陛下お誕生日の祝賀行事のお取りやめについて(令和元年10月15日発表) – 宮内庁ホームページ

災害等へのお見舞い(令和元年) / 災害等へのお見舞い等
台風第19号による災害についてのお見舞い(令和元年10月15日発表) – 宮内庁ホームページ

The Imperial Household Agency Website

両陛下 台風被災者にお見舞い | NHK 首都圏のニュース

両陛下、台風被害に心痛め=上皇后さま誕生日行事は中止 : 時事ドットコム

天皇皇后両陛下と上皇ご夫妻 豪雨被害に哀悼とお見舞い示される – FNN.jpプライムオンライン

関連エントリ

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (令和元年 秋) – 美幌音楽人 加藤雅夫

上皇后 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2019年9月1日 発行)

IMG_20190902_171253

日本中国文化交流協会編集月刊誌・日中文化交流 (2019年9月1日 発行)

日本中国文化交流協会編集月刊誌「日中文化交流 No.882 2019年9月1日発行」と、人民中国雑誌社の「人民中国 2019年9月号」が送られてきました。日本と中国の皆様へご案内いたします。もし、ご関心がおありでしたら、日本中国文化交流協会へご連絡いただければ幸いです。一般財団法人 日本中国文化交流協会の会員 加藤雅夫 (北海道網走郡美幌町の音楽人 Masao Kato)

関連記事

日中文化交流 No.882 2019.9.1 目次 / 日本美術の母胎は中国に在る 出光佐千子 / 喜多恒雄団長、平田保雄顧問ら日本経済界訪中団 / 後藤洋子団長ら日本文化界訪中団 <縦波横波> 李迪の「紅白芙蓉図」大野俊明 <心に残る中国> 中医療に救われて 金城美智子 / 孔鉉佑駐日中国大使歓会 / 「如是我聞」中川一政さんの印 〈書と文〉柴山抱海 / 国宝「曜変天目」三碗同時公開 〈作品と文〉鎌田幸二 / 《大学生訪中団の感想文より②》伊藤雛乃、酒井美侑、谷口典央、中山遥菜、箕浦広志 / 《『日中文化交流』誌より 再録27》中国の時 武満徹 / <本・評と紹介> 『人類最年長』(島田雅彦著) 『日中未来遺産』(岡田実著) 『歴史を応用する力』(宮城谷昌光著)『三国志の考古学』(関尾史郎著) 報道 (『日中文化交流』誌 目次一覧 – 日本中国文化交流協会ホームページ)

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい)は、日中友好7団体の一つで民間法人。 経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。 本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423 役員 / 会長 黑井千次 副会長・理事長 池辺晋一郎 活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。 関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。 中島健蔵 仏文学者 千田是也 演出家 井上靖 作家 團伊玖磨 作曲家 以下の6つが、日本中国文化交流協会とともに日中友好7団体を構成している。 日中友好議員連盟 日中経済協会 日中友好協会 日中協会 日本国際貿易促進協会 日中友好会館 (日本中国文化交流協会 – Wikipedia)

関連サイト

日本中国文化交流協会ホームページ

関連エントリ

日中文化交流 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の ボーイスカウト十話 (後藤新平 三島通陽)

日本の ボーイスカウト十話 (後藤新平 三島通陽)

関連記事

後藤 新平(ごとう しんぺい、安政4年6月4日(1857年7月24日) – 昭和4年(1929年)4月13日)は、日本の医師・官僚・政治家。位階勲等爵位は正二位勲一等伯爵。 台湾総督府民政長官。満鉄初代総裁。逓信大臣、内務大臣、外務大臣。東京市第7代市長、ボーイスカウト日本連盟初代総長。東京放送局(のちの日本放送協会)初代総裁。拓殖大学第3代学長を歴任した。 生涯 / 晩年 / 三島通陽の『スカウト十話』によれば、後藤が倒れる日に三島に残した言葉は「よく聞け、金を残して死ぬ者は下だ。仕事を残して死ぬ者は中だ。人を残して死ぬ者は上だ。よく覚えておけ」であったという。 逸話 / 日本のボーイスカウト活動に深い関わりを持ち、ボーイスカウト日本連盟の初代総長を務めている。スカウト運動の普及のために自ら10万円の大金を日本連盟に寄付し、さらに全国巡回講演会を数多く実施した。ボーイスカウトの半ズボンの制服姿の写真が現在も残っている。制服姿の後藤が集会に現れると、彼を慕うスカウトたちから「僕等の好きな総長は、白いお髭に鼻眼鏡、団服つけて杖もって、いつも元気でニコニコ」と歌声が上がったという。 現在の中国大使館は後藤邸の跡地である。 (後藤新平 – Wikipedia)

三島 通陽(みしま みちはる、1897年(明治30年)1月1日 – 1965年(昭和40年)4月20日) は、日本の小説家・劇作家・演劇評論家。子爵。貴族院議員・参議院議員。文部政務次官。二荒芳徳とともにボーイスカウト運動を日本に広めた人物として知られる。東京麻布生まれ、学習院卒業。ペンネームに三島章道(みしま しょうどう)。 ボーイスカウト運動 / ボーイスカウト日本連盟初代理事長兼中央実修所所長を経て、ボーイスカウト日本連盟第4代総長。 1922年(大正11年)、後藤新平を中心として初の全国組織「少年団日本連盟」が結成されると、25歳で副理事長に選任される。妻の純は翌年、日本のガールガイド・ガールスカウト組織として、「日本女子補導団」を設立。 1950年(昭和25年)、三島家別荘の土地と家屋(栃木県西那須野町)をボーイスカウト日本連盟に譲渡。その地所は現在、ボーイスカウト日本連盟の常設野営場、那須野営場となっている。 1951年(昭和26年)、全国総会において第4代総長に選出される。 1953年(昭和28年)、ボーイスカウト日本連盟より功労章「きじ章」を贈られる。 1959年(昭和34年)、藍綬褒章受章。 1961年(昭和36年)、英国ボーイスカウト連盟より功労章「ブロンズ・ウルフ章」を贈られる。 1965年(昭和40年)2月25日から3月7日まで毎日新聞に「スカウト十話」を連載。これが絶筆となる。 4月20日死去。叙・正三位、勲二等旭日重光章受章。 4月24日、日本連盟葬が執行された。なお、琵琶湖畔の雄松崎(滋賀県大津市)にある「日本ボーイスカウト初野営の地」の石碑の書は、三島の筆によるものである。 (三島通陽 – Wikipedia)

第3回 日本ジャンボリー (アジアジャンボリー) 1962年(昭和37年)8月3日 – 8月8日 場所:静岡県御殿場市・東富士演習場滝ヶ原駐屯地。北海道美幌町の美幌ボーイスカウト隊員・加藤雅夫 (美幌音楽人) が参加。明仁皇太子殿下 (今上天皇) と美智子妃殿下 (皇后美智子) に謁見行進。1963年 第11回 世界ジャンボリー (ギリシャ) の参加は、あきらめました。1ドルが 360円の時代でした。

関連サイト

ボーイスカウト十話 – ボーイスカウト茨城県連盟ホームページ

関連エントリ

スカウト の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

スカウト十話 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

上皇上皇后両陛下について (日本)

230px-Emperor_Akihito_198901 EmpressMichikoOfJapan

上皇上皇后両陛下について (日本)

関連記事

上皇(じょうこう、英: Emperor Emeritus)とは、天皇の退位等に関する皇室典範特例法に基づき退位した日本の第125代天皇明仁の称号。 概要 / 退位特例法第三条に基づき、退位した後の天皇明仁の称号を「上皇」とし、敬称は退位前と同様に「陛下」とした。 平成時代の第125代天皇である明仁は2019年(平成31年)4月30日に退位し、令和元年5月1日より上皇となった。 (上皇 (天皇退位特例法) – Wikipedia)

上皇明仁 日本の第125代天皇、上皇 / 明仁(あきひと Akihito、1933年〈昭和8年〉12月23日 – )は、日本の第125代天皇(在位: 1989年〈昭和64年〉1月7日 – 2019年〈平成31年〉4月30日)、上皇(在位: 2019年〈令和元年〉5月1日 – )。皇族。称号は継宮(つぐのみや)、お印は榮(えい)。皇室典範特例法に定める敬称は陛下。勲等は大勲位菊花章頸飾。 第124代天皇・昭和天皇と香淳皇后の第一皇子。大正天皇の皇孫かつ明治天皇の皇曾孫。 日本国憲法および現皇室典範下で初めて即位し、即位翌日より「平成」と改元された。東京都で即位の礼を挙げた最初の天皇である。憲政史上初めて譲位し上皇となった天皇である。住居は、皇居吹上御苑内にある吹上仙洞御所。 (上皇明仁 – Wikipedia)

上皇后(じょうこうごう、英: Empress Emerita)とは、天皇の退位等に関する皇室典範特例法に基づき退位した日本の第125代天皇明仁の后である美智子の称号。 退位特例法第三条において、明仁は退位後、「上皇」となることが定められているが、同法第四条により、その后の称号は「上皇后」となるものとされている。具体的には、上皇明仁の皇后である美智子が、2019年(令和元年)5月1日から上皇后となっている。 (上皇后 – Wikipedia

上皇后美智子 日本の上皇后で、皇族 / 美智子(みちこ Michiko、1934年〈昭和9年〉10月20日 – )は、第125代天皇明仁の皇后(在位:1989年〈昭和64年〉1月7日 – 2019年〈平成31年〉4月30日)、上皇后(在位:2019年〈令和元年〉5月1日 – )。皇族。お印は白樺。皇室典範特例法に定める敬称は陛下。勲等は勲一等宝冠大綬章。旧名は、正田美智子(しょうだ みちこ)。 明治時代以降初めての民間出身の皇后ならびに皇族で、現皇室典範下で上皇明仁の天皇即位に伴って立后した初めての皇后でもある。日本史上初めての「上皇后」である。住居は、皇居吹上御苑内にある吹上仙洞御所。 (上皇后美智子 – Wikipedia)

関連サイト

上皇上皇后両陛下(御在位中のおことばとご活動) – 宮内庁のホームページ

上皇上皇后両陛下 – 宮内庁のホームページ

関連エントリ

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (平成31年 春) – 美幌音楽人 加藤雅夫

上皇 明仁 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

上皇后 美智子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

4月10日 天皇皇后両陛下 60回目の結婚記念日 (日本)

200px-Crown_Prince_&_Princess_&_Emperor_Showa_&_Empress_Kojun_wedding_1959-4

4月10日 天皇皇后両陛下 60回目の結婚記念日 (日本)

関連記事

4月10日 歴史 / 1959年 皇太子明仁親王(今上天皇)が正田美智子さんと結婚。皇居賢所から初めてテレビ中継される。 (4月10日 今日は何の日~毎日が記念日~)

4月10日 できごと / 1959年 – 皇太子・明仁親王と正田美智子が結婚、ミッチー・ブームが最高潮に。 (4月10日 – Wikipedia)

ミッチー・ブームとは、正田美智子(当時)が1958年(昭和33年)から1959年(昭和34年)にかけて、日本の皇太子・明仁親王(当時)と婚約して結婚することにより生じた社会現象。 平民である美智子が、皇太子との「テニスコートでの自由恋愛」により結婚に至ったこと、美智子がカトリックのミッション系大学出身者であったことなどをマスメディアが報道し、大きな話題となる。これを契機にテレビが普及するなど、第二次世界大戦後の日本の経済、ファッション、マスメディアなどの領域で、社会に大きな影響を与えた。 概要 / 婚約 / 第二次世界大戦終結後11年が経過し、1956年(昭和31年)の経済白書が「もはや戦後ではない」と明記し、景気が上昇していた中で、宮内庁は1958年(昭和33年)11月27日、皇室会議が日清製粉社長正田英三郎の長女・美智子を皇太子妃に迎えることを可決したと発表する。 結婚 / 翌1959年(昭和34年)4月10日の、いわゆる結婚式(「結婚の儀」「御成婚」)と、実況生中継されたパレード(ご成婚パレード)で、ミッチー・ブームは頂点に達する。 (ミッチー・ブーム – Wikipedia)

『祝典行進曲』(しゅくてんこうしんきょく)は、1959年(昭和34年)に團伊玖磨によって作曲された行進曲。1959年、当時皇太子であった明仁親王(今上天皇)及び正田美智子(現皇后)の成婚を祝して作曲された。 (祝典行進曲 (團伊玖磨) – Wikipedia)

関連サイト

皇太子さま ご結婚 – NHKニュース

天皇皇后両陛下御結婚満60年祝賀行事一覧 – 宮内庁ホームページ

宮内庁ホームページ

関連エントリ

2019年4月10日 天皇皇后両陛下の60回目の結婚記念日 – 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (平成31年 春) – 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

團伊玖磨 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

宮内庁 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇家 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

皇室 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2月23日 皇太子徳仁親王殿下の誕生日 (日本)

220px-Img20070409031304

2月23日 皇太子徳仁親王殿下の誕生日 (日本)

関連記事

2月23日 誕生日 / 1960年 皇太子徳仁親王殿下 (皇族,今上天皇の第一男子) (2月23日 今日は何の日~毎日が記念日~)

2月23日 できごと / 1991年 – 浩宮徳仁親王の立太子の礼が行われる。 2月23日 誕生日 / 人物 / 1960年 – 皇太子徳仁親王、皇族 (2月23日 – Wikipedia)

皇太子徳仁親王(こうたいし なるひとしんのう Naruhito, Crown Prince of Japan、1960年〈昭和35年〉2月23日 – )は、日本の皇族。今上天皇の第一皇子。母は皇后美智子。御称号は浩宮(ひろのみや)。身位は皇太子(法定推定相続人、1989年〈昭和64年〉1月7日 – )、親王。皇室典範に定める敬称は殿下。お印は梓(あずさ)。勲等は大勲位菊花大綬章。皇位継承順位第1位。 住居は東京都港区元赤坂の赤坂御用地内にある東宮御所。 人物 / 1989年(昭和64年・平成元年)に父・明仁親王(当時)の皇位継承に伴い皇太子(皇位継承順位第1位、法定推定相続人)となり、1991年(平成3年)には立太子の礼が執り行われた。皇太子となって以降、国会・政府の用いる正式表記では皇太子を冠し「皇太子徳仁親王」とされる。 1993年(平成5年)に第22代・国際司法裁判所所長・小和田恒の長女小和田雅子と結婚の儀を挙げ、2001年(平成13年)に敬宮愛子内親王をもうけた。 1987年(昭和62年)より2016年(平成28年)現在まで、22回、今上天皇の海外訪問の期間または病気療養の期間、天皇から委任を受け国事行為臨時代行を務めている。2016年(平成28年)1月28日には、平成時代の臨時代行として初の閣僚に対する認証式を行った。 略歴 / 皇孫時代 / 1960年(昭和35年)2月23日16時15分、皇太子明仁親王と同妃美智子(いずれも当時)の第一皇男子として、東京都千代田区千代田の皇居・宮内庁病院にて誕生する。 懐妊に際しては母子手帳が発行され、皇居宮殿内の御産殿で出産を行わないなど、それまでの皇室の慣例によらない、戦後初の内廷皇族の親王誕生は、広く国民に注目された。同年2月29日に命名の儀において祖父・昭和天皇が浩宮徳仁(ひろのみや なるひと)と命名した[注 1]。「浩宮」の称号は四書五経のうちの『中庸』第32章にある「浩々たる天」、「徳仁」の名は同じく「聡明聖知にして天徳に達する者」を典拠とする。 (皇太子徳仁親王 – Wikipedia)

天皇誕生日(てんのうたんじょうび)は、日本の国民の祝日の一つである。旧:天長節(てんちょうせつ)。 慣例上、日本の国家の日(ナショナル・デー)にあたる。 日付は、今上天皇の誕生日にあたる12月23日である(2018年まで)。2019年4月30日に今上天皇が譲位し、翌5月1日に皇太子徳仁親王が第126代天皇に即位することに伴って、2017年(平成29年)6月16日に公布された「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」附則第10条「国民の祝日に関する法律の改正」により、2020年から天皇誕生日が2月23日に変更される。また、2019年(平成31年/新元号元年)は、1948年(昭和23年)の祝日法施行以来はじめて天皇誕生日のない年となる。 (天皇誕生日 – Wikipedia)

関連サイト

皇太子殿下お誕生日に際し(平成31年) – 宮内庁ホームページ

平成31年皇太子殿下お誕生日に際してのご近影(お写真) – 宮内庁ホームページ

平成31年皇太子殿下のお誕生日に際してのご近況(ビデオ) – 宮内庁ホームページ

宮内庁ホームページ

The Imperial Household Agency website

関連エントリ

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本の皇室のご活動・ニュース (平成30年 冬) – 美幌音楽人 加藤雅夫

皇太子徳仁親王 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Naruhito, Crown Prince of Japan の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年(平成31年)2月 イランカラプテの川柳

logo_01.gif

logo_02.gif

2019年(平成31年)2月 イランカラプテの川柳

イランカラプテ (Irankarapte) (こんにちは、はじめまして)、北海道アイヌ民族の言葉です。イ(それ)ラン(思い)カラプ(触れる)テ(させてください)。「あなたの心にそっとふれさせていただきます」の意。 川柳は17文字(5・7・5)自由詩。ユーモア川柳、風刺川柳、しりとり川柳、病み上がり川柳、福祉川柳、介護川柳、時事川柳、ツイッター川柳などがあります。皆様の温かい言葉をお寄せください。 自由調の「俳句」「和歌」「漢詩」「ポエム」「エッセイ」「コラム」「回文」「言葉遊び」などもどうぞお寄せください。投稿は、こちらです

関連記事

日本における2月 / 日本では旧暦2月を如月(きさらぎ、絹更月、衣更月と綴ることもある)と呼び、現在では新暦2月の別名としても用いる。 異名 / いんしゅん(殷春)、うめみづき(梅見月)、きさらぎ(如月・衣更月)、けんうづき(建卯月)、ちゅうしゅん(仲春)、なかのはる(仲の春・中の春)、はつはなつき(初花月)、ゆききえつき(雪消月)、ゆきげしづき(雪消月)、れいげつ(麗月・令月)、をぐさおひつき(小草生月) (2月 – Wikipedia)

投稿川柳

梅見月 北の国では 雪見月 (さぶかった)
雪国の 鬼福ともに あたたまり (北の国から)
義理チョコで 老いらくの恋 ほろ苦く (独居老人)
平成の 最後のチョコは あの方に (明仁さま 美智子さま)

関連エントリ

イランカラプテの川柳 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

月天心 楽しき家を 通りけり (2019年 平成31年)

800px-Japanese_bakery-J._M._W._Silver.jpg

月天心 楽しき家を 通りけり (2019年 平成31年)

親愛なる皆様へ 新年おめでとうございます。

関連記事

2019年(2019 ねん)は、西暦(グレゴリオ暦)による、火曜日から始まる平年。 他の紀年法 / 日本 平成31年(1月1日 – 4月30日) 新元号元年(5月1日 – ) 皇紀2679年。 カレンダー / 予定 / 4月 / 4月30日 – 天皇の退位等に関する皇室典範特例法の施行に伴い、今上天皇(第125代天皇・明仁)が退位。生前退位となる場合、光格天皇以来約202年ぶり。 5月 / 5月1日 – 徳仁が第126代天皇に即位し、元号を平成から新元号に改元、また同時に皇太子徳仁親王妃雅子が皇后、退位した明仁は上皇、皇后美智子は上皇后となる。 この年に限り祝日となり、祝日に挟まれる4月30日、5月2日両日についても休日の扱いとなる。 (2019年 – Wikipedia)

関連エントリ

2019年元日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

平成31年元日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

12月9日 皇太子徳仁親王妃雅子殿下 (誕生日)

200px-Crown_Princess_Masako_of_Japan

12月9日 皇太子徳仁親王妃雅子殿下 (誕生日)

関連記事

12月9日 誕生日 / 1963年 皇太子妃雅子殿下 (皇族) (12月9日 今日は何の日~毎日が記念日~)

12月9日 誕生日 / 1963年 – 皇太子徳仁親王妃雅子、皇太子妃、親王妃、皇族 (12月9日 – Wikipedia)

皇太子徳仁親王妃雅子(こうたいしなるひとしんのうひ まさこ、1963年〈昭和38年〉12月9日 – は、日本の皇族。皇太子徳仁親王の妃。旧名・小和田 雅子(おわだ まさこ)。身位は皇太子妃。皇室典範に定める敬称は殿下。お印はハマナス。勲等(称号)は宝冠大綬章。学位は経済学士(ハーバード大学・1985年)。元外交官。 御所は東京都港区元赤坂の赤坂御用地内にある東宮御所。 略歴 / 生い立ち / 1963年(昭和38年)12月9日、小和田恆・優美子夫妻の第1子(長女)として東京都港区虎ノ門の虎の門病院にて誕生。 (皇太子徳仁親王妃雅子Wikipedia)

皇太子徳仁親王と小和田雅子の結婚の儀(こうたいしなるひとしんのうとおわだまさこのけっこんのぎ)は、1993年(平成5年)6月9日に日本の皇居にある宮中三殿において、国事行為として行われた皇室の儀式(結婚の儀)である。本儀式により日本の皇太子・徳仁親王(当時33歳)と小和田雅子(当時29歳)は結婚し、雅子は皇太子妃となった。一連の出来事は皇太子の父である今上天皇の皇太子時代の結婚と同様、皇太子ご成婚(ご結婚)や皇太子さまご成婚、皇太子さま・雅子さまご成婚などのようにマスメディアでは表現される。 夫妻 / 夫となる徳仁親王は今上天皇と皇后美智子の第1皇男子(第1子長男)であり、御称号を浩宮(ひろのみや)とし、以下の婚約と結婚が進められる間に、31歳で立太子の礼を行い皇太子となった。2018年現在皇位継承順位第1位である。 妻となる小和田雅子は婚約当時外務省勤務で、同じく外交官であり当時外務事務次官を務めていた小和田恆の長女である。幼少時より父についてソビエト連邦、アメリカ合衆国での生活を経験した帰国子女で、ハーバード大学経済学部を卒業、学士入学で東京大学在学中に外交官試験に合格、中退して外務省に入省し、研修でオックスフォード大学に留学した。彼女は日本で男女雇用機会均等法が制定され、女性の社会進出というテーマに揺れた世代である。 (皇太子徳仁親王と小和田雅子の結婚の儀 – Wikipedia)

関連サイト

雅子さま 55歳の誕生日「国民の幸せのため力尽くす」 | NHKニュース

雅子さま 誕生日に際しての感想 全文 | NHKニュース

皇太子妃殿下お誕生日に際し(平成30年) – 宮内庁

皇太子妃殿下のお誕生日に際しての東宮職医師団見解 – 宮内庁

関連エントリ

皇太子徳仁親王と小和田雅子の結婚の儀(皇室の儀式)について – 美幌音楽人 加藤雅夫

2019年 これからは美しく生きて行く時代へ – 美幌音楽人 加藤雅夫

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

皇太子妃雅子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

11月30日 秋篠宮文仁親王殿下 (誕生日)

img_history40_04.jpg

11月30日 秋篠宮文仁親王殿下 (誕生日)

関連記事

秋篠宮文仁親王(あきしののみや ふみひとしんのう、1965年〈昭和40年〉11月30日 – )は、日本の皇族。今上天皇の第二皇男子。秋篠宮の家祖。母は皇后美智子。身位は親王、皇室典範における敬称は殿下。お印は栂。皇位継承順位は兄・皇太子徳仁親王に次ぐ第2位。勲等は大勲位菊花大綬章。学位は博士(理学)(総合研究大学院大学・1996年)。 宮邸は東京都港区元赤坂の赤坂御用地内。1997年(平成9年)3月からは旧秩父宮・宮邸を使用している。 (秋篠宮文仁親王 – Wikipedia)

関連サイト

秋篠宮家 – 宮内庁

文仁親王殿下お誕生日に際し(平成29年) – 宮内庁

関連エントリ

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

秋篠宮文仁親王 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る