2019年4月10日 天皇皇后両陛下の60回目の結婚記念日

773px-Crown_Prince_Akihito__Michiko_Shoda_Wedding_1959-4.jpg

2019年4月10日 天皇皇后両陛下の60回目の結婚記念日

関連記事

1959年 4月10日 皇太子明仁親王(今上天皇)が正田美智子さんと結婚。皇居賢所から初めてテレビ中継される。(4月10日 今日は何の日~毎日が記念日~

1959年 4月10日 – 皇太子・明仁親王と正田美智子が結婚、ミッチー・ブームが最高潮に。(4月10日 – Wikipedia

ミッチー・ブームとは、正田美智子(当時)が1958年(昭和33年)から1959年(昭和34年)にかけて、日本の皇太子・明仁親王(当時)と婚約して結婚することにより生じた社会現象。平民である美智子が、皇太子との「テニスコートでの自由恋愛」により結婚に至ったこと、美智子がカトリックのミッション系大学出身者であったことなどをマスメディアが報道し、大きな話題となる。これを契機にテレビが普及するなど、第二次世界大戦後の日本の経済、ファッション、マスメディアなどの領域で、社会に大きな影響を与えた。概要 / 婚約 / 第二次世界大戦終結後11年が経過し、1956年(昭和31年)の経済白書が「もはや戦後ではない」と明記し、景気が上昇していた中で、宮内庁は1958年(昭和33年)11月27日、皇室会議が日清製粉社長正田英三郎の長女・美智子を皇太子妃に迎えることを可決したと発表する。結婚 / 翌1959年(昭和34年)4月10日の、いわゆる結婚式(「結婚の儀」「御成婚」)と、実況生中継されたパレード(ご成婚パレード)で、ミッチー・ブームは頂点に達する。関連作品 / 祝典行進曲 作曲:團伊玖磨。皇太子のタンゴ(Tango of Prince)作曲:ロタール・オリアス(ドイツ語版)、演奏:リカルド・サントス楽団 正田美智子と明仁親王の婚約発表を祝賀して制作され、ヒットした。皇太子殿下御成婚祝典序曲 作曲:芝祐靖、演奏:宮内庁式部職楽部 楽部は雅楽の演奏が主だが、西洋楽器も修得している。祝典序曲 作曲:石井歓、演奏:東京交響楽団 KRテレビで放送された。祝典曲 作曲:別宮貞雄 日本テレビで放送された。カンタータ「祝婚歌」 作曲:黛敏郎、作詞:三島由紀夫、演奏:ヴィルヘルム・シュヒター指揮NHK交響楽団 NHKの委嘱により作曲、放送された。小カンタータ「わが皇子とわが妃 皇太子・美智子賛歌」 作曲:山田一雄(当時は「和男」表記)、演奏:作曲者指揮東京交響楽団。舞楽「嘉春楽」 作曲:宮内庁式部職楽部(辻寿男・東儀和太郎両楽長補が中心となって作曲)。管絃「雲竜楽」 作曲:宮内庁式部職楽部(辻寿男・東儀和太郎両楽長補が中心となって作曲)。管絃「仁寿楽」 作曲:宮内庁式部職楽部(辻寿男・東儀和太郎両楽長補が中心となって作曲)。(ミッチー・ブーム – Wikipedia

皇后美智子(こうごう みちこ Empress Michiko、1934年〈昭和9年〉10月20日 – )は、日本の皇族。第125代天皇・今上天皇の皇后。旧姓は正田(しょうだ)。皇室典範に定める敬称は陛下。略歴 / 1958年(昭和33年)11月27日、結婚が皇室会議において満場一致で可決された。同日記者会見にて、記者から明仁親王の魅力について問われ「とてもご誠実で、ご立派で、心からご信頼申し上げ、ご尊敬申し上げて行かれる方だというところに魅力を感じ致しました。」と回答。これは当時の流行語にもなった[13]。また第一印象について「ご清潔な方」とした。明仁親王と美智子の巨大な写真がデパートに飾られる・「美智子さまぬりえ」が発売される等のミッチー・ブームが起こる。皇太子妃時代 / 1959年(昭和34年)4月10日、皇太子明仁親王と結婚、明治以降初めての民間出身[注釈 2]の皇太子妃となる。同日の成婚パレードには、沿道に53万人もの市民が集まった[16]。お印は夫妻の出会いの場だった軽井沢にちなんで白樺とした。皇后時代 / 1989年(昭和64年)1月7日、明仁親王の即位に伴い皇后になる。1994年(平成6年)10月20日、還暦を迎える。「上皇后」へ / 2017年6月9日に退位特例法が成立した。これにより今上天皇の退位が実現すれば、同法に基づき称号は「上皇后」となる。著作 / 作詞 / ねむの木の子守歌(作曲:山本正美) 1966年、吉永小百合(ビクター)と梓みちよ(キング)の競作でシングルレコードとして発売。鮫島有美子や横内美知代をはじめ多くの歌手にカバーされている。(皇后美智子 – Wikipedia

明仁(あきひと Emperor Akihito、1933年(昭和8年)12月23日 – )は日本の第125代天皇(在位: 1989年(昭和64年)1月7日 – )である。現時代においては「在位中の天皇」を意味する今上天皇(きんじょうてんのう)、または敬称をつけて天皇陛下(てんのうへいか)と呼ばれることが多い[2]。来歴 / 青年以降 / 1957年(昭和32年)8月19日、避暑で訪れた軽井沢のテニストーナメントで正田美智子と出会う。1959年(昭和34年)1月14日に納采の儀が、同年4月10日に結婚の儀が執り行われた。明治以降では初の民間出身・皇太子妃であり、また結婚に至る過程が報道されたこともあって、市民からは熱烈に歓迎され、国民的な「ミッチー・ブーム」が興る。成婚のパレードは盛大に行われ、国民の祝福を受けた。2人の成婚の様子を見るために、当時高価であったテレビも普及し始めた。また婚礼を祝して「祝典行進曲」が作曲された。2017年12月1日、天皇の生前退位の日程が2019年4月30日に決定したと発表された。同8日、政府は同日付での退位を閣議決定した。即位以降 / 1989年(昭和64年)1月7日、父・昭和天皇の崩御を受け、即座に歴代2位の年長となる55歳で即位(現在は皇室典範により、践祚と即位が統合されたため、従前の践祚に相当)。譲位 / 2017年(平成29年)6月9日の参議院で天皇の退位等に関する皇室典範特例法が成立し、16日に正式公布された。このため、その地位と職務をすべて皇太子徳仁親王へ譲り、自らは光格天皇以来200年ぶりとなる上皇となる予定である。また退位日については、2017年(平成29年)12月1日開催の皇室会議において、2019年(平成31年)4月30日とすることが決まった。この日限りで平成の元号は終わる。(明仁 – Wikipedia

『祝典行進曲』(しゅくてんこうしんきょく)は、1959年(昭和34年)に團伊玖磨によって作曲された行進曲。1959年、当時皇太子であった明仁親王(今上天皇)及び美智子妃(現皇后)の成婚を祝して作曲された。概要 / 日本の作曲家・團伊玖磨が、1959年に皇太子の成婚を祝して作曲した行進曲である。1964年の東京オリンピック及び1984年のロサンゼルスオリンピックの開会式[1]、1990年(平成2年)の即位の礼、1992年の天皇訪中の際、中国側の歓迎として晩餐会で、2005年(平成17年)の黒田慶樹と紀宮清子内親王との結婚式で演奏された。2009年(平成21年)12月13日、アマチュア・オーケストラである学習院OB管弦楽団主催の今上天皇即位20年と天皇・皇后の結婚50年記念演奏会では、皇太子徳仁親王がヴィオラの首席奏者として参加し、天皇、皇后、皇太子妃が客席から鑑賞した。(祝典行進曲 (團伊玖磨) – Wikipedia

関連サイト

天皇皇后両陛下 – 宮内庁

天皇皇后両陛下御結婚満50年に際して(平成21年) – 宮内庁

皇太子さま ご結婚 | NHK名作選(動画他) – NHK語学番組 – NHKオンライン

関連エントリ

天皇家の皆さま方と美幌峠(美幌町) – 美幌音楽人 加藤雅夫

團伊玖磨 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美智子 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Empress Michiko の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

明仁 の検索結果 の検索結果 ー 美幌音楽 人 加藤雅夫

Emperor Akihito の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

皇室 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

1 件のコメント

  1. img_history_index03-375x500_2.jpg

    コメント欄を閉鎖しました。

    メッセージはこちらから

    加藤 雅夫 より 2018 年 7 月 25 日 03:30

コメントをどうぞ

  • お名前とメールアドレスは必ず入力してください。
    (メールアドレスは管理者にのみ通知され、コメント一覧には表示されません)
  • いただいたコメントは管理者の承認が必要となる場合がありますのでご了承ください。

このページの先頭へ戻る