手話 の検索結果: 24 件

北海道 北見市の手話言語条例の制定について

北海道 北見市の手話言語条例の制定について

関連記事

北見市が手話言語条例制定 2020/06/22掲載(北見市/社会) 日常的に使用できる環境整備へ / 北見市は手話を言語として認識し、使いやすい環境づくりの推進に向け、北見市手話言語条例を制定した。 手話を『いのち』と位置付け / 手話言語条例は道内の主要都市を中心に制定が進んでいる。北見市は、北見ろうあ福祉協会の要望や議会論議をふまえ、福祉関係者らでつくる検討委員会で内容を協議してきた。 条例では「ろう者は、物事を考え、コミュニケーションを図り、お互いの気持ちを理解し合うために、また、知識を蓄え、文化を創造するために必要な言語として手話を『いのち』と位置付け、大切に育んできました」と明記。 一方で「手話に対する理解の広がりをいまだ感じる状況に至っていません」と現状を指摘。「手話が言語であるとの認識を広め、手話を日常的に使用できる環境を整える」ことで「すべての人が共生できる人にやさしいまちを目指す」としている。併せて市の責務や市民・事業者の役割などを示した。 市は条例に基づき、手話に関する情報提供、手話通訳者の窓口への配置、市民手話講座の開催などを進める考え。条例は市のホームページから閲覧できる。(柏) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

手話 手指動作と非手指動作を同時に使う視覚言語 / 手話(しゅわ)は、手指動作と非手指動作(NMS, non-manual signals)を同時に使う視覚言語で、音声言語と並ぶ言語である。手話は、聞こえない人(聴覚障害者、ろう者)、ろう者の親を持つ聴者であるコーダ等が中心となって使用している。 (手話 – Wikipedia)

関連サイト

北見市手話言語条例を制定しました – 北見市のホームページ

北見市手話言語条例

50音順で探す|NHK手話CG – NHKアーカイブス

関連エントリ

手話言語条例 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

手話 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Twitter ツイッター

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

Facebook フェイスブック

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町のボランティア団体(会員募集)

北海道美幌町のボランティア団体(会員募集)

関連記事

美幌町のボランティア団体 / 各団体では会員を募集しています。ボランティアに参加してみませんか。ボランティア団体に関することについてはお気軽にお問合せください。美幌町社会福祉協議会 0152-72-1165 役場民生担当 0152-73-1111(内線236,237) 掲載を希望する団体は、役場民生担当までご連絡ください。 いろりの会 子どもの好きな方・絵本の好きな方 / 魚無川をきれいにする会 誰でも参加できます / 特定非営利活動法人 絆ーびほろ ①福祉に興味がある人 ②年会費 1口1,200円以上 / 図書館と歩む会 誰でも参加できます / ナルク美幌からまつ 誰でも参加できます / ハート支援ネットワーク 募集していません / 美幌観光ボランティアガイドの会 誰でも参加できます / 美幌更生保護女性会 誰でも参加できます / 美幌交通安全母の会 誰でも参加できます / 美幌手話の会ピポロ 誰でも参加できます / 美幌地区保護司会 ①66歳以下の年齢 ②社会的信望があり、熱意と活動の時間的余裕のある方 / 美幌町遺族会 ①戦争・事変に戦・病死した方の遺族 ②その他の方で、本会の趣旨に賛同する方 / 美幌町赤十字奉仕団 誰でも参加できます / 美幌町どんぐりの会 誰でも参加できます / 美幌町フラワーマスター連絡協議会 フラワーマスター認定講習会を受講し、北海道知事から認定を受けた者 / 美幌出前お話の会がらがらどん 絵本が好き、子どもが好き、守秘義務が守れる人 / 美幌に桜の名所を創る会 誰でも参加できます / 美幌ライオンズクラブ 募集していません(当クラブの会員がスポンサーとなって新入会員を募っています) / ブックスタートの会 子どもの好きな方 / ボランティアグリーングループ 誰でも参加できます / ボランティアまなざし 障がい福祉に関心のある方 (美幌町のボランティア団体 – 美幌町のホームページ)

関連サイト

美幌町ボランティアセンター~登録団体ご紹介~ – 美幌町社会福祉協議会のホームページ

美幌町 びほろちょう Bihoro Town – 美幌町のホームページ

関連エントリ

美幌町のボランティア の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2020年(令和2年) 美幌町のボランティア団体について

2020年(令和2年) 美幌町のボランティア団体について

関連記事

美幌町のボランティア団体 / 魚無川をきれいにする会 / 特定非営利活動法人 絆ーびほろ / ナルク美幌からまつ / ハート支援ネットワーク / 美幌観光ボランティアガイドの会 / 美幌更生保護女性会 / 美幌交通安全母の会 / 美幌手話の会ピポロ / 美幌地区保護司会 / 美幌町遺族会 / 美幌町赤十字奉仕団 / 美幌町どんぐりの会 / 美幌町フラワーマスター連絡協議会 / 美幌出前お話の会がらがらどん / 美幌に桜の名所を創る会 / 美幌ライオンズクラブ / ボランティアグリーングループ / ボランティアまなざし (美幌町のボランティア団体 – 美幌町のフェイスブック)

関連サイト

美幌町ボランティアセンター~登録団体ご紹介~ – 美幌町社会福祉協議会のホームページ

関連エントリ

美幌町のボランティア の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

タブレット端末による遠隔手話通訳サービスについて (北海道美幌町)

タブレット端末による遠隔手話通訳サービスについて (北海道美幌町)

関連記事

タブレットで手話通訳サービス 2019/11/05掲載(美幌町/社会) 美幌町障がい福祉担当窓口 / 美幌町は1日、タブレット端末による遠隔手話通訳サービスをしゃきっとプラザ2階の障がい福祉担当窓口で開始した。 端末を通じ、平日午前9時~午後5時に北海道聴覚障がい者情報センター(札幌)に常駐する手話通訳者が、窓口を訪れる聴覚障がい者と町職員の会話をサポートする。 初日は町内の手話サークル「美幌手話の会ピポロ」のメンバーらが窓口を訪れ、サービスを体験。端末に映る手話通訳者を介して職員と会話した。 窓口に手話ができる職員がいないため、これまでは筆談で対応していた。サービスを体験したピポロの安藤順一さんは「筆談は時間がかかり大変だが、通訳のお陰でとてもスムーズに会話ができた」と評価していた。 サービスは北海道の2020年3月までのモデル事業で、町がタブレット端末と回線費用を負担する。町は「モデル事業終了後の継続についても検討したい」としている。(浩) (オホーツクの日刊フリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

美幌手話の会ピポロをご紹介します | 美幌町のホームページ

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町のホームページ

関連エントリ

美幌手話の会ピポロ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

手話 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

手話・手話通訳について

手話・手話通訳について

関連記事

手話(しゅわ)は、手指動作と非手指動作(NMS, non-manual signals)を同時に使う視覚言語で、音声言語と並ぶ言語である。手話は、聞こえない人(聴覚障害者、ろう者)、ろう者の親を持つ聴者であるコーダ等が中心となって使用している。 概要 / 手話は「あいうえお…」の五十音、またはアルファベットをあらわす指文字と、「山」「犬」「走る」「美しい」などの名詞、動詞、形容詞などの語が基本である。聴者が普段する身振り(例えば日本では「男」を親指で、「女」を小指で示すなど)と共通した表現も多く見られる。 (手話 – Wikipedia)

手話通訳(しゅわつうやく)は音声言語・手話間、または異なる手話間(例えば国際手話と日本手話)を変換して通訳すること、またはその行為をする人(手話通訳者)自体をさす場合もある。 手話通訳の資格制度 / 厚生労働大臣認定の手話通訳士 / 都道府県認定の手話通訳者(民間資格) / 市町村の手話奉仕員 (手話通訳 – Wikipedia)

関連サイト

コラム10 手話通訳のこと | 社会福祉法人聴力障害者情報文化センターのホームページ

関連エントリ

手話通訳 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の聴導犬について

日本の聴導犬について

関連記事

聴導犬(ちょうどうけん Hearing dog)とは、聴覚障害者の生活を安全で安心できるものにするために、生活で必要な音をタッチして教え、音源に導く身体障害者補助犬のこと。 概要 / 聴導犬がはじめてこの世に出るのは、盲導犬に遅れること約150年後である。1966年に、アメリカで、一人の聴覚障害者が、自分が飼っていた犬を、生活の音に反応して自分に知らせることができるよう訓練をしてほしいと懇願したとこから始まったといわれている。 聴導犬の役割は、火災報知機などの警報、玄関のブザーや電話などの呼び出し音、目覚まし時計の音などを聞き分ける。音の種類によって飼い主への合図を変えることによって、必要な情報を飼い主に正確に伝える。また必要に応じてそれら音の発する方向へ誘導を行う。特に、警報音では、眠っている飼い主を起こし、避難を促すなど、命を守る働きをする。 世界最大で最多を誇る英国聴導犬協会およびアメリカ最大の聴導犬育成団体であるDogs for Deafでも、犬種は雑種が主であり、捨てられた犬からの動物福祉をもうひとつの使命としている。適性があれば、雑種でも純血犬でも認められる。聴導犬のカラーとしては、オレンジ色または、黄色になるが、英国聴導犬協会ではエンジ色を着用している。 日本の状況 / 2016年4月1日現在、日本国内の聴導犬の実働数は64頭。盲導犬と比べまだまだ不足している状況である(潜在する聴導犬希望者は、1万人いるという推測がある)。 また、聴導犬も、身体障害者補助犬法の適用を受けており、公共機関だけでなくてデパートやスーパー、ホテルなどでは、受け入れを拒むことは禁止されているが、盲導犬同様、受け入れを拒否する事例がある。中には、阪急百貨店に入居しているテナントの飲食店において、法律に無理解な従業員が、自分の判断で入店を拒否したケースもある。 2008年現在、指定されたリハビリテーションセンター以外で、聴導犬の認定試験ができる補助犬育成団体は、厚生労働大臣が指定する社会福祉法人日本聴導犬協会だけである。 国際的に見ても、身体障害者補助犬の訓練と認定は、ユーザーとなる障害者のニーズと犬の習性を周知している補助犬育成団体内で行われることで、補助犬ユーザーへの責任の所在が明確になると言われている。その根拠として、日本での盲導犬認定は、盲導犬育成団体内で行われている。聴導犬育成団体内での認定においても「身体障害者補助犬法」により、訓練士のほかに、医師(特に耳鼻科医)、言語聴覚士などの専門家の連動が義務付けられている。また、障害者相談員などの「当事者」認定委員を含めることで、「当事者」のニーズを把握した上での厳密な認定試験が行われている。脳梗塞などの中途失聴による言語回復が望まれる者以外、たとえば先天性聴覚障がい者とリハビリテーションセンターとの関係はもともと薄いと言われ、リハ医よりも、各地の耳鼻科医との連携が望まれている。厚生労働大臣指定法人は、わずか6箇所しかなく、4つのリハビリテーションセンター(横浜、千葉、兵庫、名古屋)と、補助犬育成団体では2団体(長野(聴導犬と介助犬の認定)、山梨(介助犬のみ))が指定されているだけで、盲導犬育成団体のように補助犬育成団体が認定団体となることを望む補助犬ユーザーの声もある。 上記のリハビリテーションセンターでは4箇所が介助犬訓練所、3箇所が聴導犬訓練所として、厚生労働省に届出をしている。現実に施設内での合同訓練を行っているリハビリテーションセンターもあり、補助犬育成団体での認定と共に、客観的な認定を行うことが義務付けられている。 聴導犬の育成について、一例としては、聴導犬候補の子犬(主に捨てられた犬たちの適性を見て、保健所などの協力を得て選ばれる)をソーシャライザーと呼ばれる子犬育てのボランティア宅で、人間を仲間とし信頼できるように愛情をもって育て、その後の10回以上([社会福祉法人]日本聴導犬協会では)にわたる適性テストを経て、聴導犬として育てる仕組みがある。他に、ユニークな試みとしては、特定非営利活動法人日本補助犬協会が、引きこもりの若者に子犬を育ててもらうことによって聴導犬の育成と若者の自立支援を狙った「あすなろ学校」といった例がある。聴導犬の育成に拍車をかけるため、(福)日本聴導犬協会では、日本で最大規模の聴導犬・介助犬訓練施設(650坪)を2008年8月末に竣工。その施設を活用して、2009年2月より「日本聴導犬・介助犬訓練士学院」(学院長・信州大学元学長 森本尚武)を開校し、後進の育成も図る。 代表的な聴導犬 / 身体障害者補助犬法の施行前(2001年)に、初めて公共の乗り物(JR西日本)への同伴試験に合格したのは、聴導犬みかん。 身体障害者補助犬法後の認定試験制度で初めて合格したのは、聴導犬美音。 日本で初めて、聴導犬インストラクターとしてADI国際認定を受けた方には、有馬もと(日本聴導犬協会)。 ADIは補助犬団体の国際総会。 日本で初めてのタンデム(1頭の補助犬を夫婦など2人で活用する)聴導犬は、聴導犬しん(大阪) (聴導犬 – Wikipedia)

関連サイト

手話動画「カルチャーナイトに北海道初認定の聴導犬ふじちゃんが来ました!」を掲載しました |.札幌市ホームページ

ケンタくんの聴導犬Q&A – 日本聴導犬協会ホームページ

聴導犬について – 日本聴導犬推進協会ホームページ

聴導犬について |,日本補助犬情報センターホームページ

聴導犬育成の会 – ソーシャルアクションリングのホームページ

関連エントリ

補助犬 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

聴導犬 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Hearing dog の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年 第33回ふれあい広場びほろ (北海道美幌町)

bi_bo.jpg

2019年 第33回ふれあい広場びほろ (北海道美幌町)

主催 : ふれあい広場実行委員会 (事務局 : 美幌町社会福祉協議会) 構成団体 : 社会福祉法人北海道療育園、美幌町身体障害者福祉協会、手をつなぐ本人の会フレンズ、手をつなぐ親の会まい夢、手をつなぐ連絡協議会、美幌どんぐりの会、美幌えくぼ福祉会、美幌町自治会連合会女流部会、グリーングループ、美幌町赤十字奉仕団、くるみ里親会美幌支部、美幌更正保護女性会、個人ボランティア連絡協議会、ボランティアまなざし、美幌町ハート支援ネットワークの会、美幌手話の会ピポロ、ボランティアグループふきのとう、NPO法人絆びほろ、ナルク美幌からまつ、美幌高校ボランティア同好会、美幌町地域包括支援センター、美幌グループホーム連絡会、美幌消費者協会、美幌町ヘルスリーダーの会、美幌町老人クラブ連合会、美幌町民生委員児童委員協議会、美幌駐屯地曹友会、美幌消防署、美幌折り梅の会、北海道建築士会美幌支部、アスパラで人をつなぐ会「明日パラダイス」、北海道国民健康保険団体連合会、北見保健所、美幌町、美幌町社会福祉協議会(ボランティアセンター) 協賛 : JAびほろ、協同組合スマッビーカードびほろ

関連記事

25日・ふれあい広場びほろ 2019/08/21掲載(美幌町/告知) しゃきっとプラザ / 「まなび、でみせ」など各種コーナー開設 / 第33回ふれあい広場びほろが25日(日)午前10時~午後1時、美幌町しゃきっとプラザで開かれる。 町内の保健、医療、福祉にかかわる36機関・団体でつくる実行委員会が主催する。初の試みとして、美幌産アスパラのPRを兼ねた全日本アスパラ計量選手権「アスパラぴったんこ」が開かれる。 折り紙、絵手紙などの「ふれあい」、手話、終活講座などの「まなび」、血管年齢測定、心肺蘇生体験などの「けんこう・えいよう」、屋台や避難食試食などの「でみせ」の各コーナーが設けられる。もちまきも実施される。 問い合わせは実行委事務局の美幌町社会福祉協議会(0152・72・1165)へ。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

ふれあい広場びほろ.2019/08/28掲載(美幌町/行事) アスパラ量って熱戦 / ふれあい広場びほろ(実行委員会主催)が25日、美幌町しゃきっとプラザで開かれた。アスパラを感覚だけで計量し、重さ2㌔に近づける「全日本アスパラ計量選手権アスパラぴったんこ」が盛り上がりを見せた。 選手権は、伏せ込み栽培や立茎栽培などに取り組む美幌のアスパラを味わい、PRにつなげようと有志が初開催。30人が出場し、30秒でアスパラを足したり除いたりして、2㌔だと思う量を決めていた。 計量の結果、優勝者はわずか2㌘の誤差の1.998㌔を記録。準優勝者は2.004㌔で、2㌘が勝負を分けた。 このほか、終活や後見に関する講座、健康チェックや手話体験などさまざまなイベントが行われた。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌町保健福祉総合センター「しゃきっとプラザ」

しゃきっとプラザ | 美幌町ホームページ

ふれあい広場 | 美幌町社会福祉協議会ホームページ

関連エントリ

ふれあい広場びほろ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道網走市 手話言語条例

img_info_200709_001_01_2.jpg

北海道網走市 手話言語条例

関連記事

網走市が「手話言語条例」制定 2019/05/27掲載(網走市/社会・告知)
6月2日・記念イベント / 網走市は、手話を使いやすい環境を整える上で行政や市民が担う役割を明確にした「手話言語条例」を制定した。同様の条例制定は全国的に進められ、網走市は道内自治体で21番目。条例施行に伴い、市内では6月、市民グループや聴覚障がい者が企画した記念イベントが開かれる。
市民企画、エコセンで開催 / 同条例は手話に対する理解を広げる目的で、市や市民の役割を具体的に示したことなどが特徴。例えば、市の役割を「聴覚障がい者が手話を使用する権利を尊重するために、手話に対する理解を広げ、手話を使いやすい環境にするための施策を推進する」などと明記している。 条例制定の記念イベント「手話で語ろう あばしり手話フェスティバル2019」は6月2日(日)午後1時~3時半、市内エコーセンター2000で開かれる。市の主催だが、イベント内容やPRポスター(写真)の作成などは市内手話サークルや聴覚障がい者が企画し、準備を進めている。 イベントは誰でも無料で参加できる。当日はろう者の生活体験談をはじめ、手話サークルメンバーや聴覚障がい者によるコント、ミニゲーム、手話歌などを通じて理解を深めてもらう。 問い合わせは市障がい福祉係(0152・44・6111)へ。(大) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

手話(しゅわ)は、手指動作と非手指動作(NMS, non-manual signals)を同時に使う視覚言語で、音声言語と並ぶ言語である。手話は、聞こえない人(聴覚障害者、ろう者)、ろう者の親を持つ聴者であるコーダ等が中心となって使用している。 手話と法律 / 2011年(平成23年)7月29日、「言語」と規定された改正障害者基本法案が参議院本会議で全会一致で可決、成立し、8月5日に公布された。この改正により、日本で初めて手話の言語性を認める法律の裏付けが制定された。 (手話 – Wikipedia)

聴覚障害者(ちょうかくしょうがいしゃ)とは、聴覚に障害がある(耳が不自由な)人のことである。 (聴覚障害者 – Wikipedia)

150px-Deafness_and_hard_of_hearing_symbol

音楽動画

4分鐘.震憾人心的廣告 ♥ You Can Shine ♡ HD中文字幕版 – YouTube

関連動画

手話動画「札幌市手話言語条例(全文)」 – YouTube

関連サイト

「網走市手話言語条例」を制定しました – マイ広報紙

手話言語法 条例マップ 北海道

全日本ろうあ連盟 – 手話言語条例マップ

関連エントリ

聴覚障害者 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

網走市手話言語条例 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

第32回ふれあい広場びほろ (美幌町保健福祉総合センター しゃきっとプラザ)

800px-Smallcrane.jpg

第32回ふれあい広場びほろ (美幌町保健福祉総合センター しゃきっとプラザ)

関連記事

26日・ふれあい広場びほろ 桜満開に協力を、新イベント「みんなで描こう!ゆびアート」 / 第32回ふれあい広場びほろが26日(日)午前10時~午後1時に美幌町しゃきっとプラザで開かれる。町内の保健、福祉、ボランティアなど36機関・団体でつくる実行委員会が主催する。昨年までのTシャツファッションショーに代わるメーンイベントは「みんなで描こう!ゆびアート」。桜の木が描かれた1.8メートル四方の木の板に、来場者に指で花びらを描いてもらう。実行委は「子どもからお年寄りまで参加して、満開の桜を完成させてほしい」と呼び掛ける。また、子どもの参加を促そうと「あつまれKIDS!つみあげてGO!」コーナーも設ける。大小の箱を積み上げるなどして得点を競い、高得点を出した子どもに景品をプレゼントする。このほか、折り紙などの「ふれあい体験」、手話やペーパークラフトなどの「まなび体験」、健康チェックなどの「健康」の各コーナーを開設。焼き鳥などの屋台も出店する。問い合わせは実行委事務局の美幌町社会福祉協議会(TEL 0152-72-1165)へ。 (2018年8月11日の記事 経済の伝書鳩)

第32回ふれあい広場 / 今年で32回目となる「ふれあい広場びほろ」を開催いたします。
主に町内の保健・医療・福祉関係団体が連携・協力し、さまざまな体験コーナーや健康測定、飲食屋台など、お子様からご年配の方まで誰もが楽しめるイベントを企画しております。ぜひ会場へ遊びにお越しください! お問い合わせ / 保健福祉グループ 健康推進担当 電話:0152-73-1111 (第32回ふれあい広場 | 美幌町)

ふれあい広場びほろ 指で花びらを…満開の桜の木完成 / 幅広い世代が催し楽しむ / ノーマライゼーション精神の普及などを目指す、第32回ふれあい広場びほろが8月26日、美幌町しゃきっとプラザで開かれた。主催は町内の保健、医療、福祉関係36団体でつくる実行委員会。幅広い年代がさまざまな催しを楽しんだ。プラザ駐車場と1~3階で肺年齢や血管年齢のチェック、手話体験、認知症○×クイズなどが行われたほか、屋台も並んだ。1階ロビーの「指アートで花を咲かせよう!」のコーナーでは、美幌高校の生徒が描いた幅、高さ1メートル80センチの桜の幹や枝に、訪れた人が絵筆の代わりに指でピンク色の花びらを描き込んだ。子どもからお年寄りまでが参加し、広場終了時には満開の桜が完成していた。(浩) (2018年9月1日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌町保健福祉総合センター「しゃきっとプラザ」

しゃきっとプラザ | 美幌町

ふれあい広場 | 美幌町社会福祉協議会

関連エントリ

ふれあい広場 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町のボランティア団体について

455px-Chaplin-charlie.jpg

北海道美幌町のボランティア団体について

関連記事

美幌町のボランティア団体 / ボランティア員を募集しています。いま、できることをはじめてみませんか? お気軽にお問い合わせください。美幌町社会福祉協議会 72-1165。役場民生担当 73-1111(内線236)。団体名称 / 魚無川をきれいにする会 / 美幌町フラワーマスター連絡協議会 / 桜の名所を創る会 / 美幌観光ボランティアガイドの会 / 美幌町図書館と歩む会 / 絵本読み聞かせ『いろりの会』 / 美幌出前おはなしの会がらがらどん / 声のふれあいネット / ボランティアまなざし / 生活たすけあいサービス『さくらんぼ』 / 美幌町介護者と共に歩むサフランの会 / ボランティアグリーングループ / たすけあいチーム推進協議会 / くるみ里親会美幌支部 / ハート支援ネットワーク / ナルク美幌からまつ / ボランティアグループふきのとう / 美幌更生保護女性会 / 美幌町赤十字奉仕団 / 美幌手話の会ピポロ / 美幌交通安全母の会。掲載を希望する団体は役場民生担当(73-1111内線236)にご連絡ください。(美幌町のボランティア団体 | 美幌町

ボランティア(英: volunteer)とは、自らの意志により参加した志願兵のこと。反対語は「強制徴募」。奉仕活動をする人のことは「チャリティー」の項目を参照すること。
日本 / 日本独自の意味合い / 「ボランティア」ということばは自発的な無償の奉仕(利他)行為をする人を指して言うことばであるが、それ以外にその「自発的無償行為」自体を指して「ボランティア」と呼ぶこともある。日本では、「ボランティア」ということばの意味は以上であるが、例えば英語圏では「志願兵」、「義勇兵」という意味合いが大きい。ところが日本では「ボランティア」ということばに「義勇兵」、「志願兵」という意味はない。したがって、日本語の「ボランティア」は日常生活や大災害時における自発的な無償の利他行為をする人、あるいはその行為を指すだけのことばとなっている。日本では参加の動機が自由意志であるか否かに関わらず無償の奉仕活動の同義語として用いる場合もある。学校におけるボランティア / 日本では高校受験などに際してボランティア活動を行ったことでその経験が調査書に記載されていると評価点を高くする学校がある。高等学校の場合、上級学校への進学や就職における自己アピールの材料として使われるなど、卒業後の進路内定という「対価」を得るための手段とされる傾向がある。大学など高等教育の課程においても、ボランティアが就職活動でのアピールや単位取得の手段として使われることもある。また、福祉活動を課程の中に組み込むなどして義務化している学校もある。例えば東京都では2007年度から都立の高校で「奉仕の時間」が義務化されることとなった。このケースでは全員1単位以上の履修が卒業するための要件そされているため、自発性に基づく活動ではない。(ボランティア – Wikipedia

有償ボランティア(ゆうしょうボランティア)とは、ボランティア活動をする際に、対価のある場合のボランティアの括り。概要 / 対価の内容は、金銭のほかに、ボランティアをポイントで換算し地域でサービスを受ける際に使える地域通貨(地域マネー)等がある。ボランティアの無償性について / かつてまた、ボランティアという言葉はもともと「volunteer」という英単語であり、それは「志願者、義勇兵、自発的」という意味であり、「無償である」という意味を含まないことから、「有償」「無償」を区別することに意味はない、とする考え方もある。一方、有償ボランティアはボランティアに含まず独立した言葉とした上で、ボランティアと同等に取り扱うとする考え方もある。(有償ボランティア – Wikipedia

学校支援ボランティア(がっこうしえんボランティア)とは、様々な段階の学校において行われるボランティア活動、またはそれを担う人材をいう。この場合、その活動が無償であるか、有償であるかは問われない。学校支援ボランティアの問題点 / ボランティアと教師の連携不足 / ボランティアは、学校の職員とは異なる存在である。そのようなボランティアが持つ外部性が学校の閉鎖性を解消する鍵であることを考えると、そのような違いは重要な特徴である。しかし同時にこの違いは、学校との連携への障害となることもある。例えば、学校では、その多くの情報を職員会議で共有しているが、非職員であるボランティアは会議には参加せず、多くの情報を共有できていない。また学校の守秘義務の問題などから、ボランティアとは共有できない情報も少なくない。これが教員とボランティアの間に大きな溝を生む原因となることがある。ボランティア同士の連携不足 / ボランティアは毎日学校で支援を行っているわけではないため、同じ学校に関与しているからと言ってすべてのボランティア同士顔を合わせるわけでも、その存在を認知しているわけでもない。そのため、ボランティア間の情報共有の機会はあまりなく、活動自体に一貫性がないとも言える。これは学校自体がボランティアの導入は実現したが、それを取りまとめるコーディネーターのような人材を設けてこなかったことに、1つの原因があり、そのような制度の必要性が求められている。単位を伴う学生の活動 / 比較的時間を持て余していると言われる学生であっても、生活の維持、個人的な時間の確保も含めボランティアを行うだけの余裕を感じる者は多くない。その中で、大学側がボランティアに対して単位認定を行ったことは、人材確保の裾野を広げることとなった。しかし同時に、ボランティアが目当てではなく、単位が目当ての学生が学校を支援を行うこととなり、質の低下が言われるようになった。俗に言う「ボランティア公害」の問題である。これは教員免許取得の際に必修単位として組まれた学校支援活動においても見られることである。(学校支援ボランティア – Wikipedia

関連サイト

登録ボランティア団体紹介 | 美幌町社会福祉協議会

関連エントリ

ボランティア団体 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る