北海道150年 の検索結果: 6 件

北海道の「みらいの宇宙イラストコンクール」について

logo_01.gif

logo_02.gif

北海道の「みらいの宇宙イラストコンクール」について

関連記事

道が「みらいの宇宙イラストコンクール」 小学生対象に7月6日まで募集 / 50年後の宇宙、どうなってる? / 道は道内の小学生を対象に実施する「みらいの宇宙イラストコンクール」の作品を7月6日まで募集している。テーマは「50年後の宇宙」。自由な発想で今から50年後の未来を想像し、そのころに実現できているかもしれない宇宙のものごとをイラストで表現する。人類が初めて月に着陸したのが今から50年前ということで北海道命名150年にからめて実施する、道の「宇宙へのチャレンジ推進プロジェクト」の一環。小学1~3年の部、4~6年の部の2部門で各賞のほか入賞の150人は「宇宙飛行士・山崎直子さんと50年後の宇宙を語り合う授業(仮)」(8月8日、札幌市)に参加できる。画用紙の大きさ、画材、応募方法など詳しくは北海道のホームページで。問い合わせは道経済部科学技術振興室(TEL 011-204-5127)へ。(2018年6月8日の記事 経済の伝書鳩

関連サイト

みらいの宇宙イラストコンクールを募集します | 経済部産業振興局科学技術振興課

関連エントリ

みらいの宇宙 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

宇宙へのチャレンジ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

50年後の宇宙 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道150年 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

広報紙「ほっかい どう」(2018年3月号)配信されました

logo_01.gif

logo_02.gif

広報紙「ほっかいどう」(2018年3月号)配信されました

関連記事

広報紙 ほっかいどう 2018年3月号 【特集】みんなでつくる、北海道150年事業
2018年、北海道は命名150年。未来へつなぐ、みんなでつなぐ。記念の年を一緒に盛り上げましょう。 先人から受け継いだ誇るべき財産を、次の世代に向けて、しっかりと守り、育て、発展させ、世界の中で輝く地域となるよう、道民の皆さんや企業・団体・市町村の方々とともに、北海道を盛り上げていきます。北海道知事 高橋はるみ

関連サイト

広報紙「ほっかいどう」 | 総合政策部知事室広報広聴課

広報紙「ほっかいどう」3月号配布中です!! | 北海道庁のブログ「超!!旬ほっかいどう」 – 楽天ブログ

動くよ!広報紙ほっかいどう – 北海道庁インターネット放送局『Hokkai・Do・画』 ー google

北海道の広報 | 総合政策部知事室広報広聴課 – 北海道庁

広報広聴課のページ(知事会見、知事コメント、各種広報、​民間協働等) | 総合政策部知事室広報広聴課 – 北海道庁

北海道のソーシャルメディア | 総合政策部知事室広報広聴課 – 北海道庁

北海道のホームページ | 北海道庁

関連エントリ

広報紙ほっかいどう の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

美幌博物館の特別展「大美博展」(北海道美幌町)

bi_bo.jpg


美幌博物館の特別展「大美博展」(北海道美幌町)

関連記事

「大美博展」向け準備本格化 美幌博物館 3月24日から
美幌博物館の開館30周年を記念する特別展「大美博展」が3月24日(土)から博物館で開かれる。過去26回の特別展の目玉資料を並べる展覧会。開催に向け、学芸員らが資料の準備を進めている。大美博展は博物館と美幌町郷土史研究会が共催。博物館は昭和62年10月に開館。管内に縁のある画家・居串佳一の作品を紹介した同年の第1回特別展をはじめ、ホタルの生態などを紹介した「美幌の螢」、国宝の土偶が展示された「縄文人の世界」、美幌に縁がある作家の作品を集めた「ふるさとの作家たち」など26回の開催を資料やポスターで振り返る。開催に向けては、学芸協力員の男性が平成19年の特別展「北海道を探検した男 松浦武四郎」のジオラマを10年ぶりに補修。松浦武四郎が描いた墨画「ザリガニ捕りの図」を元に製作したジオラマで、川や森の様子などをより精巧に仕上げた。今回の特別展ではこのほか、道内博物館の動物化石なども展示する。学芸員は「30年分の至高の品を並べるので、お楽しみに」と話している。(浩)(2018年2月13日の記事 経済の伝書鳩

美幌博物館の特別展「大美博展」 24日開幕へポスター、図録できる
24日(土)に開幕する美幌博物館の特別展「大美博展」のポスターと図録が完成した。大美博展は、これまでに開かれた26回の特別展から資料を選りすぐって展示。植物、昆虫、動物など自然に関する資料や、居串佳一、坂本直行ら北海道に縁がある芸術家の美術作品、美幌町指定文化財の一つ「絵模様付礫」、津別町内で発見された「謎の化石」などが並ぶ。特に、化石に関しては、開幕日の24日をはじめ、6月までの各月に講演会や講座などを予定している。B6判の図録では、26回の特別展の内容のほか、美幌峠、福住の温水ため池などについて書いたコラムを掲載。開幕日以降、先着300人に配布する。(浩)(2018年3月5日の記事 経済の伝書鳩

24日・美幌博物館講座 「私たちのふるさと情報」 「大美博展」の見どころ紹介も
美幌博物館講座「私たちのふるさと情報」が24日(土)午前9時半~正午に博物館で開かれる。講演が行われる。演題は (1)美幌の自然を守れ!Part4~守るために私たちが伝えたいこと (2)美幌峠のコケモモ (3)美幌・その周りのおお昔ばなし~ときめく動物化石のひみつ-の3つ。講演後には同日に開幕する特別展「大美博展」の見どころを紹介する。定員は先着50人。申し込みは不要で、希望者は会場へ。問い合わせは博物館(TEL 0152-72-2160)まで。(2018年3月5日の記事 経済の伝書鳩

30周年の節目に30万人 美幌博物館の入館者
美幌博物館の開館からの入館者が3日、30万人に達した。開館30周年の節目での達成。セレモニーが行われ、30万人目の入館者に記念品が贈られた。博物館は昭和62年10月に開館。30周年となる29年度は20年ぶりに入館者が1万人を超えるなど4月以降、好調に推移し、節目の年に節目の数字に達した。鬼丸和幸館長は「来館していただいた皆さん、歴代の職員の皆さんのお陰。入館者が40万人、50万人と伸びるよう今後も頑張りたい」と話している。30万人目となったのは美幌町在住の女性(41)と長女(8)、二女(1)の親子。長女の工作が展示されている企画展「冬季作品展」を観覧に訪れた。セレモニーでは、博物館手づくりのくす玉を割って達成を祝った。鬼丸館長が記念の皿や菓子、博物館招待券、グッズなどの記念品を3人に贈り、女性らは「思いがけないプレゼント」と笑顔で受け取っていた。(浩(2018年3月6日の記事 経済の伝書鳩

美幌博物館「大美博展」開幕 ショロアなど骨格標本も / 美幌博物館の特別展「大美博展」が24日、開幕した。化石をはじめ、過去26回の特別展から選りすぐった資料が並んでいる。化石は、平成14年に美幌町内で見つかったクジラの腰椎骨をはじめ、足寄動物化石博物館の協力で北海道の多くが海だった約2300万年前に生息していたとみられる哺乳類「アショロア」や「アショロカズハヒゲクジラ」、ペンギンに似た「ムカシオオウミウ」の大きな骨格標本が並ぶ。初日は博物館講座が開かれ、足寄動物化石博物館の澤村寛館長が受講者にこれらの標本を解説した。特別展ではこのほか、江戸時代の画家・蠣崎波響、北海道出身の画家・坂本直行の作品や、美幌町文化財の一つ「絵模様付礫」、屈斜路湖外輪山に生息し「歩く宝石」と呼ばれるキタオオルリオサムシの標本など、過去の特別展などで紹介された展示物が並んでいる。特別展のみの観覧は無料。7月1日まで。(浩)(2018年3月28日の記事経済の伝書鳩

関連サイト

北海道バリアフリーマップ 美幌博物館 | 保健福祉部福祉局地域福祉課

平成29年度特別展「大美博展」 | 美幌町

特別展 | 美幌町

美幌博物館30周年を迎えて | 美幌町

美幌博物館 – Home | Facebook

集まれ!北海道の学芸員 – ホーム | Facebook

関連エントリ

美幌博物館 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌博物館30年 の検索結果美 ー 幌音楽人 加藤雅夫

美幌130年 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道150年 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町郷土史研究会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

松浦武四郎 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

松浦武四郎200年、北海道150年(オホーツク管内)

松浦武四郎200年、北海道150年(オホーツク管内)

関連記事

松浦武四郎(探検家、著述家)
松浦 武四郎(まつうら たけしろう、文化15年2月6日(1818年3月12日) – 明治21年(1888年)2月10日)は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけての探検家、浮世絵師、著述家、好古家。名前の表記は竹四郎とも。諱は弘。雅号は北海道人(ほっかいどうじん)、多気志楼など多数。蝦夷地を探査し、北海道という名前を考案した 。(Wikipedia ー 松浦武四郎

蝦夷地
蝦夷地(えぞち)は、日本人がアイヌの居住地を指して用いた言葉で、江戸時代に使われた。和人地の対語である。渡島半島周辺を除く現在の北海道を中心に、樺太と千島列島を含む。なお、アイヌ人はそれらの島々をアイヌモシリと呼んだ。(Wikipedia ー 蝦夷地

北海道(日本の主要な島の一つ)
北海道(ほっかいどう)は、日本の北部に位置する島である。また、同島および付随する島を管轄する地方公共団体(道)である。島としての北海道は、日本列島を構成する主要4島の一つである。地方公共団体としての北海道は、47都道府県中、唯一の「道」で、道庁所在地は札幌市である。 名称 / この島の先住民であるアイヌの言葉(アイヌ語)では、「アィヌモシㇼ」(ainu mosir、「人間の住む土地」の意)または「ヤウンモシㇼ」(ya un mosir、「陸地の国土」)と呼ばれる。日本人(和人)は古代には渡嶋(わたりのしま)、近代に至るまでアイヌを蝦夷(えぞ)、その土地を蝦夷地(えぞち)もしくは北州、十州島などと呼んでいたが、明治政府は開拓使の設置に伴い名称の変更を検討し、蝦夷地探査やアイヌとの交流を続けていた松浦武四郎は政府に建白書を提出、「北加伊(きたかい)道」「海北道」「海東道」「日高見(ひたかみ)道」「東北道」「千島道」の6案を提示した。結局「北加伊道」を基本として採用し、海北道との折衷案として、また、律令制時代の五畿七道の東海道、南海道、西海道の呼称に倣う形として「北海道」と命名された。なお、松浦は建白書において「北加伊道」案はアイヌが自らを「カイ」と呼んでいることから考案したと説明しているが、言語学者の金田一京助は、当時のそのような事実を示す証拠は見つかっていないと唱えている。(Wikipedia ー 北海道

松浦武四郎の功績を後世に
北見・男性(86) 闘病しながら足跡を一冊にまとめ
人ひと240度
北見市内の男性(86)がこのほど、北海道の地名の名付け親とされる松浦武四郎の足跡を本にまとめた。病魔と闘いながら仕上げた一冊。「北海道の未来に向けて武四郎の功績を後世に伝えたい」と話している。 男性は平成10年、遠軽町の郷土史研究家で松浦武四郎研究会会長の講演を聞き、武四郎に強い興味を抱いたという。さまざまな文献を参考にし、東京の武四郎の墓をはじめ阿寒湖畔や留萌にある記念碑などを訪れ、その人物像に迫った。 蝦夷地と呼ばれた北海道を何度も調査探検で訪れ、幕末の世に紹介。絵の素養を生かし、地図やスケッチ画などを多く残した。武四郎が提案した北海道の呼び名や地名が採用された。アイヌ民族と親しく交流し、アイヌの人達の生活向上に力を注ぐなど、功績の大きさをたたえる。 男性は「北海道の発展に寄与し、アイヌ民族の協力で武四郎の偉業があることを記録に残しておきたい」と力を込める。(成)(経済の伝書鳩 2017年2月20日の記事

関連サイト

松浦武四郎の碑を巡る オホーツクと十勝の碑 – 道北の釣りと旅

ヌプンケシ121号 | 北見市

松浦武四郎 – 北海道150年事業

松浦武四郎生誕200年記念事業について – 松阪市ホームページ

北海道150年 – ホーム | Facebook

関連エントリ

松浦武四郎 (北海道人) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道150年 郷土に残した 松浦武四郎の足跡(伝記) – 美幌音楽人 加藤雅夫

オホーツク街道 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

松浦武四郎 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道150年 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌130年 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター(Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック(Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

インターネット中継「高校生模擬議会」(北海道 網走郡 美幌町)

800px-Its_all_about_love.jpg

インターネット中継「高校生模擬議会」(北海道 網走郡 美幌町)

関連記事

美幌町130年記念事業『高校生模擬議会』
平成30年1月27日(土)午後1時 開催予定
「町民に開かれた議会」を目指し、また町政に関心を持ってもらうため、模擬議会を開催します。選挙権が「18歳以上」に引き下げられたこともありますので、高校生議員による運営を行います。 当日は通常議会と同様、インターネット中継を行いますので、是非ご覧ください。(美幌130年記念特設ページ|美幌町

27日・高校生模擬議会 美幌町130年記念し
まちの発展望む決議採択も
美幌町と美幌町議会は27日(土)午後1時から町議会議場で「高校生模擬議会」を開く。美幌高校の生徒を模擬議員として迎え、要望や意見を今後のまちづくりの参考にする。 27年の公職選挙法改正で選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことを受け、町政、議会への理解や関心を喚起し、町に対する要望・意見を発信してもらう狙い。29年度に迎えた美幌町130年の記念事業の一つとして開く。 模擬議員は14人ほどを予定。理事者として土谷耕治町長、平井雄二副町長、平野浩司教育長をはじめ各部の部長らが出席する。本会議ではそれぞれ持ち時間10分以内で1問ずつ、土谷町長らに対して町政に関する一般質問を行う。 一般質問後には、美幌町の発展に向けて、行政や議会に望むことを決議として表明し、採択する運びだ。 模擬議会は傍聴できる。詳しくはまちづくりグループ(TEL 0152-73-1111内線326)へ。(浩)(経済の伝書鳩 2018年1月15日の記事

美幌で高校生模擬議会 一般質問出そろう
土谷町長「真しに答える」 27日・町議会議場で開催
美幌町が27日(土)午後1時から町議会議場で開く、高校生模擬議会一般質問の質問事項と要旨が決まった。まちづくりや通学支援、防犯や安全など高校生らしい視点の質問が予定されている。 一般質問は1年生から3年生まで14人が1問ずつ行う。 まちづくりに関しては、子どもが楽しめる行事の新設や内容変更、町外から集客が見込める祭り、町民全員を対象にしたまちづくりアンケートなどの質問が予定されている。 このほかJRやバスの本数が少なく、保護者の送迎に頼らざるを得ない登下校の現状や、通学費の補助、若者の雇用拡大対策への考えを問う質問、街灯の少ない地域の安全や、歩行者を守るカーブミラーの設置に関する質問もある。 土谷耕治町長は今回の一般質問について「高校生ならではの発想で、うなづかされる点も多い。若い人の声をまちづくりに反映させていくのは今後の課題でもあり、真しに答えたい」と話している。(浩)(経済の伝書鳩 2018年1月19日の記事

美幌町議場で高校生模擬議会 まちづくりへ意見 堂々と
高校生模擬議会が27日、美幌町議会議場で開かれた。美幌高校の生徒14人が一般質問を通じ、まちづくりに対する意見を土谷耕治町長らにぶつけた。 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたことから、高校生の政治や議会に対する関心を高め、まちづくりの参考にしようと、29年度の美幌130年記念事業の一つとして開いた。 1~3年生の男子8人、女子6人が一般質問した。このうち、1年女子生徒は「小学1年生から中学3年生までの通院費を助成することで、若い世代が住みやすく魅力的な町になるのでは」と質問。土谷町長は「30年8月からの実施に向け準備を進めている。今後も子育て世代に魅力ある事業が提供できるよう調査・研究を進めたい」と答えた。 他の1年女子生徒は「街灯が少なく、まちなかから離れるにつれて街灯が減っていく。女子生徒にとってはすごく不安」と指摘した。 これに対し、土谷町長は「街灯のLED化に合わせ、新設や移設で適切な場所に設置し、効果的な維持管理をしていきたい」と改善を約束した。 生徒達はこのほか、子ども達が楽しめる行事の新設、高齢者のサポート、特産品開発など多岐にわたる質問を投げかけた。質問後は「希望あふれる美幌町の実現への決意を表明する決議」案を全会一致で採択した。 (浩)(2018年1月31日の記事 経済の伝書鳩

関連サイト

美幌町130年記念事業『高校生模擬議会』の日程|美幌町

美幌町議会|美幌町

議会ライブ中継|美幌町

議会ライブ中継録画一覧|美幌町

関連エントリ

北海道150年 郷土に残した 松浦武四郎の足跡(伝記) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌高校生 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町議会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター(Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

北海道150年 郷土に残した 松浦武四郎の足跡(伝記)

750px-Subprefectures_of_Hokkaidosvg.png

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

北海道150年 郷土に残した 松浦武四郎の足跡(伝記)

林白言文学賞を受賞(北見市/社会・文化)
北見・男性
伝記「北海道 150年郷土に残した『松浦武四郎の足跡』」
一人でも多くの人に知ってもらえたら
第22回林白言文学賞に北見市内在住の男性(87)の伝記「北海道 150年郷土に残した『松浦武四郎の足跡』」(さいはてのふだん記発行)が選ばれた。林白言文学賞会議(平野温美議長代行)が19日に発表した。 「松浦武四郎の足跡」は北海道の名付け親でもある松浦武四郎の生涯をたどった伝記。ほとんど未開拓の蝦夷地をアイヌ民族と交流しながら歩いた武四郎のことを、定年退職後から長い時間をかけて調べ、一冊にまとめた。 「このオホーツク地域を丁寧にたどっているところが新しく、非常にわかりやすい内容で子どもも大人も満足できる、松浦武四郎の素晴らしい入門書」(平野議長代行)と評価。選考委員の全員一致で選ばれた。 男性は美幌町生まれの元・中学校教員で、エッセーや自分史などを寄せる冊子「さいはてのふだん記」の前代表。 受賞に男性は「松浦武四郎のことを一人でも多くの人に知ってもらえたらうれしいです」と話している。 授賞式は来年2月11日(日)午後2時から、北見市民会館で行われる。(菊)(12月23日の記事 北見 網走 オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩

北見の男性に林白言文学賞 授賞式と林氏を偲ぶ会
北見にゆかりの優れた文芸作品などに贈る、第22回林白言文学賞の授賞式が11日、北見市民会館で行われた。「北海道150年郷土に残した『松浦武四郎の足跡』」を書き、同文学賞に選ばれた北見市の男性に賞状などが贈られた。「松浦武四郎の足跡」は北海道の名付け親でもある松浦武四郎の生涯をたどった伝記。ほとんど未開拓の蝦夷地をアイヌ民族と交流しながら歩いた武四郎のことを長時間かけて調べ、病魔と闘いながら一冊にまとめた。選考委員から「オホーツク地域を丁寧にたどっているところが新しくて分かりやすく、松浦武四郎の素晴らしい入門書」と高い評価を受けた。授賞式で男性は周囲の協力に感謝しながら「賞をいただき、うれしい限りです。体が動けるうちは活動を続けていきたい」と意欲をみせた。授賞式後、林氏を偲ぶ会が開かれ、参加者達は男性の受賞を祝うとともに、林氏の思い出に浸った。(成)(2018年2月14日の記事 経済の伝書鳩

著書が要望受け増刷 北見・男性(87)
「松浦武四郎の足跡」 関心持ってもらえて うれしい
北見市在住の男性(87)が執筆し、昨年1月にさいはてのふだん記から発行した「北海道150年 郷土に残した『松浦武四郎の足跡』」がこのほど、100部増刷になった。多くの要望があってのことで、男性は反響に喜んでいる。幕末の探検家で北海道の名付け親である武四郎を知ってもらいたいと、昨年1月に200部出版。関係者らに配布したほか、市内の書店などで販売したところ、すぐに売り切れたという。「松浦武四郎の足跡」は「武四郎を広く知ってもらうためのこの上ない入門書である」と評価され、第22回林白言文学賞を受賞。今月11日の授賞式に合わせ、100部を増刷した。男性は「苫小牧や登別からも問い合わせをいただきました。松浦武四郎のことをできるだけ多くの方に知ってもらいたいと書いたので、関心をもってもらえてとてもうれしいです」と話している。一冊1200円。増刷分は男性のほか、市内の福村書店でも取り扱っている。(http://denshobato.com/BD/N/page.php?id=106691″>2018年2月20日の記事 経済の伝書鳩)

著書が要望受け増刷 北見・男性(87)
「松浦武四郎の足跡」 関心持ってもらえて うれしい
北見市在住の男性(87)が執筆し、昨年1月にさいはてのふだん記から発行した「北海道150年 郷土に残した『松浦武四郎の足跡』」がこのほど、100部増刷になった。多くの要望があってのことで、男性は反響に喜んでいる。幕末の探検家で北海道の名付け親である武四郎を知ってもらいたいと、昨年1月に200部出版。関係者らに配布したほか、市内の書店などで販売したところ、すぐに売り切れたという。「松浦武四郎の足跡」は「武四郎を広く知ってもらうためのこの上ない入門書である」と評価され、第22回林白言文学賞を受賞。今月11日の授賞式に合わせ、100部を増刷した。男性は「苫小牧や登別からも問い合わせをいただきました。松浦武四郎のことをできるだけ多くの方に知ってもらいたいと書いたので、関心をもってもらえてとてもうれしいです」と話している。一冊1200円。増刷分は男性のほか、市内の福村書店でも取り扱っている。(菊)(2018年2月20日の記事 経済の伝書鳩

関連記事

松浦武四郎
松浦 武四郎(まつうら たけしろう、文化15年2月6日(1818年3月12日) – 明治21年(1888年)2月10日)は、江戸時代末期(幕末)から明治にかけての探検家、浮世絵師、好古家。名前の表記は竹四郎とも。諱は弘。雅号は北海道人(ほっかいどうじん)、多気志楼など多数。蝦夷地を探査し、北海道という名前を考案した。(Wikipedia ー 松浦武四郎

関連サイト

松浦武四郎宿泊之地碑(美幌町) | 道北の釣りと旅 ブログ

松浦武四郎の碑を巡る オホーツクと十勝の碑 – 道北の釣りと旅

松浦武四郎 – 北海道150年事業

関連エントリ

松浦武四郎 (北海道人) – 美幌音楽人 加藤雅夫


松浦武四郎 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Matsuura Takeshiro の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

林白言文学賞 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

池田晶信 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る