観光 カテゴリのアーカイブ

Bihoro Hometown Festival (北海道美幌町)

green_t.jpg

DSC09259b3.jpg

h20furusato04.jpg

h20furusato05.jpg

9月4日から3日間、第19回美幌ふるさと祭り(2010 Bihoro Hometown Festival)開催。(北海道美幌町)

写真: 夏景色の屈斜路湖美幌峠) 冬景色の屈斜路湖美幌峠) 
瑞治足柄奴保存会美幌町の文化財) 美幌神輿会櫟いちい) 
美幌ふるさと祭りの写真美幌町のホームページ

動画: まちのできごと ビデオ版美幌町のホームページ

Bihoro Hometown Festival (北海道美幌町) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「にほん の うた」(Nihon no uta)

000063251.jpg

commmons___C.jpg

twitter004.jpg

観光庁メールマガジン(8月): 日本政府観光庁(Japan Tourism Agency)では、ウェブサイトに掲載された新着情報等をはじめ、観光行政に関する情報を随時お届けします。ぜひご覧ください!

ロゴタイプ: 観光庁の新ロゴ。新キャッチフレーズは「ジャパン・エンドレスディスカバリー」の英語表記で、「尽きることのない感動に出会える国、日本」という趣旨。
Twitter アイコン: にほんのうた実行委員会「にほんのうたキャラバン」 「世界のどこにでもある、場所

「にほん の うた」(Nihon no uta) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

シベリウスのカレリア組曲(Sibelius Karelia Suite)

Jean_sibelius.jpg

471px-Kizhi_church_1.jpg

Ikemy(池宮 英夫)さんから8月のニュースレター「新曲Upのお知らせ」が届きました。日本および世界のギター・マンドリン音楽愛好家たちの皆様にご紹介します。

写真:フィンランドの作曲家ジャン・シベリウス、カレリア地方の木の城

シベリウスのカレリア組曲(Sibelius Karelia Suite) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北京和僑会設立、おめでとうございます!

img_1437311_61624847_0.jpg

北京和僑会設立:在中国の日本人によるボランティア団体「北京和僑会」が、北京オリンピックの開会式にちなんで2010年8月8日(日)に設立パーティを行う。おめでとうございます!(自称: 北京和僑会美幌支部長 加藤雅夫)

写真: 和僑会のロゴ(Logo)

北京和僑会設立、おめでとうございます! の全文を読む

このページの先頭へ戻る

歌のまち美幌町で、「美幌峠記念切手」が生まれた!

F1000004.JPG

F1000005.JPG

F1000006.JPG

武満 徹(Toru Takemitsu)作曲「美幌町町歌」は全国自治体唯一。美幌町町歌作詞は美幌郵便局ポストマン大下孝一。1953年(昭和28年) 武満22歳、大下39歳。戦後の自然豊かな美幌で働く郵便配達人の心意気がひしひしと伝わってくる。ぜひ、美幌の歌を聴いていただきたい。「歌のうまれる美幌峠」は素晴らしい!

写真: ①薩来靖英美幌郵便局長の「美幌峠パノラマ風景は素晴らしい!」が美幌峠記念切手になりました。②天下の絶景・美幌峠。③美幌峠のフレーム切手。

歌のまち美幌町で、「美幌峠記念切手」が生まれた! の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道北見市で、日ロシンポジウムとフルートコンサート

Balalaika_2.jpg


北海道の北見日ロ親善協会とサハリン州のポロナイスク市北見友好協会による「第12回友好・親善に関する日ロシンポジウム」が北海道北見市で開催される。また、フルート奏者訪問団の演奏会も行われる。北見市の国際交流担当は、市民に積極的な交流を呼びかけている。

写真:
① 在札幌ソ連邦(現・ロシア連邦)総領事とサハリン州ポロナイスク市長の歓迎演奏(1990年、北見市民会館でオホーツク マンドリンアンサンブル)。
② ロシアの代表的な弦楽器バラライカ。1991年7月、ポロナイスク市北見友好協会からバラライカを頂いた。お礼として日本の伝統的楽器大正琴をプレゼントする(その大正琴は、ポロナイスク市の郷土史博物館にある)。
③ ポロナイスク市の幼稚園(姉妹幼稚園は、北見わかば幼稚園)。
※ 1991年12月、ソ連崩壊。現在は、ロシア連邦。

北海道北見市で、日ロシンポジウムとフルートコンサート の全文を読む

このページの先頭へ戻る

青少年サハリン・北海道「体験・友情」の船

北海道とサハリン州が1998(平成1)年に「友好・経済協力に関する提携」を締結してから12周年となる。北見市でも青少年交流や市民の国際交流が活発化している。

写真: ロシア客船(1991年、稚内港)

ポロナイスク(サハリン州): ポロナイスク (ロシア語:Порона́йск)は、サハリン中南部のテルペニア湾に面した都市。ロシア連邦サハリン州に属する。日本統治時代 (1905年 – 1945年) の敷香町にあたる。 1972年、北海道北見市 と提携を結び、その友好都市となった。 (Wikipedia)

青少年サハリン・北海道「体験・友情」の船 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「スポーツ」と「観光」の融合で、北海道を元気に!

m_E3839CE38396E382B9E383ACE383BC.jpg

m_sori_2.jpg

dao_2010xia.jpg

2010年7月21日配信「観光庁メールマガジン第196号」より: 観光庁(Japan Tourism Agency)では、ウェブサイトに掲載された新着情報等をはじめ、観光行政に関する情報を随時お届けします。ぜひご覧ください!

写真は、
* 「世界一美しい日本のボブスレーのソリ
* 「道中人

「スポーツ」と「観光」の融合で、北海道を元気に! の全文を読む

このページの先頭へ戻る

津軽三味線ライブin美幌峠

DSC09259b3.jpg

green_t.jpg

img_bihoro_hibari_02.jpg

img_1496449_51780992_0.jpg

img_history_index03-375x500.jpg

津軽三味線ライブin美幌峠: 本場・津軽三味線の山田三絃会と美幌町の三絃会が共演!夢のステージが実現!2010年7月14日(水) PM1:30~ 美幌峠物産館/2F(パブリックスペース) 入場無料/ご自由に鑑賞ください。出演は、
・ 長峰健一(青森県在住 / 山田三絃会、全国連合会長)
・ 葛西頼之(津軽三味線全国大会チャンピオン)
・ 東梅孝泉(美幌町在住 / 美幌三絃会代表)

津軽三味線ライブin美幌峠 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「世界遺産ウィーク」、知床観光圏からのお知らせ

rausu12.jpg

rausu11.jpg

「世界遺産ウィーク」知床観光圏からのお知らせ: 観光庁メールマガジン第192号 2010年7月7日配信。 写真は、羅臼の浜なすの花 / 森繁久弥扮するオホーツク老人Wa☆Daフォトギャラリー)。

「世界遺産ウィーク」、知床観光圏からのお知らせ の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る