スポーツ カテゴリのアーカイブ

2019高校総体弓道大会 東郷博人 (北海道網走南ヶ丘高等学校弓道部)

2019高校総体弓道大会 東郷博人 (北海道網走南ヶ丘高等学校弓道部)

関連記事

高校総体 男子個人優勝 弓道 日本一に 2019/08/19掲載(網走市/スポーツ・教育) 網走南ヶ丘高2年 東郷博人選手 始めてわずか1年半での快挙 / インターハイ(高校総体)弓道男子個人で、網走南ヶ丘高校の東郷博人選手(2年)が優勝した。弓道を始めてからわずか1年半での快挙。大舞台でも自分を見失うことなく、マイペースを維持し続けられる精神力の強さが経験値の浅さを克服し、日本一の座を射止めたようだ。 才能が一気に開花、栄冠射止める / 高校総体の弓道個人戦は8月7日に宮崎県都城市で開催。男子の部には96人が出場し、予選、準決勝を経て35人が決勝に進み、東郷選手は6本目を成功させた時点で優勝した。 弓道は高校生になってから始めた。小・中学校時代はバスケットボールに親しんだが、個人競技に興味があり弓道部に入部した。 顧問の赤平紘文・同校教諭は「研究熱心、そして素直さが最大の長所」と評価する。 入部してから、先輩や他校の選手の動きをチェック。インターネットの動画共有サイト「YouTube」でも関連動画を見つけては研究を続けている。 1年生のときは、地区大会での勝利も遠かった。2年生になり、それまでの“自己研究”を踏まえた上での練習の成果が表れて今夏、一気に才能を開花させた。 インターハイという大舞台。宮崎県には大会3日前に到着した。 事前練習に励んだものの、調子は上がらず。不調は競技前日まで続き、練習を終えた夜、ホテルの部屋で考えをまとめた。「今夜は早く寝て、気持ちを切り替えないといけない」 翌日の予選。1本目の矢は見事に命中。安心した。そして、本来の調子が戻ったことを確信した。 予選と準決勝は4本の矢を3本以上成功させれば勝ち残れる。決勝は射詰(いづめ)競技となり、矢を外した時点で敗退となる。 「好結果を残したときの感じを思い出していくしかない」と臨んだ決勝。4本目を成功させた時点で残った選手は8人、5本目で2人となり、6本目を成功させたのは東郷選手だけだった。 「自分が射る順番が来るまで心を落ち着かせ、気持ちにゆとりを持って挑めたことが勝利につながったと思います」と自己分析。全国を制し、日本一になったものの「(高校生活の残り1年)これからも進歩しなくてはいけない」と冷静に先を見据える。 大会を終え、女満別空港に到着した際、空港ロビーでは関係者から祝福を受けた。「優勝できたのは自分の技術だけではなく、指導してくれた先生や支えてくれた部員に感謝しています」 (大) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連エントリ

東郷博人 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道網走南ヶ丘高等学校 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

あすチャレ!School 車いすバスケットボール (障がい者スポーツ 北海道北見市)

あすチャレ!School 車いすバスケットボール (障がい者スポーツ 北海道北見市)

関連記事

障がい者スポーツ体験事業 2019/08/21掲載(北見市/スポーツ・教育) 北見の小中学校で 競技の面白さ、支援のあり方学ぶ / 児童生徒が障がい者スポーツを体験する事業「あすチャレ!スクール」が19日から、北見市内の小中学校で開かれている。初日は東相内中学校で開かれ、3年生63人が車いすバスケットボールを体験。競技の難しさと面白さに加え、車いすで生活する大変さや支援のあり方についても学んだ。 東相内中で車いすバスケットボールに挑戦 シドニーパラ五輪日本代表・根木 慎志さん講師に 体験談など通じ気づきと学びの機会に / パラリンピックサポートセンターが全国各地で実施する障がい者スポーツの啓発事業で、子ども達にパラアスリートとのふれあいを通じて、気づきと学びの機会を提供する。 北見では昨年に続き市教委が同センターに委託し、23日まで5日間、北見自治区と留辺蘂自治区の5校で開かれる。いずれもシドニーパラリンピック男子車いすバスケ日本代表の根木慎志さんが講師を務め、児童生徒が車いすバスケを体験する。 東相内中の生徒達は、思い通りに動かすことのできない競技用車いすに悪戦苦闘。徐々に慣れるとゴールを決める生徒もいて、全員で拍手をして盛り上がった。教員同士のゲームも行われ、先生のハッスルプレーに生徒達は沸き上がった。 根木さんはゲーム後の講話で、交通事故で車いす生活になった時は生きていても意味がないと思い、周囲にかわいそうだと思われたが、車いすバスケと出合い『すげー』『かっこいい』と言われるようになったとし、競技の魅力を語った。 また、車いすでは段差や階段があるだけで目的地にたどり着くことが難しくなるとし、その大変さや支援が必要なことを伝えた。 この夏までバスケ部に所属し、この日のゲームでゴールを決めた齊藤ほのみさんは「車いすバスケは足が使えないので難しいけど、面白かったです。今日をきっかけに、障がい者スポーツも見てみたいと思いました」と話していた。(匡) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

車いすバスケットボール(くるまいすバスケットボール、英語:wheelchair basketball)は、障害者が車椅子で行うバスケットボール。障害者スポーツでも花形のスポーツ。国際車椅子バスケットボール連盟 (IWBF) が競技規則の管理や競技の普及等の活動を行っており、2008年現在で同団体には75ヶ国が加盟している。1940年代にアメリカで考案されて以降次第に普及した。パラリンピックでは1960年のローマパラリンピックから競技が行われている。夏季パラリンピック公式種目。 日本ではイスバスという愛称が同競技のプロ選手安直樹によって考案され広く認知されるようになった。 (車いすバスケットボール – Wikipedia)

障害者スポーツ(しょうがいしゃスポーツ)とは、身体障害や知的障害などの障害がある人が行うスポーツのこと。既存のスポーツを障害者の要求に応じて修正したものが多い。アダプテッド・スポーツ(adapted sports、(障害者に)合わせたスポーツ)とも、パラスポーツ(para-sports、もう一つのスポーツ)ともいう。しかしながら、全部が健常者のスポーツの修正版ではなく、障害者のために考案された独自のスポーツもいくつか存在する。 (障害者スポーツ – Wikipedia)

公益財団法人日本財団パラリンピックサポートセンター(にっぽんざいだんパラリンピックサポートセンター、略称: パラサポ、英: The Nippon Foundation Paralympic Support Center)は、2015年5月、日本財団の支援により、2020年東京パラリンピック大会およびパラリンピックスポーツ環境の発展のために設立された団体である。 (日本財団パラリンピックサポートセンター – Wikipedia)

関連サイト

あすチャレ!School – 日本財団パラリンピックサポートセンター

関連エントリ

障がい者スポーツ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

車いすバスケットボール の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

あすチャレ!School の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道の高速バス 千歳オホーツクエクスプレス (網走市・北見市・新千歳空港)

北海道の高速バス 千歳オホーツクエクスプレス (網走市・北見市・新千歳空港)

関連記事

千歳オホーツクエクスプレス運行開始 2019/08/19掲載(網走市/社会) 網走と新千歳空港を結ぶ高速バス / 網走バス(小澤友基隆社長)は、網走市と新千歳空港を結ぶ高速バス「千歳オホーツクエクスプレス」の運行を始めた。網走-新千歳空港の高速バスによる“陸路直通”は初めての試みで、同社は「地元自治体や観光関係者から期待の声も多く、地域観光振興の一助になれば」としている。 自治体・観光関係者の期待 「地域観光振興の一助になれば」 / 千歳オホーツクエクスプレスは北海道運輸局の認可を得て、7月20日から1日1往復運行している。「道内空港の民営化を控え、今後さらにLCC(格安航空機)の就航などにより観光客の動きが活発になることが予想される」(同社)ことから、網走-新千歳空港間においての高速バスの運行準備を進めてきた。 同社によると、バスの所要時間は新千歳空港→網走で約6時間40分、網走→新千歳空港で約8時間(※所要時間が異なるのは、網走発の便は新千歳空港のオープン時間に合わせた運行となるため)。 運賃は網走-新千歳空港で大人・片道6500円(往復12200円)。北見、美幌、女満別で乗降できる(※乗降場所により運賃は異なる)。 千歳オホーツクエクスプレスの魅力の一つは、「旅行アクセスに便利な千歳市まで寝ながら行ける」(同社)ことだ。網走バスターミナルの出発時間は午後10時20分としており、走るバスので一夜を過ごせば、翌朝の午前6時20分には新千歳空港に到着している。 「午前6時20分」という到着時間は、同空港から東京、関西、名古屋、福岡などへ向う早朝出発フライトにスムーズに乗れるように考慮して設定。また、JR南千歳駅の早朝発車(手稲行き、札幌行き、苫小牧行き、函館行き)にも乗車できるよう配慮している。 新千歳空港内には早朝から楽しめる温泉施設もある(利用時間、料金などは同空港のHPなどでチェックを)。同社は「空の旅の出発前に温泉でリラックスしてみては」。 高速バスの車両は3列独立シートで、Wi-Fi、トイレなどが備わる。乗車予約はネットのみで受け付け。北海道の都市間バス予約サイト「バスNAVI北海道」で予約できる。 問い合わせは網走バス(0152・43・4101)へ。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

千歳オホーツクエクスプレス | バスナビ北海道ホームページ

網走バス (Abashiri Basu) ホームページ

新千歳空港ホームページ

関連エントリ

千歳オホーツクエクスプレス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

網走バス の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道オホーツクふるさと会連合会 (北海道オホーツク管内)

北海道オホーツクふるさと会連合会 (北海道オホーツク管内)

関連記事

オホーツクふるさと会連合会から近況報告 2019/08/15掲載(網走管内/社会) 離れていても元気でいます / ボウリングで11チーム130人が交流 / 東京など首都圏で暮らす管内出身者でつくる、オホーツクふるさと会連合会(有南勝重会長)から、近況報告が届きました。 【記事】 オホーツク圏の同郷の仲間が集まって、ふるさとを思い、元気で過ごしているのをお伝えできればと思います。 オホーツクふるさと会連合会主催の第12回親睦ボウリング大会が7月13日、東京港区の東京ポートボウルで開かれました。11チーム130人が参加し、若手男子プロの支援も受けて競い合いました。 プレー終了後、成績発表と懇親会が行われ、個人及び企業から提供された賞品を目指し、じゃんけん大会も行われ、和気あいあいに盛り上がりました。 親睦を深め、望郷を語ったりして、ふるさとのさらなる発展を祈念しました。 【成績】・団体の部優勝=在京端野会・個人の部優勝=東京斜里会 【参考情報】オホーツクふるさと会連合会の加入団体・東京北見会、東京網走会、東京常呂会、在京端野会、東京るべしべ交流会、東京紋別会、東京湧別会、東京サロマ会、東京ふるさと斜里会、東京美幌会(休眠ふるさと会は省略) 以上、オホーツクふるさと会連合会理事(東京北見会幹事長)より (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

北海道ふるさと会連合会 (各ふるさと会リスト) ホームページ

関連エントリ

オホーツクふるさと会連合会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

北海道ふるさと会連合会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年(令和元年)8月 美幌町の広報びほろ

bi_bo.jpg

2019年(令和元年)8月 美幌町の広報びほろ

関連記事

広報びほろ 令和元年度 8月号 / 内容 / ふるさと祭りの歴史を振り返る / 職員人事異動 / 児童扶養手当制度 / びほろ夏まつり / 国保限度額証等更新、ごみ手数料改定 / デュアスロン、プレミアム付き商品券 / 議会報告会、ポケット統計書など / ふれあい広場、障害者職業開発校など / はかり定期検査、「火」の取扱いなど / 鉄道利用、地域おこし協力隊など / ヨガキャンプ、フォトコンテスト / まちの話題 / 今月のお知らせ / 健康 / 子育て / マナびば・トレセン・図書館・博物館 / 交通安全、消費生活相談など / 新庁舎建設 / カレンダー / 人のうごき 2019年6月末現在 人口 19,310人 男 9,358人 女 9,952人 世帯数 9,494世帯 / 2019年8月号 (広報びほろ – 美幌町ホームページ)

関連サイト

美幌町広報紙発行規則

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町ホームページ

関連エントリ

広報びほろ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2020年東京五輪メダルケース 山上木工 (北海道 津別町)

2020年東京五輪メダルケース 山上木工 (北海道 津別町)

関連記事

2020年東京五輪のメダルケースに山上木工の作品が採用決定! 令和元年7月24日、2020年東京五輪大会組織委員会が五輪メダルとメダルケースを発表し、メダルケースに津別町内の家具メーカー  山上木工(株)が作成した木製ケースの採用が決定されました! 山上木工(株)の木製メダルケースは約20作品の応募の中から、加工技術の高さを評価され採用が決定しました。 木製のメダルケースには、道産のタモ材を使用し、円形の本体とふたが磁石でくっつき、つながった輪のようにメダルを立てて収納することができます。 津別町から世界に向けて、山上木工(株)の加工技術の高さが発信され、とても喜ばしいことです。 山上木工(株)の皆様、誠におめでとうございます! (愛林のまち津別町 つべつ町のお知らせ – 津別町ホームページ)

関連サイト

津別で製作 五輪メダルケース | NHK 北海道のニュース

東京五輪メダル ケースは津別「山上木工」製造 : 北海道新聞 どうしん電子版

「林業のマチ、津別の誇り」 東京五輪メダルケースに山上木工製採用?社員や町民ら歓喜 : 北海道新聞 どうしん電子版

東京2020オリンピックメダル | 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

関連エントリ

東京五輪メダルケース の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

山上木工 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

防衛大学校ラグビー部 (北海道美幌町)

防衛大学校ラグビー部 (北海道美幌町)

関連記事

防大ラグビー部が合宿で美幌に 2019/08/08掲載(美幌町/スポーツ) 3度目の来町…19日まで16日間 / 防衛大学校ラグビー部が5日、合宿で美幌町を訪れた。今年で3年目の来町で、選手、スタッフ114人が19日まで16日間、あさひ広場公園を拠点に練習する。 同日午前、千葉剛監督らが役場を訪問。平野浩司町長から激励を受けた。千葉監督は「美幌も暑いが朝晩は涼しく、良い睡眠がとれるはず。チームを率いて4シーズン目だが、4年生の力は今年が一番。美幌で力をつけてシーズンを乗り越えたい」と抱負を述べた。 部は関東大学リーグ3部に所属。9月に開幕する新シーズンで2部昇格を目指す。「7月は学校の定期訓練でラグビーから離れていたので、美幌でしっかり体を作り直し、戦術を浸透させたい」と狙いを語った。 合宿中は八戸学院大学などとの練習試合も予定。少年団へのクリニックも行う。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

今年も本町で防衛大ラグビー部が合宿します。練習試合も行われますので、一流のプレーをぜひご確認ください。合宿期間 8月4日(日)から19日(日)まで(16日間) 練習試合 ①8月14日(水) 14:00~(柏ヶ丘公園陸上競技場) 対戦相手 八戸学院大学ラグビー部 ②8月18日(水)12:00~(津別グラウンド)対戦相手 名城大学ラグビー部 ※練習試合の見物に申込や観戦代はかかりません (防衛大ラグビー部の合宿が始まります | 美幌町ホームページ)

防衛大学校ラグビー部(ぼうえいだいがっこうラグビーぶ、National Defense Academy Rugby Football Club)は、関東大学ラグビーリーグ戦グループ3部に所属する防衛大学校のラグビーチームである。 1953年に創部。1958年から1966年の間、関東大学ラグビー対抗戦グループに在籍した。リーグ戦グループ結成時に在籍した八大学の一つ。1部は1976年度に在籍して以来、遠ざかっている。 (防衛大学校ラグビー部 – Wikipedia)

関連サイト

防衛大学校ラグビー部ホームページ

防衛大学校ラグビー部OB会 | 防衛大学校同窓会ホームページ

関連エントリ

防衛大学校ラグビー部 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌ラグビー少年団 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌町ラグビーフットボール協会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ロシア・サハリン州ポロナイスク市へ (北海道 北見市)

ロシア・サハリン州ポロナイスク市へ (北海道 北見市)

関連記事

ロシア・サハリン州へ 2019/07/29掲載(北見市/教育・文化) 北見東相内中バレー部員らが副市長に挨拶 「楽しい思い出つくりたい」 / 第21回青少年サハリン・北海道「体験・友情」の翼に参加する北見市内の中学生らが25日、北見市役所を訪れ浅野目浩美副市長に出発前の挨拶をした。 道の「体験・友情」の翼事業に参加 友好都市・ポロナイスク市で交流試合も / この事業は北海道・ロシア極東交流事業実行委員会が実施主体となる交流事業で、道内各地の参加者が30日~8月7日の日程でロシア・サハリン州を訪問。ホームステイや地域住民との交流会、施設見学などのスケジュールが組まれている。 北見市から参加するのは東相内中学校3年の6人、引率教諭、市の担当者の計8人。中学生はいずれもバレボール部員で北見の友好都市、ポロナイスク市では交流試合を予定している。 生徒達は「日本の文化を伝えたい」「コミュニケーションをたくさんとりたい」「楽しい思い出をつくりたい」と口々に抱負を語った。 浅野目副市長は「たくさんのことを吸収して日本に帰って来てください」と激励した。(柏) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

ポロナイスク市(ロシア連邦・サハリン州) | 北見市

体験・友情の翼 | NPO法人 北海道日本ロシア協会

関連エントリ

ロシア サハリン州 ポロナイスク市の青少年訪問団 (北海道 北見市) – 美幌音楽人 加藤雅夫

体験・友情の翼 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Поронайск の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

メンバー募集 美幌シャトル (バドミントン サークル)

170px-Shuttlecocks_Yonex_Aerosensa_20

メンバー募集 美幌シャトル (バドミントン サークル)

関連記事

メンバーを募集 2019/07/22掲載(美幌町/告知) 一緒に活動を バドミントンサークル「美幌シャトル」 / 女性だけのバドミントンサークル「美幌シャトル」です。メンバーを募集しています。 活動は毎週火曜日と金曜日の午前9時半~正午、美幌町スポーツセンター。初心者大歓迎。気軽に見学に来てください。問い合わせは事務局(0152・72・2703)まで。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

バドミントン(英: badminton)は、ネットを隔て二つに分けられたコートの両側にプレーヤーが位置し、シャトル(シャトルコック)をラケットを使って打ち合い、得点を競うスポーツである。誤って「バトミントン」と呼ばれることが多いが、正しくは「バドミントン (badminton)」である。また、打球は最速初速493km/hであり、最速のスポーツとしてギネスブックに認定されている。羽球と称する場合もある。 用具 / シャトル(シャトルコック) 「羽(羽根)」または「シャトル」と呼ばれることが多い。シャトルコックという名前は以前鶏(コック)の羽で作られていたころの名残である。現在は試合球、練習球においても鶏の羽根のシャトルはほとんど使われていない。競技規則には、シャトルコックではなく、シャトルと記載されている。 (バドミントン – Wikipedia)

関連エントリ

バドミントン の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の行政機関 文部科学省 (ホームページ)

705px-Soapbubbles-SteveEF.jpg

日本の行政機関 文部科学省 (ホームページ)

関連記事

文部科学省(もんぶかがくしょう、略称:文科省(もんかしょう)、英語: Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology、略称:MEXT)は、日本の行政機関の一つである。 「教育の振興および生涯学習の推進を中核とした豊かな人間性を備えた創造的な人材の育成、学術、スポーツおよび文化の振興並びに科学技術の総合的な振興を図るとともに、宗教に関する行政事務を適切に行うこと」を任務とする(文部科学省設置法3条)。 概要 / 上記の文部科学省設置法第3条に示された任務を達成するため、文部科学省は、教育、科学技術、学術、文化、および健常者スポーツ(障害者スポーツは厚生労働省の管轄)の振興に関する事項をつかさどる。 (文部科学省 – Wikipedia)

関連サイト

文部科学省ホームページ

関連エントリ

文部科学省 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る