スポーツ カテゴリのアーカイブ

2018 第20回 北海道還暦軟式野球選手権大会(オール北見クラブ)について

Ballball.jpg

2018 第20回 北海道還暦軟式野球選手権大会(オール北見クラブ)について

関連記事

オール北見クラブ躍進、全国大会へ 60歳以上の還暦野球で… / 野球チーム・オール北見クラブが60歳以上の道内最大規模の大会、第20回北海道還暦軟式野球選手権(2~4日、上川管内比布町など)で躍進した。次々と強豪を倒し、準々決勝では11年前の決勝戦で敗れた札幌スターズに雪辱。4強入りし、全国大会出場を決めた。11年前の雪辱果たし4強 来年こそ全道の頂点に / 一昨年がベスト4、昨年がベスト8と一定の成績を収めているが、近年はなかなか決勝進出に至らず「20回の節目の今年は、最高の成績を残したい」(監督)と臨んだ。北見市で開催された2007年の第9回大会(出場20チーム)で準優勝したのが最高成績。そのときは決勝で札幌スターズに17-2と大敗し力尽きている。監督によると、チームは「投手陣は道内屈指。ただ打撃陣は左投手に弱く、事前の練習では右打ちを重点的に取り組みました」。大会には全道40チームが参加。「トーナメントの序盤戦で当たる旭川や釧路のチームは新人が加入し力をつけている、という情報が入っており、気を緩めずに臨んだ」。2回戦から登場したオール北見クラブは初戦の旭川グランパーズに10-1で快勝。次の3回戦、釧路シニアクラブとは予想通り接戦になり、終盤に逆転し2-1で勝ち上がった。続いて同じ日の午後に行われた準々決勝は過去数回の優勝を誇り、昨年も準優勝の札幌スターズと対戦。オール北見クラブは連投となる投手(65)が「この日良かった」という変化球と伸びのあるストレートで要所を抑え、最後は遊ゴロ併殺で締めて3-2で勝利。「有利に試合を運べたのがよかった」。準決勝は大会2連覇中の苫小牧シニア倶楽部に惜しくも6-2で敗れた。3位タイとなり、来年の全国大会出場を決めたが、ナインは「来年こそは決勝戦、そして一番上に」と早くも意欲を燃やす。(寒) (2018年6月11日の記事 経済の伝書鳩

道還暦軟式野球選手権 全道大会で躍動 オール北見クラブ / 打って走って…生涯現役 / 60歳以上の野球チーム・オール北見クラブが全道大会で躍動した。北海道還暦軟式野球選手権大会の奮闘ぶりを少し紹介。オール北見クラブ ▽2回戦=10-1旭川グランパーズ ▽3回戦=2-1釧路シニアクラブ ▽準々決勝=3-2札幌スターズ ▽準決勝=2-6苫小牧シニア倶楽部 (寒) (2018年6月11日の記事 経済の伝書鳩

公益財団法人全日本軟式野球連盟(ぜんにほんなんしきやきゅうれんめい、英: JAPAN RUBBER BASEBALL ASSOCIATION)とは、日本の公益法人でアマチュア野球統括団体の1つである。概要 / 軟式野球は日本で生まれたスポーツであり、硬式野球と比べて怪我をすることが少なく、用具も硬式用と比べて安く手に入りやすくて人気があり、競技人口も高い上に硬式の社会人野球チームによくあるチームの休部や廃部、チームの統合が少なく、安定した戦力、チームを保持できる(ただし、怪我やチームの休部、統廃合などはある。) また全軟連は、日本スポーツ協会と共に日本オリンピック委員会(JOC)にも加盟しており、近い将来、「軟式野球が」オリンピックの正式種目となる可能性がある。傘下団体・支部 / 還暦 / 全日本還暦軟式野球連盟、各都道府県還暦軟式野球連盟、本還暦軟式野球選手権大会 毎年9月末開催(各県予選を勝ち抜いたチームなどによって争われる )。(全日本軟式野球連盟 – Wikipedia

関連サイト

団体・グループ【体育・スポーツ団体】 | 北見市

全日本還暦軟式野球連盟のホームページ

関連エントリ

オール北見クラブ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

還暦軟式野球 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町の広報びほろ(2018年 6月号)配信されました

Haende-30.jpg

北海道美幌町の広報びほろ(2018年 6月号)配信されました

関連記事

広報びほろ 平成30年度 6月号 / 内容 / 認知症初期集中支援チーム / 特産品開発支援事業 / 民生委員・児童委員 / 狂犬病予防注射 / デュアスロン出場者募集 / 新庁舎建設の財源 / 「まち育」出前講座、水道週間 / スポーツ指導員、網走川清掃など / 差押、会議の公開、寡婦(夫)控除など / 教職員募集、消防演習、パブコメなど / 今月のお知らせ / まちの話題 / 健康 / 子育て / マナセン・トレセン・図書館・博物館 / 交通安全、消費生活相談など / 美幌ふるさと会 / カレンダー。(広報びほろ | 美幌町

広報掲載内容 / 庁舎建設についての方針や経過などを町広報でお知らせしております。内容についてのご質問や広報でとりあげて欲しい庁舎建設に係る情報がありましたら事務局(総務部総務グループ庁舎建設担当)までご連絡ください。(広報掲載内容 | 美幌町

関連サイト

広報びほろ 2018年6月号|マイ広報紙

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町

美幌町 – ホーム | Facebook

関連エントリ

広報びほろ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道のメールマガジンについて

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

北海道のメールマガジンについて

関連記事

北海道のメールマガジン / 新鮮な北海道情報が満載 / 北海道では、あなたのもとに北海道の最新情報をお届けするメールマガジンを発行しています。北海道の「いま」を知りたい方、北海道に興味のある方、多くのみなさんの購読をお待ちしています。(購読無料) (北海道のメールマガジン – 北海道人

関連サイト

広報紙「ほっかいどう」 | 総合政策部知事室広報広聴課

北海道の広報 | 総合政策部知事室広報広聴課 – 北海道庁

北海道のホームページ | 北海道庁

関連エントリ

北海道のメールマガジン の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

三浦雄一郎(Yuichiro Miura)について

Everest_North_Face_toward_Base_Camp_Tibet_Luca_Galuzzi_2006.jpg

三浦雄一郎(Yuichiro Miura)について

日本のプロスキーヤー・登山家 三浦雄一郎さんにお会いしたのは20年前でした。北海道札幌市内のススキノのローレライ(ドイツ風ビア​ガーデン)です。ハート音楽院札幌のギター演奏と文化講演(三浦雄一郎)でした。主催者の配慮で三浦雄一郎さんの隣席に座りました。自己紹介の後「私は小学一年生のときからスキージャンプの選手でした。美幌町には15m級・30m級のジャンプ台がありました。美幌峠の頂上に日本一のジャンプ台を実現する、そして、屈斜路湖に向かって飛び出すことが私の夢でした。」と話しました。三浦雄一郎さんは、ドイツ料理を豪快に食べています。とても見事です。テレビCMの北海道チーズ(雪印)を豪快に食べるのと同じです。今でも、マルチャンのダブルラーメンと雪印北海道100チーズを見ると、三浦雄一郎さんを思い出します。

関連記事

5月26日 歴史 / 2008年 三浦雄一郎が75歳7か月の史上最年長でエベレストに登頂。(5月26日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月26日 できごと / 2008年 – 三浦雄一郎が75歳7か月の史上最年長でエベレストに登頂。(5月26日 – Wikipedia

三浦 雄一郎(みうら ゆういちろう、1932年(昭和7年)10月12日 – )は、日本のプロスキーヤー及び登山家である。クラーク記念国際高等学校校長、全国森林レクリエーション協会会長、札幌市手稲区親善大使。青森市5代名誉市民。父の三浦敬三も山岳スキーヤーで、長男の三浦雄大は競技スキーヤー、二男の三浦豪太はリレハンメルオリンピック・長野オリンピック出場したフリースタイルスキー・モーグル選手、長女の三浦恵美里はクラーク記念国際高等学校・横浜青葉キャンパス校長、ミウラ・ドルフィンズ代表取締役も兼務。母方の祖父は、第15回衆議院議員総選挙青森県第5区[2]選出議員の小泉辰之助。略歴 / 1970年5月にはエベレストのサウスコル8000m地点からの滑降(ギネスブックに掲載)を成功させ、その映像が『The Man Who Skied Down Everest』(「エベレストを滑った男」)というタイトルでドキュメンタリー映画化され、アカデミー賞記録映画部門で賞を獲得した。2008年5月26日、75歳でエベレストに再登頂。2012年10月、2013年春に80歳で3度目のエベレストに再登頂することを会見で発表した。2013年5月23日、3度目のエベレスト登頂に成功した。エベレスト登頂の歴史で最高齢登頂者となる。下山中に体調を崩し、標高6500mのキャンプ2から標高5300mのベースキャンプまではヘリコプターを使って下山した。この登頂成功が三浦アワード創設のきっかけとなった。(三浦雄一郎 – Wikipedia

Yuichiro Miura (三浦 雄一郎 Miura Yūichirō, born October 12, 1932 (age 85)) is a Japanese alpinist who in 2003, at age 70, became the oldest person to reach the summit of Mount Everest. This record was later broken by himself. Miura had two heart surgeries for cardiac arrhythmia, in 2006 and 2007. On May 23, 2013 Miura again became the oldest person to climb to the summit of Mount Everest at the age of 80. This achievement is listed in the Guinness Book of Records He was unable to make the descent after reaching the top, and was airlifted from Advanced Base Camp at 6500 meters, not walking down to the Base Camp at 5364 metre (17,600 feet). Famous alpinists, like Ken Noguchi, question Miura’s achievement and say that you can’t call a climb “complete” unless you walk all the way down the mountain, too. He also became the first person to ski on Mount Everest on May 6, 1970. He descended nearly 4,200 vertical feet from the South Col (elevation over 8,000 m (26,000 ft)). This feat was documented in 1975, in the film The Man Who Skied Down Everest. The film won the Academy Award for best documentary, the first sports film to do so. Keizo Miura, Japanese skier, was his father. Gota Miura, freestyle skier and alpinist, is one of his sons. Yuichiro was exposed to snow sports from the time he was a child, and placed in his first skiing competition during his 2nd grade year in elementary school. He moved south with his family but found that he missed the snow and winter sports, prompting him to enroll in Hokkaido University. There, he continued to pursue skiing as a professional sport. His advanced ability to ski, especially in the back-country, required him to reach higher elevations by hiking, expanding the breadth of his skills to include mountain climbing. Once he became a prolific mountain climber, Yuichiro began challenging larger mountains, and skied down many of them. Miura describes his diet as “healthy eating and organic food. He starts every day with a breakfast consisting of cooked rice, fermented soya bean, miso soup, eggs and fish. Once a week he will treat himself to a 500g (18oz) steak.” He said that he trained outdoors with 5kg on each leg and 30kg on his back for 5.5 mile walks, and also used a low oxygen room. (Yuichiro Miura – Wikipedia

エベレスト、エヴェレスト(英: Everest)、またはチョモランマ(チベット語: Chomolungma, Qomolangma)、サガルマータ(ネパール語: सगरमाथा Sagarmāthā)は、ヒマラヤ山脈にある世界最高峰である。山頂は、ネパールと中国との国境上にある。名称 / 現在、エベレストはネパールでは「サガルマータ(सगरमाथा Sagarmatha)」、チベットでは「チョモランマ(jo mo glang ma)」、中国では珠穆朗瑪峰(Zhūmùlǎngmǎ Fēng)または聖母峰(Shèngmǔ Fēng)と呼ばれている。登頂史 / 1970年5月11日、松浦輝夫と植村直己が日本人として初めて登頂に成功した。1975年5月16日、田部井淳子が女性として世界で初めて登頂に成功した。主な登頂者のリスト / 最高齢 / 2013年5月23日 – (最高齢登頂)- 三浦雄一郎、80歳。(エベレスト – Wikipedia

関連サイト

ミウラドルフィンズトップページ

関連エントリ

三浦雄一郎、80歳でエベレストの登頂に成功 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

エベレスト の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

三浦雄一郎 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Yuichiro Miura の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本映画「シムソンズ」(カーリング映画)について

800px-Abashiri_Subprefecture.png

448px-Noah_mosaic.jpg

日本映画「シムソンズ」(カーリング映画)について

関連記事

25日からリバイバル上映! カーリング“ご当地映画”「シムソンズ」 / 平昌五輪銅メダル「LS北見」の活躍記念し イオンシネマ北見ほかで / 女子カーリング日本代表として平昌オリンピックで銅メダルを獲得した「LS北見(ロコ・ソラーレ)」の活躍を記念し、2006年に公開されたカーリングが題材の“ご当地映画”「シムソンズ」がリバイバル上映される。イオンシネマ北見ほかでデジタル・リマスター版が25日(金)から期間限定上映。平昌五輪以来続いているカーリングへの注目をスクリーン上から支援する形だ。映画「シムソンズ」は、常呂町の女子高校生がカーリングチームを結成し、紆余曲折を経て成長する青春物語。現在「北海道銀行フォルティウス」に所属する小笠原歩選手、船山弓枝選手らが中学時代に結成し、2002年のソルトレイクシティ冬季五輪のカーリング女子日本代表となったチーム「シムソンズ」がモデルとなっている。常呂でのロケには、当時小学生だったLS北見の吉田夕梨花選手をはじめ元LS北見の江田茜さん、北海道銀行フォルティウスの近江谷杏菜選手ら地元選手がエキストラとして参加していた。出演は加藤ローサ、藤井美菜、高橋真唯、星井七瀬、大泉洋、田中圭、高田延彦、松重豊、森下愛子、夏八木勲。監督は佐藤祐市。原作は森谷雄「シムソンズ」(ポプラ社刊)。映画は25日から31日までイオンシネマ北見をはじめ旭川、帯広、名古屋で上映。料金は千円。7月には札幌でも上映されることが決まっている。(公)(2018年5月22日の記事 経済の伝書鳩

『シムソンズ』は、カーリングを題材にした2006年の日本映画。北海道常呂郡常呂町(現北海道北見市)の女子高校生が1998年長野冬季オリンピックカーリング競技男子日本代表選手の薦めでカーリングチームを結成し、紆余曲折を経て成長する青春映画。実在したカーリングチーム「シムソンズ」(2002年ソルトレイクシティ冬季オリンピックカーリング競技女子日本代表)をモデルとし、その来歴に題材を得て製作された。その他 / 本編の試合シーンでは常呂町(当時)のカーリング選手もエキストラとして出演した。その中の一人、「シムソンズ」と北海道大会決勝で対戦する相手チームの選手として出演している近江谷杏菜は、(現実の)「シムソンズ」のコーチであった近江谷好幸の娘であり、2010年バンクーバーオリンピックに日本代表チーム青森の一員として出場した(現在は北海道銀行フォルティウス所属)。また、同じくエキストラ出演していた吉田夕梨花もロコ・ソラーレの一員として2018年平昌オリンピックに出場している。他にも江田茜(元ロコ・ソラーレ)松井千愛(元チーム東京)など、後に日本カーリング選手権大会で活躍することになる選手が多数出演していた。2018年5月、平昌オリンピック女子カーリング日本代表チーム「LS 北見」の銅メダル獲得を記念し、デジタルリマスター版がリバイバル上映される。(シムソンズ (映画) – Wikipedia

シムソンズは、2002年のソルトレイクシティオリンピックに出場した女子カーリングチーム。解説 / 北海道常呂郡常呂町(2006年3月北見市と合併)出身の加藤章子、林弓枝、小野寺歩、堀(小仲)美香の4名から編成された。加藤は9歳からのカーリング経験をもち、中学時代の同級生の林、小野寺とチームを組む。その後、高校時代に堀が参加する。ソルトレイクシティオリンピック後、2007年の世界女子カーリング選手権の開催に向けて強化を図る青森市の申し出に応じ、小野寺、林が拠点を青森に移したため、チームは解散した。その後、小野寺と林は、チーム青森に参加し日本代表チームとして2006年トリノオリンピックに出場し、更に北海道銀行フォルティウスで日本代表として2014年ソチオリンピックにも出場している。2006年公開の日本映画『シムソンズ』は、このチームについての実話を元にした青春映画である。「シムソンズ」命名の由来 / 加藤、林、小野寺が常呂中学時代に「Simsons(シムソンズ)」を結成した。その名前の由来は、アメリカのテレビアニメ『Simpsons』(原題:The Simpsons〈ザ・シンプソンズ〉)の綴りを誤ってしまったことからという。(シムソンズ – Wikipedia

関連エントリ

シムソンズ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

カーリング映画 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

カーリング の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

美幌町公式フェイスブック について

bi_bo.jpg

美幌町公式フェイスブック について

関連記事

美幌町公式フェイスブック / 町はHPの「まちの話題」に載せていた美幌町内での出来事はもちろん、イベント情報なども発信していくためにフェイスブックページを開設しました。フェイスブックを見るには / 町ホームページの右下にある美幌町公式フェイスブックのリンクから、ご覧いただけます。登録しなくてもページ内容は閲覧できます。フェイスブックの「いいね!」ボタンを押したり、コメントしたりするには、アカウントの登録が必要です。利用方法 / フェイスブックにアクセスし、「いいね!」を押していただくことで、ご自身のFacebookにも美幌町の情報が配信されます。ご利用をお待ちしております。フェイスブック(Facebook)とは / フェイスブックとは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の1つで、インターネット上でさまざまなつながりを作ったりや情報交換を行うことができるコミュニケーションツールのことです。(美幌町公式フェイスブック | 美幌町

関連サイト

美幌町 – ホーム | Facebook
913人が「いいね!」しました 969人がフォロー中です (2018年5月20日現在)

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町ホームページ

関連エントリ

美幌町公式フェイスブック の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

髙見山大五郎(Takamiyama Daigorō)について

‚Œ©ŽR

髙見山大五郎(Takamiyama Daigorō)について

関連記事

5月20日 歴史 / 1984年 外国人初の関取・高見山が引退。(5月20日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月20日 できごと / 1984年 – 外国人初の関取・高見山が引退。(5月20日 – Wikipedia

髙見山 大五郎(たかみやま だいごろう、1944年6月16日 – )は、アメリカ合衆国ハワイ準州 (Territory of Hawaii) マウイ島出身で高砂部屋所属の元大相撲力士。最高位は東関脇。身長192cm、体重205kg。本名は渡辺 大五郎(わたなべ だいごろう)、米国名はJesse James Wailani Kuhaulua(ジェシー・ジェームス・ワイラニ・クハウルア)、愛称はジェシー。来歴 / 常々「40歳まで相撲をとりたい」「(当時建造中だった)両国国技館で相撲をとりたい」と語っていたが、1984年(昭和59年)5月場所、40歳まであと1ヶ月のところで力尽き、引退を表明する。両国国技館で相撲をとる夢も果たせなかった。引退宣言は場所中に唐突に行われたため、相撲ファン以外も驚かせマスコミで大きく取り上げられた。同場所千秋楽の最後の一番(玉龍戦)は黒星だったが、満員の観衆から大声援を受け、花道を引き揚げる際には花束も贈呈された。引退に際して「20年間、相撲を取り続けてきたことを誇りに思う」「生まれ変わっても力士になりたい」と力強く語った。中国・韓国(朝鮮)など東アジア圏の出身者を除けば、外国出身者として当時最も上位で活躍した力士であり、後の各国出身力士、特にハワイ勢(すなわちポリネシア勢)の活躍の道を開いた。アメリカ人らしい陽気さと巨体を持つのと同時に、異境での辛い修行に耐え忍ぶ古来の日本人のような生き方も広く知られ、相撲ファン以外にも絶大な人気があった。独特の長いもみあげなど特徴ある容貌も人気で、テレビCMに出演するなど土俵の外でも活躍した。弟弟子になる小錦を自らスカウトし、自分の弟子である曙を横綱まで育てるなど、大相撲の国際化にも大きく貢献した。ハワイ出身の関取としては、この他に大喜を育てた。最近は、高見盛の師匠としても知られ、師弟2代で角界の人気者となった。東関部屋師匠としては「礼儀正しくきちんと挨拶できる力士」「相撲は攻撃相撲」「お客さんを大切にする」というモットーを掲げていた。エピソード / 高見山が現役引退を表明した頃、日本相撲協会を管轄していた森喜朗文部大臣(当時)が、昭和天皇より「髙見山がなぜ辞めたのかね」「髙見山は残念だったろうな」との下問を受けた。そのことを後に森が髙見山に伝えると「もったいないです、もったいないです」と涙を流したという。NHK大相撲中継では英語での解説も務める(衛星第2テレビ放送)。横綱・大鵬と対戦した経験のある最後の現役力士だった。ただし、大鵬とは11回対戦したものの1度も勝てなかった。定年退職の際に「一番の思い出は曙が横綱になったことかな。師匠としては最高の瞬間だったし、今でも誇りに思う」と語った。(高見山大五郎 – Wikipedia

Takamiyama Daigorō (髙見山 大五郎, born 16 June 1944 as Jesse James Wailani Kuhaulua in Maui, Hawaii) is a former sumo wrestler, the first foreign-born wrestler to win the top division championship (in 1972). His highest rank was sekiwake. His active career spanned twenty years from 1964 to 1984, and he set a number of longevity records, including most tournaments ranked in the top makuuchi division, and most consecutive top division appearances. He is also the first foreign-born wrestler ever to take charge of a training stable, founding Azumazeki stable in 1986. His most successful wrestler was fellow Hawaiian Akebono who reached the highest rank of yokozuna in 1993. He retired as a coach in 2009. Early life / Kuhaulua was born in Happy Valley, Maui to parents who were mostly of Hawaiian descent. Sumo career / Takamiyama made his professional debut in March 1964. He achieved The highlight of his career came in July 1972 when he won the tournament championship with a 13–2 record – the first foreigner ever to do so. Ranked at maegashira 4, he lost only to Kotozakura and Takanohana and defeated Asahikuni on the final day to finish one win ahead of Takanohana. A congratulatory letter from US President Richard Nixon was read out by the US Ambassador to Japan at the presentation ceremony, marking the only time that English has been officially spoken on the dohyō. Retirement from sumo / Takamiyama’s goal had always been to fight until the age of forty, but a serious elbow injury sustained in November 1983 caused him to fall to jūryō, and in May 1984, facing certain demotion to the third makushita division, he announced his retirement after twenty years in sumo. He was just a few weeks short of his fortieth birthday. He became a member of the Japan Sumo Association, with the name Azumazeki. To do so he had taken Japanese citizenship in 1980 and adopted the Japanese name Daigoro Watanabe, his wife’s family name. His farewell party at a local hotel in Tokyo on 6 June 2009 attracted 1000 guests, including Akebono and Konishiki. A congratulatory letter from US President Barack Obama was read out. (Takamiyama Daigorō ー Wikipedia

関連サイト

日本を愛し敬う大きな紳士、高見山大五郎さん―「ハワイと日本、人々の歴史」第4回 | Myハワイ

関連エントリ

髙見山大五郎 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Takamiyama Daigorō の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018 日本中国文化交流協会について

img_history50_22.jpg

2018 日本中国文化交流協会について

関連記事

一般財団法人日本中国文化交流協会(にほんちゅうごくぶんかこうりゅうきょうかい JAPAN-CHINA CULTURAL EXCHANGE ASS.)は、日中友好7団体の一つで民間法人。経緯 / 1956年3月23日に東京で設立された。本部所在地 / 東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビルデング423。役員 / 会長 黑井千次、副会長・理事長 池辺晋一郎。活動 / 日本と当時まだ国交が無かった中華人民共和国との間での文化交流のための代表団を相互往来させている。また、各種展覧会や学術討議会を相互開催している。関連項目 / 以下の4人が、設立に中心的な役割を果たした。中島健蔵 仏文学者、千田是也 演出家、井上靖 作家、團伊玖磨 作曲家。以下の6つが、日本中国文化交流協会とともに日中友好7団体を構成している。日中友好議員連盟、日中経済協会、日中友好協会、日中協会、日本国際貿易促進協会、日中友好会館。(日本中国文化交流協会 – Wikipedia

関連サイト

一般財団法人 日本中国文化交流協会のホームページ

関連エントリ

栗原小巻 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

團伊玖磨 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

黑井千次 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

日本中国文化交流協会 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

第48代横綱 大鵬 について

Ivan_Boryshko.jpg

第48代横綱 大鵬 について

関連記事

5月14日 歴史 / 1971年 第48代横綱大鵬が引退。初の一代年寄に。(5月14日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月14日 できごと / 1971年 – 第48代横綱大鵬が引退。初の一代年寄に。(5月14日 – Wikipedia

年寄名跡(としよりめいせき、みょうせき)とは、日本相撲協会の「年寄名跡目録」に記載された年寄の名を襲名する権利であり、俗に年寄株、親方株とも呼ばれる。概要 / 元力士が引退後も協会に残って運営に携わるには、年寄名跡を取得する必要がある。名跡の名称には江戸時代の力士名などが被せられており、名跡を取得している年寄はその名で活動する。(年寄名跡 – Wikipedia

大鵬 幸喜(たいほう こうき、1940年(昭和15年)5月29日 – 2013年(平成25年)1月19日)は、北海道川上郡弟子屈町川湯温泉(出生地は樺太敷香郡敷香町)出身の元大相撲力士。第48代横綱。本名は納谷 幸喜(なや こうき)であるが、一時期は母親の再婚によって住吉 幸喜(すみよし こうき)と名乗っていたこともあった。(大鵬幸喜 – Wikipedia

関連サイト

第四十八代横綱 大鵬 オフィシャルサイト

第48代横綱 大鵬幸喜(大鵬企画) – ホーム | Facebook

関連エントリ

大鵬 カテゴリのアーカイブ ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

第58代横綱 千代の富士 について

Canis_lupus_lupus_qtl1.jpg

第58代横綱 千代の富士 について

関連記事

5月14日 歴史 / 1991年 第58代横綱千代の富士が引退。(5月14日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月14日 できごと / 1991年 – 第58代横綱千代の富士が引退。(5月14日 – Wikipedia

千代の富士 貢(ちよのふじ みつぐ、1955年6月1日 – 2016年7月31日)は北海道松前郡福島町出身の元大相撲力士。第58代横綱。本名・秋元 貢(あきもと みつぐ)。(千代の富士貢 – Wikipedia

関連エントリ

千代の富士 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る