音楽療法 カテゴリのアーカイブ

「音楽とマジックと絵本」(いのちのコンサート)

330px-GypsyTambourinePostcard.jpg

375px-Melodica.jpg

伊賀音楽療法研究会から日本音楽療法の最新情報が送られてきた。

「音楽とマジックと絵本」(いのちのコンサート)

ピアニカ王子 大友剛
たいこ王子 小田切佳仁

「音楽とマジックと絵本」(いのちのコンサート) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

伊賀音楽療法研究会 からのメールマガジン12月号(No.149)

661px-Red_Apple.jpg

伊賀音楽療法研究会から日本音楽療法の最新情報が送られてきた。

音楽療法ネットワーク三重
音楽療法講座

伊賀音楽療法研究会 からのメールマガジン12月号(No.149) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

伊賀音楽療法研究会からのメールマガジン11月号(No.148)

Poncirus_trifoliata2.jpg

111px-Poncirusfruits2001HD.jpg

カラタチ(枳殻、枸橘)はミカン科カラタチ属の落葉低木。原産地は長江上流域。 日本には8世紀ごろには伝わっていたといわれる。カラタチの名は唐橘(からたちばな)が詰まったもの。 カラタチを題材にした作品: 「からたちの花」(作詞:北原白秋、作曲:山田耕筰)、「からたち日記」(歌:島倉千代子、作詞:西沢爽、作曲:遠藤実)
http://ja.wikipedia.org/wiki/カラタチ

伊賀音楽療法研究会から日本音楽療法の最新情報が送られてきた。

伊賀音楽療法研究会からのメールマガジン11月号(No.148) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

JMTSP アメリカ音楽療法だより(92)

705px-Soapbubbles-SteveEF.jpg

伊賀音楽療法研究会から世界音楽療法の最新情報が送られてきた。

JMTSP アメリカ音楽療法だより(92) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

家で最期まで生きる – 経済の伝書鳩(連載)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

407px-Old_guitarist_chicago.jpg

在宅医療(ざいたくいりょう、英: home medical care)とは在宅で行う医療のこと。外来・入院についで第三の医療として捉えられている。 定義: 狭義には、緩和医療などの医療者が通院困難な患者の自宅もしくは老人施設などを訪問して医療を行うことである。 広義には、「病院外」で行うすべての医療のことである。例えば処方してもらった薬を自宅で飲んだり、注射薬を使用しつつ職場に通ったりするなど、通常社会生活を行いながら、自宅で行う医療、継続する医療はすべて在宅医療といえる。 在宅医療は「オーダーメイド医療」という側面もあるといわれている。 在宅医療の担い手とアクセス: 在宅医療の担い手として、現在は病院、診療所、歯科診療所、訪問看護ステーション、調剤薬局等がある。訪問リハビリテーションと訪問栄養指導については独立した担い手となる機関は現在設定されていないが、病院、診療所、訪問看護ステーション等に含まれている。そのいずれも患者自身の住居近くに存在しているものであり、かかりつけ医、受診している病院の医療相談室等、または地域の訪問看護ステーションや医師会、歯科医師会、またはケアマネージャー等への問い合わせで最寄りの在宅医療機関を知ることができる。
ja.wikipedia.org/wiki/在宅医療

緩和医療(かんわいりょう)とは、生命(人生)を脅かす疾患による問題に直面している患者およびその家族の、QOL(人生の質、生活の質)を改善するアプローチである。苦しみを予防したり和らげたりすることでなされるものであり、そのために痛みその他の身体的問題、 心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと治療を行うという方法がとられる(WHOの定義文2002より)。 緩和ケア(palliative careパリアティブ・ケア)とも。
ja.wikipedia.org/wiki/緩和医療

家で最期まで生きる – 経済の伝書鳩(連載) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

JMTSP アメリカ音楽療法だより(91)

290px<br />
Guitar_headstock_front.jpg

Map_of_USA_CAsvg.png

伊賀音楽療法研究会から世界音楽療法の最新情報が送られてきた。

JMTSP アメリカ音楽療法だより(91) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「人生は短く、音楽療法の道は長い」

290px<br />
Guitar_headstock_front.jpg

HippocraticOath.jpg

Hippocrates_rubens.jpg

人生は短く、音楽療法の道は長い

ヒポクラテスの格言
「満腹が原因の病気は空腹によって治る」
「汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ」
「食べ物で治せない病気は、医者でも治せない」
「人間は誰でも体の中に百人の名医を持っている」
「人間がありのままの自然体で、自然の中で生活をすれば120歳まで生きられる」
「病人に食べさせると、病気を養う事になる。一方、食事を与えなければ、病気は早く治る」
「病気は、人間が自らの力をもって自然に治すものであり、医者は、これを手助けするにすぎない」
ja.wikipedia.org/wiki/ヒポクラテス#格言

ヒポクラテスの誓い(日本語訳): この医術を教えてくれた師を実の親のように敬い、自らの財産を分け与えて、必要ある時には助ける。 師の子孫を自身の兄弟のように見て、彼らが学ばんとすれば報酬なしにこの術を教える。 著作や講義その他あらゆる方法で、医術の知識を師や自らの息子、また、医の規則に則って誓約で結ばれている弟子達に分かち与え、それ以外の誰にも与えない。 自身の能力と判断に従って、患者に利すると思う治療法を選択し、害と知る治療法を決して選択しない。 依頼されても人を殺す薬を与えない。 同様に婦人を流産させる道具を与えない。 生涯を純粋と神聖を貫き、医術を行う。 どんな家を訪れる時もそこの自由人と奴隷の相違を問わず、不正を犯すことなく、医術を行う。 医に関するか否かに関わらず、他人の生活についての秘密を遵守する。
この誓いを守り続ける限り、私は人生と医術とを享受し、全ての人から尊敬されるであろう!
しかし、万が一、この誓いを破る時、私はその反対の運命を賜るだろう。
ja.wikipedia.org/wiki/ヒポクラテスの誓い#(日本語訳)

伊賀音楽療法研究会から日本音楽療法の最新情報が送られてきた。

「人生は短く、音楽療法の道は長い」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

眼疾患、「網膜剥離」(視覚の障害)

300px-Menschliches_Auge.jpg

視覚障害者(しかくしょうがいしゃ)とは視力(視機能)が「全く無い」、もしくは日常生活や就労などの場で、不自由を強いられるほどに「弱い」人たちのことである。 残存視覚がある「弱視者」(またはロービジョン者)(low vision)と、視覚をもたない「盲」(全盲)(blindness)とに分けられる。前者を見えにくい人、後者を見えない人、と呼ぶ場合がある。 近年は情報通信技術(ICT)の著しい発展で状況によっては健常者と変わらない活動をする機会が与えられるようになってきた。
ja.wikipedia.org/wiki/視覚障害者

眼疾患、「網膜剥離」(視覚の障害) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

伊賀音楽療法研究会メールマガジンの9月号(No.146)

Beethoven_-_Concerto_in_C_minor_cadenza.png

スーパービジョン (教育)
スーパービジョン(スーパービジョン、英: supervision)とは、医師、心理士、ソーシャルワーカーなどの援助職者(スーパーバイジー)が、熟練した指導者(スーパーバイザー)から助言、示唆などの教育を受けることをいう。

伊賀音楽療法研究会から日本音楽療法の最新情報が送られてきた。

伊賀音楽療法研究会メールマガジンの9月号(No.146) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

JMTSP アメリカ音楽療法だより(90)

Privatepracticelogo.jpg

伊賀音楽療法研究会から世界音楽療法の最新情報が送られてきた。

Private Practice
Cadence – Music Therapy in San Francisco

JMTSP アメリカ音楽療法だより(90) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る