音楽療法 カテゴリのアーカイブ

四川大地震 汶川大地震 から10年(哀悼の意)

四川大地震 汶川大地震 から10年(哀悼の意) / 2018年 5月12日、中国の四川省(汶川)大地震が発生して10年です。この震災で亡くなられた人々に心より哀悼の意を表します。四川に「笑顔と希望の風」が吹くことを願い祈ります。(北海道美幌町 美幌音楽人 加藤雅夫)

関連記事

5月12日 歴史 / 2008年 中華人民共和国で四川大地震(M8.0)。死者約7万人。(5月12日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月12日 できごと / 2008年 – 中国・四川省でM7.9の四川大地震が発生。(5月12日 – Wikipedia

四川大地震(しせんおおじしん、しせんだいじしん)は、中華人民共和国中西部に位置する四川省アバ・チベット族チャン族自治州汶川県で現地時間(CST)2008年5月12日14時28分(UTC6時28分)に発生した地震のことである。中国地震局は「汶川地震(ウェンチュアンディジェン、ぶんせんじしん、拼音: Wènchuān dìzhèn)」という名称を基本として、広域名の四川省や地震規模を組み合わせた「四川汶川8.0級地震」とも呼び、中国国内の報道などでは歴史的事件の名称でよく用いられるような発生日に基づいた「512大地震」とも呼んでいる。また「四川大震災」などとも呼ばれる。2009年3月2日、中国民政部により四川大地震発生日である毎年5月12日を「防灾减灾日(=防災減災日、防災の日)」と制定された。国民の防災意識を高め、防災に関する知識を普及するのが目的。(四川大地震 – Wikipedia

汶川大地震,也称2008年四川大地震或5·12大地震,發生於北京時間(UTC+8)2008年5月12日(星期一)14时28分04秒,震央位於中國四川省阿坝藏族羌族自治州汶川縣映秀镇附近、四川省城成都市西北偏西方向79千米处。根据中国地震局的数据,此次地震的面波震级达8.2、矩震級達8.3(根据美国地质调查局的数据,矩震级为7.9),破坏地区超过10万平方公里。地震烈度可能達到11度。地震波及大半个中国及亞洲多個國家和地区。北至辽宁,東至上海,南至香港、廣東、澳门、泰國、越南,西至巴基斯坦均有震感。灾后的头七,中華人民共和国政府首次对公众设立了全国哀悼日。(汶川大地震- 维基百科,自由的百科全书

5·12汶川地震,发生于北京时间(UTC+8)2008年5月12日(星期一)14时28分04秒,根据中华人民共和国地震局的数据,此次地震的面波震级 里氏震级达8.0Ms、矩震级达8.3Mw(根据美国地质调查局的数据,矩震级为7.9Mw),地震烈度达到11度。地震波及大半个中国及亚洲多个国家和地区,北至辽宁,东至上海,南至香港、澳门、泰国、越南,西至巴基斯坦均有震感。(5·12汶川地震_百度百科

関連エントリ

四川大地震 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

汶川大地震 の検索結 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

レット・イット・ビー(Let It Be)について

レット・イット・ビー(Let It Be)について

関連記事

5月8日 歴史 / 1970年 ビートルズの最後のアルバム『Let It Be』発売。(5月8日 今日は何の日~毎日が記念日~

5月8日 できごと / 1970年 – ビートルズの最後のアルバム『Let It Be』発売。(5月8日 – Wikipedia

『レット・イット・ビー』(”Let It Be”)は、イギリスにおいて1970年5月8日に発売されたビートルズの13作目にして同バンドが活動中に最後に発表されたオリジナル・アルバムである。また、同名映画のサウンドトラックである。(レット・イット・ビー – Wikipedia

「レット・イット・ビー」(Let It Be)とはビートルズが1970年3月に発売した22枚目のオリジナル・シングル曲かつビートルズ活動中の最後のシングル盤。また映画『レット・イット・ビー』のテーマ曲かつイギリス盤公式オリジナル・アルバム『レット・イット・ビー』のタイトル曲。解説 / 名義はレノン=マッカートニーだがポール・マッカートニーが単独で作詞作曲。リード・ヴォーカルはポール・マッカートニー。(レット・イット・ビー (曲) – Wikipedia

Let It Be is the twelfth and final studio album by the English rock band the Beatles. It was released on 8 May 1970, almost a month after the group’s break-up. Like most of the band’s previous releases, it was a number one album in many countries, including both the US and the UK, and was released in tandem with the motion picture of the same name. (Let It Be – Wikipedia

“Let It Be” is a song by the English rock band the Beatles, released in March 1970 as a single, and (in an alternate mix) as the title track of their album Let It Be. At the time, it had the highest debut on the Billboard Hot 100, beginning its chart run at number 6. It was written and sung by Paul McCartney. (Let It Be (song) – Wikipedia

img_index01.jpg

JohnLennonpeace.jpg

関連サイト

middle_1265988833.jpg

middle_1258902737.jpg

ブログ友達に励まされて | 心はいつも青春してる/「なりひら」と「猫たち」

関連エントリ

レット・イット・ビー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

”Let It Be” の検索結 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

しきたり ルール(rule)について

logo_01.gif

logo_02.gif

しきたり ルール(rule)について

関連記事

規則(きそく、ルールとも言う)とは、人の従うべき準則であり、主に文章によって規定されたものをいう。なお、規則に定められたものを原則(げんそく)、または本則(ほんそく)とも呼ばれ、規則に規定されていない事項については例外(れいがい)と称される。個別の名称にはさまざまなものがあり、規則のほかに規制、規程、規定、規約、基準、規準などがある。また、ある物事と別の物事との間に一定の関係が見られるとき、その関係を規則あるいは法則という。(規則 – Wikipedia

習慣(しゅうかん、英: habit)とは、日常の決まりきった行いのこと。長い間そうすることによって、そうすることがあたかもきまりのようになったこと。概説 / 習慣とは、長い間それを繰り返し行うことで、あたかもそうすることがきまりのようになったことである。基本的には、行動、身体的な振る舞いを指しているが、広くは、ものの考え方など精神的・心理的なそれも含みうる。ある人の習慣は、後天的な行動様式であり、反復して行われることで固定化され、いつしか その人とその人の習慣を切り離して考えることができないような状態になる場合も多い。「習慣は第二の天性なり」とも言われる。(習慣 – Wikipedia

関連エントリ


しきたり の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ルール の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

rule の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

規則 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

習慣 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

Narciso Yepes ナルシソ・イエペス の捧げもの

450px-Alstromeria_aurantiaca1.jpg

Narciso Yepes ナルシソ・イエペス の捧げもの

関連記事

Narciso Yepes (14 November 1927 – 3 May 1997) was born into a family of humble origin in Lorca, Region of Murcia. His father gave him his first guitar when he was four years old, and took the boy five miles on a donkey to and from lessons three days a week. Yepes took his first lessons from Jesus Guevara, in Lorca. Later his family moved to Valencia when the Spanish Civil War started in 1936. On 16 December 1947 he made his Madrid début, performing Joaquín Rodrigo’s Concierto de Aranjuez with Ataúlfo Argenta conducting the Spanish National Orchestra. The overwhelming success of this performance brought him renown from critics and public alike. Soon afterwards, he began to tour with Argenta, visiting Switzerland, Italy, Germany, and France. During this time he was largely responsible for the growing popularity of the Concierto de Aranjuez, and made two early recordings, both with Argenta[6] – one in mono with the Madrid Chamber Orchestra (released between 1953 and 1955), and the second in stereo with the Orquesta Nacional de España (recorded in 1957 and released in 1959). On 18 May 1951, as he leant on the parapet of a bridge in Paris and watched the Seine flow by, Yepes unexpectedly heard a voice inside him ask, “What are you doing?” He had been a nonbeliever for 25 years, perfectly content that there was no God or transcendence or afterlife. But that existential question, which he understood as God’s call, changed everything for him. He became a devout Catholic, which he remained for the rest of his life. In 1952 a work (”Romance”), Yepes claims to have written when he was a young boy,[10] became the theme to the film Forbidden Games (Jeux interdits) by René Clément. Despite Yepes’s claims of composing it, the piece (”Romance”) has often been attributed to other authors; indeed published versions exist from before Yepes was even born[citation needed], and the earliest known recording of the work dates from a cylinder from around 1900.[citation needed] In the credits of the film Jeux Interdits, however, “Romance” is credited as “Traditional: arranged – Narciso Yepes.” Yepes also performed other pieces for the Forbidden Games soundtrack. His later credits as film composer include the soundtracks to La Fille aux yeux d’or (1961) and La viuda del capitán Estrada (1991). He also starred as a musician in the 1967 film version of El amor brujo. In Paris he met Maria Szumlakowska, a young Polish philosophy student, the daughter of Marian Szumlakowski, the Ambassador of Poland in Spain from 1935 to 1944. They married in 1958 and had two sons, Juan de la Cruz (deceased), Ignacio Yepes, an orchestral conductor and flautist, and one daughter, Ana Yepes, a dancer and choreographer. In 1964, Yepes performed the Concierto de Aranjuez with the Berlin Philharmonic Orchestra, premièring the ten-string guitar, which he invented in collaboration with the renowned guitar maker José Ramírez III. After 1964, Yepes used the ten-string guitar exclusively, touring all six inhabited continents, performing in recitals as well as with the world’s leading orchestras, giving an average of 130 performances each year. He recorded the Concierto de Aranjuez for the first time with the ten-string guitar in 1969 with Odón Alonso conducting the Orquesta Sinfonica R.T.V. Española. Apart from being a consummate musician, Yepes was also a significant scholar. His research into forgotten manuscripts of the sixteenth and seventeenth centuries resulted in the rediscovery of numerous works for guitar or lute. He was also the first person to record the complete lute works of Bach on period instruments (14-course baroque lute). In addition, through his patient and intensive study of his instrument, Narciso Yepes developed a revolutionary technique and previously unsuspected resources and possibilities. He was granted many official honours including the Gold Medal for Distinction in Arts, conferred by King Juan Carlos I; membership in the Academy of “Alfonso X el Sabio” and an Honorary Doctorate from the University of Murcia. In 1986 he was awarded the Premio Nacional de Música of Spain, and he was elected unanimously to the Real Academia de Bellas Artes de San Fernando. In the 1980s, Yepes formed Trio Yepes with his son Ignacio Yepes on flute and recorder and his daughter Ana dancing to her own choreography. After 1993, Narciso Yepes limited his public appearances due to illness. He gave his last concert on 1 March 1996 in Santander (Spain). He died in Murcia in 1997, after a long battle with lymphoma. (Narciso Yepes – Wikipedia

ナルシソ・イエペス(Narciso Yepes、1927年11月14日 – 1997年5月3日)はスペインのギタリスト、作曲家。ナルシソ・ジェペスとも表記される。来歴 / スペインのムルシア地方のロルカ近郊の農家に生まれた。4歳の時に初めてギターに触れ、ロルカの音楽アカデミーでギターを学び、その後バレンシア音楽院に進んでギターや作曲を学んだ。ここで、作曲家のビセンテ・アセンシオ教授に大きな影響を受ける。また、マドリード音楽院では、サインス・デ・ラ・マーサにギターを師事した。1947年12月17日スペイン劇場でのスペイン国立管弦楽団の定演コンサートに名指揮者アタウルフォ・アルヘンタにより招かれ、ロドリーゴのアランフエス協奏曲を演奏した。その後に行われたパリやジュネーヴなどでの演奏会の成功で、イエペスの名はヨーロッパ中に知れ渡った。1952年に、パリのカフェで映画監督のルネ・クレマンと偶然知り合い、「映画自体はすでに撮ってあるが、どんな音楽をつけたらよいか決めかねているので、映画のための音楽を担当してほしい」と監督から依頼を受ける。当初、アンドレス・セゴビアに音楽を担当してもらう予定だったが、すでに映画制作の為の予算を使い果たしており、セゴビアとは制作費の折り合いがつかず、当時まだ新人であったイエペスに音楽担当の依頼をする事となった。 そこで、24歳のイエペスは映画『禁じられた遊び』の音楽の編曲・構成、演奏を1本のギターだけで行った。そして、その映画が公開されると、メインテーマ曲「愛のロマンス」が大ヒットし、世界的に有名なギタリストとなった。それから世界各地でリサイタルやオーケストラとの共演を行い、日本にも1960年から1996年までの間に計17回訪問した。1964年からは、ホセ・ラミレス3世と共同で通常より音域の広い10弦ギターを開発した。演奏の軽快さが多少犠牲になり、一部では批判もあったが、均一な共鳴をもつ透明度の高い音色を実現し、多くの音楽愛好家に受け入れられた。1989年4月スペイン芸術院のサン・フェルナンド王立アカデミーの会員に任命された。これはサインス・デラマーサ、アンドレス・セゴビアに続く3人目の栄誉である。1990年頃に、悪性リンパ腫に冒されている事が発覚し、1993年には医師から演奏活動の中止を忠告されたが、その後も演奏活動を続けた。だが、1996年3月にサンタンデール音楽祭に出演したのが最後のステージとなり、1997年5月3日に69歳で死去した。イエペスの信念である「芸術は神のほほえみである」の名のもとに10弦ギターで世界各地を演奏活動して回ったことにより、日本はもとより全世界で圧倒的な人気を誇り、なお且つ世界各地に及ぼした音楽的影響の高さはひときわ抜きん出ていた。レパートリーの広さ(バッハのリュート組曲におけるバロック・リュートの演奏、テレサ・ベルガンサとの歌の伴奏、世界各地のオーケーストラとのギターコンチェルトによる共演、フェルナンド・ソルの練習曲集の演奏、カタルーニャ地方の民謡を集めた曲集の演奏、ラテン系の近代・現代の作曲家の作品の10弦ギターによる演奏、弟子のモンダンとの二重奏、「トリオ・イエペス」による親子の共演等 )も、来日回数も、他の追随を許さぬものがあり、年間120回にもおよぶ演奏会を30年近く世界各地で行い、今までに録音したレコードの枚数も50枚を超えた(1967年から1989年まではドイツ・グラモフォン専属となった)。日本国内での代表的な弟子として、荘村清志、芳志戸幹雄、小原聖子等がいる。イエペスには数々の栄誉が与えられており、代表的なものとしてムルシア大学名誉博士号、イサベル・ラ・カトリカ十字章、スペイン国王から芸術功労金メダル、スペイン文化賞からスペイン音楽大賞、スペイン作曲家協会賞、国営テレビ局大賞等がある。(ナルシソ・イエペス – Wikipedia



関連サイト

Narciso Yepes Official Homepage (ナルシソ·・イエペス公式ホームページ)

Ana Yepes (アナ・イエペス)| earlydance.org

Ana Yepes(アナ・イエペス) | Facebook

関連エント

Trio Yepes の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

トリオ・イエペス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Narciso Yepes の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ナルシソ・イエペス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Ana Yepes の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

アナ・イエペス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

花はどこへ行った(ピート・シーガー)について

Tsutsuji.jpg

花はどこへ行った(ピート・シーガー)について

関連記事

「花はどこへ行った」(はなはどこへいった、原題 Where have all the flowers gone?)は、世界で一番有名な反戦歌とも言われるフォークの楽曲。アメリカンフォークの父とも形容されるピート・シーガーによる作詞作曲であり、シーガーの代表作でもある。「花はどこへ行ったの」と訳される場合もある。歌詞の構成・メッセージ / 「花はどこへ行った 少女がつんだ」→「少女はどこへ行った 男の下へ嫁に行った」→「男はどこへ行った 兵隊として戦場へ」→「兵隊はどこへ行った 死んで墓に行った」→「墓はどこへ行った 花で覆われた」と続き、再び冒頭の「花はどこへ行った 少女がつんだ」となる。最後には必ず「いつになったら わかるのだろう」という言葉で締められているため、「戦争がいつまでも繰り返され、いつになったらその愚かさに気づくのか?」というメッセージ、今度こそもう戦争は絶対に止めようという思いを込めて盛んに歌われることとなった。(花はどこへ行った – Wikipedia

ピート・シーガー(英語: Pete Seeger、1919年5月3日 – 2014年1月27日)はアメリカ合衆国のフォーク歌手である。20世紀半ばのフォーク・リバイバル運動の中心人物の一人である。第二次世界大戦前の1940年代から全国放送のラジオで活躍し、1950年代はじめにはウィーバーズの一員として一連のヒット作を出した。1960年代にはプロテストソングのパイオニアとして公の場に再登場し、国際的な軍縮、公民権運動を推進した。ソングライターとしては「花はどこへ行った (Where Have All the Flowers Gone?)」(ジョー・ヒカーソン(英語版)との共作)、「天使のハンマー (If I Had a Hammer)」(ウィーバーズのリー・ヘイズ(英語版)との共作)、「ターン・ターン・ターン (Turn! Turn! Turn!)」などの代表作を生み出した。スピリチュアル(霊歌)「ウィ・シャル・オーバーカム (We Shall Overcome)」を1960年代の公民権運動を象徴する歌にした立役者でもある。近年では環境問題について訴える活動を続けていた。90歳の誕生日 / 2009年5月3日、ニューヨーク市のマディソン・スクエア・ガーデンに、ブルース・スプリングスティーンやロジャー・マッギンからジョーン・バエズやアロー・ガスリー(英語版)まで、何十人ものミュージシャンたちが集まり、シーガーの90歳の誕生日を祝った。(ピート・シーガー – Wikipedia

330px-Sloop_Clearwater3_-_Photo_by_Anthony_Pepitone.jpg

375px-Pete_Seeger2_-_6-16-07_Photo_by_Anthony_Pepitone.jpg


関連エントリ

花はどこへ行った の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Where have all the flowers gone? の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ピート・シーガー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Pete Seeger の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

忘れられないイングランド民謡(イングランドの作曲家)

473px-Sir_Henry_Rowley_Bishop_by_George_Henry_Harlow.jpg

Home_Sweet_Home_-_Project_Gutenberg_eText_21566.png

忘れられないイングランド民謡(イングランドの作曲家)

関連記事

Saung-kauk.jpg

Biruma_no_tategoto_1.jpg

『埴生の宿』(はにゅうのやど/はにふのやど)は、日本で親しまれているイングランド民謡。原題は『ホーム・スイート・ホーム』(英: Home! Sweet Home!)で、「楽しき我が家」という訳題でも知られる。ホーム・スイート・ホーム / 1823年に作詞・作曲され、同年初演のオペラ『ミラノの乙女クラリ』(Clari, Maid of Milan)の中で歌われた。作曲 / イギリスのヘンリー・ローリー・ビショップ作曲。なお、ビショップがこの曲の着想を得たのはイタリア(シチリア)民謡からと言われいる。作詞 / アメリカ合衆国のジョン・ハワード・ペイン(John Howard Payne, 1791年 – 1852年)作詞。埴生の宿 / 日本では、里見義訳詞の唱歌『埴生の宿』として広く知られている。この訳詞は1889年(明治22年)12月に東京音楽学校が出版した『中等唱歌集』に収載された。太平洋戦争勃発に伴い、洋楽レコードが「敵性レコード」として廃棄が呼びかけられる中でも、『埴生の宿』や『庭の千草』など歌詞を邦訳にしたものは、国民生活になじんでいるとして敵性レコードから除外された。2006年(平成18年)には日本の歌百選の一つに選ばれている。小説『ビルマの竪琴』では、日本兵と敵兵がともに歌うという象徴的なシーンでこの歌が使われている。映画、ドラマなどで使われた例として前述の『ビルマの竪琴』をはじめ、『二十四の瞳』(木下恵介監督版)、『火垂るの墓』、『純情きらり』、『ゲゲゲの女房』、『仮面ライダーV3』『マッサン』、『ガールズ&パンツァー 劇場版』などがある。(埴生の宿 – Wikipedia

“Home, Sweet Home” is a song adapted from American actor and dramatist John Howard Payne’s 1823 opera Clari, or the Maid of Milan, the song’s melody was composed by Englishman Sir Henry Bishop with lyrics by Payne. Bishop had earlier published a more elaborate version of this melody, naming it “A Sicilian Air”, but he later confessed to having written himself. The song is known in Japan as “Hanyū no Yado” (”埴生の宿”) (”My Humble Cottage”). It has been used in such movies as The Burmese Harp and Grave of the Fireflies. It is also used at Senri-Chūō Station on the Kita-Osaka Kyūkō Railway. (Home! Sweet Home! – Wikipedia

ヘンリー・ローリー・ビショップ(Henry Rowley Bishop, 1786年11月18日 – 1855年4月30日)はイングランドの作曲家で、舞台音楽の専門家。一般に現在ではほとんど忘れられているが、日本では唱歌「埴生の宿」の作曲者としてかろうじて記憶されている。(ヘンリー・ローリー・ビショップ – Wikipedia

Sir Henry Rowley Bishop (18 November 1786 – 30 April 1855) was an English composer. He is most famous for the songs “Home! Sweet Home!” and “Lo! Here the Gentle Lark.” He was the composer or arranger of some 120 dramatic works, including 80 operas, light operas, cantatas, and ballets. Bishop was Knighted in 1842. (Henry Bishop (composer) – Wikipedia

関連エントリ




埴生の宿 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ヘンリー・ローリー・ビショップ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Home! Sweet Home! の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Henry Bishop (composer) の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

ベートーヴェンの エリーゼのために

img_history30_03_2.jpg

ベートーヴェンの エリーゼのために

関連記事

4月27日 歴史 / 1810年 ベートーヴェンが『エリーゼのために』を作曲。(4月27日 今日は何の日~毎日が記念日~

4月27日 できごと / 1810年 – ベートーヴェンが「エリーゼのために」を作曲。(4月27日 – Wikipedia

バガテル『エリーゼのために』(独:Für Elise)は、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの作曲したピアノ曲である。1810年作曲、イ短調。ロンド形式。WoO59の番号が与えられている。エリーゼの正体 / 「エリーゼのために」は、本来「テレーゼ(Therese)のために」という曲名だったが、悪筆で解読不可能など何らかの原因で「エリーゼ(Elise)」となったという説が有力視されている。本曲の原稿はテレーゼ・マルファッティの書類から発見されたものであり、テレーゼはかつてベートーヴェンが愛した女性であった。この説ではテレーゼ・マルファッティがエリーゼの正体ということになる。(エリーゼのために – Wikipedia

関連エントリ

ベートーヴェン の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

エリーゼのために の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

認知症の「カフェ あえる」について

800px-Its_all_about_love.jpg

認知症の「カフェ あえる」について

関連記事

網走初の認知症カフェ「あえる」 エコセンなどで毎月1回開設 / 網走市などは、認知症について気軽に相談でき、支える側の悩み解消などにつなげる<カフェ あえる>を来年3月までの月1回ペースで、市内の公共施設や大型スーパーなどに開設する。認知症の人への支援策などに詳しい専門家が応対し、無料で利用できる。共通する悩み、理解し… / 高齢社会の到来などに伴い、幅広い年齢層に認知症に対する理解と関心を高める狙い。カフェスタイルの相談・交流の場の開設は全国的な流れで、網走市も取り組むことにした。〈カフェ あえる〉は、「認知症の人やその家族、地域の人が『出会える』『わかり合える』『支え合える』きっかけの場となれば」(市)との思いから名付けた。市と同市認知症地域支援推進員が運営する。第1回目のカフェを今月25日午前10時~正午、市エコーセンター2000の1階展示室に開設。2回目以降は、大型スーパーや中心商店街の交流スペースに開設する。認知症に対する専門知識を持つ同推進員が常駐し、訪れた市民の相談などに応じる。無料でコーヒーを提供する。〈カフェ あえる〉では、認知症の人を地域で見守るための支援策など関連情報も発信。市は「買い物などのついでに気軽に立ち寄ってもらい、認知症に関心と理解のある市民がさらに増えてほしい」と利用を呼びかけている。問い合わせは市高齢者福祉係(TEL 0152-44-6111)へ。 (大)(2018年4月24日の記事 経済の伝書鳩

「カフェ あえる」網走の開設日 認知症について気軽に相談し合える / 利用を / 網走市などは認知症について気軽に相談でき、支える側の悩み解消などにつなげる、カフェスタイルの交流場所「カフェ あえる」の利用を呼びかけている。認知症の人への支援策などに詳しい専門家が応対し、無料で利用できる。開設日などは次の通りで、問い合わせは市高齢者福祉係(TEL 0152-44-
6111)へ。▽5月30日=10~12時。ベーシック駒場店 ▽6月26日=13~15時。ベーシック橋北店 ▽7月30日=14~16時。シティあばしり店 ▽8月29日=10~12時。まちなか交流プラザ ▽9月27日=10~12時。コープさっぽろあばしり店 ▽10月26日=13~15時。ベーシック橋北店 ▽11月21日=14~16時。シティあばしり店 ▽12月19日=10~12時。エコーセンター2000 ▽来年1月24日=10~12時。ベーシック駒場店 ▽2月27日=10~12時。まちなか交流プラザ ▽3月27日=10~12時。コープさっぽろあばしり店 (2018年5月23日の記事経済の伝書鳩

認知症(にんちしょう、英: Dementia、独: Demenz)は認知障害の一種であり、後天的な脳の器質的障害により、いったん正常に発達した知能が不可逆的に低下した状態である。認知症は犬や猫などヒト以外でも発症する。狭義では「知能が後天的に低下した状態」の事を指すが、医学的には「知能」の他に「記憶」「見当識」を含む認知障害や「人格変化」などを伴った症候群として定義される。これに比し、先天的に脳の器質的障害があり、運動の障害や知能発達面での障害などが現れる状態は知的障害、先天的に認知の障害がある場合は認知障害という。従来、非可逆的な疾患にのみ使用されていたが、近年、正常圧水頭症など治療により改善する疾患に対しても認知症の用語を用いることがある。単に老化に伴って物覚えが悪くなるといった誰にでも起きる現象は含まず、病的に能力が低下するもののみをさす[4]。また統合失調症などによる判断力の低下は、認知症には含まれない。また、頭部の外傷により知能が低下した場合などは高次脳機能障害と呼ばれる。日本ではかつては痴呆(ちほう)と呼ばれていた概念であるが、2004年に厚生労働省の用語検討会によって「認知症」への言い換えを求める報告がまとめられ、まず行政分野および高齢者介護分野において「痴呆」の語が廃止され「認知症」に置き換えられた。各医学会においても2007年頃までにほぼ言い換えがなされている。現在の医学において、認知症を治療する方法はまだ見つかっていない。安全で効果的な治療法を模索する研究が行われているが、その歩みは難航している。(認知症 – Wikipedia

関連サイト

認知症について知っておきたい基礎知識 – 相談e-65.net

認知症ケアパス|福祉・介護|網走市 – 網走市役所

高齢者への福祉サービス|福祉・介護|網走市 – 網走市役所

網走市公式サイト – 豊かなオホーツクに活気みなぎるまち

網走市役所 – ホーム | フェイスブック – Facebook

網走市ケアマネジャー連絡協議会 – Facebook

関連エントリ

認知症地域支援推進員 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

認知症カフェ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

認知症 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

リメンバー・チェルノブイリ・デー(4月26日 記念日)について

sasya.jpg

リメンバー・チェルノブイリ・デー(4月26日 記念日)について

関連記事

記念日 4月26日 / リメンバー・チェルノブイリ・デー 1986年のこの日、ソ連ウクライナ共和国のチェルノブイリ原子力発電所で、大爆発事故が発生した。 4月26日 歴史 / 1986年 ソ連・ウクライナ共和国のチェルノブイリ原子力発電所で大規模事故。(4月26日 今日は何の日~毎日が記念日~

4月26日 できごと / 1986年 – ソ連・ウクライナ共和国のチェルノブイリ原子力発電所で大規模事故。 4月26日 記念日 / リメンバー・チェルノブイリ・デー 1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故にちなむ。(4月26日 – Wikipedia

チェルノブイリ原子力発電所事故(チェルノブイリげんしりょくはつでんしょじこ)は、1986年4月26日1時23分(モスクワ時間 ※UTC+3)にソビエト連邦(現:ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所4号炉で起きた原子力事故。後に決められた国際原子力事象評価尺度 (INES) において最悪のレベル7(深刻な事故)に分類され、世界で最大の原子力発電所事故の一つである。チェルノブイリ事故とも。(チェルノブイリ原子力発電所事故 – Wikipedia

チェルノブイリ原発事故の影響(チェルノブイリげんぱつじこのえいきょう)では、1986年4月26日のチェルノブイリ原子力発電所事故による、放射線などによる疾病や影響、旧ソビエト連邦やソ連解体後のウクライナへの影響、世界中での原子力政策や大衆運動など様々な影響について述べる。長期の低線量被曝の影響を把握するには包括的な研究が必要とされ、予算上の制約などの懸念が指摘されてはいるが、欧州委員会は健康被害の全体像を研究するためのプロジェクトとしてチェルノブイリ健康研究アジェンダ(ARCH: Agenda for Research on Chernobyl Health)を立ち上げ、長期的な研究計画の構築が進められている。(チェルノブイリ原発事故の影響 – Wikipedia

チェルノブイリ・ネックレス(英語: Chernobyl necklace)またはチェルノブイリの首飾り(チェルノブイリのくびかざり)とは、甲状腺癌治療のため甲状腺の摘出手術を受けたあと、患者の首に残る水平方向の手術創(傷跡)のことで、とりわけ放射線に起因して発症したものに対して用いられる用語である。チェルノブイリに近いベラルーシでの症例が多いことから、ベラルーシアン・ネックレス(英: Belarussian necklace)と呼ばれる場合もある。(チェルノブイリ・ネックレス – Wikipedia

関連サイト

チェルノブイリとフクシマ後の未来のために – ロシアの声 : The Voice of Russia – スプートニク

関連エントリ

チェルノブイリ の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

チェルノブイリの首飾り の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

チェルノブイリ・ネックレス の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

リメンバー・チェルノブイリ・デー の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

1945年 5月25日の「エルベの誓い」について

300px-Tree_Sparrow_20080423.JPG

1945年 5月25日の「エルベの誓い」について

関連記事

4月25日 歴史 / 1945年 エルベの誓い。第二次大戦で東西からドイツに進撃した米ソ両軍兵士がエルベ川で出会い世界平和を誓う。(4月25日 今日は何の日~毎日が記念日~

1945年 – 第二次世界大戦: ドイツに進撃した米ソ両軍がエルベ川で遭遇。(エルベの誓い)(4月25日 – Wikipedia

エルベの誓い(エルベのちかい)とは、第二次世界大戦末期の1945年4月25日に、ナチス・ドイツを壊滅させるために東進を続ける連合国のアメリカ軍と、西進を続けるソ連赤軍がドイツ東部を流れるエルベ川の沿岸、ザクセン州トルガウ(Torgau)で初めて出会った出来事を指す。これはベルリン陥落の1週間前であり、トルガウはドレスデンとマクデブルクのほぼ中間点にあり、終戦後は東ドイツに属していた。概要 / 1945年4月25日11時25分に、トルガウの南20キロメートルの小村シュトレーラで、アメリカ陸軍第1軍の第69歩兵師団第273歩兵連隊第2大隊G中隊の哨戒隊が、馬に乗った1人のソ連兵に出会い、初めて西部と東部の戦線が繋がった。その後の午後4時に、トルガウで同連隊第1大隊の情報将校のウィリアム・D・ロバートソン中尉の率いる偵察隊が、ソ連軍第1ウクライナ方面軍第5親衛軍の狙撃兵連隊の一部と出会い、こちらが「トルガウの出会い」又は「エルベの誓い」として有名になった。この事件はソビエト連邦では「エルベ川の出会い」(ロシア語: Встреча на Эльбе)と呼ばれ、また同名の映画(監督はグリゴーリー・アレクサンドロフ、音楽:ドミートリイ・ショスタコーヴィチ)が作られていて、アメリカ合衆国では「エルベ・デイ」(英語: Elbe Day)として記憶されていて、日本ではこのソ連映画の最後に両軍代表が平和を誓いあうシーンから、通常「エルベの誓い」と呼ばれている。しかし、第二次世界大戦で連合軍同士で協力し、ヤルタ会談で合意しあった、アメリカ合衆国とソビエト社会主義共和国連邦の蜜月関係を象徴した「エルベの誓い」であったが、この出会いの後に、米ソ首脳の思惑の違いから、結果的に米ソ両軍協力の最後の象徴となり、次第に米ソ関係が悪化、冷戦の端緒になってしまった。(エルベの誓い – Wikipedia

25 апреля 1945 года недалеко от города Торгау на реке Эльба войска 1-го Украинского фронта армии СССР встретились с войсками 1-й армии США. В результате встречи войск союзников остатки вооружённых сил Германии были расколоты на две части — северную и южную. Первая встреча состоялась, когда американский патруль под командованием первого лейтенанта Альберта Коцебу пересёк Эльбу. На восточном берегу они встретили советских солдат под командованием подполковника Александра Гордеева. В тот же день ещё один американский патруль (под командованием второго лейтенанта Армии США Уильяма Робертсона) встретился с советскими солдатами лейтенанта Александра Сильвашко на разрушенном мосту через Эльбу близ Торгау. (Встреча на Эльбе — Википедия

Elbe Day, April 25, 1945, is the day Soviet and American troops met at the Elbe River, near Torgau in Germany, marking an important step toward the end of World War II in Europe. This contact between the Soviets, advancing from the East, and the Americans, advancing from the West, meant that the two powers had effectively cut Germany in two. Elbe Day has never been an official holiday in any country, but in the years after 1945 the memory of this friendly encounter gained new significance in the context of the Cold War between the U.S. and the Soviet Union. (Elbe Day – Wikipedia

エルベ河の邂逅(えるべがわのかいこう、ロシア語: Встреча на Эльбе、英語:Encounter at the Elbe)はソビエト連邦の映画。モスフィルム製作(1949年)の白黒映画で、第二次世界大戦末期に、東進を続ける連合国軍の米軍と西進を続けるソ連軍がドイツ東部を流れるエルベ川の沿岸で初めて出会った場面を背景に、米軍とソ連軍の葛藤を描くもので、終りの方で両軍の平和への誓いのシーンは「エルベの誓い」として知られている。邂逅(かいこう)は出会い、遭遇というような意味である。監督はグリゴーリー・アレクサンドロフ(Grigori Aleksandrov)。音楽はドミートリイ・ショスタコーヴィチで、日本語題名「エルベ河」(ロシア語題名:「郷愁」=ロシア語: Тоска по родине、作詞:エヴゲーニー・ドルマトフスキー、歌詞は「ロシア語: Спышен голос отчизны родимой…」=「生まれた祖国の声が聞こえる…」)などの歌曲が挿入されていて、この歌は日本でも歌声喫茶などでよく歌われた。(エルベ河の邂逅 – Wikipedia

関連エントリ

エルベの誓い の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Встреча на Эльбе の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

Elbe Day の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る