クリスマス カテゴリのアーカイブ

Christmas present: Cello CD

unnamed_2.jpg

unnamed.jpg

プラハ(チェコ)のチェリスト František Brikciusから、2013年12月のニュースレターが送られてきました。日本の音楽愛好家の皆様にご案内いたします。

Christmas present: Cello CD

Christmas present: Cello CD の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道開発局 からのメールニュース。(第35号)

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

北海道開発庁は、総理府の外局として2001年1月6日まで存在した北海道の総合開発事務を行う中央省庁。長は国務大臣北海道開発庁長官。 北海道開発の略歴: 明治維新後、北海道に開拓使が設置され、国策としての北海道開発が始まる。その後、開拓使の廃止により函館県、札幌県、根室県、旧農商務省北海道事業管理局によって管理されることになる。 1886年に3県1局を廃止、北海道庁(国の機関)が設置され、一元的な開発行政を行うことになる。 戦後、北海道開発法に基づいて創設された北海道開発庁が総理府の下に設置され、北海道開発局が、当時の運輸省・農林省・建設省の直轄事業の現業機関として設置された。その後、中央省庁再編に伴い、北海道開発庁は国土交通省北海道局に、北海道開発局は国土交通省の地方支分部局となった。(wiki/北海道開発庁

北海道開発局(英語表記:Hokkaido Regional Development Bureau)は、国土交通省の地方支分部局。 北海道における河川、道路、港湾、空港、農業、漁港等の国直轄事業、都市計画行政、住宅行政、建設産業行政、官庁営繕等を担っている。 国土交通省所管の業務(地方整備局に相当)と併せ、農林水産省所管である農業・灌漑排水等の農業土木業務を総合的に計画・実施している点に特色がある。 所在地は札幌市北区北8条西2丁目(札幌第1合同庁舎)。北海道各地に10の開発建設部を設置している。(wiki/北海道開発局

北海道開発局のメールニュース第35号

北海道開発局 からのメールニュース。(第35号) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2013年12月12日の配信)

Weihnachtsmann.jpg

330px-Canada_postvan.jpg

Royal_Mail.jpg

トロントから、
e-nikkaメールニュースが配信されました。
日加の皆様にお知らせします。

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2013年12月12日の配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

12月13日、聖ルチアの日。(Saint Lucy’s Day)

255px-Schippbogen_modern.jpg

460px-Luciaoptog.jpg

聖ルチア祭 (Sancta Lucia、または聖ルチアの日)は、キリスト教の聖人聖ルチアの聖名祝日を祝う行事で、12月13日に行われる。 クリスマスの始まりを告げるアドベント(待誕節)と同時に行われる。 16世紀にグレゴリオ暦が改訂されるまで、聖ルチア祭は北半球の冬至の日だった。 祝祭: スカンディナヴィア諸国: スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランドでは、12月13日に一家の子供の中で年長の少女が祝祭に参加する。少女は聖ルチアに扮してロウソクの冠を被り、ロウソクを手に持ち、同じ扮装をした少女たちと一緒に行進する。ロウソクは、生命を奪うことを拒む、火の象徴である。少女たちはナポリ民謡『サンタルチア』のメロディーを歌いながら部屋へ入ってくる。 行進はクリスマス・キャロルや、そのほかのルチアの歌を歌う。(wiki/聖ルチア祭

12月13日、聖ルチアの日。(Saint Lucy’s Day) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

池宮英夫さんから新曲アップのお知らせ。(2013年12月)

450px-Lilypond-screenshot-adeste.png

O Come All Ye Faithful
神のみ子は今宵しも (賛美歌111)

Ikemy(池宮英夫)の新曲アップのお知らせです。
日本および世界各国のMIDI/ MP3音楽愛好の皆様にご案内いたします。

池宮英夫さんから新曲アップのお知らせ。(2013年12月) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2013年12月5日の配信)

Weihnachtsmann.jpg

300px-Rob_Ford_Mayor.jpg

1376404_424108484360777_550614521_n.jpg

トロント市、東京都、二都市物語
Toronto, Tokyo Prefecture, two city story

トロントから、
e-nikkaメールニュースが配信されました。
日加の皆様にお知らせします。

日加タイムス e-nikkaのメールニュース。(2013年12月5日の配信) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

12月5日、聖ニコラオスの日の前夜祭

330px-Gentile_da_Fabriano_064.jpg

12月5日
聖ニコラオスの日の前夜祭
シンタクラースの日
クランプスの日

12月6日
ミラの聖ニコラウスの祝日

12月5日、聖ニコラオスの日の前夜祭 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

12月6日、賛美&トークと教会バザール。(キリスト兄弟団 美幌教会)

459px-Gold_Christian_Cross_no_Red_svg.png

バザール(bazaar)とは、恒久的な商業地区を言う。市場であり、商店の並ぶ通りである。 バザールという語は、ペルシア語のbāzārに由来する。語源的には中世ペルシア語の1つパフラヴィー語のbaha-charから来ており、「(物の)値段の決まる場所」が原意で、バザールには定価はないのが普通である。それが北米では転じて、主にクリスマスなどに教会に寄進する資金を得るために、人々が各自の書籍や衣類や工芸品を安価に売ることを言うようになった。(wiki/バザール

バザーは、学校や教会の資金調達のために、家から自らにとっては不用品ではあるが、金銭的価値が有る物を持ち寄って競売にかけ、販売益を寄付するというもの。他に幼稚園や障害者の福祉作業所、共働作業所(現・地域活動支援センターIII型)などでも行う。バザール(bazaar、市場)と同義だがその内容は異なる。(wiki/バザー

北海道の美幌町にある小さな教会から
「かごしまちづこ 賛美&トーク」
「教会バザール」

12月6日、賛美&トークと教会バザール。(キリスト兄弟団 美幌教会) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

外務省 からのメールマガジン 「わかる!国際情勢、第69号」

000020803.jpg

800px-Day_old_chick_black_background.jpg

人間の安全保障(Human Security)は、個々の人間の安全を保障すべきであるという安全保障の考え方である。従来の「国家の安全保障」という概念と対比される。(wiki/人間の安全保障

外務省(Ministry of Foreign Affairs)は、日本の行政機関のひとつ。 平和で安全な国際社会の維持に寄与するとともに、主体的かつ積極的な取組を通じて、良好な国際環境の整備を図ること、並びに調和ある対外関係を維持し発展させつつ、国際社会における日本国及び日本国民の利益の増進を図ることを任務とする。(wiki/外務省

外務省(MOFA)のメールマガジン「わかる!国際情勢」第69号(2013年12月3日発行)が送られてきました。
日本及び世界各地の皆様へお知らせいたします。

外務省 からのメールマガジン 「わかる!国際情勢、第69号」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

12月4日、聖バルバラ(St. Barbara)の日

120px-The_Holy_Family_with_St_Barbara_and_Young_Saint_John_Uffizi_1565.jpg

聖バルバラの日
Saint Barbara day

聖バルバラ(Saint Barbara)は、正教会、非カルケドン派、一部の東方典礼カトリック教会で崇敬される聖人。ニコメディアのバルバラとも。建築家や石工、砲手、消防士、鉱夫、囚人の守護聖人である。記念日は12月4日。 崇敬: 十四救難聖人(en:Fourteen Holy Helpers)の1人で発熱や急死から人々を護る。鉱山や火を扱うなど危険な場所で働く人々の守護聖人である。イタリアおよびスペインでは船や砦の弾薬庫での暴発事故を避けるため、聖女バルバラの像をおき、弾薬庫自体を聖人にちなんで「サンタ・バルバラ」と呼んだ。フランスではトンネル工事の際に聖バルバラの像を置く。 拷問を受けていたバルバラが手折った枝から花が咲いたという逸話から、ドイツやフランスのアルザス地方ではサクラやアンズ、リンゴ、レンギョウなどの枝を12月4日の聖バルバラの日に水にさし、クリスマスの頃についた花の数で幸福を占う。この占いのための枝をバルバラの枝という。同様に聖バルバラの日に水に浸した小麦がクリスマスに芽吹いた数によって翌年の豊凶を占うということも行われ、これらの麦はバルバラの麦と呼ばれた。また、ドイツの諺に「白い衣装のバルバラは良き夏の季節を告知する」といい、聖バルバラの日に降る雪は翌年の夏の豊作を示すものと考えられた。(wiki/聖バルバラ

12月4日、聖バルバラ(St. Barbara)の日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る