クリスマスの音楽

448px-Noah_mosaic.jpg

クリスマスの音楽

きよしこの夜
『きよしこの夜』(きよしこのよる、ドイツ語: Stille Nacht)とは、有名なクリスマス・キャロルのひとつ。 原詞の Stille Nacht は、ヨゼフ・モールによって、ドイツ語で書かれ、フランツ・クサーヴァー・グルーバーによって作曲された。この曲の英語曲題が「Silent night」(作詞・John Freeman Young)であり、日本語曲題が「きよしこの夜」(作詞・由木康)である。 日本での受容 : 「きよしこの夜」にはじまる日本語の歌詞は由木康による。初めて収録されたのは1909年の『讃美歌』第2編である。1961年には小学校6年生の音楽の教科書に採用され、1988年まで掲載されていた。近年では中学校などで英語教育も兼ねて英語の歌詞で歌われている。 なお、日本のカトリック教会においては、別訳にてカトリック聖歌集111番の「しずけき」として親しまれている。(きよしこの夜 ― Wikipedia)

クリスマス!・イブ
クリスマス・イヴ(英: Christmas Eve)、クリスマス・イブは、クリスマスの前夜、すなわち12月24日の夜を指す英語の音訳である。「イヴ」(eve) は「evening(夜、晩)」と同義の古語「even」の語末音が消失したものである。 転じて、俗に12月24日全体を指すこともある[2]。日常会話では単に「イヴ」と呼ばれることが多い。(クリスマス・イブ ー Wikipedia)

クリスマス(日本のクリスマスの歴史・行事)
教会でのクリスマス
キリスト教の教会は一般に、キリスト教徒であるか否かに関係なく門戸を開いており、教徒でない人もクリスマスの礼拝に出席することは可能である。日本各地の、正教会の晩祷・聖体礼儀や、カトリック教会のミサに出席し参加することができる。また、聖公会・プロテスタントの諸教会でも、非信徒をも歓迎しているところが多い(各教会堂の掲示板に「クリスチャンでない方もお気軽にどうぞ」と掲示が出る)。(クリスマス ー Wikipedia)


パレストリーナ 祝福の賛美歌(ラテン語) – YouTube

ジョヴァンニ・ダ・パレストリーナ
ジョヴァンニ・ピエルルイージ・ダ・パレストリーナ(Giovanni Pierluigi da Palestrina, 1525年?-1594年2月2日)は、イタリア・ルネサンス後期の音楽家である。一般に「パレストリーナ」と呼ばれるが、ジョヴァンニが名、ピエルルイージが姓。パレストリーナは後述のように生地である。 カトリックの宗教曲を多く残し「教会音楽の父」ともいわれる。(ジョヴァンニ・ダ・パレストリー ナ ー Wikipedia)

関連記事

12月5日、聖ニコラオスの日の前夜祭
http://masaokato.jp/2013/12/05/010158

12月13日、聖ルチアの日。(Saint Lucy’s Day)
http://masaokato.jp/2013/12/13/010442

きよしこの夜 の検索結果
http://masaokato.jp/?s=%E3%81%8D%E3%82%88%E3%81%97%E3%81%93%E3%81%AE%E5%A4%9C

クリスマス・イヴの検索結果
http://masaokato.jp/?s=%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B4

クリスマスの検索結果
http://masaokato.jp/?s=%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9

ツイッター(Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

800px-Candles_in_the_dark.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

_012_2.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

  • お名前とメールアドレスは必ず入力してください。
    (メールアドレスは管理者にのみ通知され、コメント一覧には表示されません)
  • いただいたコメントは管理者の承認が必要となる場合がありますのでご了承ください。

このページの先頭へ戻る