オランダ カテゴリのアーカイブ

Events Schedule 2012: Ruben Bettencourt (Classical guitarist)

541px-Portugal_orthographic_projection_svg.png

454px-2_Portuguese_guitars.jpg

ポルトガル共和国(ポルトガルきょうわこく、ポルトガル語: República Portuguesa、ミランダ語:República Pertual)、通称ポルトガルは、西ヨーロッパのイベリア半島に位置する共和制国家である。首都はリスボン。(Wikipedia

ポルトガル出身のクラシックギター奏者ルーベン・ベッテンコート(Ruben Bettencourt)は、世界各地のギターコンクールで優勝し、ロドリーゴ(スペイン)や武満徹(日本)の作品を紹介している。

Ruben Bettencourt(ルーベン・ベッテンコート)から、ニュースレターが送られてきました。日本の皆様にご案内いたします。

Events Schedule 2012: Ruben Bettencourt (Classical guitarist) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

子の連れ去りをめぐる「ハーグ条約」と日本

800px-Members_and_Non_Members_of_the_Civil_Aspects_of_International_Child_Abduction_Hague_Convention_svg.png

2010_cover_with_text.jpg

ハーグ条約(ハーグ条約、英:the Hague Convention)とは、オランダのハーグで締結された条約のうちいずれかを指す略称である。 ヘーグ条約・ヘイグ条約と表記されることもある。(Wikipedia

国際的な子の奪取の民事面に関する条約(英語: Hague Convention on the Civil Aspects of International Child Abduction / フランス語: Convention de La Haye sur les aspects civils de l’enlèvement international d’enfants) とは、 子の利益の保護を目的として、親権を侵害する国境を越えた子どもの強制的な連れ去りや引き止めなどがあったときに、迅速かつ確実に子どもをもとの国(常居所地)に返還する国際協力の仕組み等を定める多国間条約で、全45条からなる。 ハーグ国際私法会議にて1980年10月25日に採択され1983年12月1日に発効したハーグ条約のひとつである。 2011年7月28日現在の加入国は未だ国連加盟国192カ国の半数には満たないが86カ国であり、批准国は増加しつつある。 非加入であった日本でも2011年5月に政府は加盟方針をうち出し、 国内法制との整合性調整等の条約締結へ向けた準備を開始している。(Wikipedia

ハーグ条約 についてのニュースブログ記事(Google)

外務省(MOFA)のメールマガジン「わかる!国際情勢」第46号(2012年1月26日発行)が送られてきました。日本及び世界各地の皆様へお知らせいたします。

子の連れ去りをめぐる「ハーグ条約」と日本 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Happy New Year!!! (Irina Kulikova Classical Guitarist)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

012.jpg

Irina Kulikova(イリーナ・クリコヴァ、ロシア生まれの女性ギタリスト)が、今年もオランダから新年のご挨拶を贈ってくれました。どうも、ありがとう。新年あけましておめでとう!(Masao Kato, guitarist)

Happy New Year!!! (Irina Kulikova Classical Guitarist) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

第46回全国野生生物保護実績発表大会へ(美幌高校生)

450px-Pacifastacus_trowbridgii.jpg

794px-Bombus_terrestris01.jpg

608px-Solanum_lycopersicum_-_Tomato_flower_aka.jpg

800px-Tomaten_tomatoes_pomodori.jpg

ウチダザリガニ (Pacifastacus leniusculus trowbridgii) は、北米大陸原産の甲殻類の淡水ザリガニの一種。日本には本来分布していない外来種。環境省指定特定外来生物。日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている。北海道では、日本固有種である在来種のニホンザリガニの生息域と競合して圧倒している。(Wikipedia

セイヨウオオマルハナバチ(Bombus terrestris)は1980年代にオランダとベルギーで周年飼育法が確立され、農作物の花粉媒介昆虫として世界中で利用されている。 日本では1991年に静岡県農業試験場で初めて導入された。温室トマトの受粉に用いるため原産国であるオランダやベルギーから人工増殖コロニーが1992年頃から本格的に大量に輸入され始めた。セイヨウオオマルハナバチの導入によって、労力のかかる植物ホルモン剤処理を行わずに簡単にトマトの結実が可能となり、トマト生産の効率化に大きく貢献した。(Wikipedia

ウチダザリガニ についてのニュース、ブログ記事(Google
全国野生生物保護実績発表大会 についてのニュース、ブログ記事(Google

第46回全国野生生物保護実績発表大会へ(美幌高校生) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

深セン和橋会「第二回和僑ドリームプラン・プレゼンテーション in 深セン」

main01.gif

800px-China_topo.jpg

和僑会からのメールマガジン:海外で働く日本人(和僑)を応援する「和僑ニュース 第144号」が送られてきました。日本及び世界各地の和僑人の皆様へお知らせいたします。

和僑会(わきょうかい)は、香港・中国本土を拠点に世界で活躍する日本人企業家(和僑)組織で、香港・シンセン・シンガポール・台北・モンゴル・北京・タイ王国・インドネシアに設立。世界20地域で行われている各和僑会の活動は、和僑会ラウンドテーブルで確認ができる。(Wikipedia

和僑の応援歌「和僑の風になれ」(gypsyqueenaki

深セン和橋会「第二回和僑ドリームプラン・プレゼンテーション in 深セン」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北京和僑ニュース(臨時発行号)

main01.gif

北京和僑会(中国)からメールマガジン「北京和僑ニュース」(臨時発刊号)が送られてきました。日本及び世界各地の和僑人の皆様へお知らせいたします。

北京和僑ニュース(臨時発行号) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

今日の音楽(7月29日)

469px-Champs-lyses.jpg

800px-Paris-Triumph-Bogenh.jpg

毎月29日は、肉の日。今日(7月29日)は、フランス・パリのエトワール凱旋門が落成(1836)。ドイツの作曲家ロベルト・シューマン(1856)命日。オランダの画家フィンセント・ファン・ゴッホ(1890)命日。

今日の音楽(7月29日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(J.S.バッハ)死去

800px-Lutherhaus_DSCN3667.jpg

800px-Bachhaus_Eisenach01.JPG

今日(7月28日)は、ドイツの作曲家ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1750)命日。

写真: マルティン・ルターの家、バッハの家 (アイゼナハ)
音楽: マタイ受難曲「憐れみ給え、わが神よ」(キャスリーン・フェリア)
※ マタイ受難曲は武満徹が愛聴していた曲。

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(J.S.バッハ)死去 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ナクソスCD(Irina Kulikova)

Music.jpg

Contact.jpg

Biography.jpg

ロシア-オランダのクラシックギター奏者イリーナ(Irina Kulikova)が3枚目のCD(Naxos Laureate Series)をリリースされました。日本と中国の音楽愛好家たちへご案内いたします。

ナクソスCD(Irina Kulikova) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

国際数学オリンピック(オランダ大会)

428px-Sights_in_Amsterdam2.jpg

おめでとう!メダル獲得: 国際数学オリンピック(IMO2011)オランダ大会の日本代表チーム。アムステルダム(オランダ)で開催された「第52回国際数学オリンピック」に参加した日本の高校生が、金メダル等を獲得した。

写真: アムステルダム(オランダ)

国際数学オリンピック(International Mathematical Olympiad, IMO)は、毎年行われる高校生を対象とした数学の問題を解く能力を競う国際大会である。 2010年カザフスタン大会(アスタナ)、2011年オランダ大会(アムステルダム)。(Wikipedia

国際数学オリンピックのニュース(Google
国際数学オリンピックについてのブログ(Google

国際数学オリンピック(オランダ大会) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る