2018年 奥村愛トリオコンサート(北見芸術文化ホール)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

012.jpg

2018年 奥村愛トリオコンサート(北見芸術文化ホール)

関連記事

奥村愛トリオ・コンサート 北見芸術文化ホールで 開館20周年を記念 ホール・ボランティア友の会も結成20周年 3月7日
奥村愛トリオ・コンサートが3月7日(水)午後7時から、北見芸術文化ホールで開かれます。 同ホール開館20周年と同ホール・ボランティア友の会の結成20周年を記念した市民ホール自主文化事業。バイオリン・奥村愛、ピアノ・加藤昌則、チェロ・小川和久の3アーティストが、柔らかな音色で聴衆を包みます。 E.メンデルスゾーン「ピアノ三重奏曲第1番」、J.ブラームス/加藤昌則「ハンガリー舞曲第5番」などを演奏します。 チケットは一般1500円(当日2千円)、高校生以下500円(当日800円)。問い合わせは同ホール(TEL 0157-31-0909)へ。(2018年2月7日の記事 経済の伝書鳩

奥村愛(Ai Okumura)
奥村 愛(おくむら あい、1979年9月16日 – )は、日本のヴァイオリニスト。コンサートイマジン所属。レコードレーベルはavex-CLASSICS。元夫でチューバ奏者の杉山康人との間に一女がいる。 人物・来歴 / 父はアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の元ヴァイオリン奏者で、ヴィオリストの奥村和雄、弟はチェリストの奥村景。 アムステルダムで生まれ、1987年、父親の同楽団退団に伴いその故郷である新潟市に移り、中学卒業まで同地で育つ。 1994年、第48回全日本学生音楽コンクール全国大会・中学生の部で第1位、1997年(第66回)及び1998年(第67回)日本音楽コンクールヴァイオリン部門で入選、1999年(第68回)同第2位入賞。 桐朋女子高等学校音楽科を卒業後、桐朋学園大学のソリスト・ディプロマ・コースで学んだ。辰巳明子に師事。 2002年、「愛のあいさつ」でCDデビュー。小品で構成され、トークを売りにした演奏会で知られる。条件を満たした入場者との記念撮影会を行ったり(富士山河口湖音楽祭2007、2008、2009、2010[5])、ファンミーティング(写真撮影会)を含んだイタリア-オーストリア旅行に参加を予定したりしている。 2004年、オーストリア・ウィーンに渡り、ライナー・ホーネックのレッスンを受けた。時期を同じくして女児を出産。のちに渡米。 プライベートについて公言することはなかったが、2008年、雑誌やラジオ等で「3歳の娘」について語った。 発言 / 練習時間 / Web上で公開されたインタビューでは、コンサートが続いたり移動が重なったりした後は、1~2日ヴァイオリンを弾かない日を決め、1日だらだら過ごすことに幸せを感じると発言している。2008年3月発行の誌上では、「練習は毎日欠かしたことがない」と話した。 音楽と人間性 / 「万人に愛されようとは決して思っていないが、“音楽はいいが人間としては…”という演奏家にはなりたくない。私の音楽を好きと言ってくれる人には、人間的にも魅力的でありたい。人間性は音楽に出ると思うから」。 使用楽器 / 1738年製 カミリア・カミリー。(奥村愛 – Wikipedia

関連サイト

ボランティア友の会結成20周年記念:北見市民ホール自主文化事業

Ai Okumura Official Site | Top

Ai Okumura’ s Diary 奥村 愛 オフィシャル・ブログ

奥村愛 Ai Okumura – ホーム | フェイスブック – Facebook

加藤 昌則 Masanori Kato – ホーム | Facebook

関連エントリ

奥村愛トリオコンサート の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

コメント

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

  • お名前とメールアドレスは必ず入力してください。
    (メールアドレスは管理者にのみ通知され、コメント一覧には表示されません)
  • いただいたコメントは管理者の承認が必要となる場合がありますのでご了承ください。

このページの先頭へ戻る