スペイン カテゴリのアーカイブ

11月21日、フランシスコ・タレガ (Francisco Tárrega)誕生記念日

330px-Francisco_Tarrega.jpg

Francisco Tárrega
弗朗西斯科·塔雷加
프란시스코 타레가
Таррега, Франсиско

フランシスコ・タレガ(慣用的にタルレガ、またはアクセント記号を重視してターレガとも。Francisco Tárrega, 1852年11月21日 – 1909年12月15日)は、スペインの作曲家・ギター奏者。 略歴: ビジャレアル出身。1874年にマドリッド音楽院に進学。ギターのヴィルトゥオーソとして鳴らし、「ギターのサラサーテ」の異名をとった。バルセロナに定住して1909年に逝去。 作品と作風: タレガは、20世紀のクラシックギターを基礎付け、独奏楽器としてのギターに対して関心が増して行くきっかけを作った人物と見做されている。大ギタリストのアンドレス・セゴビアは、技巧がかったタレガ作品のほとんどを取り上げ、クラシック・ギターをヨーロッパ中のコンサートホールに送り込むのに多くのタレガ作品を利用した。 タレガは《アルハンブラの思い出 Recuerdos de la Alhambra》《アラブ風奇想曲 Capricho Árabe》《ムーア人の踊り Danza Mora》などの自作のギター曲のほか、ベートーヴェンやメンデルスゾーン、ショパンらのピアノ曲をギター用に編曲した。友人のアルベニスのような同時代のスペイン人作曲家と同じく、当時の支配的なロマン派音楽の風潮にスペインの民族音楽の要素を取り込んだ。アルベニスのいくつかのピアノ曲(《アストゥリアス(伝説)》など)をギター用に編曲したものは有名。 タレガは、有名な旋律の数多い作曲家でもあり、その作品はしばしば広告放送や映画音楽などにも利用されている。 ja.wikipedia.org/wiki/フランシスコ・タレガ

11月21日、フランシスコ・タレガ (Francisco Tárrega)誕生記念日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

11月14日、ナルシソ・イエペス (Narciso Yepes)誕生日

Narciso_Yepes.jpeg

Castillo_de_Lorca1.jpg

写真: ナルシソ・イエペス (12歳) (1939年)
Narciso Yepes (1939)
ロルカ城 (Castillo de Lorca)

11月14日、ナルシソ・イエペスの誕生日
November 14, birthday of Narciso Yepes
14 de noviembre, cumpleaños de Narciso Yepes

11月14日、ナルシソ・イエペス (Narciso Yepes)誕生日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

いっしょに国連!(外務省からのメールマガジン、第96号)

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

463px-Emblem_of_the_United_Nations_svg.png

外務省(国連企画調整課)からのメールマガジン「いっしょに国連」です。
日本および世界各国の皆様にご案内します。

いっしょに国連!(外務省からのメールマガジン、第96号) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道のメールマガジン「国際化通信 No.35」

logo_01.gif

logo_02.gif

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg


北海道総合政策部知事室国際課から「国際化通信 No.35」(北海道のメールマガジン)が送られてきました。

日本及び世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

北海道のメールマガジン「国際化通信 No.35」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

池宮英夫さんから新曲アップのお知らせ。(2013年9月28日)

Valldemossa_2003.jpg

ChopinSandDelacroix.jpg

Full_page_Chopin_Prelude_15.png

プレリュード第15号、1ページ(自筆)

Ikemy(池宮英夫)の新曲アップのお知らせです。
日本および世界各国のMP3/ MIDI音楽愛好の皆様にご案内いたします。

池宮英夫さんから新曲アップのお知らせ。(2013年9月28日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

中国の女性ギタリストスーフェイ・ヤン(楊雪霏、杨雪霏、Xuefei Yang)

712px-Yangxuefeiphoto.jpg

スーフェイ・ヤン – Wikipedia
スーフェイ・ヤン(楊雪霏、Xuefei Yang, 1977年 北京 -)は中国出身のギター奏者。日本語表記では、EMIミュージック・ジャパンからCDが発売される以前はヤン・シュエフェイまたは、シュエフェイ・ヤンとも呼ばれていた。輸入盤の販売サイトなどでは、シュエフェイ・ヤンが使用されていることが多い。
北京の中央音楽学院にギター専攻者として、初めて入学し、世界的にも注目され、中国のギターの英才教育のお手本となった。ワン・ヤンメン(王雅夢、Wang Yameng)、チェン・シャンシャン(陳册册、Chen Shanshan)、スー・メン(蘇萌、Su Meng)、リー・ジエ(李潔、Li Jie)といった超若手の中国女性ギタリストたちをリードする存在。
1989年、社団法人日本ギター連盟主催の第32回「東京国際ギターコンクール」に参加し、演奏を披露、特別賞を受賞。
1990年、大都市・北京でも、将来有望な少女ギタリストとして注目されるようになり、北京市長から表彰される。この年、北京の中央音楽学院附属中学に入学。在中国スペイン大使からコンサート・ギターの贈呈を受ける。
1991年2月、14歳でマドリッドでデビュー・コンサートを行い、ホアキン・ロドリーゴ(Joaquín Rodrigo)も聴衆のひとりとなる。
1995年、ジョン・ウィリアムズ(John Williams)が彼女の演奏を聴いた後、将来性を確信して、自分のスモールマン・ギターを寄贈。

中国の女性ギタリストスーフェイ・ヤン(楊雪霏、杨雪霏、Xuefei Yang) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

Año dual España-Japón (日本・スペイン400周年)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

478px-HasekuraPrayer.jpg

400sn_121102_07.jpg

400sn_121102_03.jpg

支倉常長(Hasekura Tsunenaga、1571年 – 1622年8月7日)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。伊達氏の家臣。慶長遣欧使節団を率いてヨーロッパまで渡航し、ローマでは貴族に列せられた。(Wikipedia

慶長遣欧使節とは慶長18年(1613年)に仙台藩主伊達政宗がフランシスコ会宣教師ルイス・ソテロを正使、支倉常長を副使として、エスパーニャ帝国(スペイン)の国王フェリペ3世、およびバチカンのローマ教皇パウルス5世のもとに派遣した使節である。(Wikipedia

コリア・デル・リオ(Coria del Río)は、スペイン、アンダルシア州、セビリア県の自治体。 1614年、仙台藩の伊達政宗の家臣支倉常長が率いる慶長遣欧使節が滞在したことで知られる。コリア・デル・リオにはJapón(ハポン、日本)の姓を持つ人が約700人おり、使節団の一員として来訪したまま現地に留まったキリスト教徒日本人、使節の現地人水夫、及びその支援者の子孫達と考えられている。 2013年6月、徳仁皇太子がコリア・デル・リオを訪問し、植樹式を行なった。(Wikipedia

日本・スペイン400周年 に関するブログ記事ニュースの検索結果 – Google

Año dual España-Japón に関するブログ記事ニュースの検索結果 – Google

Año dual España-Japón (日本・スペイン400周年) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

新曲upのお知らせ!(Ikemy 池宮英夫から)

Domenico_Scarlatti_azul.jpg

La_familia_de_Felipe_V_Van_Loo.jpg

ドメニコ・スカルラッティ – Wikipedia
ドメニコ・スカルラッティ(多梅尼科·斯卡拉蒂、도메니코 스카를라티、Domenico Scarlatti, 1685年10月26日 – 1757年7月23日)は、イタリアのナポリ出身で、スペインのマドリードで没した作曲家。同年にJ.S.バッハ、ヘンデルのバロック時代の代表的作曲家が生まれているが、スカルラッティもその時代の鍵盤曲に新しい用法を取り入れた重要な作曲家である。

Ikemy(池宮英夫)の新曲Upのお知らせです。日本および世界各国のMP3/ MIDI音楽愛好の皆様にご案内いたします。

新曲Upの お知らせです。
新曲upのお知らせ!(Ikemy 池宮英夫から) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

森に夢見るギタリスト – 朴葵姫(Kyuhee Park)

450px-Francisco_tarrega.JPG

423px-Beautiful_dreamer.jpg


フランシスコ・タレガ – Wikipedia
フランシスコ・タレガ(タルレガ、またはターレガとも。弗朗西斯科·塔雷加, 프란시스코 타레가, Francisco Tárrega, 1852年11月21日 – 1909年12月15日)は、スペインの作曲家・ギター奏者。

アグスティン・バリオス – Wikipedia
アグスティン・ピオ・バリオス(奥古斯汀·巴里奥斯·曼戈雷, 아구스틴 바리오스, Agustín Pío Barrios, 1885年5月5日 – 1944年8月7日 サンサルバドル)はパラグアイのギタリスト・作曲家・詩人である。アグスティン・バリオス=マンゴレ(Agustín Barrios Mangoré)とも呼ばれる。

森に夢見るギタリスト – 朴葵姫(Kyuhee Park) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

5月3日、ナルシソ・イエペス(Narciso Yepes)命日

290px-Guitar_headstock_front.jpg

250px-W_carnation4051.jpg

Narciso Yepes (14 November 1927 – 3 May 1997) was a Spanish guitarist.

Narciso García Yepes (Lorca, 14 de noviembre de 1927 – Murcia, 3 de mayo de 1997), más conocido como Narciso Yepes, fue un guitarrista clásico español.

Нарсисо Йепес (иногда упоминается как Епес, исп. Narciso Yepes) (Лорка, Мурсия; 14 ноября 1927 — 3 мая 1997; Мурсия) — испанский классический гитарист.

ナルシソ・イエペス(Narciso Yepes、1927年11月14日 – 1997年5月3日)はスペインのギタリスト、作曲家。

5月3日、ナルシソ・イエペス(Narciso Yepes)命日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る