北朝鮮 カテゴリのアーカイブ

外務省からのメールマガジン「わかる!国際情勢、ミャンマー」

Bagan-sm.jpg

397px-Myanmar_monks2.jpg

外交 のニュースブログ(Google 検索)
ミャンマー のニュースブログ(Google 検索)

ミャンマー連邦共和国(ミャンマーれんぽうきょうわこく)、通称ミャンマーは、東南アジアに位置する共和制国家。1989年までの名称はビルマだった。 2012年に入って以降、アメリカが民主化を評価し、ミャンマーへの政策を改める見通しが出始めており、これまでアメリカの顔色を伺って現地進出したくてもできなかった日本企業にとっては明るい兆しと言える。また、ミャンマー側にとっても経済発展は悪い話ではないし、ベトナム、カンボジア、バングラデシュに大きく遅れをとったが、グローバリゼーションが進む21世紀の世界において、安いコストで衣類などの軽工業品を生産できることは、企業側にとっては良いビジネスになりうる。また、結果として多くのミャンマー国民の雇用を生み出すという点でも重要である。(Wikipedia

外務省(MOFA)のメールマガジン「わかる!国際情勢」第57号(2012年10月9日発行)が送られてきました。日本及び世界各地の皆様へお知らせいたします。

外務省からのメールマガジン「わかる!国際情勢、ミャンマー」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「新たな気持ちで、立ち向かう。」(野田首相)

800px-China_topo.jpg

内閣広報室(首相官邸)からのメール配信:
首相官邸オフィシャルブログ「官邸かわら版」(2012/09/28)のお知らせが送られてきました。日本と世界各地の皆様にご案内いたします。

「新たな気持ちで、立ち向かう。」(野田首相) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日本大使館から「注意喚起!」

800px-China_topo.jpg

日中関係 のニュースブログ(Google 検索) 
注意喚起 のニュースブログ(Google 検索) 
日本大使館 のニュースブログ(Google 検索) 

在中華人民共和国日本国大使館の「在留邦人向けメールマガジン」が送られてきました。中国で生活する邦人の皆さまと、これから中国を訪問する皆様にお知らせいたします。

日本大使館から「注意喚起!」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

反日のデモには十分ご注意ください。(9月18日)

NASA-Apollo8-Dec24-Earthrise_2.jpg

004.jpg

800px-China_topo.jpg

柳条湖事件(Liutiaohu Incident)は、関東軍の謀略によって起こった、満州事変の発端となる鉄道爆破事件。1931年(昭和6年、民国20年)9月18日午後10時20分ころ、満州(現在の中国東北部)の奉天(現在の瀋陽市)近郊の柳条湖(りゅうじょうこ)付近で日本の所有する南満州鉄道(満鉄)の線路が爆破された事件である。(Wikipedia) 

満州事変(滿洲事變、Mukden Incident, Manchurian Incident)は、1931年(昭和6年、民国20年)9月18日に中華民国奉天(現瀋陽)郊外の柳条湖で、関東軍(満洲駐留の大日本帝国陸軍の軍)が南満州鉄道の線路を爆破した事件(柳条湖事件)に端を発し、関東軍による満州(現中国東北部)全土の占領を経て、1933年5月31日の塘沽協定成立に至る、大日本帝国と中華民国との間の武力紛争(事変)である。通常「満州事変」と表記されることが多いが、元もと「満州」は「満洲」と表記されていた。中国側の呼称は九一八事変。(Wikipedia) 

日中関係 のニュースブログ(Google 検索) 
日本大使館 のニュースブログ(Google 検索) 

在中華人民共和国日本国大使館の「在留邦人向けメールマガジン」が送られてきました。中国で生活する邦人の皆さまと、これから中国を訪問する皆様にお知らせいたします。

反日のデモには十分ご注意ください。(9月18日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

人の命は金メダルよりも重い!(拉致問題と領土問題)

m_sori_2.jpg

370px-Blue_ribbon_svg.png

800PX-~1.PNG

金メダル のニュースブログ(Google 検索) 
拉致問題 のニュースブログ(Google 検索) 
領土問題 のニュースブログ(Google 検索) 

内閣広報室(首相官邸)からのメール配信:
首相官邸オフィシャルブログ「官邸かわら版」(2012/09/06)のお知らせが送られてきました。日本と世界各地の皆様にご案内いたします。

人の命は金メダルよりも重い!(拉致問題と領土問題) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2112年9月3日、ドラえもんが誕生!(100年前)

800px-Doraemon_Guitar-240x180.jpg

img_index01.jpg

800px-DoraemonTruckInJapan.jpg

2112年9月3日 のニュースブログ(Google 検索) 

ドラえもん のニュースブログ(Google 検索) 

Doraemon のニュースブログ(Google 検索) 

2112年9月3日、ドラえもんが誕生!(100年前) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ああ、日本丸の歌

800px-Atakebune3.jpg


かみともにいまして(God be with you till we meet again) – YouTube 

日本丸 のニュースブログ(Google 検索) 

トロント(カナダ)の e-nikka編集長・色本信夫さんから、e-nikkaメールニュース配信 2012年(平成24年)8月30日(木曜日)号が送られてきました。日本の皆様にご案内いたします。

ああ、日本丸の歌 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

美幌海軍航空隊所属の訓練所(訓練生)

800px-Ohagi_Botamochi.jpg

美幌海軍航空隊(びほろかいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。六番目の陸上攻撃機部隊として、太平洋戦争序盤より中盤にかけて最前線で爆撃・攻撃・偵察行動に従事した。1942年(昭和17年)11月1日に初代第七〇一海軍航空隊(だい701かいぐんこうくうたい)と改称。 地名の「びほろ」ではなく「みほろ」と呼んでいたとする証言が多数あり、海軍でも建設中は「M基地」の符牒で呼び、機体番号も「M-数字」と表記していた。 終戦までに美幌周辺に3箇所の飛行場が造成された。敗戦後に進駐した連合軍は、美幌飛行場の滑走路を徹底的に破壊したが、第三美幌飛行場は緊急用に温存した。破壊された美幌飛行場跡には陸上自衛隊美幌駐屯地が開かれ、残された第三美幌飛行場は、道東の玄関・女満別空港として健在である。(Wikipedia) 

美幌駐屯地(びほろちゅうとんち、JGSDF Camp Bihoro)とは、北海道網走郡美幌町字田中に所在し、第6普通科連隊等が駐屯している陸上自衛隊の駐屯地である。最寄の演習場は、美幌訓練場。駐屯地司令は、第6普通科連隊長が兼務。 1940年(昭和15年)、当地に大日本帝国海軍美幌第一航空基地が完成。1945年(昭和20年)、終戦により、GHQが滑走路を破壊。飛行場としては使用不能となる。(Wikipedia) 

美幌海軍航空隊所属の訓練所(訓練生) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

最近の日中関係の動きに係る注意喚起(在中国日本国大使館から)

400px-Short_tailed_albatross.jpg

800px-20100915Senkaku_Islands_Uotsuri_Jima_Kita_Kojima_Minami_Kojima.jpg

日中関係 のニュースブログ(Google 検索) 

日本大使館 のニュースブログ(Google 検索) 

在中華人民共和国日本国大使館の「在留邦人向けメールマガジン」が送られてきました。中国で生活する邦人の皆さまと、これから中国を訪問する皆様にお知らせいたします。

最近の日中関係の動きに係る注意喚起(在中国日本国大使館から) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

外務省からのメールマガジン「わかる!国際情勢、第54号」


平成24年7月3日・4日に東北で開催された世界防災閣僚会議 in 東北(女川第一中学校の生徒による基調報告)の動画です。

世界防災閣僚会議in東北 のニュースブログ(Google 検索)

ミレニアム開発目標(ミレニアムかいはつもくひょう、MDGs:Millennium Development Goals)とは、2000年9月のニューヨークで開催された国連ミレニアム・サミットで採択された国連ミレニアム宣言と、1990年代に開催された主要な国際会議やサミットで採択された国際開発目標を統合し、一つの共通の枠組みとしてまとめられたものである。単にミレニアム目標とも呼ばれる。(Wikipedia

外務省 のニュースブログ(Google 検索)

外務省(MOFA)のメールマガジン「わかる!国際情勢」第54号(2012年8月1日発行)が送られてきました。日本及び世界各地の皆様へお知らせいたします。

外務省からのメールマガジン「わかる!国際情勢、第54号」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る