女満別 カテゴリのアーカイブ

今日の宅配食事 2013年2月

450px-Greylag_Goose_Anser_anser.jpg

786px-Nagaoka-tenjin_hakubai.jpg

美幌町 のニュースブログ

宅配食事 のニュースブログ

2月の食事宅配サービスです。提供はハローランチ鳥十(ハロー宅食サービス鳥十)です。

今日の宅配食事 2013年2月 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

網走管内の「年末年始の各機関ガイド」と「新春ガイド2013」

Okhotsk_subpref_2010_Hokkaido.jpg

448px-Noah_mosaic.jpg

網走支庁
網走支庁(あばしりしちょう)は、かつて北海道に存在した支庁のひとつ。支庁名は北見国網走郡に由来する。支庁所在地は網走市。2010年(平成22年)4月1日、オホーツク総合振興局に改組。(Wikipedia

オホーツク総合振興局(鄂霍次克綜合振興局、오호츠크 종합진흥국、Okhotsk Subprefecture)
オホーツク総合振興局(オホーツクそうごうしんこうきょく)は、北海道の総合振興局のひとつ。振興局所在地は網走市。2010年(平成22年)4月1日、網走支庁に代わって発足した。(Wikipedia

網走管内の「年末年始の各機関ガイド」と「新春ガイド2013」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2012年の重大ニュース – 北海道のオホーツク地方

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

800px-Abashiri_Subprefecture.png


大地讃頌 – YouTube

土の歌
混声合唱とオーケストラのためのカンタータ「土の歌」(こんせいがっしょう – つちのうた)は、大木惇夫が作詞、佐藤眞が作曲したカンタータ。日本ビクターの委嘱により、1962年に作曲された。(Wikipedia

2012年の重大ニュース – 北海道のオホーツク地方 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

美幌地方自衛隊協力会に防衛大臣感謝状

Okhotsk_subpref_2010_Hokkaido.jpg

bi_bo.jpg

防衛省
防衛省(Ministry of Defense)は、日本の中央省庁のひとつ。日本の平和と独立を守り、国の安全を保つことを目的とし、このために、陸上自衛隊、海上自衛隊及び航空自衛隊を管理・運営し、並びにこれに関する事務を行うことを任務とする。(Wikipedia

陸上自衛隊
陸上自衛隊(Japan Ground Self-Defense Force)は、日本の官公庁のひとつ。防衛省の特別の機関である。略称はJGSDF。(Wikipedia

美幌駐屯地
美幌駐屯地(JGSDF Camp Bihoro)とは、北海道網走郡美幌町字田中に所在し、第6普通科連隊等が駐屯している陸上自衛隊の駐屯地である。(Wikipedia

第6普通科連隊
第6普通科連隊(JGSDF 6th Infantry Regiment(Light))は、北海道網走郡美幌町の美幌駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊第5旅団隷下の普通科連隊(軽)である。(Wikipedia

美幌地方自衛隊協力会に防衛大臣感謝状 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

「美しく生きる」と「佛陀の人間観」

600px-Dharma_Wheel.svg.png

654px-Sacred_lotus_Nelumbo_nucifera.jpg

仏陀(ぶつだ、ブッダ、梵:बुद्ध buddha)は、仏ともいい、悟りの最高の位「仏の悟り」を開いた人を指す。buddha はサンスクリットで「目覚めた人」「体解した人」「悟った者」などの意味である。(Wikipedia

「美しく生きる」と「佛陀の人間観」 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

エゾシカとの交通事故に注意!

Canis_lupus_lupus_qtl1.jpg

450px-Doubutunityuui-hyousiki.JPG

800px-Ezoshika01.jpg

637px-C.n.yesoensis--modified.jpg


エゾシカ のニュースブログ(Google 検索)

エゾシカが引き起こす問題(交通事故)
北海道全域でエゾシカと自動車・鉄道との衝突事故(ロードキル)が多発している。車との交通事故は年間1800件以上、列車の遅延回数は年間1400件以上が発生している。山地では野生のエゾシカが頻繁に見られ不意に車道や線路上に飛び出てくるため、至る所にエゾシカ飛び出し注意の道路標識が設置されている。 交通事故以外にも、空港の敷地内にエゾシカが侵入して飛行機の離着陸が見合わされる事態も発生している。(Wikipedia

エゾシカとの交通事故に注意! の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日本野鳥の会オホーツク支部(WBSJ Okhotsk)

736px-Birdwatching_sample.jpg

614px-PeopleBirding.jpg



野鳥観察(やちょうかんさつ)もしくはバードウォッチング(英: birdwatching、米: birding)とは、野鳥を観察する趣味である。 趣味としての探鳥は、1889年英国王立鳥類保護協会が設立され、野鳥を捕殺したり飼育することを禁止しようということで、鳥を見て楽しむ事が奨励された。20世紀に入り、欧米を中心に広がった。日本においては、昭和10年ごろ中西悟堂らによって提唱され現在に至る。(Wikipedia

公益財団法人日本野鳥の会(にほんやちょうのかい、Wild Bird Society of Japan)は、野鳥の保護と調査研究、自然環境の保護を目的として創立された会員制の財団法人。 バード・ウォッチングの会(探鳥会)などを開いて自然の尊さを啓蒙し、サンクチュアリや野鳥保護区の制定に尽力している。(Wikipedia

日本野鳥の会オホーツク支部(WBSJ Okhotsk) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

網走日台親善協会(北海道網走市)

450px-Musa-sp3_1.jpg

Notoromisaki_cape_Abashiri_Hokkaido_Japan.jpg

800PX-~1.JPG

~1.JPG

謝謝台湾計画(謝謝臺灣計畫)は、東日本大震災に寄せられた台湾からの支援に対して、日本人の民間人有志が計画した台湾紙上への感謝広告の掲載計画。感謝広告は2011年5月3日、台湾主要2紙の朝刊に掲載された。(Wikipedia) 

日台 のニュースブログ(Google 検索) 

網走日台親善協会設立大会及び祝賀会 

網走日台親善協会への連絡は網走青年会議所 http://www.abashiri-jc.com/ 

網走日台親善協会(北海道網走市) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

美幌海軍航空隊所属の訓練所(訓練生)

800px-Ohagi_Botamochi.jpg

美幌海軍航空隊(びほろかいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。六番目の陸上攻撃機部隊として、太平洋戦争序盤より中盤にかけて最前線で爆撃・攻撃・偵察行動に従事した。1942年(昭和17年)11月1日に初代第七〇一海軍航空隊(だい701かいぐんこうくうたい)と改称。 地名の「びほろ」ではなく「みほろ」と呼んでいたとする証言が多数あり、海軍でも建設中は「M基地」の符牒で呼び、機体番号も「M-数字」と表記していた。 終戦までに美幌周辺に3箇所の飛行場が造成された。敗戦後に進駐した連合軍は、美幌飛行場の滑走路を徹底的に破壊したが、第三美幌飛行場は緊急用に温存した。破壊された美幌飛行場跡には陸上自衛隊美幌駐屯地が開かれ、残された第三美幌飛行場は、道東の玄関・女満別空港として健在である。(Wikipedia) 

美幌駐屯地(びほろちゅうとんち、JGSDF Camp Bihoro)とは、北海道網走郡美幌町字田中に所在し、第6普通科連隊等が駐屯している陸上自衛隊の駐屯地である。最寄の演習場は、美幌訓練場。駐屯地司令は、第6普通科連隊長が兼務。 1940年(昭和15年)、当地に大日本帝国海軍美幌第一航空基地が完成。1945年(昭和20年)、終戦により、GHQが滑走路を破壊。飛行場としては使用不能となる。(Wikipedia) 

美幌海軍航空隊所属の訓練所(訓練生) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

捕虜収容所(サハリン州オハ)

Border_Security_of_the_50th_parallel_of_north.jpg

499px-Relief_Map_of_Sakhalin_Oblast_svg.png

樺太の戦い(からふとのたたかい)は、太平洋戦争/大東亜戦争末期の1945年(昭和20年)8月11日から8月25日にかけ、日本の内地であった樺太南部で、日本とソビエト連邦の間で行われた戦闘である。(Wikipedia) 

捕虜収容所 のニュースブログ(Google 検索)

捕虜収容所(サハリン州オハ) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る