女満別 カテゴリのアーカイブ

「作業療法士の仕事とは?」(What is The Work of Occupational Therapist)

800px-Reeve_41457.jpg

800px-Occupational_therapy_psychiatric_hospital.jpg

作業療法
作業療法 (さぎょうりょうほう、英語:occupational therapy) は、作業をできるようにすることで人々の健康状態と幸福感の改善をもたらす。 作業ができるとは、人々が仕事を適切にやり遂げられる、心楽しく遊ぶことができる、日々の生活習慣を整えられる、上手に休養することができる、という意味である。 作業療法士の仕事は、作業ができるようクライエントの能力を強化したり、環境を整えることである。

作業療法士
作業療法士(さぎょうりょうほうし、英語: occupational therapist、略称:OT)は、医療従事者(コ・メディカルスタッフ)の一員であり、理学療法士(PT)、言語聴覚士(ST)、視能訓練士(ORT)と共に、リハビリテーション職と称されるうちの一つである。厚生労働大臣の免許を受けて、「作業療法士」の名称を用いて、医師の指示の下に、「作業療法」を行うことを業とする者をいう。

作業療法士 についてのブログ記事ニュースの検索結果 – Google

「作業療法士の仕事とは?」(What is The Work of Occupational Therapist) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北見赤十字病院の「ドクターカー」(Rapid response car)

Cessna_Citation_II.jpg

航空救急(英:Air rescue / Aeromedical service)とは、航空機を用いた救急活動である。(wiki/航空救急

ドクターヘリとは、救急医療用の医療機器等を装備したヘリコプターであって、救急医療の専門医及び看護師が同乗し救急現場等に向かい、現場等から医療機関に搬送するまでの間、患者に救命医療を行うことができる専用ヘリコプターをいう。救急医療用ヘリコプターとも言う。「航空救急医療活動」、「ヘリコプター救急医療活動」、「ヘリコプター救急」ともいう。(wiki/ドクターヘリ

ドクターカーとは、患者監視装置等の医療機械を搭載し、医師、看護師等が同乗し、搬送途上へ出動する救急車である。医師派遣用自動車、ラピッド・レスポンス・カー(Rapid response car)とも言う。(wiki/ドクターカー

北見赤十字病院の「ドクターカー」(Rapid response car) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ヒグマが出没しています。(網走市、大空町、北見市)

608PX-~1.PNG

612PX-~1.PNG

a_bare03.jpg

Ours_brun_parcanimalierpyrenees_1.jpg

ヒグマ に関するブログ記事ニュースの検索結果 – Google

ヒグマが出没しています。(網走市、大空町、北見市) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2013年8月の宅配食事

800px-Small_fireworks.jpg

004.jpg

宅配食事 に関するブログ記事ニュースの検索結果 – Google

8月の食事宅配サービスです。提供はハローランチ鳥十(ハロー宅食サービス鳥十)です。

2013年8月の宅配食事 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

知事コラム「東北地域との交流」(北海道から)

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

北海道のメールマガジン「Do・Ryoku(動・力)」(第369号)が送られてきました。日本および世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

知事コラム「東北地域との交流」(北海道から) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2013年7月の宅配食事

140px-Food_Safety_1_svg.png

004.jpg

宅配食事 に関するブログ記事ニュースの検索結果 – Google

7月の食事宅配サービスです。提供はハローランチ鳥十(ハロー宅食サービス鳥十)です。

2013年7月の宅配食事 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ヒグマとカラスの問題

Traffic_light.gif

398px-Caution_-Brown_bear.jpg

a_bare03.jpg

Ours_brun_parcanimalierpyrenees_1.jpg

ヒグマ に関するブログ記事ニュース(Google 検索)

カラス に関するブログ記事ニュース(Google 検索)

ヒグマとカラスの問題 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道 エゾシカの問題

Canis_lupus_lupus_qtl1.jpg

Cape_Ochiishi_and_Groups_of_Ezo-deer_1_3.jpg

エゾシカ(蝦夷鹿)は、北海道に生息するシカの一種。 個体数の爆発的増加にともない、農林業被害や交通事故といった人間経済への被害、そして採食活動による森林や高山植物などの生態系破壊が深刻化している。もはやエゾシカの問題は、北海道の経済と自然を脅かす社会問題となっており、「災害」とまでいわれている。

エゾシカ に関するブログ記事ニュース(Google 検索)

北海道 エゾシカの問題 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2013年5月の宅配食事

800px-Kashiwa_mochi.jpg

004.jpg

宅配食事 に関するブログ記事ニュース(Google 検索)

5月の食事宅配サービスです。提供はハローランチ鳥十(ハロー宅食サービス鳥十)です。

2013年5月の宅配食事 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

中国の鳥インフルエンザ感染に注意!(北海道オホーツク地方)

Duckling_-_domestic_duck.jpg

HolidaySnap2008.jpg

H7N9亜型(Influenza A virus subtype H7N9)は、A型インフルエンザウイルスの亜型の1つである。ウイルスの増えやすさを決める特定の遺伝子が、ヒトの細胞の表面に感染しやすく変異している事が確認された。 2013年3月末、中国国家衛生・計画出産委員会は、上海市で低病原性トリインフルエンザ (LPAI)(H7N9亜型)に感染した87歳と27歳の男性2人が死亡し、安徽省で35歳の女性が重体になったと発表した。なお、H7N9亜種が人間に感染した事例はこれが始めてである。 4月14日現在では、上海市、北京市、河南省、安徽省、江蘇省、浙江省での60の感染例とそのうち13の死亡例がある。人間から人間への感染例は見つかっていない。(Wikipedia

H7N9新型インフルエンザの流行 (2013年)は、2013年3月末に人間への感染が中国で初めて発見されたインフルエンザ[1]である。病原体はH7N9亜型A型インフルエンザウイルスである。発見後3週間で、上海市、北京市、河南省、安徽省、江蘇省、浙江省で人への91例の感染が発見されそのうち17人が死亡している。 人間から人間への感染は今のところ否定されているが、原因となる動物(自然宿主)は、はっきりとわかっていない。遺伝子解析の結果、従来のH7N9ウイルスが人間に感染しやすいように変異していることが分かった。現在のところ、タミフルなど4種の抗インフルエンザ薬に効果があることが判明している。(Wikipedia

鳥インフルエンザ に関するブログ記事ニュース(Google 検索)

中国の鳥インフルエンザ感染に注意!(北海道オホーツク地方) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る