美幌観光物産協会 の検索結果: 31 件

北海道美幌町出身のホルン演奏者 鈴木謁子

北海道美幌町出身のホルン演奏者 鈴木謁子

関連記事

地元でコンサート出演へ 2019/08/13掲載(美幌町/告知) 美幌出身のホルン奏者 鈴木 謁子さん 古里の子ども達に刺激を / 8月22日 / 美幌町出出身のホルン奏者、鈴木謁子さん(35)が、22日(木)にグリーンビレッジ美幌で開かれるシンガーソングライター、瞬さんのコンサートに出演する。 美幌小学校4年生の時に金管バンドに入り、アルトホルンを担当。美幌北中学校、北見柏陽高校を経て洗足学園音楽大学(神奈川)に進学。さらにドイツに渡り、デトモルト音楽大学、リューベック音楽大学院を修了。2015年まで8年間を過ごした。帰国後は神奈川を拠点に、演奏活動に加え、高校の非常勤講師や中学・高校吹奏楽部の指導に携わっている。 コンサートにはドイツでともに学んだピアニスト、進藤麻美さんも出演。鈴木さんにとって古里での演奏会は、北見での新人演奏会以来になるという。1部は「ヴィラネル」(ポール・デュカス)などクラシック、2部は瞬さんのオリジナル曲に加え、瞬さんが敬愛する玉置浩二さんのカバーも披露する予定。 鈴木さんは高校時代にホルンの練習で札幌まで通ったり、プロの演奏を聞くために遠くまで出かけた自身の経験から「古里で音楽に取り組む子ども達に近い存在でありたい」と願う。「子ども達が音楽を通じて刺激を受けられるようになれば。今回のコンサートをきっかけに、継続していきたい」と思いを語る。 コンサートの料金は1500円。高校生以下無料。予約などは本誌参照のこと。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

瞬 CONCERT TOUR 2019 「Hello to the World 〜あこがれは瞼の先に〜」 – ピアニスト 進藤麻美 Webサイト

みどりの村新興公社 – 美幌町ホームページ

グリーンビレッジ美幌 – 美幌観光物産協会ホームページ

関連エントリ

鈴木謁子 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Etsuko Suzuki の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

美幌林業館きてらす10万人達成 (北海道美幌町)

300px-Bihoro_station01

美幌林業館きてらす10万人達成 (北海道美幌町)

関連記事

美幌林業館「きてらす」10万人達成 2019/05/30掲載(美幌町/社会)
オープンから3年7カ月で大台 / 木の遊具などで遊べる美幌林業館「きてらす」の入館者が28日、10万人に達した。オープンから3年7カ月での達成。節目の入館者への記念品贈呈式が行われた。 きてらすは、木材や木製品の展示などが主だった林業館を改修し、2015年10月にリニューアルオープン。滑り台や「ままごとハウス」などの木製コンビネーション遊具をはじめ多くの木のおもちゃがある。 入館者数は、リニューアル2カ月後の12月に1万人を達成。同1年5カ月後の17年3月に5万人に達した。5万人から10万人にかけては2年2カ月を要し、ペースは落ちたが、今年に入っても毎月2千人ほどが利用している。 節目の10万人目になったのは、美幌町在住の男児(3)。施設設置者の町から木のおもちゃ、管理を受託する美幌観光物産協会から特産品のプレゼントを手にして満面の笑みを見せた。母親(40)は「木のぬくもりを感じながら思い切り遊べる。ママ友同士で来ても、話ができるスペースがあるのがいい」と話していた。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

美幌林業館「きてらす」 | 美幌町ホームページ

美幌観光物産協会ホームページ | 美幌林業会館きてらす

関連エントリ

きてらす の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道札幌市の 札幌コミュニティ放送局 (ラジオカロスサッポロ)

bi_bo.jpg

北海道札幌市の 札幌コミュニティ放送局 (ラジオカロスサッポロ)

関連記事

美幌の情報を道央圏に発信 2019/05/31掲載(美幌町/社会)
ラジオカロスサッポロ / 火曜日は美幌駅でFM公開生放送 8月まで13回 / 札幌市内のコミュニティFM「ラジオカロスサッポロ」の番組「ホッとするまち美幌シーズン4」の公開生放送が28日、JR美幌駅内のブースで始まった。札幌のスタジオとのやりとりで、7月の美幌観光和牛まつりなど美幌の情報を札幌圏に発信している。 4年目を迎える放送。今年は美幌観光物産協会に加え、8月に開かれる「びほろ夏まつり」実行委員会も協賛してイベントのPRを図る。 放送は8月13日まで火曜日午後6~7時に駅内で12回と、夏まつり会場で1回の計13回を予定している。 初回はSTVのラジオ番組でアシスタントを務めた町内在住の女性、4月に美幌町地域おこし協力隊員として着任した女性がブースから出演。カロスサッポロの後藤眞理人さんとの軽妙なやりとりを交えながら和牛まつりや夏まつりをPRした。 放送は札幌圏(周波数78.1メガヘルツ)に加え、パソコンサイト「サイマルラジオ」、スマートフォンアプリ「ListenRadio(リスラジ)」を通じてどの地域でも聴くことができる。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

トピックス / ホッとするまち美幌 シーズン4
5月28日~8月13日、毎週火曜18~19時、期間限定特別番組『ホッとするまち美幌』シーズン4が生放送決定! 美幌町の一大イベント 「美幌観光和牛まつり」(7月14日) 「びほろ夏まつり」(8月10日) の紹介をはじめ、ホッとする話題や人物、旬のグルメ情報などを、美幌町から早川舞子が広く発信してきます! 提供 美幌観光物産協会 問合先 0152-73-2211 (トピックス | ホッとするまち美幌 シーズン4 | ラジオカロスサッポロのホームページ)

美幌町 日本の北海道の町 / 美幌町(びほろちょう)は、北海道オホーツク総合振興局管内にある町。 概要 / 町名にはアイヌ語と「ピポロ」〔石・多い〕あるいは「ペホロ」〔水・多い〕の二説があり、特定しがたいとされる。 陸上自衛隊の駐屯地があり、自然が豊かで降雪や災害が少なく、空港が近いことから道外からの移住者が多いのが特徴。 (美幌町 – Wikipedia)

株式会社札幌コミュニティ放送局(さっぽろコミュニティほうそうきょく)は、北海道札幌市中央区、北区、東区、西区の各一部地域を放送区域として超短波放送(FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 ラジオカロスサッポロの愛称でコミュニティ放送をしている。 (札幌コミュニティ放送局 – Wikipedia)

関連サイト

早川舞子 – 美幌町観光まちづくり協議会のホームページ

FMラジオ放送「ホッとするまち美幌 シーズン4」 | 美幌観光物産協会のホームページ

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町のホームページ

ラジオカロスサッポロのホームページ

関連エントリ

札幌コミュニティ放送局 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ラジオカロスサッポロ の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

創立30周年記念式典 美幌観光ボランティアガイドの会 (北海道美幌町)

bi_bo.jpg

創立30周年記念式典 美幌観光ボランティアガイドの会 (北海道美幌町)

関連記事

記念式典で節目祝う 2019/03/29掲載(美幌町/社会)
美幌観光ボランティアガイドの会 / 美幌の観光支え30年 / 美幌観光ボランティアガイドの会の創立30周年記念式典が24日、美幌町しゃきっとプラザで行われた。 会は昭和63年、美幌観光物産協会が開いた観光ボランティアガイド養成講座の修了者で発足。毎年5月の美幌峠まつり、7月の美幌観光和牛まつりに協力するほか、曲「美幌峠」を歌った昭和の大歌手・美空ひばりさんの命日の6月24日に、美幌峠にある歌碑の清掃と献花を続けている。 式典では、会長が「本日の式典を契機に、よりいっそう交流を深め、観光振興に寄与していきたい」と式辞を述べた。 式典後はオホーツク観光連盟の伊藤正範専務理事が「オホーツク圏の観光について」をテーマに講演。講談師の宝井琴柑さんが講談「寛永三馬術 出世の春駒」を披露した。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

美幌観光ボランティアガイドの会をご紹介します | 美幌町ホームページ

関連エントリ

美空ひばり の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌観光 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌観光ボランティアガイドの会 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

JR乗車券・定期券等の発売について (北海道 美幌町 津別町)

Schneeglocken.jpg

JR乗車券・定期券等の発売について (北海道 美幌町 津別町)

関連記事

JR乗車券・定期券等の発売について
平成31年4月からJR美幌駅舎内でJR乗車券・定期券等を発売します。
<取扱場所> 美幌観光物産協会 JR美幌駅舎内(新町3丁目)☎0152-73-2211
※美幌商工会議所(経済センター)での発売業務は、3月29日(金)で終了します。
<取扱日> 年中無休
<取扱時間> 午前9時から午後5時まで(午前11時から正午までを除く)
<取扱きっぷ> 乗車券、回数券、通学定期券(初回を除く)、自由席特急券、Sきっぷ・Rきっぷ(指定席券の交付はできません。ご乗車前に北見駅などの「みどりの窓口」にて、Rきっぷをお持ちいただき、指定券の交付を受けてください。)、ご当地入場券 なお、きっぷの種類により美幌駅からの発売区間が限定されます。
<問合電話> 列車時刻・運賃・料金・指定席の空席案内の問合せは下記まで
JR北海道電話案内センター(通年6:30~22:00)☎011-222-7111 (JR乗車券・定期券等の発売について | 美幌町ホームページ)

4月からJR乗車券・定期券等をJR美幌駅舎内で発売します
発売場所 美幌観光物産協会(JR美幌駅舎内)電話73-2211
※美幌商工会議所での発売業務は平成31年3月29日(金)で終了します。
取扱日 年中無休
取扱きっぷ 乗車券、回数券、通学定期券(初回を除く)、自由席特急券、Sきっぷ・Rきっぷ(指定席券の交付はできません)、ご当地入場券 なお、きっぷの種類により美幌駅からの発売区間が限定されます。
問い合わせ先 JR北海道電話案内センター(011-222-7111) (つべつ町のお知らせ | 津別町ホームページ)

JR乗車券、美幌観光物産協会で販売 2019/03/29掲載(美幌町/告知)
4月から / 美幌駅舎内で利便性向上 / JR乗車券が4月1日から、美幌駅舎内にある美幌観光物産協会で販売される。美幌駅の無人化以降、約1.2キロ離れた美幌商工会議所で販売されていたが、今後は利便性が高まりそうだ。 美幌駅は平成28年4月末に無人化。5月から会議所が乗車券を販売していたが、駅から離れているため「観光客などから不便さを指摘する声があった」(会議所)という。 取扱時間は午前9時~午後5時(午前11時~正午を除く)で30分短くなるものの、取扱日は年中無休になり、平日のみの現在より拡大される。 取り扱うのは普通券、特急券(自由席)、回数券、定期券、ご当地入場券。自由席往復割引きっぷ(Sきっぷ)は網走-旭川間、指定席往復割引きっぷ(Rきっぷ)は網走-札幌市内間を扱う。詳しくは、JR北海道電話案内センター(011・222・7111)へ。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

美幌貫光物産協会 公式ホームページ | 最新情報

関連エントリ

なごり雪 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

きてらす ひなまつりコンサート(北海道美幌町)

800px-Hina_matsuri_display.jpg

きてらす ひなまつりコンサート(北海道美幌町)

関連記事

ひなまつりコンサート 2019/02/28掲載(美幌町/告知) 美幌「きてらす」で
3月3日 / JR美幌駅に隣接する木育施設「きてらす」のひなまつりコンサートが3月3日(日)午後2時から開かれる。 「クラリネットアンサンブル奏楽~sola~」が出演。「ありがとうの花」などを演奏する。入場無料。問い合わせは美幌観光物産協会(0152・73・2211)へ。 (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

美幌林業館「きてらす」 | 美幌町ホームページ

美幌観光物産協会ホームページ | 美幌林業会館きてらす

関連エントリ

きてらす の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

クラリネットアンサンブル奏楽sola の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2019年度予算案 (北海道美幌町)

bi_bo.jpg

2019年度予算案 (北海道美幌町)

関連記事

美幌町が2019年度予算案発表 2019/02/19掲載(美幌町/政治) 一般会計102億4803万円 / 美幌町は15日、2019年度予算案を発表した。一般会計は18年度比6.1%減の102億4803万円で、町長選挙を控える骨格予算ながら、住民サービス向上や公共施設整備など継続事業を盛り込み、4年連続で100億円を超えた。5つの特別会計、2つの企業会計を含めた総額は196億1753万円で、同3.7%の減となった。 前年度比6.1%減も4年連続100億円超え / 一般会計の歳入は、町税が21億9602万円で同0.8%増。新規設備投資による固定資産税の増を見込んだ。地方交付税は38億3千万円で同0.5%減を見込んだ。 新規、拡充事業では、昨年9月の大規模停電を教訓に、発電機8台を購入。上下水道やしゃきっとプラザ、国保病院で活用する。防災関連では避難所設営・運営などの訓練も新たに実施する。 乳幼児の予防接種事業は、おたふくかぜとロタウイルスに対する補助を拡充した。 峠の湯びほろは、敷地内に「RVパーク」を設ける計画で、キャンピングカーなど5台分の電源供給設備を整備する。 地域おこし協力隊は新たに2人を新規採用して3人体制にする。 JR乗車券は美幌駅に隣接する美幌観光物産協会のカウンターで購入できるようにし、販売にかかる人件費の0.5人分を町が補助する。 除雪車両は、大型ロータリーを更新するほか、歩道の早期除雪に向けて歩道乗用ロータリーを追加で導入する。 教育関連では、美幌高校生徒の自宅学習推進を図るため、オンライン授業などの環境整備を支援。熱中症対策として小中学校5校に扇風機計144台、保健室にエアコンを設置する。 19年度に着工を計画する役場庁舎と屋内多目的運動場の関連予算は当初に盛り込まず、実施設計完了を経て6月の町議会定例会で提案する考え。土谷耕治町長は「JR石北線の維持、美幌バイパスの延伸、4月の選挙、役場庁舎をはじめ公共施設の整備など19年度は美幌にとって今後の方向性が決まる重要な1年になる」と述べた。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

関連サイト

美幌町 びほろちょう Bihoro Town | 美幌町ホームページ

関連エントリ

2019年度予算案 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018年 (平成30年) びほろブランド認定品

330px-Bright_red_tomato_and_cross_section02.jpg

2018年 (平成30年) びほろブランド認定品

美幌トマトケチャップ / かね久総本店天丼の汁 / かね久総本店そばの汁

関連記事
びほろブランド認証品(美幌町/社会)新たに3品を認定… / 今回で計22品に / 美幌産の加工品3品が、平成30年度の「びほろブランド認証品」に認定された。 認定されたのは、合同会社びほろ笑顔プロジェクトの「美幌トマトケチャップ」、そばのかね久(有限会社ふくだ)が生産・販売する「かね久総本店天丼の汁」「かね久総本店そばの汁」。 「びほろブランド」の認証制度は、美幌のすぐれた商品を認証・PRしてブランド力向上や販路拡大、地域活性化につなげようと、農協、森林組合、観光物産協会、商工会議所、町の5団体でつくるびほろブランド推進協議会が創設。各分野の代表者でつくる認証委員会が商品のコンセプトや独自性、信頼性などから29年度に19品を認定し、今回で計22品になった。 認証品はブランドのロゴマークを表示できるほか、町内外の物産展で販売。美幌観光物産協会や協議会のホームページなどを通じて広くPRが図られる。(浩) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

ZaruSoba2.jpg

関連エントリ

美幌トマトケチャップ の検索結果 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

かね久総本店天丼の汁 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

かね久総本店そばの汁 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

びほろブランド の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道美幌町の航空公園について

beebo1_2.jpg

北海道美幌町の航空公園について

美幌航空公園 / 自衛隊で活躍した飛行機が展示されている。美幌川沿いに滑空場を持ち、スカイスポーツも楽しむことができる。

関連記事

美幌町 (びほろちょう) は、北海道東部の内陸部にありオホーツク地方に位置する町である。北見市、津別町、大空町および弟子屈町に接している。美幌町役場 TEL (0152) 73-1111、美幌観光物産協会 TEL (0152) 73-2211。観る / 美幌航空公園 / 自衛隊で活躍した飛行機が展示されている。美幌川沿いに滑空場を持ち、スカイスポーツも楽しむことができる。(美幌町 – ウィキトラベル – Wikitravel

美幌海軍航空隊(みほろかいぐんこうくうたい)は、日本海軍の部隊の一つ。六番目の陸上攻撃機部隊として、太平洋戦争序盤より中盤にかけて最前線で爆撃・攻撃・偵察行動に従事した。1942年(昭和17年)11月1日に初代の第七〇一海軍航空隊(だい701かいぐんこうくうたい)と改称。沿革 / 陸上攻撃機部隊の増強を図るために、マル4計画に盛り込まれた4個航空隊の一つとして、中国戦線での活動を終えた第十五航空隊の陸攻要員を元山海軍航空隊と分け合って開隊した。千島列島方面での作戦行動に対応すべく、既設の中央気象台飛行場(現在の女満別空港のルーツ)とは関係なく新規建設した飛行場を用いた。地名の「びほろ」ではなく「みほろ」と呼んでいたとする証言が多数あり、海軍でも建設中は「M基地」の符牒で呼び、機体番号に冠する区別字は日本国内では「ミ」と定められ、外地では「M」を使用していた。沿革 / 昭和15年(1940年)10月1日 木更津で開隊。大湊要港部隷下。11月15日 第二連合航空隊。木更津飛行場を拠点に訓練に従事。昭和16年(1941年)1月1日 二連空は第十一航空艦隊第二十二航空戦隊に改称。3月1日 台中経由上海進出中、宗雪新之助司令・馬野光飛行長座乗の陸攻が新竹付近で墜落、全員殉職。3月26日 上海進出。4月29日初出撃し、重慶を爆撃。以後連日重慶・成都・蘭州を爆撃。9月1日 館山飛行場に帰還。10月9日台中飛行場に進出。11月24日 海南島経由サイゴン近郊ツダウム飛行場に進出。陸攻48機に増強。12月10日 マレー沖海戦。元山空・鹿屋空と協同でプリンス・オブ・ウェールズとレパルス撃沈。以後、ツドゥム(Thu Dau Mot)・コタバル・クアンタンと前進しつつ、マレー・シンガポール・スマトラ・ボルネオ爆撃に従事。昭和17年(1942年)3月22日 スマトラ島北方サバン島に進出、以後マラッカ海峡・インド洋哨戒に従事。5月10日 木更津飛行場に帰還。30日美幌着(美幌空唯一の美幌基地利用)。陸攻36機に削減。以後、本隊は美幌で訓練・哨戒に従事、分遣隊は幌筵島に進出しアリューシャン列島哨戒に従事。8月 木更津・南鳥島に進出、本州東方海上の哨戒に従事。11月1日 第七〇一海軍航空隊に改称。テニアン島に進出。12月1日 ラバウル進出。ソロモン諸島哨戒・糧秣物資投下・ガダルカナル島・ポートモレスビー夜間爆撃に従事。昭和18年(1943年)1月29日 レンネル島沖海戦で夜間索敵・薄暮攻撃。巡洋艦「シカゴ」を大破(のちの水雷戦でシカゴ撃沈)。3月15日 解隊。美幌空が美幌飛行場を使ったのは、マレーから帰還して南洋に進出するまでの2ヶ月に過ぎないが、ドーリットル隊を追撃した木更津海軍航空隊が進出したことがある。1944年(昭和19年)後半に空地分離策が実行され、北東海軍航空隊司令部が美幌に進駐した。終戦までに美幌周辺に3箇所の飛行場が造成された。敗戦後に進駐した連合軍は、美幌飛行場の滑走路を徹底的に破壊したが、第三美幌飛行場は緊急用に温存した。破壊された美幌飛行場跡には陸上自衛隊美幌駐屯地が開かれ、残された第三美幌飛行場は、道東の玄関・女満別空港として健在である。(美幌海軍航空隊 – Wikipedia

美幌駐屯地(びほろちゅうとんち、JGSDF Camp Bihoro)とは、北海道網走郡美幌町字田中に所在し、第6普通科連隊等が駐屯している陸上自衛隊の駐屯地である。最寄の演習場は、美幌訓練場。駐屯地司令は、第6普通科連隊長が兼務。沿革 / 1940年(昭和15年):当地に大日本帝国海軍美幌第一航空基地が完成。1945年(昭和20年):終戦により、GHQが滑走路を破壊。飛行場としては使用不能となる。1951年(昭和26年):警察予備隊の駐屯開始。1954年(昭和29年)7月1日:1952年(昭和27年)保安隊を経て、陸上自衛隊へ移管。関連項目 / ゴジラvsキングギドラ – 劇中に登場している。(美幌駐屯地 – Wikipedia


関連サイト

美幌航空公園 (美幌町)

北海道網走郡美幌町 美幌航空公園

美幌航空公園: 空港探索:So-netブログ

美幌航空公園 – 北海道ファンマガジン

関連エントリ

新しいパークゴルフ場 対 航空公園 (北海道美幌町の議会) ー 美幌音楽人 加藤雅夫

航空公園 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌海軍航空隊 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

美幌駐屯地 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

2018 美幌峠まつり(北海道美幌町)について

bi_bo.jpg

2018 美幌峠まつり(北海道美幌町)について

関連記事

27日・美幌峠まつり 観光発展と交通安全祈願 / アイヌ詞曲舞踊団「モシリ」歌・踊り / 美幌峠観光の発展と観光客の交通安全を祈願する「美幌峠まつり」が27日(日)午前10時から11時半まで、峠レストハウス2階で開かれる。美幌観光物産協会の主催で64回目を迎える伝統的行事。来賓、役員ら約80人が出席して交通安全祈願祭を行った後、釧路管内弟子屈町を拠点に活動するアイヌ詞曲舞踊団「モシリ」が歌や踊りを披露する。当日は午前9時に美幌町役場、午後零時15分と零時30分に峠駐車場を出発する送迎バスを運行。問い合わせは協会(TEL 0152-73-2211)へ。(2018年5月25日の記事 経済の伝書鳩

200人集い、美幌峠まつり 美幌峠レストハウスで / 美幌峠まつりが27日、美幌峠レストハウスで開かれた。主催は美幌観光物産協会(三坂重弘会長)。来賓、観光客ら約200人が見守る中、峠観光の発展を祈る神事が行われた。三坂会長はあいさつの中で、美幌峠と津別峠、藻琴山間をつなぐトレイルルートについて「長年の夢で、他に例がないルート。峠レストハウス、津別峠展望施設など拠点の設備はすでにあり、残るはルートの整備」と実現に向けて意欲を述べた。来賓の武部新衆議院議員=環境大臣政務官=も「トレッキングでこの自然を味わってもらうことも実現に向けて頑張りたい」と述べた。この後、アイヌ詞曲舞踊団「モシリ」(釧路管内弟子屈町)が歌と踊りを披露した。(浩) (2018年5月29日の記事 経済の伝書鳩

津別峠、絶景で峠開き 1年9カ月ぶり全線開通 / 津別観光協会(佐藤久哉会長)主催の津別峠開きと交通安全祈願祭が26日、峠展望施設で行われた。津別、釧路管内弟子屈両町の観光関係者ら約40人が出席。観光の発展と観光客の安全を祈る神事が行われた。佐藤会長はあいさつで、土砂崩れで通行止めだった道道屈斜路津別線弟子屈側が前日の25日、約1年9カ月ぶりに開通したことに「早い対応に感謝したい。尽力に報いるためにも振興に力を注ぐ」と述べ「ふもとのノンノの森ではクリンソウが咲き、ネイチャーセンター建設も予定されている。美幌峠、藻琴山間のトレイルルート開発の動きもあり、協会として尽力する」と意欲をのぞかせた。この後、津別郷土芸能山鳴太鼓保存会が展望台で勇壮な演奏を披露した。6月1日からは、NPO法人森のこだまによる雲海ツアーが始まる予定。展望施設の利用は例年10月末ごろまで。(浩) (http://denshobato.com/BD/N/page.php?id=108559″2018年5月29日の記事 経済の伝書鳩)

関連サイト

美幌峠 | 美幌町

美幌観光物産協会 公式ホームページ|イベント案内

美幌観光物産協会 公式ホームページ|Facebook

アイヌ詞曲舞踊団 モシリのサイトです

関連エントリ

美幌峠まつり の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る