美幌町 カテゴリのアーカイブ

第46回全国野生生物保護実績発表大会へ(美幌高校生)

450px-Pacifastacus_trowbridgii.jpg

794px-Bombus_terrestris01.jpg

608px-Solanum_lycopersicum_-_Tomato_flower_aka.jpg

800px-Tomaten_tomatoes_pomodori.jpg

ウチダザリガニ (Pacifastacus leniusculus trowbridgii) は、北米大陸原産の甲殻類の淡水ザリガニの一種。日本には本来分布していない外来種。環境省指定特定外来生物。日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている。北海道では、日本固有種である在来種のニホンザリガニの生息域と競合して圧倒している。(Wikipedia

セイヨウオオマルハナバチ(Bombus terrestris)は1980年代にオランダとベルギーで周年飼育法が確立され、農作物の花粉媒介昆虫として世界中で利用されている。 日本では1991年に静岡県農業試験場で初めて導入された。温室トマトの受粉に用いるため原産国であるオランダやベルギーから人工増殖コロニーが1992年頃から本格的に大量に輸入され始めた。セイヨウオオマルハナバチの導入によって、労力のかかる植物ホルモン剤処理を行わずに簡単にトマトの結実が可能となり、トマト生産の効率化に大きく貢献した。(Wikipedia

ウチダザリガニ についてのニュース、ブログ記事(Google
全国野生生物保護実績発表大会 についてのニュース、ブログ記事(Google

第46回全国野生生物保護実績発表大会へ(美幌高校生) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

高病原性鳥インフルエンザ対策強化へ(オホーツク総合振興局)

800px-Abashiri_Subprefecture.png

800px-.svg.jpg

600px-Map_of_Japan_with_highlight_on_01_Hokkaido_prefecture.svg.jpg

オホーツク総合振興局(オホーツクそうごうしんこうきょく、Okhotsk Subprefecture)は、北海道の総合振興局のひとつ。振興局所在地は網走市。2010年(平成22年)4月1日、網走支庁に代わって発足した。(Wikipedia

動画: 記事とは関係ありません。(アホーツク人)

病原性(びょうげんせい, pathogenicity)とは、真正細菌やウイルスなどの病原体が、他の生物に感染して宿主に感染症を起こす性質・能力のこと。(Wikipedia

鳥インフルエンザ(英語:Avian influenza, Avian flu, bird flu)とは、A型インフルエンザウイルスが鳥類に感染して起きる鳥類の感染症である。(Wikipediz

パンデミック(pandemic または pandemia、汎発流行、世界流行、パンデミア)とは、ある感染症(特に伝染病)が、顕著な感染や死亡被害が著しい事態を想定した世界的な感染の流行を表す用語である。(Wikipedia

高病原性鳥インフルエンザ についてのニュース、ブログ記事(Google

高病原性鳥インフルエンザ対策強化へ(オホーツク総合振興局) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

第23回花ふらりミニミニコンサート in 2011冬

Lake-Kussharoko-Mihorotoge.jpg

Swan_cygnus.jpg

800px-Lake_kussharo_sunayu_with_swan.jpg

写真: 美幌峠から眺めた屈斜路湖と白鳥(オオハクチョウ)
※ 屈斜路湖のライブカメラ(弟子屈なび

北海道弟子屈町の宿・花ふらりオーナー藤原多美さんから冬便りが送られてきました。

第23回花ふらりミニミニコンサート in 2011冬 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北見の小学校へ優雅な音楽を届けた(北之台雅楽会)

~1_2.JPG

800PX-~1_3.JPG

Gogenbiwa.jpg

310px-Gifujyou5846.jpg


雅楽(ががく、Gagaku)とは、宮中や寺社などにおいて伝わる日本古来の音楽や舞。雅楽の原義は「雅正の楽舞」で、「俗楽」の対。5世紀前後から中国、南アジア、朝鮮半島など大陸から儀式用の音楽や舞踊が伝わるようになり、大宝元年の大宝令によってこれらの音楽とあわせて日本古来の音楽や舞踊を所管する雅楽寮が創設されたのが始まりであるとされる。日本と同様に中国の伝統音楽をとりいれたベトナムの雅楽(nhã nhạc)や韓国に伝わる国楽とは兄弟関係にあたると言える。室町時代になると応仁の乱が起こり京都が戦場となったため多くの資料が焼失し楽人は地方へ四散してしまい多くの演目や演奏技法が失われた。江戸時代に入ると江戸幕府が南都楽所(奈良)、天王寺楽所(大阪)、京都方の楽所を中心に禁裏様楽人衆を創設し、雅楽の復興が行われた。明治時代に入ると、三方楽所や諸所の楽人が東京へ招集され雅楽局(後の宮内省雅楽部)を編成することとなった。(Wikipedia

現代雅楽(げんだいががく)とは、日本古代の伝統音楽である雅楽の編成および一部の楽器を用いて現代に新しく作られた現代音楽である。特に武満徹の「秋庭歌一具」(1973年 – 1979年)は優秀な解釈により頻繁に演奏され、現代雅楽の欠かせないレパートリーとなっている。(Wikipedia

雅楽 についてのニュース、ブログ記事(Google
現代雅楽 についてのニュース、ブログ記事(Google

北見の小学校へ優雅な音楽を届けた(北之台雅楽会) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

ありがとうメッセージ(勤労感謝の日)

Lemont_rice.jpg

Panicum_miliaceum1.jpg

800px-Pennisetum_villosum.jpg

800px-Hordeum_vulgare.jpg

800px-Cultivo_de_soja.jpg

勤労感謝の日(きんろうかんしゃのひ)は、日本の国民の祝日の一つである。日付は11月23日。(Wikipedia

写真: 五穀(稲、黍、稷、麦、菽)
音楽動画: 感謝(平原綾香)

勤労感謝の日 についてのニュース、ブログ記事(Google

ありがとうメッセージ(勤労感謝の日) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

J・ロドリーゴのアランフェス協奏曲は神への祈りです

450px-Angraecum_sesquipedale02.jpg

今日(11月22日)は、スペインの作曲家ホアキン・ロドリーゴ(Joaquín Rodrigo)誕生日。(1901)

写真: 11月22日の誕生花「アングレカム Angraecum」 花言葉「祈り」

ホアキン・ロドリーゴ・ビドレ(Joaquín Rodrigo Vidre, 1901年11月22日 – 1999年7月6日)は、スペインの作曲家。幼児期に失明したにもかかわらず、芸術家として大成した。代表作のアランフェス協奏曲は1939年にパリにおいて、クラシック・ギターの独奏と管弦楽のために作曲された。1996年には、スペイン国民にとって最高の名誉を意味するアストゥリアス王太子賞を授与されたほか、1998年にはフランス文化勲章を獲得した。1999年にマドリッドにて逝去。生前は後進の育成にも力を入れ、中国の女性ギタリストスーフェイ・ヤン(楊雪霏、Xuefei Yang,)のマドリッドでのデビューリサイタルに出席した。(Wikipedia

J・ロドリーゴのアランフェス協奏曲は神への祈りです の全文を読む

このページの先頭へ戻る

フランシスコ・タレガ(Francisco Tárrega)誕生日

TARREG~1.JPG

790px-Segovia_Llobet_Pujol_und_Fortea.jpg

800px-80525560_0eb2c1d54a_o.jpg

写真: ギターを弾くフランシスコ・タレガ(1906) フランシスコ・タレガの後継者(アンドレス・セゴビア、ミゲル・リョベート、ダニエル フォルティア、エミリオ・プジョル) アルハンブラ宮殿(グラナダ)

音楽動画: フランシスコ・タレガの編曲「アストゥリアス(伝説)」(ギター奏者ジョン・ウィリアムズ

今日(11月21日)は、フランシスコ・タレガ(Francisco Tárrega)誕生日です。

フランシスコ・タレガ(Francisco Tárrega)誕生日 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

2012 Mottola Guitar Festival (ITALY)

290px-Guitar_headstock_front.jpg

ItalyPuglia.jpg

南イタリアのモットラ(Mottola)にあるギターアカデミー(Accademia della Chitarra)から2012国際ギターフェスティバル案内が送られてきました。日本のギター愛好家にお知らせします。

2012 Mottola Guitar Festival (ITALY) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

美幌教会で「秋の特別集会」(山中智貴牧師)

459px-Gold_Christian_Cross_no_Red_svg.png

北海道の美幌町にある小さな教会(キリスト兄弟団美幌教会山田望人牧師)から「秋の特別集会」のお知らせを頂きました。

音楽動画(YouTube): スコットランド民謡「アニーローリー」(Annie Laurie)

美幌教会で「秋の特別集会」(山中智貴牧師) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

A・セゴビアへのイエペスのオマージュ(ギター協奏曲)

JME_ten_string_guitar.jpg

Saffran_crocus_sativus_moist.jpg

巨匠イエペスの誕生日によせて: 2011年11月14日は世界的なギタリストナルシソ・イエペスの84回目の誕生日である。スペインの作曲家ホアキン・ロドリーゴのギター協奏曲「ある貴紳のための幻想曲」をじっくり聴いていただきたい。 (美幌音楽人 加藤雅夫)

写真: 11月14日の誕生花「サフラン Saffron crocus」 花言葉「歓喜」。10絃ギター(10弦ギター、Ten-string guitar)は、スペインのギタリストのナルシソ・イエペスが、スペインの著名なギター製作者ホセ・ラミレスの協力を得て開発したギターを指す。(Wikipedia

ホアキン・ロドリーゴ・ビドレ(Joaquín Rodrigo Vidre, 1901年11月22日 – 1999年7月6日)は、スペインの作曲家。バレンシア州のサグントに生まれる。3歳のころに悪性ジフテリアにかかり、視覚障害者となる。1924年に管弦楽曲《子どものための5つの小品》によりスペイン国家賞を授与される。(Wikipedia

A・セゴビアへのイエペスのオマージュ(ギター協奏曲) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る