網走市 カテゴリのアーカイブ

2013年5月の宅配食事

800px-Kashiwa_mochi.jpg

004.jpg

宅配食事 に関するブログ記事ニュース(Google 検索)

5月の食事宅配サービスです。提供はハローランチ鳥十(ハロー宅食サービス鳥十)です。

2013年5月の宅配食事 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

中国の鳥インフルエンザ感染に注意!(北海道オホーツク地方)

Duckling_-_domestic_duck.jpg

HolidaySnap2008.jpg

H7N9亜型(Influenza A virus subtype H7N9)は、A型インフルエンザウイルスの亜型の1つである。ウイルスの増えやすさを決める特定の遺伝子が、ヒトの細胞の表面に感染しやすく変異している事が確認された。 2013年3月末、中国国家衛生・計画出産委員会は、上海市で低病原性トリインフルエンザ (LPAI)(H7N9亜型)に感染した87歳と27歳の男性2人が死亡し、安徽省で35歳の女性が重体になったと発表した。なお、H7N9亜種が人間に感染した事例はこれが始めてである。 4月14日現在では、上海市、北京市、河南省、安徽省、江蘇省、浙江省での60の感染例とそのうち13の死亡例がある。人間から人間への感染例は見つかっていない。(Wikipedia

H7N9新型インフルエンザの流行 (2013年)は、2013年3月末に人間への感染が中国で初めて発見されたインフルエンザ[1]である。病原体はH7N9亜型A型インフルエンザウイルスである。発見後3週間で、上海市、北京市、河南省、安徽省、江蘇省、浙江省で人への91例の感染が発見されそのうち17人が死亡している。 人間から人間への感染は今のところ否定されているが、原因となる動物(自然宿主)は、はっきりとわかっていない。遺伝子解析の結果、従来のH7N9ウイルスが人間に感染しやすいように変異していることが分かった。現在のところ、タミフルなど4種の抗インフルエンザ薬に効果があることが判明している。(Wikipedia

鳥インフルエンザ に関するブログ記事ニュース(Google 検索)

中国の鳥インフルエンザ感染に注意!(北海道オホーツク地方) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

有毒植物による食中毒に注意しましょう!(北見保健所情報)

800px-Anemone_flaccida03.jpg

Dae_Jang_Geum_endtitle.png

482px-Aconitum_japonicum_01.jpg

600px-Anemone_flaccida_two_flowers.JPG

有毒植物(ゆうどくしょくぶつ)とは、その全体あるいは一部に毒を持つ植物。毒草(どくそう)とも言うが、草本類だけでなく木本類も含めた言葉の厳密性から有毒植物という言葉が用いられる。植物に含まれる毒としてはアルカロイド類が多い。 動物の種によって有毒・無毒の区別は異なる。身近な例では、ヒトにとっては無毒で頻繁に食されるネギやタマネギは、適切な酵素を持たないイヌやネコにとっては有毒で、重篤な障害に陥る危険がある。(Wikipedia

トリカブト(鳥兜)は、ドクウツギ、ドクゼリと並んで日本三大有毒植物の一つとされる。 芽吹きの頃にはセリ、ニリンソウ、ゲンノショウコ、ヨモギ等と似ているため、誤食による中毒事故(死亡例もある)が起こる。(Wikipedia

ニリンソウ(二輪草)の若葉は山菜として食用とされるが、有毒植物であるトリカブトの若葉に似ていることから注意が必要。(Wikipedia

有毒植物による食中毒に注意しましょう!(北見保健所情報) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

犬猫の殺処分のゼロ、市民の理解が不可欠です

800px-Aibo_img_0807.jpg

Ginza_Sony_building.jpg

動物の権利(アニマル・ライツ、animal rights)とは、動物には人間から搾取されたり残虐な扱いを受けることなく、それぞれの動物の本性に従って生きる権利があるとする考え方である。(Wikipedia

動物の愛護及び管理に関する法律は、動物の虐待等の防止について定めた法律である。略称動愛法。 目的は、動物虐待等の禁止により「生命尊重、友愛及び平和の情操の涵養に資する」こと(動物愛護)、動物の管理指針を定め「動物による人の生命、身体及び財産に対する侵害を防止する」こと(動物管理)である。(Wikipedia

動物愛護団体は、主としてコンパニオンアニマルとして家庭で飼育されている動物の虐待や遺棄の防止や、適正な飼育・取り扱いの普及啓発を推進するための団体で、全国的なものからローカルのものまでさまざまな団体が多数活動している。 活動の具体的な内容は、捨て犬、捨て猫の保護ならびに飼い主探しや、飼い主に飼えなくなったとして保健所、動物管理センター、動物保護施設 に連れてこられた犬猫、もしくは捕獲された犬猫の殺処分を減らす運動、地域猫活動などさまざまである。(Wikipedia

犬猫の殺処分のゼロ、市民の理解が不可欠です の全文を読む

このページの先頭へ戻る

網走保健所で、犬猫の殺処分の再考

Rainbow-Bridge-heaven.jpg


殺処分のニュースブログ記事(Google 検索)

殺処分(さつしょぶん)
愛護動物に関する殺処分の問題点は、法令により「処分することができる(狂犬病予防法)」「譲渡し及び殺処分とする(犬及びねこの引取り並びに負傷動物等の収容に関する措置)」と自治体に処分する権利を与えているだけであり、必ず殺処分しなければならない義務があるわけではないことである。したがって、殺処分をする権利を行使するかどうかは自治体の意向に委ねられていることになり、自治体によって対応が違うことが問題視されている。(Wikipedia

網走保健所で、犬猫の殺処分の再考 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

オホーツク圏の医療体制整備と北網地域の医療再生事業について

800px-Abashiri_Subprefecture.png

800PX-~1.PNG

周産期(しゅうさんき)とは、出産前後の期間の事を指す。 最近は、救急車で搬送される妊婦の受け入れ拒否による死亡事件が相次いだ事などにより、妊娠中期から出産数日後までの期間を組み合わせた周産期医療の重要性が強く認識されるようになった。(Wikipedia

ドクターカーとは、患者監視装置等の医療機械を搭載し、医師、看護師等が同乗し、搬送途上へ出動する救急車である。医師派遣用自動車、ラピッド・レスポンス・カーとも言う。(Wikipedia

オホーツク圏の医療体制整備と北網地域の医療再生事業について の全文を読む

このページの先頭へ戻る

今日の宅配食事 2013年4月

so-02e-uvcub966.jpg

004.jpg

美幌町のニュースブログ記事(Google 検索)
宅配食事のニュースブログ記事(Google 検索)

4月の食事宅配サービスです。提供はハローランチ鳥十(ハロー宅食サービス鳥十)です。

今日の宅配食事 2013年4月 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

北海道遠軽高等学校野球部へ – 校歌や応援歌

598px-Peace_dove_noredblobs_svg.png

Okhotsk_subpref_2010_Hokkaido.jpg


北海道遠軽高等学校校歌 – 高橋淳作詞、大中寅二作曲

北海道遠軽高等学校(ほっかいどうえんがるこうとうがっこう、Hokkaido Engaru High School)は、オホーツク総合振興局管内の紋別郡遠軽町にある公立(道立)の高等学校。遠軽地方では「遠高(えんこう)」と略される。 2013年、第85回記念選抜高等学校野球大会に、21世紀枠として初出場した。(Wikipedia

北海道遠軽高等学校野球部へ – 校歌や応援歌 の全文を読む

このページの先頭へ戻る

保護犬・猫情報のホームページ


殺処分寸前だったイヌが心を開く瞬間 – YouTube

殺処分(さつしょぶん)とは、法律上は家畜伝染病予防法のみに書かれている用語だが、近年は以下にある政令「動物の殺処分方法に関する指針」などの表題に用いられたため、「不要な、もしくは人間に害を及ぼす動物を殺害すること」という広い意味で使用されるようになった。(Wikipedia

虹の橋(にじのはし、英語:Rainbow Bridge)とは、飼っていたペットを亡くした人々のあいだで語られている、比喩的な場所、または神話的な場所のことである。また、この場所をうたった散文詩(韻文)のことである。(Wikipedia

犬の十戒(いぬのじっかい、The Ten Commandments of Dog Ownership)は、作者不詳のまま広く世界に伝わっている英文の詩で、日本では「犬の十戒」として知られているが、実際には原典があり、ノルウェーのMrit Teigenというブリーダーが犬の買い手に渡している「犬からご主人への11のお願い」が元である。 ペットとして飼われることとなった犬と人間との望ましい関係を、犬が人間に語りかけるという形式で訴える内容である。(Wikipedia

保護犬・猫情報

保護犬・猫情報のホームページ の全文を読む

このページの先頭へ戻る

TPP – 知事のコラム(北海道から)

Hello_kitty_character_portrait.png

800px-.svg.jpg

北海道のメールマガジン「Do・Ryoku(動・力)」(第353号)が送られてきました。日本および世界各地、北海道各地の皆様にご案内いたします。

TPP – 知事のコラム(北海道から) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る