雅楽 の検索結果: 26 件

日本の作曲家 湯浅譲二 (北海道 美幌町ゆかりの有名人)

Joji_Yuasa_cropped_Joji_Yuasa_201411

日本の作曲家 湯浅譲二 (北海道 美幌町ゆかりの有名人)

関連記事

湯浅譲二 日本の作曲家 / 湯浅 譲二(ゆあさ じょうじ、1929年8月12日 – )は、日本の現代音楽の作曲家。 経歴と作品概論 / 1929年、福島県郡山市にて開業医の次男として生まれる。芸術愛好家だった父の影響で幼時より音楽に親しむ。旧制福島県立安積中学校を卒業したのち上京し、慶應義塾大学医学部に進む。当時は外科医志望であり作曲は趣味として行うつもりだったが東京で日本の現代音楽の状況を知るうちに「このぐらいなら自分でもできる」と思うようになり1951年、「10年間は面倒みてやるから」との父親の合意のもとに医学部教養課程を中退して作曲の道に進む。若い頃、詩人・瀧口修造の下で組織された芸術家グループ・実験工房で武満徹らと共に活動し電子音楽や自作を含む現代音楽の演奏会の製作にかかわった。一方で古典的な作曲理論を身につけておく必要も痛感し、大学教養課程での音楽の担当であった評論家・村田武雄の紹介で中田一次に短期間師事している。 アメリカのカリフォルニア大学サンディエゴ校でブライアン・ファーニホゥ、ロジャー・レイノルズらと共に作曲の教職に就いていた。湯浅が自らの音楽を語る言葉として、次の文句が良く引き合いに出される。「私にとって音楽とは、音響エネルギー体の空間的・時間的推移である」。これはつまり音楽をその音響現象の中に見られるエネルギーの力学的運動として捉えることにより、その音楽の語り口(ナラティヴィティ)を見出そうというものである。このことによって湯浅はジャンルや様式、地域性などを超えたほとんどの音楽がこの言葉によって説明できるとしている。 もう一つ重要な言葉として、「コスモロジー」という言葉も湯浅は多用している。これは個々の人間が持つ個人性、その人の歩んできた歴史背景、学習・経験してきた事柄、さらに地域性、民族性、時代性などを包括する言葉である。これによって個々の作曲家には個性が反映され、作曲家独自のメッセージが生まれると湯浅は解説している。 UPICシステムを用いて制作された音楽作品は宣伝の割には意外なほどにUPIC単体の為に制作されたものに傑作が少ないが、そのような不毛の中で「UPICによる始原への眼差し第一番」はその数少ない中の傑作であるばかりか湯浅音楽の最高峰に位置付けられている。 カリフォルニア大学サンディエゴ校教授、日本大学藝術学部客員教授、東京音楽大学客員教授などを経て、桐朋学園大学特任教授、カリフォルニア大学サンディエゴ校名誉教授、国際現代音楽協会(ISCM)名誉会員。慶應義塾大学アート・センター訪問所員。 主な作品 / 管弦楽曲 室内楽 吹奏楽 マンドリンオーケストラ 雅楽 ピアノ曲電子音楽、ミュジーク・コンクレート、コンピュータ音楽 合唱曲 校歌 童謡 映画音楽、テレビなどの音楽 フォークソング 著作・楽譜 / 受賞・受章など (湯浅譲二 – Wikipedia)

Joji Yuasa (湯浅譲二 Yuasa Jōji, born 12 August 1929) is a Japanese composer of contemporary classical music. Biography / Born in Kōriyama, Fukushima, he is a self-taught composer. He first became interested in music while a pre medical student at Keio University, and in 1952 he joined a young artists’ group Jikken Kobo (Experimental Workshop, 1951 – 1957) in Tokyo, an organization for the exploration of new directions in the arts, including multimedia. Since then, Yuasa has written a wide range of compositions, including orchestral, choral and chamber music, music for theatre, and intermedia, electronic and computer music. His works have been commissioned by the Koussevitzky Music Foundation, Saarland Radio Symphony Orchestra, Helsinki Philharmonic Orchestra, Japan Philharmonic Orchestra, NHK Symphony Orchestra, Canada Council, Suntory Music Foundation, IRCAM and National Endowment for the Arts of the U.S.A. He has received a number of fellowships and awards, from: Japan Society Fellowship (1968–69), Composer in Residence at the Center for Music Experiment UCSD (1976), Berlin Artist Program by DAAD (1976–77), the New South Wales Conservatorium of Music in Sydney (1980), the University of Toronto (1981) and IRCAM (1987), As a guest composer and lecturer, he has contributed to the Festival of the Arts of This Century in Hawaii (1970), New Music Concerts in Toronto (1980), Asian Composers League in Hong Kong (1981), concert tour for Contemporary Music Network by British Arts Council (1981), Asia Pacific Festival in New Zealand (1984), Composers Workshop in Amsterdam (1984), Darmstadt Summer Course for Contemporary Music (1988), Lerchenborg Music Tage (1986, 1988), the Pacific Music Festival in Sapporo (1990), and Music of Japan Today: Tradition and Innovation (Hamilton College, NY – 1992). From 1981 to 1994 he was a music researcher and professor at the University of California, San Diego, where he is currently a professor emeritus. He has also served as a guest professor at the Tokyo College of Music since 1981, a professor at Nihon University since 1993 and an honorary member of ISCM. Yuasa is the recipient of a 1996 Suntory Music Award. (Joji Yuasa – Wikipedia

美幌町 日本の北海道の町 / 美幌町(びほろちょう)は、北海道オホーツク総合振興局管内にある町。 美幌町の有名人 / 美幌町ゆかりの有名人 / 湯浅譲二 ー 日本の作曲家。美幌病院歌または看護学校歌を作曲した。(美幌町 (美幌町ゆかりの有名人) – Wikipedia)

関連動画

耳をすましてごらん:湯浅譲二 – YouTube

湯浅譲二作曲、長田弘作詞 おやすみなさい – YouTube

湯浅譲二:冬の光のファンファーレ~長野オリンピックのための – YouTube

関連エントリ

美幌町の歌(町歌と校歌) – 美幌音楽人 加藤雅夫

藁科雅美記念館 – 美幌音楽人 加藤雅夫

2019 日本芸術院賞 (日本芸術院) – 美幌音楽人 加藤雅夫

実験工房 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

湯浅譲二 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

Joji Yuasa の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の伝統音楽 雅楽 (北海道 置戸神社 置戸中学校)

200px-Ryuteki_player_by_Ken@Okinawa_in_Kamakura,_Kanagawa

日本の伝統音楽 雅楽 (北海道 置戸神社 置戸中学校)

関連記事

みやびな音色に触れる 2019/07/16掲載(置戸町/教育) 置戸中2年生が置戸神社で / 雅楽の歴史など / 置戸中学校の2年生14人が10日、音楽の授業で置戸神社を訪れ、雅楽の歴史や楽器について学び、日本の伝統音楽に親しんだ。 同神社の藤川伸生宮司ら神職3人が講師を務めた。藤川宮司は、雅楽は1200年以上の歴史があり「世界で最も古いオーケストラです」と話し、「とちる」「塩梅(あんばい)」など雅楽に由来する言葉なども紹介した。 笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)の3つの管楽器で、神前結婚式などで演奏される「越殿楽」(えてんらく)が披露され、生徒達はみやびな音色に聞き入っていた。 楽器体験の時間も設けられ、龍笛を吹いた笹久保琴音さんは「リコーダーと息の通り方が違って音を出すだけでも難しく感じました」と話していた。(理) (オホーツクのフリーペーパー経済の伝書鳩)

雅楽(ががく)は、中国、朝鮮半島を経て、日本で花開いた伝統的な音楽の一つ。世界最古のオーケストラと言われる。 (雅楽 – Wikipedia)

関連エントリ

北海道常呂郡置戸町の置戸神社 (雅楽) – 美幌音楽人 加藤雅夫

置戸神社 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

雅楽 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の国歌 君が代 (林廣守)

375px-Curt-Netto-Japanese-National-Hymn-Coverdesign-1880.jpg

日本の国歌 君が代 (林廣守)

関連記事

11月3日 歴史 / 1880年 天長節祝賀の宮中で林広守作曲の『君が代』が初めて披露される。 (11月3日 今日は何の日~毎日が記念日~)

君が代(きみがよ、Kimigayo)は、日本の国歌。「天皇の治世」を奉祝する歌であり、「祝福を受ける人の寿命」を歌う和歌を元にしている。1869年(明治2年)に薩摩藩の砲兵隊長・大山弥助(大山巌)が薩摩琵琶の『蓬莱山』にある『和漢朗詠集』異本の短歌を歌詞として選び、その後1880年(明治13年)に宮内省雅楽課が旋律を改めて付け直し、それをドイツ人の音楽教師フランツ・エッケルトが西洋和声により編曲したものが、1893年(明治26年)の文部省告示以降、国歌として定着した。1999年(平成11年)に「国旗及び国歌に関する法律」で正式に日本の国歌として法制化されており、世界で最も短い国歌の一つである。 (君が代 – Wikipedia)

林 廣守(はやし ひろもり、Hiromori Hayashi 、天保2年11月25日(1831年12月28日) – 明治29年(1896年)4月5日)は、幕末・明治前期の雅楽演奏者。幼名は榮之助、初名は廣金。日本の国歌である「君が代」の作曲者として知られている。 (林廣守 – Wikipedia)

330px-Ch5_wakamurasaki.jpg



関連エントリ

国歌 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

君が代 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

林廣守 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

8月12日 君が代記念日 (日本)

330px-Kimigayoscoresvg.png

375px-Curt-Netto-Japanese-National-Hymn-Coverdesign-1880.jpg

8月12日 君が代記念日 (日本)

関連記事

8月12日 君が代記念日 1893年のこの日、文部省が訓令「小学校儀式唱歌用歌詞並楽譜」を布告し、小学校の祝日・大祭日の唱歌に『君が代』『一月一日』『紀元節』等8曲が定められた。1999(平成11)年、「国旗国歌法」により正式に国歌となった。8月12日 歴史 / 1893年 文部省が訓令「小学校儀式唱歌用歌詞並楽譜」を布告。『君が代』など8曲を祝日・大祭日の唱歌に。 (8月12日 今日は何の日~毎日が記念日~)

8月12日 できごと / 1893年 – 文部省が訓令「小学校儀式唱歌用歌詞並楽譜」を布告。「君が代」など8曲を祝日・大祭日の唱歌と定める。記念日・年中行事 / 君が代記念日(日本)1893年のこの日、文部省が訓令「小学校儀式唱歌用歌詞並楽譜」を布告し、小学校の祝日大祭日の唱歌に「君が代」など8曲が定められたことを記念。 (8月12日 – Wikipedia)

君が代(きみがよ)は、日本の国歌。「天皇の治世」を奉祝する歌であり、「祝福を受ける人の寿命」 を歌う和歌を元にしている。1869年(明治2年)に薩摩藩の砲兵隊長・大山弥助(大山巌)が薩摩琵琶の『蓬莱山』にある『和漢朗詠集』異本の短歌を歌詞として選び、その後1880年(明治13年)に宮内省雅楽課が旋律を改めて付け直し、それをドイツ人の音楽教師フランツ・エッケルトが西洋和声により編曲したものが、1893年(明治26年)の文部省告示以降、国歌として定着した。1999年(平成11年)に「国旗及び国歌に関する法律」で正式に日本の国歌として法制化されており、世界で最も短い国歌の一つである。 (君が代 – Wikipedia)

関連エントリ

君が代記念日 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

君が代 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

北海道常呂郡置戸町の置戸神社 (雅楽)

Haniwa2.jpg

北海道常呂郡置戸町の置戸神社 (雅楽)

関連記事

置戸中2年生「雅楽」学ぶ 置戸神社で歴史や楽器について / 日本の伝統音楽にふれようと置戸中学校の2年生19人が13日、置戸神社を訪れ、雅楽の歴史や楽器について学んだ。授業では藤川伸生宮司が講師を務め、雅楽から生まれた「こつがいる」「音頭を取る」などの言葉や慣用句を紹介。雅楽が身近にあることを伝えた。また、藤川宮司ら神職3人が笙(しょう)、篳篥(ひちりき)、龍笛(りゅうてき)の3つの楽器で、神前結婚式などで演奏される「越殿楽(えてんらく)」を披露した。生徒達は荘厳な響きに聞き入った。(成) (2018年7月16日の記事 経済の伝書鳩)

『越天楽』(えてんらく)は、雅楽の演目である。舞は絶えて曲のみ現存している。雅楽の曲のなかで最も有名な曲である。楽器は主に8種類。管楽器、弦楽器、打楽器に分かれている。「越殿楽」とも記述される。 (越天楽 – Wikipedia)

関連サイト

置戸神社 (置戸町)

関連エントリ

置戸神社 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

雅楽 の検索結果 – 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

日本の盲人音楽家 吉沢検校・千鳥の曲について

300px-Hyakuninisshu_001.jpg

日本の盲人音楽家 吉沢検校・千鳥の曲について

関連記事

千鳥の曲(ちどりのきょく)は、吉沢検校(二世)が作曲した、箏(こと)と胡弓のための楽曲。近世邦楽における代表曲の一つ。(古今組と呼ばれる,春の曲、夏の曲、秋の曲、冬の曲、千鳥の曲)として親しまれている。曲の概説 / 幕末に名古屋、京都で活躍した盲人音楽家、吉沢検校(二世・1800年(寛政12年) – 1872年(明治5年))が作曲した。『六段の調』(八橋検校作曲と伝えられる)、『春の海』(宮城道雄作曲)と並んで現代でも広く知られる。明治以降の箏曲に多大な影響を与えた。同時に、胡弓本曲としても重要な位置を占める曲である。『古今和歌集』、『金葉和歌集』から千鳥を詠んだ和歌二首を採り歌とし、器楽部である「前弾き」(前奏部)および「手事」(歌と歌に挟まれた、楽器だけの長い間奏部)を加えて作曲したもので、吉沢自身が考案した「古今調子」という、雅楽の箏の調弦、音階を取り入れた新たな箏の調弦法が使われている。この『千鳥の曲』と、そのあとに作られた『春の曲』、『夏の曲』、『秋の曲』、『冬の曲』(いずれも古今和歌集から歌詞を採ったもの)の四曲を合わせ、「古今組(こきんぐみ)」と呼ぶ。吉沢検校はそのあと更に「新古今組」四曲も作っている。(千鳥の曲 – Wikipedia

吉沢検校(よしざわ けんぎょう、寛政12年(1800年) – 明治5年(1872年)、生年は一説には文化5年(1808年))は、幕末に活躍した盲人音楽家(地歌三味線、箏曲、胡弓、平家琵琶演奏家、作曲家)。初世と二世がおり、ふつう吉沢検校というと二世を指し、初世の長男。(吉沢検校 – Wikipedia

関連エントリ

日本の楽器(和楽器)(綸, 絃, 紅琴, 和琴) – 美幌音楽人 加藤雅夫

千鳥の曲 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

吉沢検校 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

盲人音楽家 の検索結果 ー 美幌音楽人 加藤雅夫

ツイッター( Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

600px-Japanese_crest_Hikone_Tahibana.svg.png

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook

Masao Kato – Facebook

このページの先頭へ戻る

11月20日 世界こどもの日(国際デー)

012.jpg

012.jpg

11月20日 世界こどもの日(国際デー)

世界こどもの日
世界こどもの日(せかいこどものひ、英語:Universal Children’s Day、フランス語:Journée internationale des droits de l’enfant)は、1954年に国際連合(国連)が子どもたちの相互理解と福祉を増進させることを目的として制定した記念日であり、国際デーのひとつ。「世界の子供の日」と訳されることもある。

関連記事

Universal Children’s Day and Children’s Corner
http://masaokato.jp/2012/11/20/060959

こどもの日(北朝鮮幼稚園児ギター演奏)
http://masaokato.jp/2011/05/05/100634

雅楽の七夕コンサート(子どもたちのための公開リハーサル)
http://masaokato.jp/2013/05/23/101503

赤い靴の女の子(北海道)と、交通安全の歌(留辺蘂)
http://masaokato.jp/2010/09/15/091518

ツイッター (Twitter)

bihorokato_icon4.jpg

20090201.jpg

加藤 雅夫 (@bihorokato) | Twitter
https://twitter.com/bihorokato

フェイスブック (Facebook)

275257_100004368631176_1138034801_n.jpg

img_index02.jpg

加藤 雅夫 | Facebook
https://www.facebook.com/bihoro.kato

このページの先頭へ戻る

2015年 7月19日、リンガリング・コンサート (七夕の雅楽)

270px-Peng_Liyuan_A.jpg

Akie_Abe_2007Apr26.jpg

330px-Xi_Jinping_October_2013_cropped.jpg

330px-Shinz_Abe_April_2015.jpg

_004.jpg

2015年 7月19日
リンガリング・コンサート (七夕の雅楽)

July 19, 2015
ring a ring concert (gagaku of tanabata)

2015年 7月19日、リンガリング・コンサート (七夕の雅楽) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

さくらんぼと雅楽と名曲シリーズコンサート2015 (東京オペラシティ)

330px-Tru_Takemitsu.jpg

Haniwa2.jpg

さくらんぼと雅楽と名曲シリーズコンサート2015 (東京オペラシティ)
Cherries and Gagaku and Masterpieces series concert 2015 (Tokyo Opera City)

さくらんぼと雅楽と名曲シリーズコンサート2015 (東京オペラシティ) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

日本の 君が代 (Japanese national anthem)

330px-Ch5_wakamurasaki.jpg

日本の 君が代 (Japanese national anthem)
Kimigayo of Japan (Japanese national anthem)

日本の 君が代 (Japanese national anthem) の全文を読む

このページの先頭へ戻る

このページの先頭へ戻る